ウインプルミエ、初勝利!!

ウインプルミエが地方競馬 笠松で嬉しい嬉しい初勝利を挙げてくれました。

昼ごろオッズを見たらプルミエのオッズが単勝1.2倍(最終的には1.8倍)とかどんだけ人気なんだよと思っていましたが、結果は2着馬に6馬身差の圧勝。タイムも笠松競馬で1分28秒2の時計はかなり優秀とのことでこの勢いなら2連勝で中央復帰も十二分にありそうです。
今日のメンバーはアギシャンにアズユーウイッシュとBRFグループ馬がいて、特にアギシャンは愛馬Mアルマースの半妹で身内の出資馬だったのでずっと見守っていました。しかし今日のプルミエはプラス8キロ増の馬体で少し煩いように見えましたが、レースではもう兄ガニオンばりの気持ちの良い逃げで他馬を子ども扱い。耳なしメンコか笠松の砂か、それとも名手の腕かいったい何でこんなに変わったのか不思議でしかたありません。正直プルミエの地方転出が決まった時は引退が延びて嬉しい反面、そんなに地方は甘くないと思っていましたが、この母系の成長力には驚くばかりです。
次に笠松競馬が開催されるのは10月の11日~13日と18日~20日。早ければ来月中にも中央復帰条件の2勝目を挙げてくれるでしょう。次走の出走が楽しみです。


2017年9月26日(火) 競馬場速報

岡部誠騎手 中央時代のVTRを観て、ズブい印象はありましたので、ある程度促しながら行く予定でした。しかし、一歩目は遅いものの、その後の二の脚が速く、すんなりと行けました。やはり能力はある馬ですから、こちらのペースだと楽に行けるのでしょう。それと今日はかなり気合いが乗っていたので、VTRを観たイメージとはとは少し違いました。ただ、こちらでは1400mという距離になりますし、このくらいの気合い乗りがあった方がいいと思います。あとは揉まれた時にどうかですが、おそらくスピードが違うので、次も大丈夫だと思います。今日はありがとうございました。

尾島調教師 普段はおとなしい馬ですが、今日はパドックから気が入っていました。耳なしメンコにした影響もあったのかもしれません。ただ、ジョッキーも言うように、これくらい気が入って行きっぷりがいい方がいいのだと思います。今は砂が重くなっている笠松で1分28秒2の時計はかなり優秀ですし、2連勝でお戻しできるよう、引き続きしっかり調整していきます。

押田の目 笠松移動当初は、初めての環境で落ち着きがないところもありましたが、滞在競馬ということでしっかりと体を増やして出走ができました。中央時代から何度も言っているように、この数字でもまだスラッと見せるくらいで、今後は笠松滞在でもっと増やして中央に戻りたいところです。中央に戻って活躍することが目的で、地方競馬での勝利で満足はしていられませんが、転入初戦でこれだけいい内容で勝てたことは素直に喜びたいと思います。今日の勝ち時計なら上のクラスでも十分にやれますし、このまま問題がなければ、2連勝で中央へ戻れることでしょう。

2017年9月23日(土)
 26日(火)笠松4Rダート1400mに出走を予定しているウインプルミエは、佐藤友騎手とのコンビを予定していましたが、急遽乗れなくなり、名古屋の岡部誠騎手とのコンビで向かうことが決まっています。
 尾島調教師は「ずっと調教で乗っていた佐藤友騎手が乗れなくなり、申し訳ありません。それでも岡部騎手もこれだけの成績を残しているジョッキーですし、中央のVTRも観てもらうよう、お願いしておきました。そしてレース前には入念に癖や特徴などを伝えておきます」と話していました。
 そして本日23日(土)には笠松競馬場ダートコースにて最終追い切りがかけられました。3頭併せの真ん中で進み、直線は一杯に追われると外の格上馬に1馬身の先着で、内の古馬には大きく先着していました。時計は3F39秒6、ラスト1F12秒6でした。
 尾島調教師は「外の格上馬に先着もして、時計的にも悪くはないのですが、乗った佐藤友騎手は『ブリンカーを着けたら余計にフワフワして、後ろも気にしていた。もしかしたら外した方がいいのかも』とのことでした。確かにテンから追っ付けながらでズブさは見せていましたが、それでも最後もしっかり先着はしてまいましたし、今回はブリンカーを着けていこうと思います。能力的には楽にここは突破しておかしくはないのですが、あとは当日の気持ちの面がどうかですね。岡部騎手にうまく導いてもらえればと思っています」と話していました。

2017年9月21日(木)
 来週の出走を予定しているウインプルミエは、来週26日(火)の笠松4Rダート1400mでのデビューが決まり、そこに佐藤友騎手とのコンビで出走を予定しています。
 尾島調教師は「初日の火曜日にレースが組まれましたので、最終追い切りは明日か明後日に行う予定です。この中間も15~15は行っていますが、それくらいのペースだと真面目に走れるのですが、それ以上の追い切りや競馬ではフワフワするところがありますからね。それでも、競馬ではブリンカーも着けますし、ジョッキーも追い切りにも乗り、JRAの時のレースも観てくれていて、特徴を分かっているので、前半から動かしながらいいポジションで競馬をしてくれると思います。動きや息の入りは良くなってきましたし、状態は上がってきたと感じます。カイバ食いも良く、体も440キロ台でデビューさせられそうですよ。3歳馬同士だと中央下がりの馬もいて、多少強い馬もいますが、プルミエもここでは力は上だと思いますし、初戦から結果を出したいと思っています」と力強く話していました。
 なお、出走が確定次第ホームページにてお知らせいたします。

続きを読む

スポンサーサイト

今週の愛馬出走は

今週の愛馬出走はいません!

予定していたインビジブルレイズは左トモの飛節後腫の状態が悪いため、甲東特別に登録せずしがらきへ放牧に出されました。
ということで今週の出走は無し。

来週はウインプルミエが26日~29日のどこかで笠松競馬デビュー。
ウインハートビートが30日の芦屋川特別で1000万下初挑戦。

10月はトレセンに戻ってくる馬もいるし、たくさん走ってくれるそうだな~

マイネレーヌ16が残り11口

マイネルファンロンのデビュー戦で勝ったスピアーノが母マイネレーヌ(父ヴィクトワールピサ)だったせいか、先週まで21口だったと思いますが、今日見たら一気に10口売れて残り11口になりましたね。
スピアーノのデビュー戦の馬体重が452キロでしたが、マイネレーヌ16は9月時点で432キロありますからね。牝馬だから大きすぎても困りますが、460キロ前後の馬体なら充分でしょう。
このまま無事に育って欲しいです。


2017年9月15日(金)
マイネレーヌの16は、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。中間からハミを着けた状態でウォーキングマシンで歩かせています。スタッフは「本格的な初期馴致を始める前に、まずはハミに慣れさせています。今後は、人を背中に乗せたり、鞍を着ける訓練を行っていきます」と話していました。(9月11日現在の近況)

2017年8月18日(金)
マイネレーヌの16は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。スタッフは「精神面での成長を感じます。以前に比べると落ち着きが出てきましたね」と話していました。今後は真歌トレーニングパークに移動予定です。(8月14日現在の近況)

2017年7月21日(金)
マイネレーヌの16は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。夜間も含めて長時間を放牧地で過ごしているので、かなりの運動量になっています。スタッフは「以前は少し警戒心が強いところを見せていましたが、だいぶ慣れてきました。柔らかな身のこなしができていますね。好馬体も目につきます」と話していました。(7月17日現在の近況)

2017年6月15日(木)
スタッフによる私見であり、将来を保証するものではありません。ご参考程度にお楽しみください。
■適性/デビュー時期: 芝・マイル前後/普通
■スタッフから一言!:まだこれといった活躍馬が出ていない母ですが、その姉には重賞勝ち馬が2頭います。ワールドランキングで1位になった父との組み合わせは魅力。運動神経や柔軟性など父の良さを受け継いでいるように感じています。

ウインオリアートは次走がラストラン!!

ウインオリアートの引退レースが10月9日(月)の東京10R「六社特別」ハンデ戦・芝2400mに決まりました。
ハンデ51キロなら松岡騎手、50キロなら木幡初騎手か菊沢騎手のようです。
今回の結果次第ではもしかしたら引退の可能性もあったと思うのですが、定量戦の55キロにも係わらず4着と好走してくれました。ファンロンのデビュー戦で松岡が内ラチを使って上手く逃げていたから、オリアートにも期待して複勝を厚く買っていたのですが、もう少しでしたね。オリアートは今回過去最高の460キロで出走。正直まだ走れる、成長してこれからとか思っちゃったりしますが、繁殖という立派な仕事が残っているし、すでに規定の1年延長させてもらっていますし仕方がありません。まだ気は早いですがレクチャーでどんな種牡馬を付けるか聞いたら、馬体重で苦労した馬だけに大きな仔が産まれるように考えているそうです。


2017年9月16日(土) 競馬場速報

松岡正海騎手 体も増えていましたし、返し馬も感じから凄くトモの状態が良かったんです。道中あまりにペースが遅く、それでいて内の3番手の馬が動かないので、これではゲッカコウに逃げ切られると思い、自分から動いていきました。手応え良く4コーナーを回れたのですが、前も楽をしていた分、捉えきれませんでしたね。それでも、今日は定量戦でここまで頑張れましたし、ハンデ戦だったら一発あるかもしれませんよ。

押田の目 馬体重を460キロまで増やし、以前とは見違えるように迫力が出てきました。これがステイゴールド産駒の成長力なのでしょう。今日はこれまでのハンデ戦ではなく、定量戦でしたから、厳しい戦いが予想されましたが、最後まで踏ん張りを見せてくれました。ここへ来てまた力を付けているようにさえ感じる内容で、今後に期待も高まりますが、これだけ実績を残したオリアートには母になるという第二の重要な馬生があります。次走は中2週で、東京月曜10R「六社特別」芝2400mを予定していますが、そこが引退レースの予定となっています。ハンデ戦で再び軽量で出らますし、最後にアッと言わせてくれる可能性も十分にあるでしょう。

2017年9月14日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、先週末10日(日)にもWコースで5F72秒5、ラスト1F13秒7という時計を馬なりでマークしています。
 そして昨日13日(水)にはWコースで最終追い切りがかけられました。先行する古馬500万下ウインシトリンを5Fで6馬身ほど大きく追走し、直線ではシトリンの内に馬体を並べると、最後はやや手綱が動きながらも、併入にまとめています。時計は5F67秒0、ラススト1F13秒2でした。
 鹿戸調教師は「本来は道中のリードがもう少し縮まる予定でしたが、馬場入りをゴネて進入が遅れてしまい、大きく追走する形になってしまいました。直線で少し手が動いてしまったのはそのためでしょう。それでも、時計的には十分に動けていましたし、今回も良い状態でレースに臨めそうです。定量戦という条件は甘くないですが、相性の良いコースなので、見せ場ぐらいは作ってほしいですね」と期待を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日14日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の中山土曜11R「レインボーS」芝2000mに松岡騎手で出走が確定しています。

続きを読む

マイネルファンロン、デビュー戦は2着

MeinerFanlon170916_01.jpg


マイネルファンロンのデビュー戦を見に行ってきました。
レース前は確勝級と年末の青写真まで夢想していましたが、残念ながらデビュー勝ちを飾ることはできませんでした。
ずっとパドックを見ていましたがやはり大物感のある馬体をしており、ステイゴールドを彷彿させるような鋭い目つき。まあ、ずっと鳴き通しだったのだけは余計でしたが、将来的には走ってくれそうな気がします。
しかし3コーナーからジョッキーがガンガン押していったときはこのまま沈むのかと不安になりましたが、ズブイというかエンジンがかかるまで遅すぎです。次走は東京の芝2000mのようですが、馬がズブイ分距離はあった方が良さそうですね。
ちなみに勝ったスピアーノは出資馬マーネレーヌ16のお姉さん。母系が走るのを確認できたのは良かったですが、順番が逆になってくれれば良かったかな。


2017年9月18日(月)
柴田大知騎手「パドック、馬場入り、返し馬と鳴きどおし。幼いですね。スタートしてもハミをとっていかないので促していきました。その後もハミを抜いて進んでいきません。3コーナーではこのまま抵抗できず下がってしまうかと思ったほど。追い続けたところようやくギアを上げてくれました。そこからは良く伸びてくれましたね。あそこまでいったら勝ちたかったですけれど、道中の感触からすればよくここまで詰めたな、という感じでした。まだ競馬を理解していなく、これから良くなりそうな馬ですよ」

手塚調教師「トレセンでは問題なかったのに、競馬場では鳴きどおし。テンションが上がるあたり、兄のマイネルクラフトそっくりです。勝負どころでしぶいのも兄に似ていますね。この後は東京の芝2000mあたりを目指したいと思います」

MeinerFanlon170916_02.jpg  MeinerFanlon170916_03.jpg  MeinerFanlon170916_04.jpg
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター