FC2ブログ

ウインデスティニーの近況

20100018_201312_20131220_02[1]

13/12/22 助 手 美北C 稍 67.8 52.7 39.6 14.0 8 馬ナリ余力

2013年12月19日(木)
 地方交流戦でのダメージもなく、調教を再開させたウインデスティニー。週末15日(日)は坂路で4F56秒0、ラスト1F13秒4という時計を馬なりでマークしています。
 次走について、体調面は良好であることから、出走できるなら今週の中山月曜7R芝2000mに向かう案も検討されており、昨日18日(水)は北馬場のダートコースにて追い切りがかけられました。相手は古馬500万下ドリーミングラヴで、デスティニーが追走してスタート。勝負どころでも馬なりで前に並びかけ、最後は強めに追われる相手に合わせるようにゴールしています。
 調教助手は「体調は引き続きいいですし、ダートの動きはいいんですけどね。でも、バリバリのパワータイプではないので、やはり芝でどういう競馬をするか見てみたいところです」と話していました。
 そして本日19日(木)は追い切り明けですが、北馬場の角馬場で軽めの乗り運動が行われていました。なお、午後からの出馬投票で今週の出走の可能性も探りましたが、今週から2場開催となり、ましてや芝のレースには多数の投票があり、デスティニーには出走枠はありませんでした。次走は当初の予定通り、1月13日、中山月曜12R芝2200mに向かう予定となっています。

13/12/18 助 手 美北C 良 52.1 38.1 12.8 3 馬ナリ余力
ドリーミングラヴ(古500万)末強目の内を0.5秒追走同入
13/12/15 助 手 美南坂 良 56.0 41.2 27.4 13.4 馬ナリ余力

2013年12月12日(木)
 先週の船橋で地方の深いダートに対応できなかったウインデスティニー。清水調教助手は「状態が良かっただけに一発を狙っていましたが、パワーの要るダートは合わなかったみたいですね。結果を出せずに申し訳ありませんでした」と頭を下げていました。
 レース後のデスティニーは、大きな反動もなく元気一杯で、昨日11日(水)、本日12日(木)は北馬場でキャンターを乗られていましたが、掛かるくらいの行きっぷりを見せていました。
 次走は、再び芝へ戻す予定で、年明け1月13日、中山月曜12R芝2200mなどが候補として挙がっています。

ウインデスティニーは次走に向けて美浦トレセンで調整中。デムーロマジックで未勝利戦を勝ちあがりをしたものの、それ以外のレースでは2歳時の5着が最高順位で鳴かず飛ばず。美浦の清水美波厩舎に転厩となり、恐らく次走が最後のチャンスになるのではと思います。乾坤一擲の走りを期待します。

ウインデスティニーの近況

この敗戦でもう引退かと思いましたが、まだチャンスはもらえるようです。
ただダートはやはり全く合わなかったようで、ここまで酷いコメントは久しぶりに見たなあ(汗)
追い切りの動きの良さがどうしても実戦で出ませんが、次走が正真正銘のラストチャンスでしょう。せっかく美浦に転厩した訳だし、最後に直で応援をしたいなあ。

2013年12月5日(木)
大野拓弥騎手 追い切りの動きが良かっただけに、一発狙ってやるという気持ちでいました。過去のVTRを観ても前に行く脚はありましたから、前々で流れに乗ることを考えていました。しかし、スタート後は押してもスピードに乗れません。深いダートを掴んで進んでいくパワーは、この馬にはないですね。もう少し脚抜きが良ければまた違ったかもしれませんが、今日の馬場では回ってくるだけで精一杯でした。今の中山の力の要るダートも合いそうにないだけに、現状では芝に戻した方が良さそうな印象を受けます。

押田の目 ダートコースでの追い切りでは、このクラスで着に来ている相手を軽々抜き去っただけに、初ダートでの変わり身に期待しましたが、前にもつけられず、後方から脚も使えないという厳しい結果に終わってしまいました。今日のレースぶりを見るとダートは厳しい印象ですので、今後は再び芝に戻す予定でいます。それでも、在厩のまま競馬を続けて使っていくことは今までなかったことですし、今日も馬体はフックラ見せ、毛ヅヤも良好で、体調面は今までになくいいと感じます。それだけに、芝に戻して結果が出なければ、打つ手がなくなるというのが正直なところです。なんとか、次走では見せ場を作って欲しいところです。

2013年12月4日(水)
 明日の船橋9R「フェイスフルステッキ特別」ダート1800mに出走を予定しているウインデスティニーは、先週末29日(金)に最終追い切りを済ませています。実戦でも騎乗が決まった大野騎手を背に、坂路で4F51秒2、ラスト1F12秒6というマズマズの時計をマークしていました。
 大野騎手は「追い切りの動きは悪くなかったですよ。その前のダートコースでの動きも良かったと聞いていますし、雰囲気は非常にいいと感じます」と騎乗の感触を語ります。続けて、「過去のVTRを観ましたが、前へ行く脚はあるようですからね。小回りの地方競馬ですし、前々で粘り込む形で行きたいと考えています。あとは、気持ちの面で難しいところもあると聞いていますので、その辺りを考慮しながら、うまく導きたいと思っています。クラスが上がって結果が出ていませんが、感触としてはソコソコやれるのではないかと思っていますので、なんとかメドの立つ走りをしたいですね」と意気込みを語ってくれました。
 なお、レース前日の本日4日(水)は北馬場の角馬場にて軽めの乗り運動が行われていました。昇級後は芝では結果は出せませんでしたが、初ダートでの変わり身に期待です。

2013年11月28日(木)
 ウインデスティニーは、先週末、12月5日(木)船橋競馬場で行われる地方交流競走「フェイスフルステッキ特別」ダート1800mに投票を行ったところ、無事に選出されたため、そちらへ向かうことが決まっています。なお、ジョッキーは大野騎手の予定となっており、明日29日(金)には大野騎手を乗せて最終追い切りを行う予定となっています。
 この中間は、週末24日(日)に北馬場のダートコースにて追い切りがかけられました。古馬500万下マックスストレインを追走する形でスタートすると、直線では楽な手応えで並びかけ、ラストは馬なりのままビュンと反応。最後は2馬身の先着を決めています。
 清水調教助手は「ダートの走りは非常に良かったですよ。芝での瞬発力勝負だと分が悪い感じがしますし、このダートの走りなら、少し楽しみはありそうです」と初ダートへの期待を語っていました。
 なお、今週は昨日27日(水)、本日28日(木)ともに北馬場でキャンター調整が行われ、明日の最終追い切りに備えています。

2013年11月21日(木)
 転厩後、一時スクミはあったものの、調子を取り戻してきたウインデスティニー。昨日20日(水)に美浦で初めての追い切りがかけられました。丹内騎手が騎乗し、単走でスタートすると、ラスト2F地点からジョッキーの手が動き出し、最後は一杯に追われてゴール板を駆け抜けていました。
 丹内騎手は「う~ん、動きは悪くはありませんが、スピードがあるタイプではなさそうですね」と第一印象を語ります。続けて「まだ実戦では乗ったことがないので、なんとも言えませんが、今までの成績を見ると芝ではパンチ不足となっていますし、今日の走りからもそのような印象を受けます。どちらかというとダートの方がいいのかもしれませんね」とデスティニーの適性を語っていました。
 次走については、丹内騎手からの言葉も受け、12月5日(木)船橋競馬場で行われる地方交流競走「フェイスフルステッキ特別」ダート1800mに今週末に投票することとなりました。
 清水調教助手は「バリバリのパワータイプではなさそうですが、芝での瞬発力では分が悪いような印象を受けます。ダートを試してみるのもいいかもしれません。状態に関しては、以前との比較はできませんが、スクミもなくなり、体も増えてきましたし、いい状態になってきたと感じます」と話していました。
 なお、本日21日(木)は追い切り明けですが、北馬場で軽めの乗り運動を行っていました。

ウインデスティニーの近況

デスティニーはすくみの症状ですか。まあ転厩したばかりですし、ラヴェリテのように使っていく内に良くなってくると良いのですが。ただラヴェリテと違いデスティニーには使い続ける時間がないのが残念ですけど。

2013年11月14日(木)
 転厩により先週、美浦トレセンへ移動してきたウインデスティニー。入厩翌日に乗り運動を行いましたが、その翌日の8日(金)にはスクミの症状が確認されています。
 清水調教助手は「翌日は普通に乗っていたのですが、その次の日は脾腹から前に掛けてが痺れるようになってしまいました。おそらくレース後はいつも放牧に出ていたとのことですから、移動後にすぐ乗ったということでこういう症状になったのでしょう」と説明していました。
 その後は、9日(土)も同じ症状になっていましたので、10日(日)、11日(月)と完全休養となっています。しかし、症状も回復した12日(火)からは乗り運動を開始したところ、運動後もスクミは見られませんでした。昨日13日(水)、本日14日(木)は北馬場でダクを乗られており、元気な姿を見せていました。
 「今週に入りうるさいところを見せるようになってきました。移動してきた時は猫みたいにおとなしかったですからね。これがこの馬の本来の姿なのだと思いますし、もう大丈夫でしょう」と笑顔を見せる清水助手でした。

ウインデスティニーの近況

ウインデスティニーは滞りなく入厩できたようで良かったです。
今日クラブからの通知が届きました。ダート路線でどこまでやれるかは疑問ですが頑張ってもらいましょう。

2013年11月7日(木)
 転厩が決まったウインデスティニーは、昨日6日(水)に栗東トレセンを出発。午後2時には美浦トレセンへ到着し、そのまま清水美厩舎の馬房に収まっています。初めてとなる美浦トレセンでの初日の本日7日(木)は北馬場でダク、ハッキングを3セット行っていました。
 清水調教助手は「前脚の捌きに若干の硬さは見られますが、これはレース後ならどの馬にあるというレベル。大きなダメージはありませんし、馬体に関しても、初めてなので以前との比較はできませんが、細すぎるという印象はありません。なんとか結果を残せるように頑張ります」と状態の報告と丁寧な挨拶がありました。

ウインデスティニー急遽美浦に転厩

先週のレクチャーでクラブの方にどうせ福島を使うなら美浦の清水美波厩舎に転厩したらどうですか?なんて言ってしまったら本当に清水美厩舎に転厩してしまった!!

まあ私の意見が通ったなんて事はありえないんでしょうが、本当に転厩するとはビックリです。てっきりもう一戦使うと思ったんですけどね。
ただこの成績で宮先生のところに置くのはちょっと申し訳なかったですから良かったのかもしれません。どうしても関西馬のレベルでは戦うのは厳しいですし、輸送を考えたら美浦に転厩するのは悪くないはず。清水美波先生にはマイネルドルチェで長年お世話になりました。ウインデスティニーもどうかよろしくお願いいたします。

2013年11月6日(水)
 ウインデスティニーが、本日6日(水)に栗東・宮厩舎を退厩し、美浦・清水美厩舎へ入厩しています(出資会員の皆様には転厩のお知らせを書類にてお送りしておりますので、ご確認ください)。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター