ウインラヴェリテ引退

しばらく更新していなかったら悪いニュースばかり重なった。
最たるものが今日突然来たラヴェリテ引退の報せ。

2014年7月16日(水)
 コスモヴューファームにて順調に乗り込みが進められていたウインラヴェリテですが、先週12日(土)あたりから右前脚の蹄を気にする素振りを見せてるようになりました、砂のぼりを疑い、昨日15日(火)に確認のためレントゲン検査を行いました。
 ところが検査の結果、右前蹄骨に骨折が認められ、さらには左前球節にも骨片が剥がれかかった箇所が見つかっています。
 本日16日(水)に再度レントゲンで精密検査を行ったところ、右前蹄骨にはクッキリとした骨折線が写り、右前球節も前日と同じく剥離骨折という診断が下っています。
 蹄骨骨折は治癒の可能性が低く、現役復帰は難しいことから、残念ではありますがここで引退を決定しました。明日17日(木)に登録抹消の手続きを行う予定です。
 なお、今後については、しばらくはコスモヴューファームで様子を見ることになります。引退通知書につきましてはJRAの見舞金が確定する約1ヶ月後にお送りいたします。
 出資会員の皆様には、ご期待に添えず、大変申し訳ありませんでした。また、これまで温かいご声援をいただきましたことを心より感謝申し上げます。


ラヴェリテは2日目のツアー公開調教で元気な姿を見たばかりなんで、こんな結果になり非常に残念です。

通産成績16戦1勝、2着1回

記念すべき未勝利勝ちには居合わせることができ、口取り写真は大事に飾っています。最後となった中山のレースも見に行きました。
BRFグループと相性の良いグラスワンダー産駒と厩舎に期待して出資しましたが、正直なところ思ったよりも走ってくれなかったかな。でも500万下を突破する力があると言われたり色々と期待を持たせてくれて楽しませてくれました。
現役復帰が無理とのことで今後の先行きが心配ですが、良い貰われ先が見つかることを願います。
お疲れ様でした。

032.jpg   raverite1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

ウインラヴェリテの近況

ウインラヴェリテはCVFで休養中。
前走の地方挑戦はまさかの競走中止。4ヶ月で6戦という過密スケジュールの影響かはわからないが、金成先生の言葉を借りるなら500万下を勝てる力を持っているとのことなので、この休養で上手く立て直してもらいたいです。馬房の都合がつけば札幌でおろしてもいいよね。

2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、昼夜放牧を行っています。
 担当者は「こちらへ到着後は蹄鉄を脱がして放牧していますが、しばらく蹄鉄を履いたままの状態に慣れてしまっているので、硬い地面のところなどでは蹄を痛がる素振りを見せています。蹄の状態自体はまったく問題なく、馬が裸足の状態に慣れていないだけですから、まったく心配ありませんし、あと1週間ほどは放牧を続けていくつもりです」と話していました。

2014年5月21日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 担当者は「到着後も順調な様子でしたので、翌日16日(金)からは昼夜放牧を開始しました。放牧地では頻繁に青草を食べている姿を見かけますし、早くも元気を取り戻してきたように思います。ただ、ここまでコンスタントに競馬を使いながら頑張ってくれましたから、数週間はしっかりとリフレッシュにつとめていきます」と話していました。

2014年5月15日(木)
 先週の船橋ではスタート直後に外に大きくヨレて落馬し、そのままゲート裏に回ってしまったウインラヴェリテ。その後はすぐに捕まり、馬は無傷ではありましたが、JRAから下された制裁は1ヶ月の出走停止とゲート再試験というものでした。これにより、降級前のレースには使うことができなくなったこと、さらにはテンションが高くなってきていることから、ここでの放牧を決定。昨日14日(水)に北海道のコスモヴューファームへ向けて出発し、本日15日(木)に無事に到着しています。
 金成調教師は「ここまでかなり使ってきて、馬体にはダメージはなかったものの、気持ちの面では一杯一杯なところがあったのかもしれません。それでテンションが高くなって、ああいうことになってしまったということが考えられます。ここはひと息入れるタイミングだと思いますし、気候のいい北海道でゆっくりさせてあげたいですね」とラヴェリテを送り出していました。
 最後に「このクラスで勝てる力があると言い続けながら、降級前に勝つことができなくて申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げていました。

続きを読む

ウインラヴェリテの近況

2014年3月15日(土) 競馬場速報

D.バルジュー騎手 前回小倉で乗せていただいた時よりも状態は上がっていると感じました。行けるならハナまで行くつもりでいましたが、内の馬が譲らない姿勢だったので、2番手に控えました。それでも道中はいいリズムで走れていましたし、直線に向くところでも前走とは違って手応えはバッチリ残っていました。しかし、そこから追い出すと息遣いが悪くなり、ズルズル下がってしまいました。おそらく舌を引きずり込んで、その影響で息遣いが悪くなったような感じだったので、次は舌を縛ってみてはどうでしょうか。その影響がなければ、今日は間違いなくいいところがあったと思います。前回、今回と結果を出せずに申し訳ありませんでした。

金成調教師 この距離でも砂を被らないいい位置で競馬ができましたし、勝負どころでいつも手応えが怪しくなる馬が、楽な手応えのまま直線に向かうことができたのは収穫でした。ジョッキーには「キレるタイプではないので、早めに仕掛けて」と言っておいたのですが、あの止まり方を見ると、今日はそのような展開でも厳しかったかもしれませんね。次はジョッキーの進言取り、舌を縛ってレースに臨む予定です。

押田の目 小倉の2戦は早々にジョッキーの手が動いて、直線ではバッタリという厳しい内容。今日は距離短縮で新味を求めましたが、勝負どころでこれだけ楽な手応えでいられたのは今までなかったことです。それだけに、この着順まで負けたことは不甲斐なさしかありませんでしたが、レース後ジョッキーからは息遣いの悪さが指摘されました。ノド鳴りではなく、おそらく舌を縛って対処すれば問題なくなるはずですから、次こそは目に見えた結果を残さなくてはいけないと思っています。今の500万下のダート中距離は頭数は少ないですから、今後は馬体に異常がなければこのまま続戦の予定となっています。


ハナは切れずとも2番手の位置で4コーナーを周る際には騎手が後ろを見る余裕さえある手応え。あれで急ブレーキですから理解不能です。下を縛ることで急激に変わるかは疑問ですが、このクラスで連対していた頃が懐かしい。

ウインラヴェリテの近況

2014年3月13日(木)
 地方交流競走を目標としていてウインラヴェリテ。先週末には船橋「フレンドリービット特別」ダート1800mへ投票しましたが、抽選により除外となっています。これを受けて、今週末の出走に目標を切り替え、週末9日(日)にはコースで大きめのところを乗られています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日12日(水)にWコースにて行われました。単走でスタートし、5Fからジワッとペースが上がると、直線ではジョッキーが軽く仕掛けてゴール板を通過していました。
 金成調教師は「蹄冠部の傷ももう心配ありませんし、このように疲れもなさそうですよ。状態は変わらないと感じますし、なんとか距離短縮で結果を出したいところです」と意気込みを語っていました。
 そして本日13日(木)は追い切り明けですが、角馬場で軽めの乗り運動を消化し、午後からの出馬投票に臨みます。3場で合計5鞍ある今週のダート中距離戦でしたが、相手関係を吟味した結果、最終的に今週の中京土曜6Rダート1900mに投票し、出走が確定しています。なお、ジョッキーはバルジュー騎手に決まっています。ズブさが残るラヴェリテですが、バルジュー騎手も2度目の騎乗ですし、早めスパートで最後まで踏ん張って欲しいところです。


土曜の中山の方が面子は弱そうですが、馬場を考えると中京の方が良いのかなあ?内枠を引いてガンガン押してどこまで粘れるか。バルジューさんお願いします。

ウインラヴェリテの近況

2014年3月6日(木)
 先週小倉から美浦トレセンに戻ってきたウインラヴェリテですが、右後肢の蹄冠部にかすり傷を作ってきており、先週末にそこからバイ菌が入ったことで、2日ほど乗り運動を休ませています。しかし、その後は回復傾向にあり、昨日5日(水)からは乗り運動を再開。本日6日(木)も角馬場でダクを乗られていました。
 金成調教師は「傷はもう心配ありません。それ以外は馬体も減っていませんでしたし、体調面もまったく問題ありませんよ。週末からは追い切りを始めていけると思いますし、調整に狂いはありません」と話していました。
 なお、今後については、予定通り今週末に3月19日(水)に船橋競馬場で行われる「フレンドリービット特別」ダート1800mへ投票する予定となっています。


ラヴェリテの次走は船橋のフレンドリービット特別・ダート1800m。
ちょっと陣営の評価とそぐわない結果が続いていますので、そろそろ結果を出してもらいたいですよ。
で、騎手は誰になるのかな?引き続き丹内騎手かな?
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター