元愛馬 ウインプロスパーまだまだ元気!

2016年 愛馬振り返りは元愛馬ウインプロスパーから

ウインプロスパーの近況をnetkeibaで検索したら現在高知競馬で現役活躍中で、先週も勝利し5連勝中。
寒すぎても暑過ぎても駄目で走る期間が限られた馬だったけど、高知競馬はプロスパーにとって合っているのかもしれませんね。
元愛馬の活躍をみるのは楽しいです。
ウインオベロンは園田で5連勝して中央復帰したし、ウインプリマも金沢競馬から大井に移籍して6勝を挙げています。
プリマみたいな馬を安く募集して最初から地方で走らせるなんてことをしても楽しいと思うんですけどね。

2016年5月26日(木)
 24日(火)の川崎「tvkサブチャンネル中継開始記念」では、後方追走からラストも全く脚を使えず、最下位に終わったウインプロスパー。休養から復帰後は状態が上がらず、不振が続いており、年齢的なことを踏まえても、今後も大幅な変わり身は見込めそうにありません。そこで関係者で協議の結果、誠に残念ではありますが、ここで現役を引退することが決まりました。
 今後は、来週のサラブレッドオークションに出品の予定で、売却金額や出資会員の皆様への分配金額については、7月20日頃にお送りする『ご請求とお支払金額のご案内(6月分)』にてお知らせいたします。
 中央競馬から南関東へ籍を移したものの、その後は目立った成績を残すことができず、出資会員の皆様には、大変申し訳ありませんでした。長い間プロスパーに温かいご声援をいただきましたことを心より感謝申し上げます。

2016年5月24日(火) 競馬場速報
河津調教師 今日は結果的に距離が長く、最後は完全に脚が上がってしまいました。追い切りではそれなりに速い時計が出るのですが、内臓面が本調子ではないためなのか、なかなか思ったように調子が上がってきません。状態さえ持ち直せば、やれないこともないとは思うのですが、年齢的な影響もあるのでしょうか。結果を残せず、申し訳ありませんでした。

片山駿の目 休養から復帰4戦目の今回でしたが、上位勢から大きく離された最下位という厳しい結果に終わってしまいました。距離が長く、条件が合わなかったことを考慮しても、見せ場すら作れないとなると、能力的に厳しいと言わざるをえません。完璧な仕上がりではなかった復帰初戦の内容から、ゆくゆくは通用しそうな期待を持っていましたが、それ以降、レースを使いながらでも状態が上がってこないように、今後も急激な上がり目を期待するのは難しいように思います。出資会員の皆様には大変申し訳ありませんが、引退の方向で協議を進めさせていただきます。
スポンサーサイト

ウインプロスパー地方・川崎に転厩

またも臨時更新のメールが着たからドキッとしたが、ウインプロスパーは川崎競馬の河津厩舎に転厩です。

プロスパーの地方転属の話は去年の今頃レクチャーで、「走れる時期が限られている馬だから暑くなる前に何とか1勝して、若くて元気なうちに南関に移籍したら面白いなと思っています」なんて話を聞いたっけ。結局プロスパーは降級してから成績がイマイチなんだが、最後に勝った大井での走りは本当に強かった。地方競馬なら間隔を空けずにレースを使えるし、ちょっと走る気の抜けた今の状態では中央では厳しいでしょう。少し遅くなりましたが、地方転厩はプロスパーにとって良い選択だと思います。
ただ、河津厩舎ですか。河津厩舎のグループ馬というとプレイアンドリアルにウインバローラス。クラブとも馴染みの深い厩舎だけど、バローラスに関しては河津厩舎で地団太を踏み結局道営に移籍した経緯もあるし、正直もう少し上の厩舎に移ってくれたら良かったのになと思います。
あと今、プロスパーの馬体重が560キロって大丈夫かいな。再来週の入厩とあるけど、さすがに送り出す時にはあと20キロくらい減っていないと困るよ。


2016年2月5日(金)
 この度ウインプロスパー号(牡馬6歳、美浦・高橋祥泰厩舎)が、川崎・河津裕昭厩舎へ転厩の運びとなりましたので、お知らせいたします。 
 プロスパーは、前走の函館でのレース後、股関節周辺の靭帯の回復を待ってから乗り運動を再開し、現在はコスモヴューファームの坂路で追い切りもこなし、入厩の態勢が整ってきました。
 ただ、休養前は中央の1000万下では厳しい競馬が続いており、6歳という年齢を考えると、今後もこのクラスでは苦しい戦いが予想されます。そこでプロスパーの今後について、クラブと高橋祥調教師で協議を行った結果、1000万下条件での勝利経験がある地方競馬へ転籍すれば、再び活躍できるのではないかとのという結論に達し、川崎・河津厩舎への転厩が決まりました。
 今後につきましては、来週中には中央競馬の登録を抹消し、再来週には小向トレセン・河津厩舎へ入厩の予定となっています。
 急な決定ではございますが、会員の皆様には何卒ご理解いただきますようお願いすると同時に、引き続きプロスパーにご声援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 なお、出資会員の皆様には、本日5日(金)に転厩のお知らせを書面にてお送りさせていただいておりますので、ご確認くださいますようよろしくお願いいたします。

2016年2月3日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくはトラックコースでキャンターを消化しています。
 担当者は「併せ馬の追い切りでは前進気勢を出してくれますし、本数をこなす毎に動きも上向きつつあります。抜かれてしまうとフッと気を抜いてしまう面は相変わらずですが、それ以外は脚元も含め、特に気になる点はありません。馬体重は560キロとまだ太めで、こちらではなかなか絞りきれませんが、入厩後にトラックコースで長めの距離を乗ってもらえればスッキリしてきそうです」と話していました。

ウインプロスパーの近況

ウインプロスパーにようやく入厩予定が出た。
これから2月か3月頃には暖かくなってくるし、何とか調子を上げて来て欲しいな。同世代のアルザスがこれだけ頑張っているんだし、プロスパーも一華咲かせて欲しいね。

2016年1月27日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくはトラックコースでキャンターを消化しています。
 担当者は「追い切りでは、他馬に交わされると気持ちが萎えてしまうところがありますが、馬体を併せるとやる気の入った走りを見せてくれます。トモに若干の疲れを感じますが、休ませるほどの状態ではありませんし、このまま入厩に向けて進めていきます。来月中には入厩の態勢が整いそうです」と話していました。

2016年1月20日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくはトラックコースでキャンターを消化しています。
 担当者は「乗り込みは順調で、徐々に運動量を増やしている効果もあり、少しずつですが、馬体は引き締まってきた印象です。ただ、普段から割とのんびりして、気合が入りにくいタイプなので、体つき、動きともに良化はスローです。追い切りを重ねながら、少しずつ状態を上げていきたいところです」と話していました。

続きを読む

ウインプロスパーの近況

プロスパーの次走は大野騎手ですか。昨年の11月からずっと騎手が替わり続けて大野君で5人目。ちょっと意図が分かりかねますがマンネリにならないように色々と考えているのかな?
東京開催は行けそうにないが、28日は現地応援するつもりで調整しています。これからだんだんと暖かくなってくるし、そろそろ一発あっても良いんじゃないかな。

2015年2月12日(木)
 中山での出走へ向けて調整を再開しているウインプロスパーは、次走までは少し間隔が空くことから、今週は軽めの調整となっており、昨日11日(水)、本日12日(木)ともに北馬場でじっくりと乗り運動を行っていました。
 高橋祥調教師は「変わりなく順調に来ています。こうして反動がないのも状態がいい証拠ですし、次辺りは見せ場を作れると思っています」と次走での変わり身に期待を寄せていました。
 なお、次走は2月28日、中山土曜12Rダート1200mに大野騎手との初コンビで向かう予定となっています。

2015年2月5日(木)
 先週の京都では、行きっぷり良く、先団で競馬を進めたものの、直線では止まってしまったウインプロスパー。高橋祥調教師は「モニターで観ていましたが、だいぶ行きっぷりは良くなっていましたし、それでいて道中は抱える部分もあって脚は溜まっていたように見えました。状態は少しずつ上がってきていると感じます。ただ、最後は少しだらしなかったですねぇ。以前は1400mくらいの方が合っていた印象ですが、今は1200mの方がいいのかもしれません」とレースを振り返っていました。
 レース後も反動はなく、美浦トレセンへ帰厩し、本日5日(木)から元気に乗り運動を再開しており、次走は中3週で2月28日、中山土曜12Rダート1200mへ向かうことが決まっています。
 同調教師は「最近はかなり寒いので、冬毛がなかなか抜けてきませんねぇ。毛ヅヤがバリッとしたら必ずこのクラスでも勝ち負けに持って行けると思います。あと少しですね」と完調まであと一歩を強調していました。

ウインプロスパーのレース結果

1/31 京都12R 4歳以上1000万下(混)ダ1400m 松山弘平 57.0 14着

初めての関西遠征でしたが結果は残念でした。
前走の時に東京のD1300mより中山のD1200mの方が今のプロスパーに合っているとレクチャーで言ってましたが、やはりD1400mは長かったようです。しかし14着は負けすぎだよな~。だいぶ調子が上がってきているように見えるけど、やっぱり暖かくなってからか。分かっていてもついつい馬券が美味しいので買ってしまうんですよね。

2015年1月31日(土) 競馬場速報

松山弘平騎手 内目のいい枠でしたし、湿って前が止まらない馬場状態ということも考えて、前半から位置を取りに行く競馬を試みました。テンから積極的に押して出していったこともありますが、スッと2列目を取れたように行きっぷりはむしろ良かったほどです。勝負所では一瞬前との差を離されそうになりましたが、直線入り口ではもう一度盛り返しそうな場面も。ただ、最後の最後は脚が止まってしまいましたね。今日のような湿った馬場よりもパサパサのダート向きの印象を受けましたし、少なからずその影響もあったかと思います。

片山駿の目 近走は行きっぷりがもうひと息でしたが、今日は好位で流れに乗れたようにやはり状態は使いつつ良くなってきた印象です。ただ、京都のダートコースは元々先行有利で、馬場が湿ったことでいつも以上に速い時計の決着でしたから、今日はプロスパーにとって戦いづらい条件が揃っていたと思います。また、これまで1400m以上の距離では目立った良績を残していないように、今回は1F距離が長かった印象ですし、それを考えれば今日の結果も仕方がなかったかと感じます。明らかな叩き良化型タイプですし、今日のレースでは松山騎手にテンからラストまでビッシリしごかれたことで、次はさらに行きっぷりの良さに磨きをかけてくるのではと期待しています。次走は中3週で、2月28日、中山土曜12Rダート1200mに向かう予定。時計が掛かる中山に舞台が替わりますから、次はアッと言わせるてくれる予感がします。

2015年1月29日(木)
 先週の中山は除外となってしまったウインプロスパーは、今週の出走へ向けて調整を再スタート。昨日28日(水)はWコースにて最終追い切りがかけられました。単走でスタートすると前半から行きっぷり良く進み、直線でも最後まで持ったままでキビキビとした動きを見せていました。時計は5F65秒台で、ラストもバッタリと来ていないわけですから、いい追い切り内容だったと言えます。
 高橋祥調教師は「行きっぷりが良くなっていますし、明らかに追い切りの動きは良化していますね。あとは冬毛が抜けてくればというところですが、その点も少しずつ上向いてきています。完調まであともう少しだと思います」と状態の上積みを強調していました。
 そして本日29日(木)は追い切り明けですが、北馬場で乗り運動を消化し、午後からの出馬投票に臨みます。当初は今週の東京土曜12Rダート1400mに出走を予定していましたが、そこは3節のプロスパーには枠はなく、来週の東京も除外の可能性が高いことから、今週の京都土曜12Rダート1400mに目標を切り替え、そこに松山騎手で出走が確定しています。

2015年1月22日(木)
 中1週で今週の出走を予定しているウインプロスパーは、昨日21日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、テンの1Fは15秒台とゆっくり入りますが、2F目から12秒に一気にピッチを上げ、最後まで楽な手応えのまま、4F53秒7、ラスト1F13秒0という時計をマークしています。追っていれば、もっと時計は詰められましたし、調教の動きは明らかに良化しています。
 高橋祥調教師は「この馬は調教の動きと競馬の結果が連動する馬ですからね。休み明けを使いつつ、間違いなく状態は上向いてきていますし、今度は掲示板くらいはあってもおかしくはありません。あとはこの毛が抜けて毛ヅヤが上向いてきたら勝ち負けになるでしょう」と上積みを感じているようでした。
 そして本日22日(木)は追い切り明けですが、北馬場で調整され、午後からの出馬投票で今週の中山土曜10R「初霞賞」ダート1200mに黛騎手で出馬投票を行いましたが、2節のプロスパーには出走枠がなく除外が決まっています。これにより、次走は来週の東京土曜12Rダート1400mへ向かうことが決まっています。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター