FC2ブログ

オリアートは昇級戦で5着

ウインオリアートは5着でした。500万下でずっと足踏みしていたけど相手なりに走るから昇級してもやれると思っていましたが、好メンバーの中で5着は立派なんでしょう。ただオッズが単勝25.8倍とかなり付いていましたからね~。ついつい馬券で稼いで馬を買うみたいな気になってしまい、逆に散在してしまいました(笑)。
さて権利は取った訳ですが、次走はどうなりますかね。中山や福島の小回りコースが良いんだろうけど、福島だと使えるレースが無いんですよね。11月8日に同条件の牝馬限定戦があるけど今回とメンバーが変わらなそうだし、鉾田で一旦休ませるというのもアリかもですね。

2015年10月10日(土)
三浦皇成騎手 前回もそうでしたが、スタートしてスムーズに前に行けるんです。東京の開幕週はジョッキー心理からも、絶対にスローになると思っていましたから、できれば前目で競馬はするつもりでしたが、前回同様、無理せずいい位置が取れました。道中、かなり流れが遅いなとは感じましたが、あそこからハナまで動くわけにはいきませんからね。折り合いも問題なかったですし、いい感じで直線に向きましたが、さすがにキレ勝負になると厳しかったです。個人的には東京の決め手比べよりは、中山の持久力勝負になった方が合っていると思います。それでも、十分このクラスでもやれる馬ですよ。

鹿戸調教師 あんなにペースが遅いんだもんね。1、2着馬は力のある馬なのに、あのペースなら、そりゃ交わせないよね。それでも、決してオリアートも止まっていませんし、昇級戦ということを考えれば悪くない内容でしたよ。今後については、まずは馬の状態を見てから、決めたいと思います。

押田の目 前走で過去最高の馬体重でしたが、この中間はしっかり攻めてさらにプラス体重で出走できました。これが今の充実さを表していますし、この状態なら昇級戦のここでもヒケは取らないと感じていました。ただ、クラスが上がって東京となると、キレる馬も出てきますし、今日はあまりのスローペースに泣かされた印象です。しかし、それでも勝ち馬からはコンマ4秒差ですし、オリアート自身も速い上がりを使っていますから、決して悲観する内容ではなかったと思います。このクラスでも十分にやれることを示した1戦でしたし、うまく条件が噛み合えば、勝つチャンスも回ってくるでしょう。

2015年10月8日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日7日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は共に古馬500万下のネオヴァロンとダブルコークで、オリアートが先行してスタートし、4コーナーでは大外を回り、2頭を迎え入れます。直線でも鞍上が持ったままでキビキビとした動きを見せ、最後まで余力を残したまま、併入ゴールとなっています。時計は4F53秒5、ラスト1F13秒5でした。
 鹿戸調教師は「いい動きだったね」と笑顔でひと言。続けて、「昨日の測定で前走よりプラス4キロの450キロだったんです。これなら併せ馬で負荷が掛けられると判断し、今日の追い切りメニューにしました。以前はレースを使っていくと、どうしても中間は軽めの調整になっていましたが、今は直前で3頭併せができるほどまで成長しました。さらに今は本当に体調がいいと感じますからね。この状態なら昇級の壁はないはずですし、牝馬限定戦なら連勝も期待できますよ」と強気の姿勢を見せていました。
 そして本日8日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の東京土曜9R「山中湖特別」芝1800m牝馬限定戦に三浦騎手で出走が確定しています。前走がひと皮剥けたようなレース内容でしたし、今は過去最高の馬体をキープできていますから、連勝に大いに期待が高まります。

2015年10月1日(木)
 来週の東京土曜9R「山中湖特別」芝1800m牝馬限定戦に三浦騎手で出走を予定しているウインオリアートは、今週は軽めの調整。昨日30日(水)は南馬場のダートコースをキャンターで1周し、本日1日(木)は北馬場で乗り運動を行っていました。
 鹿戸調教師は「前走がこれまでで一番の馬体だったのですが、レース後1週間ですぐにその数字まで戻りました。今は本当に状態がいいのでしょうし、いよいよ本格化の時を迎えたのかもしれませんね。これなら週末、来週としっかり負荷を掛けて調整できますし、次走もいい状態で向かうことができそうですよ。この状態なら昇級戦でも楽しみです」と自信たっぷりの表情で語っていました。

2015年9月24日(木)
 先週の中山「汐留特別」では、好位で折り合い、直線で抜け出してからもラストは脚が鈍らず、完勝という内容で2勝目を挙げたウインオリアート。鹿戸調教師は「これだけしっかり攻めて、プラス10キロなんて今までなかったですからね。本当に馬の状態は良かったですし、完勝も決して驚くことではありません」と自信の表情で語っており、「今は本当に充実していますからね。前回の勝ちっぷりなら1000万でも間違いなく勝負になるでしょう」と力強く話していました。
 レース後は、馬体は少し減っていますが、カイバはしっかり食べており、明日25日(金)から乗り運動を行う予定となっています。
 なお、次走は中2週で、10月10日、東京土曜9R「山中湖特別」芝1800m牝馬限定戦に、引き続き三浦騎手とのコンビで出走を予定しています。

ウインオリアート 汐留特別勝利!!

winoriart150920_1.jpg

ウインオリアート2勝目 汐留特別勝利!!

長かった!そして待ち遠しかった勝利!!
未勝利を勝ち上がるのも長かったけど、500万下を勝ち上がるのにこんなに時間が掛かるとは思いませんでしたね。
500万下での先月までの成績は0-3-5-0-0-3
6戦連続で1番人気に押されながらも常に連対と馬券孝行な馬でしたが、降級前に勝ち切ることはできなかった。それが三浦騎手に替わった途端に、横綱競馬で完勝ですから驚きです。今回戸崎騎手が空いていたにも関わらず、三浦騎手を配したクラブと調教師の好判断でしょう。次回以降も三浦騎手が乗ってくれるかはまだ決まっていなかったようだけど、あれだけの勝ち方をしたからきっと乗ってくれるでしょう。勝利後の「何でこれだけの馬が今まで500万を勝てなかったのでしょうか」というコメントに現れている気がします。
次走は10月10日(土)の牝馬限定戦、山中湖特別・芝1800mなんですが、良く考えたらその日は鉾田ツアーで競馬場にいけない(涙)。ラフィアンのイベントだからウインは口取りできるんですよね。まあオリアートに関しては私が口取りを申し込まない方が勝ってくれるみたいなんで、多分次走も勝ってくれるはず。鉾田から念を飛ばしたいと思います。

9/20 中山9R 汐留特別(牝) 芝2000m 三浦皇成 55.0 1着

2015年9月20日(日)
三浦皇騎手 調教には騎乗していて本当に状態がいいというのは感じていたんです。作戦としては、前半にあまり出して行くとラストの脚が鈍るので、出たなりで進めようということだったのですが、スタート後の出脚が良く、無理せずいい位置を取れたんです。やはりこれも状態がいいからなのでしょうね。ペースは遅かったですが、道中は折り合いもしっかりついて、手応えも抜群。いつでも抜け出せる状態でしたが、しっかり待って追い出したところ、素晴らしい脚を使ってくれました。今日は完勝でしたが、特に自分が何をしたという感じではありません。馬の力が違ったということでしょう。何でこれだけの馬が今まで500万を勝てなかったのでしょうか。いい時に乗せていただき、本当にありがとうございました。

鹿戸調教師 オリアートってこんなに強かったでしたっけ(笑)。でも、状態には自信がありましたし、皇成もテン乗りとは思えないほど、うまく乗ってくれました。次走については、中2週で10月10日、の東京土曜9R「山中湖特別」芝1800m牝馬限定戦へ向かうつもりでいます。体も増えていますから、中2週もまったく問題はないはずですよ。

押田の目 15日(火)の測定で454キロまで増えていた馬体で、今のオリアートの状態の良さが伝わってきました。パドックでも過去最高と言えるほどのデキでしたから、期待は高まりましたが、一方で中山の2000mで特別レースとなると、勝ち切るまではどうかという気持ちがあったことも事実です。しかし、これまでの詰めの甘いレースぶりからは考えられないほどの強い内容で、今日は完勝というレースでした。三浦騎手もテン乗りではありますが、いつも鹿戸厩舎の調教は手伝っていますし、デビュー前から調教には乗ってもらっていましたから、むしろ誰よりもオリアートを知っているジョッキーだったのかもしれません。今日の内容なら上のクラスでも十通用しますし、牝馬限定戦なら連勝も可能でしょう。


この日は阪神2Rでウインハートビートが勝ち、中山7Rでウインインスパイアが勝利。押田さんがもうこの勢いは終わりかなと自虐的に冗談を言っていましたが、結果はご覧の通り。ゴール前では常連の会員さん達と肩を抱き合って喜び合うことができたし、2戦続けての勝利でレクチャーも大盛り上がり。最高の1日でした。またこんな日を迎えたいですね。

winoriart150920_02.jpg  winoriart150920_04.jpg  winoriart150920_03.jpg  winoriart150920_05.jpg

続きを読む

ウインオリアート勝利ならず

降級の恩恵を得るために中1週のラストチャンスに懸けたオリアートでしたが、結果は2着。
現地で見てきましたが戸崎騎手は完璧に乗ってくれました。しかしそれでも勝てないのだから仕方ないです。
昨年の11月から2着3回、3着5回の8連続連対。1番人気は6回飛ばしていますが、この安定感は脅威です。しかしそれでも勝てないのは父のシルバーコレクターの呪いか、いやまだ馬がそこまで強くないということなんでしょう。ただこういう馬は上に上がっても堅実に走ってくれると思いますよ。牝馬限定戦やローカルのレースを上手く選択してあげれば勝つチャンスはあるんじゃないかな。北海道に戻して札幌で降ろす案もあるようですし、また頑張って走って欲しいです。

東京7R 4歳以上500万下(混) 芝1600m 戸崎圭太 55.0 18頭立て 2着

2015年5月30日(土) 競馬場速報
戸崎圭太騎手 前回のレースを観て、脚を余した感じがありましたので、スタートには気を付けて、その後はある程度出していきました。ただ、以前中山で出して行き過ぎて止まったことがありましたし、今日もあれ以上行ったら、ラストに脚が鈍ったと思います。直線でも止まっていませんし、最後まで馬は頑張っているんですけどね。勝たせてあげられなくて申し訳ありませんでした。

鹿戸調教師 う~ん、勝てないね~。中1週でも状態は良かったですし、乗り方も完璧。これで勝てないなら、仕方ないかな。今後については、ここまで使ってきましたから、ひと息入れてあげる予定です。降級を取ることができず、申し訳ありませんでした。

押田の目 中1週でも体はキープできていて、この中間もしっかり攻められましたし、前走と変わらず好状態だったと思います。枠も絶好で、前が飛ばしてくれる流れも理想的。今日はオリアートにとって完璧な形であったにも関わらず、勝利を手にできなかったわけですから、現状では勝ち切るまではワンパンチ足りないということを認めなくてはならないでしょう。それでも、厳しいローテーションの中、馬は本当に頑張っていますし、牝馬限定戦だったり、流れが向いたりすれば、あっさりがあってもおかしくはありません。さらには、こういう安定した走りからも、上のクラスに行っても善戦しそうな気がしています。休養後は500万をしっかり勝たせて、1000万でもいい勝負をさせたいところです。

2015年5月28日(木)
 中1週で今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日27日(水)にWコースにて最終追い切りがかけられました。相手は共に3歳未勝利のデストリーライズとポッドクライで、オリアートが最後方から追走でスタート。4コーナーを馬なりのまま内から追い上げ、直線では3頭の併せ馬に。オリアートは中1週ですから、鞍上の手は最後まで動きませんでしたが、終始キビキビとした動きでゴールしていました。時計もまったくの馬なりで5F66秒9、ラスト1F13秒0ですから、優秀です。
 鹿戸調教師は「良かったね」と笑顔でひと言。続けて、「週末に胃薬を与えたら、カイバ食いが良くなって、昨日で446キロまで増えていたんです。これならしっかり負荷を掛けられると判断し、中1週でもWコースで併せ馬を行いました。以前のオリアートだったら、胃薬を与えたとしても中1週でこれだけ馬体が増えることはなかったですし、その分攻められませんでしたからね。今は本当に成長を感じます」とオリアートの成長を実感していました。
 最後に「前走と同じくらいいい状態だと感じますし、これなら自信を持って送り出せます。あとはペースが合ってくれることを祈るだけ。それでも、力はある馬ですから、なんとかしてくれると思っています」とここでの勝利を切に願っていました。
 そして本日28日(木)は軽めの運動で様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の東京土曜7R芝1600mに戸崎騎手で出走が確定しています。ここが降級前の正真正銘のラストチャンス。引き続き好状態で出走できそうですから、最後の最後でこれまでの悔しさを晴らしてくれるはずです。

2015年5月21日(木)
 先週の東京では、スタート後の行き脚がつかず、その上スローペースに嵌ってしまい、またしても勝利を挙げることができなかったウインオリアート。レース後は大きな馬体減もなく、全体的な硬さなどもありません。本日21日(木)から北馬場で乗り始めていますが、いつもと変わらない動きを見せています。
 鹿戸調教師は「どうしても運に恵まれない馬ですが、力はある馬。中1週でなんとかしたいと思っています」と改めて中1週での続戦を決め、「この中間は胃薬を与えて、万全を期すつもりです。前回以上ということはないでしょうが、同じくらいの状態で出走できるように調整していきます。前回のデキにあれば、間違いなく勝ち負けになりますから」と話していました。
 なお、次走は来週の東京土曜7R芝1600mに戸崎騎手とのコンビ復活で、ラストチャンスに駆けることになります

ウインオリアートはまたも3着

私が応援に行くと負けるのか、O田さんが行くと負けるのかは分かりませんが(笑)、今日も勝てませんでした。昨日は新潟、京都は勝っているだけに残念です。
スタートの遅れが痛かったし、むしろあの位置から良く3着に届いたなと馬を褒めてあげたい。
脚は使っているんだけど、スローの流れであの位置では勝ちきるのは難しい。先週のデムーロは手術明けの所為か精彩を欠いていた。ただ戸崎でも勝ち切るのは無理だったんじゃないかな。
勝てなかった場合は中1週で行くと走る前から決まっていたようですが、降級前のラストチャンス今度こそ決めて欲しいです。ただメンバーは揃いそうだし、騎手が誰になるか気になります。

5/17 東京8R 4歳以上500万下(混) 芝1600m M.デムーロ 3着

2015年5月17日(日) 競馬場速報
M.デムーロ騎手 スタートは出たのですが、その後の行き脚はもうひとつでした。ただ、戦前から鹿戸先生から「ラストはしっかり伸びるから」と言われていましたので、ジックリ構えました。その通り、最後はしっかり伸びてはいるのですが、前までは届きませんでした。今日の感じでは、距離はもう少しあった方がいいかもしれません。結果を出せずに、申し訳ありませんでした。

鹿戸調教師 ちょっと位置取りが後ろ過ぎたかなぁ。オリアートが出るレースはいつもスローになって、差し込んではいるものの、届かずという形なんですよね。最後もしっかり伸びているだけに、運がない馬です。今後については、ここが降級前のラスト1戦だと考えていましたが、本当の最後にもう1戦行きましょう。中1週で5月30日、東京土曜7R芝1600mへ向かうつもりです。今日体が減っていたら、この選択はなかったでしょうが、今は充実しているので大丈夫。次で決めたいと思います。

押田の目 この中間は水曜、日曜、水曜としっかり負荷を掛けて、鹿戸調教師の言う悔いのない仕上げが見て取れました。そんな中でも、馬体重はプラスになっていましたし、今日は落ち着きがあって非常にいい状態だったと思います。勝ち切れないオリアートを名手デムーロ騎手であとひと押しという気持ちでしたが、今日もスローになってしまい、差し届かずといういつもの内容でした。勝ち切るまでには、メンバー、ペースなどがうまく嵌らないといけない印象ですが、力はある馬だけに、なんとかしたい気持ちです。次走が降級前の本当の最後の1戦になりますので、そこでの勝利に期待したいところです。

2015年5月14日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、週末10日(日)にはWコースで追い切りがかけられ、4F54秒9、ラスト1F13秒5という時計を馬なりでマークし、相手の3歳未勝利ラムレイに1馬身の先着を決めていました。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日13日(水)に芝コースにて行われました。相手は三浦騎手騎乗の古馬500万下ケンタッキーミントで、オリアートが追走してスタートし、4コーナーでは内から並び掛けます。直線では2頭が馬体をピッタリ併せたまま、最後まで馬なりで併入ゴールとなっています。ラスト1Fは持ったままで11秒8と脚を一気に伸ばしていました。
 鹿戸調教師は「バッチリだね」と笑顔でひと言。続けて、「週末もしっかりWコースで追えたし、このレースへ向けて悔いのない仕上げができたと思っています。馬体重も現在442キロですし、この後は胃薬を与えなくても大丈夫。レースではプラス体重で出走できるはずです。鞍上は心強いミルコですし、これで負けたら仕方ないという気持ちです」と語り、最後に「でも、もちろん勝つことしか考えていませんよ。ここでしっかり降級を勝ち取りますから」と力強く締めくくってくれました。
 そして本日14日(木)は北馬場で乗り運動を行い、午後からの出馬投票で今週の東京日曜8R芝1600mにM.デムーロ騎手で出走が確定しています。もう2、3着は要りません。ここが降級前のラストチャンスでしょうから、スカッと勝利で締めくくりたいところです。

続きを読む

ウインオリアートの近況

オリアートは本日鉾田に移動。次走は東京開催とあったがローカルの牝馬限定に目を向けてくれたのは嬉しいな。降級までにあと2回使える計算だから、まずはローカル開催で勝ち上がり、昇級戦を東京で観戦の流れが理想。今のオリアートの実力ならローカル開催を丹内騎手でも余裕で勝てるはず。賞金も高いしローカル開催の特別戦希望!

2015年2月12日(木)
 先週の東京では、上がり3F33秒7という脚を使ったものの、またしてもスローペースに泣かされ、勝ち切ることができなかったウインオリアート。レース後は、脚元などにダメージはありませんが、ここまで勝ちに等しい厳しい競馬を何度も続けてきたこともあり、予定通り本日12日(木)に茨城県のビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ています。
 鹿戸調教師は「大外枠から王道の競馬をして僅差だったように、馬は力をつけているんですけどねぇ。ここ数戦は本当にペースに泣かされ続けましたね。勝たせることができずに申し訳ありませんでした」と頭を下げていましたが、「ただ、まだ降級前までにはチャンスはありますからね。東京開催にはこだわらず、福島や新潟のローカル開催も視野に入れていきたいと思っています。ローカルでメンバーが弱くなったところなら、さすがに力が違うでしょう」と復帰後は幅広く構える予定を明かしていました
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター