FC2ブログ

レッドロザリー、デビュー戦

ダービーも終わりデビュー戦の季節が始まりました。
と言ってもデビューするのは2歳ではなく3歳馬のレッドロザリー。
脚元が弱く時間はかかりましたが、いよいよデビュー戦です。この世代の東サラ出資馬の中では一番期待していただけに頑張ってもらいたいのですが、調教時計と近況コメントを見る限りでは強気になれません。メンバーもアルマミーアがいるし決して面子は弱くないし、1週延ばした方が良い気はします。叩き一変を期待して、2戦目が本番か?


レッドロザリーは7日(土)阪神1R・ダート1800m(牝)に1枠1番、中井騎手騎乗でデビュー戦を迎えます。

馬三郎コメント
調教の本数はこなしてきたが、まだ体に丸みがある。そのあたりがどうか。(松田国師)

2014.06.05
(松田国厩舎)
引き運動の調整。
松田国調教師「追い切り後も変わりなく順調です。脚元も落ち着いていますし、だいぶあばらが浮いて体は絞れてきているので、今週デビューさせることにしました。鞍上は減量で負担が軽い事と、きちんと追える騎手の方が良いと考え、中井騎手に依頼しました」
※今週7日(土)阪神1R3歳未勝利(牝)D1800mに中井騎手で出走が確定しています。

2014.06.04
(松田国厩舎)
本日は坂路1本の後、Dポリトラックコースにて追い切りました。
 坂路 82.5-57.7-36.2-17.2 馬なり 
 DP 84.7-67.4-52.4-38.6-12.1 強め
内ハギノヘヴン強めと6F併せで併入
松田国調教師「この中間も順調に調整しています。今日の追い切りではいい意味で折り合って走っていましたし、息づかいも良化している印象を受けました。時計も徐々に出るようになってきましたしね。日曜日も坂路で57.4の時計を出していますし、これまでしっかり追い切りを重ねてきたことで、あばらや筋肉が浮き出て見えるようになってきました。少しずつですが仕上がってきていますし、脚元も今は安定しているので、今週7日(土)の阪神1R(D1800・牝)か、来週14日(土)の阪神1R(D1800・牝)に向かおうと考えています。ジョッキーや今週使うかどうかは、今日の想定を見て判断したいと思います」

レッドロザリーの近況

レッドロザリーは阪神開催デビューを目指してトレセンで乗り込み中。
ゲートは受かったけど、まだ時計が出てないしもう少し時間がかかりそう。6月下旬くらいのデビューかな。

2014.05.29
(松田国厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
助手「追い切りも変わりありません。追い切りを重ねて負荷をかけてきていますが、今のところ脚元に影響は見られません。運動中などに少し気が小さいのかなと感じることはありますが、ピリピリするようなことはなく馬房ではボーッと過ごしていますね。あと数本追い切ればレースに向けて態勢はほぼ整うと思いますし、阪神開催を目標に進めていきたいです」

2014.05.28
(松田国厩舎)
本日は坂路1本の後Dポリトラックコースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 80.9-58.1-37.1-17.5 馬なり
 DP 83.5-66.2-51.6-38.1-12.4 馬なり
外ハギノヘヴン馬なりと6F併せで併入
松田国調教師「今のところ脚元も落ち着いていますので、順調に追い切りを消化することが出来ています。今日はポリトラックコースでの追い切りでしたが、馬なりとはいえ、最後まで併せた馬に引けをとらず集中して走っていました。今日長めで速いところをやったことで、これまでより関節の可動域が広がり、筋肉にも少し痛いところが出てしまうかもしれませんが、そうやって強くなっていくので、しっかりと耐え抜いて欲しいですね。デビューも見えてきましたが、まだ馬が丸いので坂路とCWコースを併用して乗り込んでいきます」

2014.05.22
(松田国厩舎)
本日は角馬場でダク調整の後、Cウッドコースでキャンター調整でした。
松田国調教師「追い切り後も変わりありませんね。脚元も悪くはなっていません。今日は角馬場を速歩で2周したあとCWコースでは軽いキャンターで体をほぐしました。まだ馬が丸く水っぽい感じですので、もう少し乗り込んで絞るというか、枯れてこないと能力を発揮出来ないと思いますので、このままデビューに向けて乗り込んでいきます」

2014.05.21
(松田国厩舎)
本日は坂路1本の後、芝コースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 79.2-56.6-37.2-17.8 馬なり
 芝  86.9-70.0-54.8-39.6-12.6 一杯
内ハギノヘブン一杯に併入
松田国調教師「この中間も順調に調整しています。追い切りは芝コース入れて現時点でどれくらい動けるかを確認しました。目一杯に追ったというわけではなく、まだお釣りがある状態だったと思いますが、もうちょっと時計が出て欲しかったですね。脚元は今のところ問題ありませんので、様々なコースで鍛えていきたいと考えています」

続きを読む

レッドロザリーの近況

2014.03.13
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は火曜日に坂路で14-14を消化。明日は15-15を乗る予定でしたが、調教師からグリーンウッドへの移動依頼がありましたので、軽く乗って土曜日に送り出します。入場当初に言われていた左前の球節は問題ないですし、ここまで順調に乗り進めることができたかと思います。天気のいい日は全く問題ないのに、風が強めの日はソワソワしてテンションが上がり気味になるなど、まだ精神面に幼い部分があるように感じます。これから馬体も変わってきそうですし、成長に合わせて全体に力感も増してくるんじゃないかな。血統通りの良さを感じさせてくれる馬ですが、遅生まれですからね。その分、今後の変化が大きいはずなので、楽しみも大きいです。まずは無事に輸送をクリアして欲しいですね」

2014.03.06
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は火曜日に坂路で14-13を消化。順調にペースアップすることができていますね。あと2~3週くらいで、ある程度の態勢は整いそうな印象ですので、移動も視野に引き続き乗り進めていきます。馬体重は497キロ。テンションも上がっていませんので、調整面もスムーズですね。乗り進めつつ筋肉量を増やしていきたいと思っています。週末は普通キャンターでの調整を予定しています」

2014.02.27
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も順調に乗り進めることができていて、明日から坂路では14-14に移行という予定を組んでいます。ここまで15-15を継続して乗ってきて、隊列を組んでいろんなポジションで進めたりしたことで、馬も随分と慣れてきたようです。テンションも安定してきていますよ。馬体重は497キロ。今後は速い処を積みながら筋肉量を増やしていきたいですね」

2014.02.20
(山元トレセン)
担当スタッフ「馬体重は498キロ。今週の火曜日から予定通り坂路で15-15を開始しました。少しテンションは高めですが、稽古後も脚元などに不安はありませんし、動きも悪くなかったですよ。週末も15-15を予定していますので、この調子で様子を見ながら徐々にペースアップしていきたいですね。3月中旬頃の移動をイメージしながら進めていきたいと思います」

2014.02.14
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週も先週同様のペースで乗り進めていますが、状態面を含め不安はありませんよ。今週末も17-16くらいで乗って、問題なければ来週から15-15へ移行したいと思っています。乗り進めてきましたが、脚元等は問題ないですし、気になる点もありません。急なペースアップは考えていませんが、まずは予定通りにきていますよ。気持ちの面も少し安定してきました。変にテンションが上がる感じもなくなってきて、しっかりと集中してトレーニングに励んでくれていますよ」

2014.02.06
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も坂路中心のメニュー構成で進めています。今週は火曜日に坂路で16-17を2本。球節の状態も悪くありませんので、様子を見ながら乗り進めていければと考えています。他の馬を気にしてテンションが上がったりすることがありますね。普段は平気なんですが、そのような面も見せていますので、調教時は特に気を付けています。脚元や体調面に不安がなければ、来週16-16で再来週から15-15に移行というイメージですが、そこは慎重に判断したいと思います」


移動は来週以降かなと思ったら、急遽移動が決まりましたね。まだ馬名登録もしてないし、順調に行ってもデビューは4月末かGWあたりかな。なかなか期待を持たせてくれそうなコメントですしデビューまでワクワクさせてもらえそう。

レッドロザリーの近況

2014.01.31
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も坂路で順調に調整しています。ハイオネートの投与と週2回高出力のレーザーを当てて球節のケアをしており、乗り進めても脚元は落ち着いています。休んで少し肉が落ちてしまっているので、トモにもう少し筋肉を付けていきたいところです」

2014.01.23
(山元トレセン)
担当スタッフ「坂路でのキャンターを開始しています。球節も問題ないですし、このまま進めていきたいと思います。ツメの状況も安定していますね。少しヤンチャなところを見せていたのも、坂路に入れてから気にならなくなってきました。ガス抜きができたんじゃないかな。脚元等の様子を確認しながら、じわりとペースアップしていければと思っています」

2014.01.17
(山元トレセン)
担当スタッフ「月曜日から常歩で長めから動かしています。今週のメニューはマシン運動+常歩での乗り運動。様子を見て、週末から徐々に上げていきたいと思っています。爪の状態も良くなって、乗り出してからも現状では脚元も大丈夫ですね。しばらくは裸足のままで進めて、調整にリズムが出てきた頃に装蹄と考えています。馬は元気いっぱいで、やんちゃな処も見せていますね。しっかりと進めていけるように、脚元等のチェックをしながら調整していきます」

2014.01.10
(山元トレセン)
担当スタッフ「メニューは変わらず午前と午後に60分ずつのマシン運動です。蹄鉄を外して進めてきたことで、爪が伸びて自分の形になってきたんでしょうね。左前も落ち着いていて、腫れや浮腫みは見られないし、曲げても痛がる様子はなくなっています。状態が良くなっていますので、来週から乗り出す予定でいます。しばらくは裸足のままで、軽いところから様子を見ていきます。トレセン在厩時のように乗り出したら痛みがでる可能性もゼロではありませんので、しっかりとチェックしながら進めていきたいと思っています」


他の馬はだいたい帰厩の目処が立ったけど、レッドロザリーだけはまだ時間がかかりそうだ。休養で肉が落ちたみたいだし、戻って来るのは3月か4月かな。しかしこの調子で松国先生の調教に耐えられるか心配だ。

レッドロザリーの近況

org_kinkyo_redrosary_39[1]

2013.12.26
(山元トレーニングセンター)
担当スタッフ「馬体重は498キロ。左前を曲げると痛がっていましたが、腫れや浮腫みは落ち着いていますし、痛みもやわらいできているように思います。いまは変わらずマシン運動のみで様子を見ていますが、この様子であれば1月中旬くらいから乗り出せそうな印象を持っています。引き続き獣医に診てもらいながら、慌てずに進めていきます」

2013.12.20
(山元トレーニングセンター)
担当スタッフ「入場時の馬体重は483キロ。いまは495キロです。レントゲンを撮りましたが、骨折などの心配はなさそうです。それでも申し送りにあったように左前は曲げると痛がりますし、浮腫みもありました。装蹄が微妙に影響している可能性も考えて、鉄を外して、いまは裸足で過ごしています。メニューはマシン運動60分。入場から5日ほどですが浮腫みは治まってきていますので、削蹄など蹄のケアをしながら、痛みが落ち着くのを待つ形がいいかもしれません。様子を見ながらじっくり進めていきます」

2013.12.12
(松田国厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
14日(土)に山元トレーニングセンターに移動予定です。

2013.12.11
(松田国厩舎)
舎飼い。
松田国調教師「入厩後、二日間坂路を軽めに乗ったところ、左前の球節を屈曲させると痛がる素振りを見せるようになりました。レントゲンで骨に異常は見られませんでしたが、関節炎の症状でこのまま厩舎で調整を続けていくのは難しいと思われます。まずはゲート試験と考えていましたが、一度山元トレーニングセンターに放牧に出したいと思います」

レッドロザリーは入厩して安心していたのですが、左前の痛みで山元トレセンに移動となってしまった。1月中には乗り出せそうとのことだが、乗り出してみないと大丈夫なのか何とも言えないですね。無事にデビューできるかちょっと心配です。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター