FC2ブログ

ウインヴァンノのレース結果

ウインヴァンノは11着でした。
パドックではただ1頭内を周回し、余所見をしたり覇気のない様子。騎手が乗って少しは良く見えたが、これは時間がかかりそうです。節次第ですが中1週で使うつもりのようですし、使いながら力を付けさせていくしかなさそう。今日はレクチャーも3人しかいなくて寂しかったけど、幸いにもクラブは長い目で見てくれるようなので目標は小さいですがまずは賞金を持ってくる8着以内を目指していきましょう。

競馬場速報
黛弘人騎手 スタートに関しては、トモが弱いなので速くはなかったですね。でも、その後に4番に前をカットされる不利がなければ、もう少し前の位置を取れたと思います。後方からになりましたが、追走はスムーズでしたし、距離はこれくらいあった方がいいですね。ビュッという脚はないですが、ラストはジリジリと伸びてきましたし、悪い内容ではなかったように思います。体がまだ幼い印象ですから、成長が伴って来ればもう少しやれそうですよ。

松山将調教師 トモに力がない馬なので、ゲートは現状ではこれくらいが精一杯ですね。ただ、今日は東京の1600mということで芝スタートでしたから、その分スピードに乗れなかったというのもあります。ダートスタートだったら、もう少し前の位置を取りに行けるかもしれません。それでも、前走同様最後は諦めずに伸びていましたし、前回よりも離されなかったですからね。今後も、少しずつレース内容は良くなっていくと思います。この後は、馬体に問題がなければ、東京で続戦の予定でいます。

押田の目 デビュー戦はまだ余裕のある体つきでしたが、2戦目で馬体はしっかりと絞れていました。しかし、まだ全体的に緩さが残っているように、本格化はまだ先になる印象です。ゲートは初戦より速くはなりましたが、トモに力がない馬だけに、今後もスタートダッシュが利くようにはならないと思います。それでも、性格は真面目で最後まで諦めずに伸びてくるタイプですから、今後も大崩れはなく、少しずつ前との差を詰めて行けるのではないかと思っています。1、2戦でガラッと変わって勝ち切るということは難しいと感じますが、いずれ掲示板、そして勝ち負けに加わる時が来るはずです。次走については、ダートスタートを選択するならば、東京のダート1400mへの出走も視野に入っています。

ウインヴァンノの近況

ウインヴァンノは12日(日)東京1Rダート1600mに3枠5番、黛騎手騎乗で出走。
デビュー戦のヴァンノは身体の割りにトモと尻のボリュームに欠けバランスが悪い馬体で、これは厳しいかなという印象を受けた。追いきりではあまり良化が見込めないし、我慢強く使いつつ良くなってくるのを期待するしかないかな。二桁着順が続くと印象が悪いので8着以内の前進を期待。

競馬ブック コメント
テンに行けなかったが、初戦はやめずに走っていた。上積みは見込めそう。(松山師)

2014年10月9日(木)
 2週連続除外となっているウインヴァンノですが、今週の東京3日間開催に目標を切り替え、調整を進めています。
 昨日8日(水)は北馬場でキャンターでの調整が行われ、本日9日(木)は坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートすると、2F手前辺りから鞍上に仕掛けられ、最後の1Fは一杯に追われましたが、15秒0と時計を要してゴールとなっています。4F56秒1、ラスト1F15秒0という時計ですが、昨日、本日と尋常ではないほど坂路は時計が掛かっていますので、決して悲観する内容ではありません。
 松山将調教師は「昨日も今日も最後は15~15秒でバッタバタになっている馬だらけですからね。時計は気にしなくていいと思います」と話し、「除外続きですが、体調はしっかりキープしていますし、調教もこの馬なりにしっかりと動けています。距離は1800mへの一気の延長よりも、このくらいの方がいいと思いますし、なんとか少しでも上の着順を目指したいと思います」と意気込みを語っていました。
 そして午後からの出馬投票で、当初は今週の東京月曜1Rダート1400m牝馬限定戦に出走を予定していましたが、想定の段階で僅かに除外の可能性もあったことから、今週の東京日曜1Rダート1600mに切り替え、そこに黛騎手で確定しています。

2014年10月2日(木)
 先週の出走は叶わなかったウインヴァンノは、今週の出走へ目標を切り替え、昨日1日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。単走でスタートすると、最後は鞍上にビシッと追われてゴールしています。時計は4F55秒1、ラスト1F13秒5というものでした。
 松山将調教師は「格別目立った動きではありませんが、先週といい、今週といい、ヴァンノなりにしっかり動けていますからね。カイバ食いはまったく心配のない馬ですが、この中間はしっかり調教を積んで体をシャープに作ってきました。あとは、今週も出られるかどうかですね」とダート未勝利戦の出走頭数の多さを気にしていました。
 そして本日2日(木)は追い切り明けですが、角馬場で乗り運動を行い、午後の出馬投票で今週の新潟土曜1Rダート1800mに投票しましたが、4節のヴァンノには出走枠はなく、除外が確定しています。なお、次走は来週の東京月曜1Rダート1400m牝馬限定戦にスライドの予定となっています。

2014年9月25日(木)
 今週の出走を予定しているウインヴァンノは、週末21日(日)には坂路で4F57秒8、ラスト1F13秒6という時計をマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日24日(水)に坂路にて行われました。単走でスタートすると、最初の1Fは14秒0という時計で入り、その後はジワジワとペースを上げます。最後は鞍上に促されながら、ゴール板を通過していました。時計は4F54秒2、ラスト1F13秒2でした。
 松山将調教師は「大きく変わった印象はありませんが、動きは悪くなかったですよ」とマズマズの評価を与えます。続けて、「今回1800mに距離が延びることで意識的に体を絞るように調整してきましたし、その通り少し体のラインがシャープになりました。まだ勝ち負けまではどうかも、前走のように最後まで諦めないで走ることができれば、前進はあると思います」と控えめに話していました。
 そして本日25日(木)は追い切り明けですが、軽めの乗り運動を消化し、午後からの出馬投票では、今週の新潟日曜1Rダート1800mに投票予定でしたが、3節のヴァンノには出走枠はなかったことから、投票は断念しています。なお、次走は来週の新潟土曜1Rダート1800mに黛騎手で向かう予定となっています。

続きを読む

ウインヴァンノの近況

ウインヴァンノはCVFで調整中。動きの変わり身を期待しているんだけど、なかなか成長が見られないなあ。成長が遅い晩成型なのか、血統的にダート向きだと思っているので筋力ムキムキになったヴァンノの姿を早くみたいです。

2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「馬体は徐々にしっかりとしてきましたが、動きについてはまだ大きな変わり身まではありません。馬体の緩さが解消されればもっと動きが変わってきそうな雰囲気はありますが、そのためにももう少し様子を見ていくことが必要だと感じます」と話していました。

牧場スタッフ便り
2014年5月20日(火)
【 担当者 : 吉野拓也(CVF) 】
坂路とゲート練習を並行して調整中です。身体が伸びきったまま走るフォームなので修正していきたいとも思いますが、馬が走りやすいフォームで走らせた方がいい気もするので悩ましいところです。(2014年5月17日)

2014年5月14日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「目立った変わり身こそないものの、最近になり馬体は逞しさが増してきた印象を受けますし、動きに関しても少しずつ良くなってきました。まだ周りの馬たちと比べる物足りなさは感じますが、これから良くなってくれると思います」と話していました。

ウインヴァンノの近況

Vanno_201404_20140418_01.jpg

2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「日々の調教は順調にこなせていますし、動きに関してもこの馬なりに良化しています。ゲートの出がもうひとつなので、引き続き練習は必要ですが、数をこなしていけばしっかり出るようになってくれるはずです」と話していました。

2014年4月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「最近は追い切りこそあまり行っていませんが、普段のキャンターから動きはしっかりしてきた印象で、順調に良化してきました。ゲート練習では寄り付きに少し躊躇する面を見せるなどまだ慣れは必要ですが、これからも練習を積んでいくので心配はないと思います」と話していました。
 馬体重464kg。

【牧場スタッフ便り】
2014年4月15日(火)
【 担当者 : 大石正士(CVF) 】
だいぶ雪解けも進みトラックが使える状況になってきたので最近はゲート、トラックでの調教を多めに進めています。初物は余り得意ではないようで暴れたりもしますが、一日毎の進歩が顕著なので慣れてくれば大丈夫そうです。(2014年4月11日)

2014年3月18日(火)
【 担当者 : 神楽智也(CVF) 】
乗り込んできたので2月半ばより休養放牧中です。落ち着きが出て、馬体もふっくらとしてきたように感じます。リラックス出来ているのではないでしょうか。もうすぐ乗り出し再開予定です。成長が楽しみです。(2014年3月13日)


相変わらずウインヴァンノは馬体は良いですよね。ケツはでかいし、馬体重よりも大きく見せる辺り好感が持てます。ただ近況を読むと「この馬なりに」とかまだまだ他の馬と比べて劣っているようです。引き続き乗り込みを重ねて良化待ちです。

ウインヴァンノの近況

ウインヴァンノ Win Vanno イタリア語 翼

2014年3月12日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。乗り込みを一段落し、昼夜放牧でひと息入れています。担当者は「放牧を始めて数週間ほど経過しましたが、カイバ食いも良く、休む前と比べて馬体はフックラとしてきました。いい形で進められているように思いますし、あとは乗り出してからの成長に期待したいですね」と話していました。

2014年2月18日(火) 牧場スタッフ便り
一時的に脚元に熱を持つようになったことはありましたが、現在は全く問題なく進められています。キレのあるタイプではないのは兄姉を見ていても明らか。この馬の特性を生かした乗り方で進めていきたいです。(2014年2月13日)

2014年2月12日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターで1本~2本のメニューをこなしており、軽めの追い切りも消化しています。担当者は「馬体の芯がしっかりしていないぶん、まだ体全体を使って走ることができていませんが、追い切り時計は徐々に詰めてきましたし、速い動きにも少しずつ慣れてきました。今後はもう少しキレのある動きができるように変わってきてほしいところです」と話していました。
 馬体重463kg、体高159.4cm。


相変わらず馬体は良いんですよね。休養後しっかりと乗り込んで成長して欲しいです。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター