レッドルヴァン引退!!

レッドルヴァンの近況をチェックしたら引退していた!!

まあ、しょうがないですよね。むしろ決断が遅いくらいです。
競馬場に戻れなかったのは残念ですが、それだけ屈腱炎から復活するのが大変ということなのでしょう。
8戦1勝の成績ですが、3着2回、4着と5着が1回づつと掲示板によく入ってくれた頑張り屋さんの馬でした。
クラブから案内が来ると思いますが良い余生が遅れると良いですね。
ルヴァン号、お疲れ様でした。

album_redlevant_6.jpg

17.01.06
(引退)
左前浅屈腱炎の診断から今日まで再起を目指して進めてきましたが、休養から1年以上を経過した今でも15-15から先のメニューに移行できない状況です。ある一定のペースからは違和感が出たり出なかったりの繰り返しで、さらに時間をかければ不安が解消されるものとも言い切れません。これから入厩に向かうには、最低でもハロン15秒の稽古をコンスタントに重ねていかなければなりませんが、現状その見通しも立たず、1年以上の時間を経てこの状況ということを考慮して関係者一同協議した結果、本馬の復帰を心待ちにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、ここで引退の結論に至りました。出資会員の皆様には、改めて書面にてご報告させていただきます。長い間、レッドルヴァン号にご声援いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

レッドルヴァンの近況

レッドルヴァンは2015年8月のレース以降、左前浅屈腱炎を発症して田口トレーニングファームにて14ヶ月管理滞在しています。診断は全治9ヶ月。
マシン運動から5月くらいからゆっくり乗り込み現在に至っているのですが、未だに山元トレセンから移動の声がかからない状態。馬体は写真を見てもわかるように絞れてはいるものの、実際のレースで使うにはまだ乗り込み不足。
馬の方で脚元を気にすることろがあるようだが、さすがに2年以上休ませる訳にもいかないしリスクを恐れず調整を進めて欲しいです。

redlevant_1612.jpg

2016.12.23
(田口トレーニングファーム)
担当スタッフ「今週もF17秒ぐらいまでで様子を見ていますが、今のところ脚元に違和感はありません。エコーで見た限りでも悪くはなっていないのですが、速いところにいくと歩様に出ることがあり、思い切って上げることができません。年内は17秒ぐらいでじっくり乗って、年明けからまた15秒ぐらいまでペースアップする予定です」

2016.12.16
(田口トレーニングファーム)
担当スタッフ「先週末、左前の歩様を気にすることがあって、ちょうど社台の獣医師が来ていたので診てもらったのですが、エコーでは状態は変わっていないし悪化したところは見られないとのことでした。馬自身も午前は少し抑える感じがあったのですが、午後になったら問題ない素振りになっていて、ちょっと原因が分からない状況ですね。その2日前に15-15を消化していますが、その直後は何ともなかったし、このタイミングで急に歩様に出てすぐに治まるというのが…。はっきりしたことが言えなくて申し訳ないですが、一過性のものかなという判断にはなってしまいます。今はハロン17秒ぐらいですが普通に乗れていて歩様にも見せていません。一度こういった症状を見せると、これ以上進めるのがおっかなびっくりになってしまいますが、とはいえこのまま優しく接するばかりでは仕方がないですから。来週からまた15秒で乗ってみて様子を見たいと思います。獣医からは何かあったらすぐに連絡をと言われています。なかなか軌道に乗せられず申し訳ありませんが、精一杯ケアして移動に向けて立て直していきたいです」

続きを読む

レッドルヴァンの近況

レッドルヴァンは来週の土曜日、東京で出走予定。前走のレース後に歩様が気になるなんてあったから心配したけど問題無さそうで良かった。田辺、北村の両騎手を確保できなかったのは残念だが、次走が東京芝2400mというのは面白い。古馬相手だが斤量の恩恵でどこまで頑張れるか注目。

2015.06.04
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、坂路で追い切り。
6/4(木) 坂路
内サクラヘリオス 57.8-42.0-28.0-13.9 馬なり
外レッドルヴァン 58.3-42.3-28.1-13.9 馬なり
助手「今日は角馬場で体をほぐしてから、坂路にて先行する形で追い切りました。左トモの踏み込みに甘さはありますが、気持ちも前向きなので、重たい馬場でもスイスイ進んで行く事が出来ますね。2歳時の坂路での追い切りではフラフラしてしまい、最後は併せた馬を壁に頼りながら走っていましたが、今は芯もしっかりして来て、ドンと構えて動けるようになっています。追えばまだまだ動けていたと思いますし、最後も余力を残したまま走れていましたよ。息の入りも早く、歩様も悪くないので順調に来ています」
尾関調教師「稽古ではしっかり動ける馬ですし、昨日の雨で重たくなった馬場でもへこたれる事なく走れていましたね。若干左トモの入りに物足りなさは感じますが、元々両トモは緩い馬ですし、大きな疲れも出ていないので、しっかりケアして行けば心配ありません。予定通り来週のレースに向けて進めて行きます。来週の最終追い切りは、いつも通りウッドコースで行う予定です」

2015.06.03
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、ウッドコース1周。
尾関調教師「明日追い切る予定なので、今日は角馬場で体をほぐしてからウッドコースを1周して調整しています。レースの疲れもすっかり取れ、馬自身はとても元気がありますが、乗っていてもうるさい様子は見せて来ませんね。今のところ順調に進められていますよ。レースの方ですが、1つ勝った事で余裕ができたので、もう一度芝のレースを使ってみたいと思っています。この後の状態を見てからにはなりますが、来週6/13(土)の東京8R(芝2400m)を予定しています。鞍上の方ですが、前回騎乗した北村宏騎手は先約が入っているようなので、今回は吉田豊騎手にお願いしています」

2015.05.28
(尾関厩舎)
角馬場で運動。
尾関調教師「昨日までは曳き運動で調整していましたが、今日から角馬場で乗り出して状態を確認しています。少し右肩の出が硬い感じはしましたが、気にするほどではありませんし、ほぐれるのに多少時間は掛かりますが、大きくダメージが残っている感じはなさそうですね。もう少しこのペースで乗ってみて、大丈夫そうであれば使うレースを定めて調整したいと思います」

2015.05.27
(尾関厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
尾関調教師「レースで結果を出す事ができて良かったです。ありがとうございました。今日は使った後なので、朝一番に厩舎周りの曳き運動で歩様を確認しました。今のところ目立って歩様が硬くなるような感じもないですし、トモの入りも悪くないですよ。飼葉の食いも安定しているので、もう少し様子を見て、大丈夫そうであればここまま厩舎に置いて次の3回東京開催(6/6~6/28)のうちに使おうと思っています。今回はダートで勝ち星を挙げましたが、元々は芝でも好走していた馬ですし、次走は芝・ダートの両睨みで長めの距離を使おうと考えています」

レッドルヴァン勝利、ダートで開花

ruvanwin.jpg

レッドルヴァン初勝利!!

先週のベントゥーラに続きルヴァンも未勝利勝ち上がりです。この調子で今まで勝てなっかた分の帳尻を合わせてくれればいうことなしです(笑)。しかし勝ち上がれそうで勝てず、条件替わりで勝ち上がれたというのも先週と同じく。ダートは合うだろうと思ったがいきなし結果を出してくれるとはね。東京のD2100mという特殊な条件でしたが、ラストの併せ馬でのマッチアップは興奮しました。
北村騎手が1R、2Rと連勝し絶好調だったのもあるけど(ルヴァンも含めて3連勝)、3着以下には5馬身離している訳で相手は決して弱くなかった。一旦は抜き返されるも最後に再び抜き返す走りは本当に凄かったです。
レース後も問題なければ中3週で同条件があるし、もし勝てればその次はレパードSかな。東サラのこの世代はブラッサム、ルヴァンと出資馬全て勝ち上がってくれたし優秀です。今後の走りにも期待したいです。

2015.05.23
5月23日レース後コメント(1着)
北村騎手「躓き加減に出たので思っていたよりは後ろの位置になりましたが、人気の馬の後ろに付けられたので結果的にはいいところでしたね。切れるというよりはばてないイメージだったので外を通るのを覚悟で早めに動かしていきました。相手もしぶとかったですが、しっかり乗られて中身が出来ていたのでなんとか凌いでくれましたね。しっかりグリップが効かない場面もあったのでダートのほうがいいのかは今日だけではなんとも言えないですが、今日はスタミナ勝負のような形になったのが良かったと思います。いい根性していますし、この競馬なら上でもやれそうですね。いい時に乗せてもらいました」
尾関師「パドックの煩さも許容範囲でしたし、差す形で勝ったのも良かったですね。一つ勝ててほっとしました。騎手の話ではダートがいいかはまだなんともということでしたが、両方走れれば選択肢も広がりますしね。少し上がりの歩様に気になる感じがあったようなので、戻って様子を見てから次を考えたいと思います」

2015.05.21
(尾関厩舎)
角馬場で運動。
助手「昨日追い切ったので、今日は朝一番の組で角馬場にてダクだけ踏んで調整しています。運動中も集中してしっかり動けていましたし、トモの入りも良かったので、追い切った後も順調ですよ。だいぶ暑くなって来ましたが、飼葉もしっかり食べてくれているので調子は良さそうですね。今回はダート替わりになりますが、適性はあると思うので、しっかり結果を出したいと思います」

2015.05.20
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、ウッドコースで追い切り。
5/16(土) ウッド 55.4-40.3-13.3 馬なり
5/20(水) ウッド
内キネオワールド 68.0-52.5-38.5-12.0 強め
外レッドルヴァン 68.8-53.2-38.9-12.0 強め
助手「今日は角馬場で体をほぐしてから、ウッドコースにて先行する形で進めて、最後は外に出して追い切りました。先週土曜日にウッドコースで追い切った時は、仕掛け所でハミを噛んだ際に右にモタれる面が見られました。今日はシャドーロールを装着した事もあってテンからスムーズに行き、道中も良かったのですが、ペースアップする所でやはり若干右に寄れてしまいましたね。それでもコントロールが利かない感じではなかったので、全体の動きとしては良かったと思います。上がってからの息の入りも早く、歩様もしっかりしていたので、態勢は整いました」
尾関調教師「先週末の追い切りで少しモタれる面が見られたため、今日の追い切りからシャドーロールを着けています。今日も多少寄れるところはありましたが、追い切りの内容は良かったので、レースでもシャドーロールを装着します。予定通り、今週土曜の東京3R(ダート2100m)を北村宏騎手で使います」

2015.05.14
(尾関厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
尾関調教師「昨日追い切ったので、今日は曳き運動での調整でした。出掛けの歩様はしっかりしていましたし、トモに疲れが出る事はなく、硬さも見られませんでしたね。追い切った後もテンションが高くなることもなく落ち着いていますし、飼葉の食いも安定しています。ここまでは順調に来ているので、週末と来週の追い切りでさらに動きが良くなればと思っています」

2015.05.13
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、ウッドコースで追い切り。
5/9(土) ウッド 57.4-41.0-13.7 馬なり
5/13(水) ウッド
内マイネルクレイモア 67.4-52.0-37.2-12.8 強め
中レッドルヴァン 67.9-52.5-37.7-12.7 強め
外ステラウインド 68.2-52.8-38.2-12.6 馬なり
助手「今日は角馬場で体をほぐしてから、ウッドコースにて3頭併せの2番手から進めて、直線では真ん中に入れて追い切りました。テンは落ち着いて入れましたし、道中の走りもスムーズで良い手応えでしたよ。コーナーに入るとややトモの入りが甘い感じはしましたが、追い出してからの反応は悪くなかったですね。ただ、直線に向いてから先頭の馬が寄れてしまい、後ろから併せて来た馬との狭いスペースに挟まれる形になったので、間に入って行くのを若干躊躇するところが見られました。その後は少し馬が気負ってしまったのか、動きが鈍くなってしまいました。それでも今日でまだ2本目の追い切りなので、動きはこれから良くなってくると思いますよ」
尾関調教師「全体の動きとしては悪くなかったですし、最後は両サイドから挟まれてしまってプレッシャーが掛かった分、スペースに入るに入れなかった感じなので、そこまで心配はしていません。上がって来てからもトモの入りは問題なかったので、ここまではスムーズに調整できていますね」

2015.05.07
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、ウッドコース1周。
助手「今日は角馬場で体をほぐしてから、ウッドコースを軽めに1周回って調整しています。運動初日という事もあり、うるさいというよりも周りの牝馬を意識し過ぎて、馬っ気を出して終始チャカチャカしていました。ウッドコースで走っている分には脚取りもしっかりしていたので、これからしっかり乗り込んで状態を整えて行きたいと思います」
尾関調教師「昨日帰厩しました。テンションが高いところはありましたが、トモの入りを見ても疲れているような感じはなかったですね。この後乗った状態を見て、問題なければ今週末から追い切って行こうと考えています。次走はダート戦を考えており、5/23(土)の東京3R(ダート2100m)を目標に進めて行きたいと思っています。田辺騎手がレース当日は京都で騎乗予定のため、今回は北村宏騎手にお願いしています」

続きを読む

レッドルヴァンのレース結果

DSCF0841.jpg

レッドルヴァンは21日(土)東京3R・芝2000mに出走して3着でした。

口取りが取れたので応援に行って来ましたが結果は3着と残念でした。
負けはしましたが今回は展開が合わなかっただけで未勝利脱出は時間の問題でしょう。クラスが上がっても通用するであろう確信も持てたし、ルヴァンは本当に良い馬ですよ。

レース後コメント
田辺騎手「スタートは上手な馬ですからね。この距離で周りの馬もそこまで速くなかったので、行くつもりはなかったのですが、無理に抑え込むのも嫌だったので番手に付けてレースをしました。道中は外から上がってきた馬に反応して少しハミを噛んではいましたが、ペースも極端なスローではなかったですし、力み過ぎずに楽に運べました。直線に向いてからも、まだ持ったままの手応え。ただ、スパッと切れる脚がないので、最後までジリジリ脚は使っていますが、勝ち馬に対して切れ味勝負では分が悪かったと思います。それでも前走は最後に苦しくなって内にモタれていましたが、今日はそのような面はなかったですし、最後までしっかり走れていたので、その辺りは収穫ですね。使いながら良くなってきています」

尾関調教師「状態が良かったのはありますが、パドックで少しヤル気になり過ぎていました。そこが気になったので注意して見ていましたが、返し馬では落ち着いて走れていましたね。レースは良い形で直線まで運べましたが、最後は決め手の差が出てしまいました。勝てなかったのは残念ですけど、使う毎に走りっぷりも良くなっていますし内容も良かったですからね。この後は状態を見ながら決めたいと思います」

2014.11.20
(尾関厩舎)
角馬場で運動。
尾関調教師「昨日追い切ったので、今日は角馬場でダクだけ踏んで調整しました。運動中も集中してしっかり動けていましたし、トモの入りも良かったので、今のところ追い切った反動はありませんね。飼葉も残さず食べていますし、状態に関しては前回使った上積みが感じられます。今回はしっかり結果を出したいですね」

2014.11.19
(尾関厩舎)
角馬場で運動後、ウッドコースで追い切り。
11/19(水) ウッド
内レッドルヴァン 54.9-39.8-12.7 馬なり
外ワンダフルニュース 55.3-40.2-12.7 強め
黛騎手「今日は角馬場で運動してから、ウッドコースにて追走する形で追い切りました。先行した馬のテンの入りがゆっくりだったこともあり、前半はスローで入ってしまった分、ハミを噛みながら走っていましたね。それでも焦って気持ちが先走ってしまう事もなく、道中もしっかり脚を溜められていました。仕掛け所でも反応は良かったですし、直線に向いてからも走りがバラバラになるようなことはありませんでしたね。追えばまだまだ動けていたと思いますし、最後も余力を残したまま向こう流しを走っていましたよ。初めて稽古で乗せてもらいましたが、雰囲気もあって良い馬ですね」
尾関調教師「先週金曜日に坂路で追い切った際も良い動きをしていましたし、今日も手応え良く、状態面での上積みはあると思います。レースは今週土曜の東京3R・2歳未勝利(芝2000m)を田辺騎手で予定しています」

続きを読む

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター