レッドシルヴィの近況

台風で開催が危ぶまれましたが夜のうちに台風が本州を通過して無事に開催できます。
結構雨が降っていましたが最終レースですし、以外に水が掃けてやや重ぐらいになるのではと予想。メインの重賞を見て馬場は判断したいと思います。
前走は函館の芝が合わなかったのか良いとこなしでしたが、今回は得意の中山ですし状態も良いみたいなので素直に勝ち上がりを期待。人気も現在6番人気と狙いごろ。降級馬をなめない方が良いと思います。


2017.09.14
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので曳き運動での調整でした。運動中も集中してしっかり動けていましたし、歩様も良かったので、今のところ追い切った反動はありません。飼葉の食いも完食まではいきませんが、この馬なりに食べてくれていて、状態面も安定しています。良いリズムで調整できているで、良い走りを期待しています」

2017.09.13
(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースにて併せ馬で追い切り
9/10(日)ウッド 55.6-41.1-13.4 馬なり
9/13(水)芝 68.3-53.0-39.6-13.2 馬なり 
助手「ウッドコースで追走の形でしたが、テンの出だしからスムーズで道中も良い感じで走っていたのですが、馬場が悪かったこともあって、ボコボコした馬場を気にしながら走っていました。そこまで力がある方ではないですし、加速にも時間を要しましたが、ゴール板を過ぎてからも向こう流しまでしっかりやったので、負荷は掛けられたと思います。息遣いなどもそこまで気になりませんでした。レースにいって良馬場なら走りも変わってくるはずですよ」
鹿戸調教師「馬場状態が悪く脚を取られてしまいましたが、ゴール板を過ぎて2コーナー辺りまで走らせましたので、動かす事はできたと思います。体調はいいですし、追い切ったことで仕上がったと思うので、予定通り今週の中山を三浦騎手で使います」

2017.09.07
(鹿戸厩舎)
北のダートコースを1周
三浦騎手「今日はダートコースで軽めに乗りましたが、テンションもそこまで上がって来ているような感じはありませんし、追い切り後の反動も見せずに、出掛けの歩様もしっかりしていました。今日乗った感触は悪くないので、この後もしっかり気持ちを整えて、予定のレースに向かいたいと思っています」

2017.09.06
(鹿戸厩舎)
乗り運動後、ウッドコースにて2頭併せを先行して外で追い切り。
9/6(水) ウッド
内ウインオリアート 69.0-53.2-39.2-13.2 G強目
外レッドシルヴィ 70.4-53.8-39.7-13.0 馬なり
鹿戸調教師「先週も動きは悪くなかったのですが、今日は先行したとはいえ、最後まで馬なりで余裕のあるところを見せていましたね。今回帰って来てからも雰囲気は良く、飼葉もしっかり食べています。この後、週末、来週とやって行けば良い仕上がりで出走できそうですね。以前よりしっかり動けるようになっています」
助手「先週は息がもうひとつの感じでしたが、今日は息の入りも良く、最後までしっかり走れていました。変に内にもたれるところもなかったので、ひと追いごとに良くなっている感じです」
※次走は9/18(祝・月)の中山12R(芝1800m)を三浦騎手で予定しています。

続きを読む

スポンサーサイト

レッドシルヴィの近況

redsylvie_201704.jpg

シルヴィは降級後からの復帰を目標に山元トレセンで調整中。まだ乗り込みは開始していないので、福島2週目の織姫賞あたりを目標にしているのかな。


2017.05.04
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も調整メニューの内容は変わりません。だんだん毛も抜けてきていますし、体調的にももう少しというところでしょうか。そろそろ跨ってみようかという稽古の動きになってきていますので、もうしばらくトレッドミルでの動きを確認しながら乗り出しのタイミングを図っていくつもり。全体として上向きは明らかですので、いい形で乗り進めていけるように現行メニューで準備をしていきます」

2017.04.27
(山元トレセン)
担当スタッフ「マシン運動とトレッドミルでのキャンターというメニューを継続中。動きを見ても解れてきていて、以前のような印象はありません。あと4~5本くらいこの内容で進めてみての様子で、次のステップへというところ。元気も戻っていますし、乗り出し開始までもう一歩という状況ですが、そのタイミングはしっかりと見極めていきたいですね。馬体重は459キロ。シルエットは悪くないので、あとはモコッとした感じの毛が綺麗になってくればいいですね」

2017.04.20
(山元トレセン)
担当スタッフ「トレッドミルでのメニューを再びキャンターペースに上げてみました。前回のような雰囲気はなく動きにも硬さは感じられなかったので、この内容で調整を続けています。まだ長めの毛も残っていてモコッとしていますし、内面に関しては良化途上というところかと思います。ここで慌てては意味がありませんので、次は乗り出しのタイミングを意識しながら現状のメニューで大事に進めていきます。飼葉も食べていますし精神状態も問題ありませんので、気候の変化にあわせて動かしながら体のハリ・ツヤも上がってくるはずです」

続きを読む

レッドシルヴィの近況


近況から鹿戸先生が怒っているのは分かりましたが、1週待てば得意の中山開催なので連闘にこだわるのにはいささか疑問です。納得がいかず騎手を替えるなら、最初から騎乗依頼を頼まなければ良いんですよね。
メンバー的には強い馬が2頭と前々走のようなレベル。蛯名騎手はデビュー戦から2戦乗っていたけど、どうせならミルコに騎乗依頼して欲しかったな。


17.02.16
(鹿戸厩舎)
乗り運動後、北の角馬場でダクと軽いキャンターを10分。
鹿戸調教師「昨日の午後からチェックしたところ、歩様に硬さがあって、首筋も張っていたので少し治療しました。ただ、今日角馬場でキャンターを乗ったところ、歩様は気にならなくなっていたので、今週日曜の東京8R(芝2000m)を蛯名騎手で使う事にしました。前走は納得行かないレースでしたし、スタートさえ普通に出てくれれば良い競馬はできると思います。明日は坂路で軽く乗って行きますが、連闘ですししっかりケアして出走させたいと思います」

17.02.15
(鹿戸厩舎)
曳き運動60分。
鹿戸調教師「競馬を使った後なので、今日までは軽い運動だけで調整しました。出掛けの歩様もしっかりしていましたし、競馬では前が開かずに最後までしっかり走っていないので、大きなダメージはありません。飼葉も食べていますし、今週は芝の2000mがあるので、明日軽く乗ってみて何ともなければ連闘しようと思っています。あくまでも明日乗った状態で決めて行きます」
※今週出走する場合は日曜の東京8R(芝2000m)を蛯名騎手で予定しています。

レッドシルヴィのレース結果

redsilvy170211.jpg

レッドシルヴィは10着でした。
横山典騎手が乗る以上こういう結果もありうると想定はしていましたが、自分の愛馬の騎乗でやられると堪えますね。
パドックでのシルヴィは他馬と比べても見劣りすることなく上位に見えましたし、馬場入りで走る姿は折り合い良く名コンビ誕生かと想いでがっつり応援馬券を購入。
まさかスタートで出遅れるとはね。確かにスタートが上手い騎手ではないけど、馬場入りで落ち着きすぎていたのが、逆に悪かったのかな。パトロールビデオで見直しましたが、進路を求めて外に行ってから内に戻って最後はまた前が塞がる糞詰まり競馬。調教師の言にある通り、ムチも打たずただ周ってきただけの競馬でした。必ず前が空くと信じてわずかなスペースに突っこむような勝負師的な競馬を期待したのですが、残念です。さすがに連闘は嘘でしょと思いますが、このメンバーでただ周ってきただけで小差の競馬ですから、牡馬相手でも通用するかもしれませんね。


2月11日レース後コメント(10着)
横山典騎手「スタートが決まればハナに行ってもいいくらいの気持ちでしたが、ゲートにもたれかかった時にゲートを切られてしまって出負けしてしまいました。道中も行くところがなかったですし、直線も内の馬にスペースをカットされてしまって最後まで追うところがありませんでした。今日はスタートで終わってしまいました」

鹿戸調教師「スタートで出負けして、今日はただ回ってきただけで全く競馬をしていませんね。厩舎に戻って状態に問題がなければ、連闘することも視野にいれたいと思います」

17.02.09
(鹿戸厩舎)
角馬場
助手「追い切った後なので、角馬場でダクだけ乗って調整しています。歩様も問題ないですし、脚元も変わらず順調ですね。今回は特別戦だけあって強い相手も揃いましたが、スムーズな競馬ができれば差はないと思います」

レッドシルヴィの近況

レッドシルヴィは新たに横山典騎手との新コンビで出走予定。

典さんが自分の出資馬に乗ってくれるのは初めてじゃないかな。昨年のBRFのオータムパーティーでお姿を拝見しました(声を掛けるのはさすがに恐れ多くて出来なかった・・・)。前走はもう少しで馬券圏内の惜しい競馬でしたし、勝負師がどんな騎乗をしてくれるかとても楽しみです。
あとは久々の左回りがどうかですね。この東京開催の牝馬限定戦を待った馬が多く面子は揃ったけど、調教は非常に良く状態を維持しているのであとは騎手の手腕に期待。


2017.02.08
(鹿戸厩舎)
ウッドコースにて追い切り
2/8(水) 南W 助手 66.7-52.0-38.9-12.8 馬なり
外エグランティーナ一杯を5Fで1.3秒追走4F併入
助手「相手が動かなかったこともありますが、最後まで手応えよく回って来ましたし、とても良い動きだったと思います。変わらず順調に乗り込めていますし、力を出せる状態にはありそうです」

2017.02.02
(鹿戸厩舎)
角馬場
助手「追い切った後なので、いつも通り角馬場で調整しています。脚元も問題ないですし、歩様も変わらないですね。来週は特別戦ですし、少しでも良い状態で出走できるよう、引き続き調整していきます」

2017.02.01
(鹿戸厩舎)
ウッドコースにて追い切り
2/1(水) 南W 木幡初 54.0-39.9-13.1 馬なり
内エグランディーナ馬なりと併入
助手「時計もしっかり出ましたし、直線で並ばれてからもハミをしっかり取り直していましたね。騎乗した木幡騎手はまだいい頃に比べると物足りないと話してはいましたが、どこか悪いところもなく、順調に乗り込むことができているのは何よりです」

2017.01.26
(鹿戸厩舎)
角馬場
助手「予定通り今朝から乗り出しを開始しました。角馬場でダクとハッキングの調整でしたが、歩様も特に気になりませんし、脚元等も引き続き問題ありません。次走は2/11(土)の東京9R・テレビ山梨杯(牝馬限定・芝1800m)に横山典騎手で向かう予定です」

2017.01.25
(鹿戸厩舎)
引き運動
助手「残念でしたが、このクラスでもやれる力はあるというところは見せてくれました。厩舎周りの引き運動で様子を見ていますが、今のところ特に大きな問題はなさそうなので、明日くらいから乗り出すことになると思います」

2017.01.22
1月22日レース後コメント(4着)
吉田豊騎手「スタートで少し遅れて後方からの競馬になってしまいましたし、道中は動くに動けず、中山の1800mの外枠の1番嫌な形の競馬になってしまいました。一度使って状態は上向いて、直線も脚を使ってくれただけにすみません」
鹿戸調教師「後ろの馬に先に捲られてしまいましたし、前半62秒のスローペースであの位置からでは。最後は来ているだけに勿体無い競馬になってしまいました。この後は厩舎に戻ってから馬の状態を確認してからになりますが、テレビ山梨杯を視野にいれています」

続きを読む

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター