ウインハートビートの近況

2017年9月7日(木)
 先週の小倉では、抜群のスタートから行く馬を行かせて、4コーナーでは外目から進出し、最後は後続の追撃も凌ぎ切り、嬉しい3勝目を挙げたウインハートビート。前川調教助手は「内枠を心配しましたが、ロケットスタートから外にも出せましたし、うまく行きましたね。あの位置からしっかり脚を使えば、もっと楽勝かなとも思ったのですが、最後詰め寄られたのは体に少し余裕があった分でしょうか。ただ、それでも勝ち切れましたし、このクラスでは力が上だったということでしょう。上のクラスでも十分やれると思いますよ」と笑顔でレースを振り返っていました。
 レース後は、大きなダメージもなく順調で、本日7日(木)から坂路で乗り始めており、同助手は「すぐに馬体重が490キロ台まで戻っているように、回復が早いんです。今度は阪神での出走で長距離輸送もないので、あまり楽をさせ過ぎると太めが残ってしまいますから、今日から普通に乗っています。この後も太り過ぎには注意して進めていきたいと思っています。もちろん、レース後でも体がこれだけ増えるということは、状態がいいって事ですけどね」と状態を説明していました。
 なお、次走は中3週で9月30日、阪神土曜10R「芦屋川特別」芝1200mを引き続き、和田騎手とのコンビで向かう予定です。

2017年9月2日(土)

和田竜二騎手 もう少し控えたいところなのですが、とにかくここ最近はスタートが抜群なんです。しかし、今日は内枠ということで、外から来られた時に逃げる素振りがありましたから、やはりあまり馬群はいいわけではないのでしょう。それとペースが遅かったので、少し掛かるところもありました。それでも前を行かせて、クリアな位置に出せて、そこからはしっかりと脚を使ってくれました。最後は少し脚は鈍り気味でしたが、今日は早めに先頭に立った分もあったと思いますし、直線が長いところならもっと構えて乗れるので、脚も鈍らないはずですよ。3戦連続で乗せていただいて、結果が出せて良かったです。ありがとうございました。

押田の目 暑い中、連戦していますが、馬体が大きく増えていたように、体調もいいのだと思います。逆に今日は少し余裕があるかなと感じたくらいでしたが、それでも好スタートからいい内容のレースをしてくれたところを見ると、好調をキープしていたのだと思います。ジョッキーも内枠からうまく乗ってくれましたし、ハートビートの力を全て出し切ってくれました。決して小回り小倉がいいタイプではありませんが、しっかりと勝ち切れたことからも、このクラスでは力は上だったということだと思います。1000万でも十分戦えると思いますし、今度は直線の長い競馬場で田辺騎手が乗った時のような末脚も見てみたいところです。今後、続戦か休養かはトレセンに戻った状態を見てから決めることとなっています。

2017年8月31日(木)
 今週の出走を予定しているウインハートビートは、昨日30日(水)は坂路で最終追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半2Fはゆっくりと進むと、後半は馬なりのままピッチを上げ、最後だけ軽く仕掛けられてゴールしています。時計は4F55秒4、ラスト1F12秒8でした。
 吉田調教助手は「先週末から担当させていただいて、以前との細かい比較はできませんが、今日は少し動きが重かった印象です。それでも前任者からは『小倉への再度の輸送を考慮して大きく造ってある』と言われていましたし、今日はしまい少しやっておきましたので、競馬ではちょうど良くなるのではないでしょうか」と追い切りの感触を話していました。
 また、前川調教助手は「使ってきている馬でもう上積みこそありませんが、調子落ちもありません。本質的には広い馬場向きで、小倉がいいというわけではありませんが、ここ2走崩れず走っていますからね。先週の競馬を見ても、開催も後半になり、外差しが決まるようになっていますし、外枠からスムーズならズバッと差し切りが決まるのではないかと期待しています」と話していました。
 そして本日31日(木)は常歩運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の小倉土曜9R「八幡特別」芝1200mに和田騎手で出走が確定しています。

続きを読む

スポンサーサイト

ウインハートビートの近況

ウインハートビートの次走は武豊騎手との初コンビで阪神9R「出石特別」芝1400mに出走します。
一口馬主やってそこそこだけど武豊が愛馬に乗るのは今回が初めてですね。勝ってくれたら最高ですが、5ヶ月振りですしまずは掲示板くらいの気持ちで応援します。


2017年6月15日(木)
 来週の阪神土曜9R「出石特別」芝1400mに武豊騎手で出走を予定しているウインハ-トビートは、週末11日(日)にCWコースにて6F88秒5、ラスト1F14秒2というタイムで長めに乗られていました。
 今週は、昨日14日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半からいいペースでリズム良く進むと、最後の1Fはビッシリと追われてゴールしていました。時計は4F53秒2、ラスト1F13秒0でした。
 宮本調教師は「今日は1週前なのでビシッとやるよう指示を出していました。前半から少し飛ばした分、ラストは12秒台とはなりませんでしたが、動きは良かったですし、休み明けという感じはありませんね」と状態を伝えていました。
 また、吉永調教助手は「週末もコースで長めを乗っていますし、息の入りも悪くありません。馬体重も先週測定で472キロと細い感じもありませんし、前回と同じくらいの数字で出せると思います。勝ってまた同条件になりますから、いきなりでも結果を出したいですね」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日15日(木)は常歩運動を消化していました。

2017年6月8日(木)
 前走後の筋肉痛が長引き、北海道で休養していたウインハートビートが、先週末2日(金)に栗東・宮本厩舎へ入厩しています。輸送熱などはなく、翌3日(土)から乗り始めましたが、今週6日(火)には軽い疝痛が確認されたことから、昨日7日(水)は軽めのメニューで様子が見られています。
 宮本調教師は「疝痛というか、ガスが溜まってしまっただけで心配はいりません。明日には追い切りも行えると思います」と状況を説明していました。
 その言葉通りに症状は回復し、本日8日(木)には坂路で追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半はゆったりと進むと、後半は馬なりのままピッチを上げます。ラストだけ軽く仕掛けられ、余力十分でフィニッシュしていました。時計は4F56秒4、ラスト1F12秒6でした。
 吉永調教助手は「体調は問題ありませんし、動きも休み明けの1本目ということを考えれば良かったですよ。牧場でも追い切りはしっかりこなしていたようで、中身の緩さも感じませんし、これなら阪神の4週目に向けて仕上げていけると思います」と順調を報告していました。
 なお、次走は6月24日、阪神土曜9R「出石特別」芝1400mを武豊騎手との初コンビで予定しています。

続きを読む

ウインハートビートの近況

winheartbeat_20170217_01.jpg

1月の激走での勝利以後、CVFで休養をしていたハートビート。筋肉痛や疲れでここまで乗り出しが遅れましたが、ようやく入厩へ向けて追い切りをスタート。この感じなら6月のツアー前後には復帰戦を迎えているかな。

2017年5月3日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本というメニューを消化しています。
 担当者は「先週は1本目の追い切りを行いました。併せた3歳500万のワイナルダムに手応えで劣ってしまいましたが、時計は3F42秒台とマズマズのタイムが出ていました。まだ重さもありますし、1本目でこれだけ動ければ問題はないでしょう。今週も追い切りを行う予定で、入厩へ向けてピッチを上げていきます」と話していました。

2017年4月26日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本というメニューを消化しています。
 担当者は「乗り運動の前も硬さはありませんし、坂路での下りや調教後もまったく問題ありません。やはり疲れというより、蹄底が薄い馬なので、そこを気にしていたというのが一番大きかったのだと思います。馬体もふっくら見せ、体にもハリが出てきましたし、今週からは追い切りも始めて、入厩へ向けて進めていきます」と話していました。

続きを読む

ウインハートビート心震えた!!


田辺騎手ありがとうございます!!

スターと遅れた時点で終了と思いましたが、そこから最後方待機で腹をくくってからの騎乗が見事でした。
コーナーでただ大外ぶん回すラフィアンジョッキーとの違い。
9Rでもだいぶ芝が飛んでたから荒れていない大外は面白いとは思っていましたが、それをハートビートが実現するとわ。
思わず声が出ちゃいました!!

その名の通り心震える怒涛の追い込み!!
ウインハートビート2勝目ありがとうございます。

ウインハートビートの近況

雪で開催が危ぶまれたため前売りが無かったせいだろうけど、ウインハートビートが6.8倍で現在2番人気?
新聞見ても印がないし近走成績から売れる理由がないんだけど何故?
今日の中京の天気だとこのまま競馬が開催されるかわからないから、まあいいですけどね。

雪が少し収まって今日の競馬が開催されそうなので補筆。

ハートビートに田辺騎手が乗ってくれるのは非常に嬉しい!!
メンバー的には抜けた馬がおらず混戦模様。アポロノシンザンが出走していればこの馬が軸だっただろうけど、比較的成績の安定しているスパイチャクラが一歩抜けているのかな。
しかしハートビートはまだ2番人気ですか。出資者としてはもっとオッズが下がってくれた方が嬉しいんだけどよく分かりません。


2017年1月12日(木)
 今週の出走を予定しているウインハートビートは、週末8日(日)に坂路にて4F56秒4、ラスト1F13秒6というタイムを馬なりでマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日11日(水)に坂路にて行われました。単走でスタートし、前半の2Fは馬なりで進むと、ラストは一杯に追われてゴールしています。時計は4F54秒4、ラスト1F13秒1でした。
 騎乗した長谷川調教助手は「先週よりさらに動きは良くなっていますし、日に日に上向いてきているのと感じます」と良化を認めていましたが、「ただ、まだ万全の状態とは言えませんし、ここを叩いて良くなってくるという印象は拭えません。500万で力が足りない馬とは思いませんが、今回は休み明けの分、割引きが必要かもしれません」と慎重な姿勢を見せていました。
 そして本日12日(木)は常歩運動を消化し、午後からの出馬投票に臨みます。当初は今週の中京土曜9R芝1400mを予定していましたが、そこは除外が濃厚だったため、今週の中京土曜10R「蒲郡特別」芝1200mに切り替え、そこに田辺騎手で出走が確定しています。
 宮本調教師は「前回でも1200mに対応はできていましたし、1200m替わりが大きくマイナスになることはありません。田辺騎手が乗れるというのも心強いですしね。なんとか目途の立つ競馬を見せたいと思っています」と話していました。

2017年1月4日(水)
 年末24日(土)に栗東・宮本厩舎へ帰厩したウインハートビート。28日(水)は坂路で4F56秒0、ラスト1F13秒7という初時計をマークし、31日(土)には坂路で4F56秒8、ラスト1F14秒1という時計を馬なりでマークしています。
 年明けは2日(月)、3日(火)と坂路を楽走で上がると、本日4日(水)に追い切りがかけられています。長谷川調教助手が騎乗して単走でスタートし、最後は一杯に追われてゴールしています。時計は4F54秒4、ラスト1F13秒3でした。
 長谷川助手は「初めてやらせていただくので、以前とは比較はできないのですが、入厩してすぐはあまり感触が良くなく、動きも今ひとつだったんです。それでも、少しずつ上向いてきて、今日の動きは悪くなかったですよ。この1本でさらに上向きそうな感じですし、来週にはもっと動きが良化してくることに期待です」と話していました。
 また、宮本調教師は「前回の方が追い切りのタイムも出ていましたが、状態自体は悪くありません。1400mはこの馬にとってベストの条件ですし、来週の中京へ行きましょう」と来週の出走を決めていました。
 なお、次走は来週の中京土曜9R芝1400mを松山騎手とのコンビで予定しています。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター