ウインクレドの近況

ウインクレドの按上が急遽ルメール騎手に替わって期待値が高かったですが、残念ながら前目の馬で決まってしまった。10Rくらいから降った雨もクレドに向くと思ったんだけどな~。ただ東京コースは合っているようで、安定した成績を残しているし機会があったら次も使って欲しいですね。


2017年6月18日(日)

C.ルメール騎手 雨が降った馬場も問題はありませんでした。ただ、終始外目を回されて、直線ではさらに外へ大きく振られてしまったので、距離のロスが響きました。勝った馬は内をずっとロスなく回っていましたからね。この馬自身、最後は良い脚を使ってくれていますし、このクラスを勝つ力もある馬です。すみませんでした。

片山駿の目 パドックはおとなし過ぎて逆に心配になるほどでしたが、2走連続の輸送競馬でも馬体減りはありませんでしたし、それなりの状態は維持できていたように思います。ラストも自身の脚は使って差を詰めてきましたが、ルメール騎手の談話にもあるように、直線入口では前の馬の影響で外に4、5頭分ほど大きく振られてしまいましたし、その分、内を回った上位馬との差が詰まり切らなかった印象です。勝った馬も最内を突いたとはいえ、内目を大きく空けた綺麗な場所を通っていましたから、他馬との力関係うんぬんではなく、単純に余計な距離を走らされたことが今日の敗因でしょう。今回も次走の優先権は得られましたが、ここまでコンスタントに続けてレースに使ってきましたので、今後は放牧でひと息入れる予定となっています。

2017年6月15日(木)
 今週の出走を予定しているウインクレドは、昨日14日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。単走でスタートし、2F目から一気にピッチが上がると、最後は一杯に追われながらも踏ん張りを見せてゴールしています。時計は4F54秒5、ラスト1F12秒7でした。
 西園調教師は「この馬としては最後もいい時計で頑張っていたし、動きは良かったですよ。気分屋でアテにできないところはありますが、力はありますから、うまく展開などが嵌って欲しいですね」と話していました。
 また、赤松厩務員は「馬体重は日に日に回復し、数字的には戻っています。ただ、見た目には少ししぼんで見えますし、前走の疲れが完全に抜け切ったという感じではないように映ります。それでも、普段は落ち着いていますし、精神状態はいいですからね。この馬は不安がある時に走って、状態が良さそうな時に凡走したりと、いつ走るか分からないタイプですから、今回も気持ちひとつだとは思います」と状態を説明していました。
 そして本日15日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票に臨みます。当初は、今週の阪神土曜12R芝1600mに松山騎手で投票を予定していましたが、今週の東京日曜12R芝1600mに空きがあったことから、そこにルメール騎手で出走が確定しています。

2017年6月8日(木)
 来週の阪神土曜12R芝1600mを松山騎手で予定しているウインクレドは、昨日7日(水)、本日8日(木)共に坂路を楽走で1本というメニューを消化していました。
 赤松厩務員は「さすがに前走後はダメージがあって、珍しく馬体の回復が遅かったのですが、今週に入ると体も戻り、だいぶ疲れも取れてきたと感じます。使ってきている馬で、もう速い追い切りは何本も必要ありませんので、来週の1本だけで大丈夫だと思います。普段から落ち着きが出てきていますし、精神面でも成長しているのだと思います」と話していました。

2017年6月1日(木)
 先週の東京では、馬群の中で折り合い、最後もジリジリと脚を伸ばして、勝ち馬から際どい差の3着だったウインクレド。西園調教師は「いいところを使えましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれましたね。降級を取れなかったことは申し訳ありませんが、こういう競馬を続けて行けば、このクラスは勝てるでしょう。権利も獲りましたし、このまま続戦と行きましょう」と敗戦にも笑顔で話していました。
 レース後は、肉体的な多少の疲れはありますが、元気一杯なことから、ガス抜きの意味でも、本日1日(木)から坂路で乗り出しています。
 赤松厩務員は「今回はダービー週ということで、美浦回りの輸送になってしまったんです。体は減らなかったものの、パドックでは妙に落ち着いていたというか、元気がなさそうに見えたので、『さすがに輸送の疲れがあるのかな』と心配していたんです。しかし、競馬ではしっかり折り合って、力を出し切ってくれました。3走前の状態ひと息だった時も、『今回は厳しいかな』と思っていたら、走ってくれましたし、その次は状態がいいと自信を持っていたら走らなかったりと、この馬はいつ走るかちょっと分かりませんね。いかに気分良く走れるかどうか、というところなんでしょうけどね」と首を傾げながら話していました。
 なお、次走は中2週で、6月17日、阪神土曜12R芝1600mを松山騎手とのコンビで予定しています。

2017年5月27日(土)
柴田大知騎手 先生や厩務員さんからは「引っ掛かるかもしれないので注意して」と言われていましたが、返し馬、レースとも折り合いはまったく問題ありませんでした。これまで控える競馬を教えてきたことがしっかりと実になっていて、スムーズに折り合って運べたことが今日の好走の要因だと思います。直線では一旦は外の馬たちに先に抜けられてしまいましたが、最後はじりじりと盛り返すように伸びてきましたし、長く脚を使うので、直線の長いこの舞台も合っていますね。シュッとしたキレる脚は使えないので、馬場が適度に湿ってくれたのもむしろ良かったように思いますし、ノメるようなこともありませんでした。

片山駿の目 初の東上でしたが、パドックから非常に落ち着いていましたし、以前に比べてだいぶ大人になった印象を受けました。出たなりでピタリと折り合えましたし、直線もうまく前が空いたことでロスなく運べたことも大きかったですが、よく頑張ってくれたと思います。残念ながら狙っていた降級の恩恵は受けられませんでしたが、差す競馬もだいぶ板についてきましたし、今後も大崩れなく走ってくれそうです。なお、今後も状態に問題がなければ続戦の予定となっています。
スポンサーサイト

ウインクレドの近況

クレドは今週、東京8R・芝1600mに出走。降級前の最後のチャンスです。
メンバーを見ると人気になりそうな馬はいるけど、本当に勝ちたい馬はクレドだけじゃないかな。5歳以上の馬は勝っても頭打ちだし、4歳馬はクレドを除くとワンパンチ劣る馬ばかり。
明日は頼むよ、大知!!


2017年5月25日(木)
 連闘を目論んだ先週は除外となり、今週の出走へスライドしたウインクレドは、昨日24日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半1Fはガッチリ抑え、その後ピッチを上げようとすると2F目から一気にスピードが上がり、ラスト1Fは一杯に追われてゴールしています。時計は4F57秒1、ラスト1F13秒5でした。
 田中調教助手は「どうしても一気にスイッチが入ってしまうので、追い切りではこういう時計になってしまいますが、いつも通りの内容だったと思いますし、状態に変わりはありません。今週は1800mの距離がどうかですが、前々走もしっかり折り合えていましたし、前走もあの厳しいプレッシャーの中でそこまで掛かるところはなかったですからね。しっかり折り合えればこなせない距離ではないと思っています。ただ、前半は我慢させるため、勝ち切るにはどうしても展開の助けが必要になってしまいますので、うまく流れてくれればというところでしょう」と話していました。
 そして本日25日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票に臨みます。当初は、今週の京都日曜7R芝1800mに投票予定でしたが、今週の東京土曜8R芝1600mに枠があったことから、そこに柴田大騎手で出走が確定しています。
 西園調教助手は「1800mより1600mの方が条件がいいのは間違いないですし、降級前の本当にラストの1戦ですから、なんとかしたいと思っています」と話していました。

2017年5月18日(木)
 先週の京都では、道中人気馬に執拗に体を寄せられ、直線入り口でも不利があり、力を出し切れなかったウインクレド。レース後は、本日18日(木)まで運動のみで様子が見られていますが、大きなダメージがなかったことから、連闘での出走が決まり、西園調教助手は「疲れはありませんし、連闘も問題ありません。展開やメンバーなどが嵌らないとというところはありますが、このクラスは勝てる馬ですし、降級前になんとかしたいですからね」と話していました。
 そして本日18日(木)午後からの出馬投票で、今週の京都土曜8R芝1400mに岩田騎手で投票を行いましたが、抽選により、除外となっています。
 なお、次走は来週の京都日曜7R芝1800mへ向かう予定となっています。

2017年5月14日(日)

松山弘平騎手 この馬場ですから、あまり後ろ過ぎてもと思い、いつもより少し前のポジションを取りました。しかし、道中外からのプレッシャーがキツく、向正面では一度ぶつけられて、ハミを噛んでしまいました。4コーナーから直線では、今度は内からドッと来られる不利もありました。最後も伸びてはいるのですが、今日は道中のロスが大きかったです。もっとクリアな位置で伸び伸び走れれば、また違ったと思います。うまく乗れずに、申し訳ありませんでした。

押田の目 仕上がり途上の前走を叩いて、状態面はかなり上向いていましたし、今日は終始落ち着いていていい雰囲気でした。パトロールを見ると、1番人気の福永騎手の馬が執拗にクレドに寄せてきているのが分かりますが、決して妨害ではありませんし、これも競馬です。それを跳ね返して勝ち切れるほどの力はありませんし、条件が全て揃わないと勝利を挙げるのは難しいタイプです。それでも、嵌ればこのクラスを勝つ力はありますし、今後もいい条件のレースを使っていきたいところです。次走に関しては、権利を外してしまったので、未定となっています。

2017年5月11日(木)
 今週の出走を予定しているウインクレドは、昨日10日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。テンの1Fは17秒5とゆっくり入り、2F目から一気にピッチが上がります。最後は一杯に追われて、脚は鈍り気味ではありましたが、馬場状態を考えれば、特に気にすることはありません。時計は4F57秒2、ラスト1F13秒7でした。
 赤松厩務員は「雨の影響で今日はかなり馬場が重かったですし、その中で一番最後の一番重い時間帯でしたからね。もうズボズボでしたし、最後はさすがに脚が上がっていましたが、いい負荷が掛かったと思います。状態に関しては、前回より間違いなく上向いていますし、いい頃の感じに戻ってきました。仕上がり途上の前回でも見せ場はあったように、このクラスを勝てる力はある馬です。ただ、どうしても自分で競馬を作れないだけに、展開が嵌らないと勝つのは難しくなってしまいます。なんとかいい枠順で、前が流れて欲しいですね」と話していました。
 そして本日11日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の京都日曜8R芝1600mに松山騎手で出走が確定しています。

ウインクレドの近況

クレドは来週出走予定。次走が降級の恩恵を取れるかのラストチャンス。
500万下は絶対に勝てる馬だと思っているので、どうせなら降級して2回勝ちたい。
良い頃の調子に戻って来たなら今度こそ!!


2017年5月4日(木)
 来週の京都日曜8R芝1600mを松山騎手で出走を予定しているウインクレドは、昨日3日(水)に坂路にて1週前追い切りがかけられました。2F目から一気にペースが上がり、最後は脚が上がり気味になりましたが、最後まで踏ん張り、全体時計は4F52秒5と速い時計を出しています。
 山本調教助手は「この馬場で最後までしっかり動けていましたし、一度使って明らかに良くなっていますね。やっと以前の着順が良かった頃の状態に戻ってきた印象です。このクラスを勝てる力はありますし、来週しっかり勝って、また500万を使いたいですね」と感触を話していました。
 なお、追い切り明けの本日4日(木)は運動のみで様子が見られていました。

2017年4月27日(木)
 先週の京都では、外枠からうまく内に潜り込み、直線でも内からしっかりと脚を伸ばして、4着と健闘したウインクレド。赤松厩務員は「正直いい頃にはもうひとつといった感触でしたし、半信半疑なところはあったんです。でも、当日も落ち着いていましたし、返し馬も普通にできていましたからね。以前とは別馬のようでした。この中間はおとなしくなっていたと感じていましたが、これは精神面の成長ということと捉えていいのでしょう。競馬で走って、普段が扱いやすいなら、言う事はありません。状態面では間違いなく上積みはありますから、次は楽しみだと思いますよ」と笑顔でレースを振り返っていました。
 レース後のクレドは、引き運動のみで様子が見られていますが、脚元などには問題はなく、明日28日(金)から乗り始める予定となっています。
 なお、次走は中2週で、5月14日京都日曜8R芝1600mを引き続き、松山騎手とのコンビで予定しています。

2017年4月22日(土)

松山弘平騎手 スタートは決まりましたが、前半は急かさず、下げて内に入れました。道中頭は上がりそうになりますが、これでも折り合いはしっかりついていましたし、4コーナーでも手応えはありました。最後は内を狙って、しっかり伸びてくれましたし、2着に来た時と同じようないい脚を使ってくれましたね。内に入れるまでに少し脚を使いましたし、内枠で距離ロスがなければ、もうひとつくらい着順は上がっていたかもしれません。馬体は増えていましたが、状態は良さそうに感じましたよ。また、よろしくお願いします。

西園調教師 松山とは手が合っているね。前半溜めて、ラストに脚を伸ばすようにうまく乗ってくれましたし、内を突いてくれたのも良かった。次も松山が乗れるところへ向かいましょう。降級前になんとかしたいですね。

押田の目 放牧を挟みましたが、まだ動きがピリッとせず、厩舎サイドも「好調時にはもうひとつ」と控えめなコメントでした。それでも、最終追い切りの動きは良化していましたし、今日の結果を見ると、そこから状態が上がってきていたのだと思います。西園調教師が言うように、今日はジョッキーが外枠から完璧に乗ってくれましたし、松山騎手とは手が合う印象です。次走に関しては、5月14日、京都日曜8R芝1600mへ松山騎手で向かう予定です。このクラスは勝てる力はありますし、そこで決めて、その後は降級と行きたいところです。

2017年4月20日(木)
 今週の出走を予定しているウインクレドは、週末16日(日)には坂路で4F59秒0、ラスト1F14秒4という時計でしまいは少し脚が止まっていました。
 レースへ向けた最終追い切りが、昨日19日(水)に坂路にて行われました。単走でスタートし、2Fからグンとピッチが上がると、3F目は12秒8をマーク。最後は一杯に追われ、なんとか踏ん張りを見せて、13秒6にとどめています。全体時計は4F54秒4でした。
 西園調教助手は「先週まではしまいがバッタリという内容でしたが、今日は最後まで踏ん張っていましたし、状態は上向いてきていると思います。まだ好調時の感じにはありませんが、使いながら上向いていってくれると思います」と状態を説明していました。
 また、赤松厩務員は「前回の休み明けもまだ仕上がりはもうひとつといったところで、その後連闘をして再び放牧に出しましたが、ガラッと上向いた感じはありません。結果が出ていたいい頃の状態を知っているだけに、物足りなさを感じてしまうのも事実です。あとは最近は妙におとなしいのも気になるんですよね。こういうタイプですから、ある程度気が入っている方が競馬では走る感じがあります。まずは次に繋がる競馬を見せてくれて、その上でレースを使って、グンと状態が上向いてきて欲しいですね」と控えめに話していました。
 そして本日20日(木)も意欲的に坂路を1本消化し、午後からの出馬投票で今週の都土曜7R芝1600mに松山騎手で出走が確定しています。

続きを読む

ウインクレドの近況

前走があまりにも不甲斐ないために怒りの連闘を敢行したウインクレドですが、結果は10頭立てで8着でした。
もう何だろね、このガッカリ感は。
タニノアーバンシーが一頭抜けているのは分かるけど、得意の阪神でこの内容は残念ですよ。デビュー戦以来の芝1800mだったけど、やっぱり距離ですか。クレドも好走条件が限られる馬ですね。阪神の良馬場の芝1600m。これしかないです。

2017年2月26日(日)
藤岡佑介騎手 メンバーを見渡してかなりのスローになることが予想されたので、出たなりで少し前のポジションでもいいと思いましたが、先生からは「絶対に下げろ」と言われましたので、ガッチリ抑えて進みました。前半は多少頭を上げる場面もありましたが、すぐに収まり、脚は溜まっていたと思います。直線に向いての手応えからは間違いなく5着以上はある感じだったのですが、最後の100mで止まってしまいました。坂が影響したのか、もしくは距離が長いというところでしょうか。結果を出せずに申し訳ありませんでした。

押田の目 メンバーレベルと頭数を見て、急遽の連闘を決めましたが、落ち着きもありましたし、力は出せる状態だったと思います。前回が気分良く行き過ぎてバッタリだっただけに、西園調教師の「絶対に下げろ」という指示も分かります。道中スローの中、後ろで折り合ったにも関わらず、最後に止まったところを見ると、距離が長かったということだと思います。同じ阪神でも1600mの時は、坂も苦にせず最後まで伸びていましたから、敗因は距離ということになるのでしょう。今後については、連闘後ですから、まずは馬の状態を見てから決めることになります。

2017年2月23日(木)
 先週の京都では、好スタートから好位で競馬を進めたものの、直線ではバッタリと止まってしまったウインクレド。西園調教師は「スタートして無理はしていないし、決して下手に乗ったわけではないけど、この馬は前半ガッチリ抑えて溜めた方がいいのかもしれませんね。それと休み明けというのも影響したのかもしれません」と敗因を探っていました。
 レース後は、本日23日(木)から坂路で乗り始めましたが、目立ったダメージはなかったことから、今週の阪神日曜8R芝1800mへの連闘策が決定し、そこに藤岡佑騎手との新コンビで出走が確定しています。
 西園調教師は「頭数がかなり手頃ですし、メンバーレベルも高くないですからね。連闘は問題ありませんし、1800mも守備範囲内。前半溜めていくこの馬には、少頭数の方が捌きやすいですし、外回りという条件もクレドに合っていると思います。変わり身を期待したいですね」と期待を語っていました。

2017年2月18日(土)
松岡正海騎手 いつもはもう少し後ろの位置で競馬をしている馬ですが、出たなりでいいポジションが取れましたし、無理に控える必要はないと判断して好位からの競馬になりました。ペースが緩かったですし、位置取り的にも3コーナーでは勝つかもしれないと思うほどでしたが、勝負所で外から来られると全く抵抗できず、最後までいいところがありませんでした。返し馬はゆっくりとしたキャンターで下ろしたにもかかわらず、息遣いがもうひとつでしたし、聞いていたようなうるささもなく、レースでも全く引っ掛かるような面がありませんでした。敗因がもうひとつはっきりしませんが、急仕上げで馬にまだ気合いが入っていなかったのかもしれませんね。

片山駿の目 見た目には太目感もなく、休み明けでもそれなりに仕上がった印象を受けました。気のいい気性を考えて、放牧先でも厩舎でもややゆとりを持たせた調整を施してきましたが、落ち着きを通り越して、やる気も削がれてしまったように、今回は調整が裏目に出てしまった印象です。今回はノーカウントと捉えて良さそうですし、叩いた次は変わってほしいところです。

ウインクレドの近況

私事ですが、先週シルヴィの応援に行ってから体調を崩しておりまして昨日は朝から高熱が続き会社を休みました。インフルではなかったのは幸いですが、土日は競馬をお休みして休養に充てたいと思います。
こういう時こそ愛馬が活躍してくれそうな気がするのですが、どうでしょうか。

今週の愛馬出走は土曜、京都8Rにウインクレドとウインベントゥーラが出走。
明日は京都1Rにレッドラトナ、小倉7Rにウインティアラ、東京8Rにレッドシルヴィが出走。


2017年2月16日(木)
 今週の出走を予定しているウインクレドは、週末12日(日)には坂路で4F57秒0、ラスト1F13秒8という時計を馬なりでマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日15日(水)に坂路にて行われました。後半のハロー明けの時間帯でしたが、周りに馬が少なくなったところで単走でスタートすると、テンの1Fはがっちり押さえて16秒台で入ります。その後はピッチを上げ、最後は一杯に追われましたが、止まることなく、12秒6、12秒6というタイムでフィニッシュ。全体時計は4F54秒9でした。
 赤松厩務員は「先週はまだもうひとつという感じでしたが、今日は逆ラップにもならずに、最後までいい動きだったと思います。馬体のハリも戻ってきましたし、態勢は整いましたね」と状態面を語り、「今回はそこまでうるさくなっていませんし、競馬では自分が担当してからは掛かって暴走なんてことも一度もありませんし、まったく心配はしていないんですよ。返し馬も徐々にできるようになり、むしろ競馬場での精神面はドンドン良くなっているくらいですから、テン乗りも心配していません。あとは、前半はどうしてもじっくり進めないといけないため、展開がはまるかどうかでしょう」と話していました。
 そして本日16日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の京都土曜8R芝1600mに松岡騎手で出走が確定しています。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター