FC2ブログ

レッドラトナ、デビュー戦は4着

レッドラトナラは中山4R・ダート1800m新馬戦(牝)に戸崎騎手騎乗で出走。
単勝2.6倍の1番人気に指示されるも4着でした。


redratona_debue.jpg

中山デビューということで間近でラトナを見ることができましたが、脚が長くてバランスの良い馬ですね。関西遠征のデビュー戦にしてはとっても落ち着いていたし、騎手のコメントにあるように乗りやすい馬なのでしょう。
レースはラトナを含め4頭先団にまくりが早めに入る先行馬には厳しい流れ。4コーナーでは砂を被って一旦下がりましたが、そこからまた脚を伸ばしての4着。一緒に先団に居た人気の4番は最下位ですし、それなりに見所のあったレースだったと思います。
戸崎騎手は5日の開幕競馬で人気馬に乗りつつも大ブレーキ。復活を期待しましたが、7日も馬券に絡んだのは1レースのみと大不調。いつもの戸崎騎手ならばラトナを3着には持ってこれたのではないでしょうか。
冬場の硬い芝は脚元に負担がかかるからとダートからのデビューとなりましたが、馬体的には芝の方が向いていそう。ただ馬がとっても素直なので芝・ダートどちらでも問題なさそうだし、距離も折り合いに不安がないので長くても大丈夫だろう。
牝馬限定ダート戦の方が相手は弱いので次走もダートかな。まだセンスのみで走っている感じなので、もう少し馬体がしっかりしてくるまでは賞金稼ぎでも良いです。


1月7日レース後コメント(4着)
戸崎騎手「スタートも出てくれましたし、スピードもあったのでうまく番手につけられました。ペースが上がったところで置かれてしまいましたが、そこから直線はよく盛り返してくれました。非常に乗りやすかったですし、競馬のセンスもあって、注文をつけるところのない馬です」

西園調教師「練習通りゲートも出てくれましたし、初戦からセンスのあるところは見せてくれました。もう少し勝負処で一緒について行ければよかったですね。この後は帰ってからよく馬体をチェックして、使うところを考えます」

レッドラトナの近況

レッドラトナがいよいよデビューします。
関西馬のラトナがまさか中山でデビューとは思いませんでした。タートルボウル産駒でダート?と思い調べましたが、芝よりダートの方が勝ち上がっている馬が多いんですね。
按上は昨年リーディングの戸崎騎手。今日の成績は散々でしたが、ラトナで厄落とししてもらいましょう。牝馬限定のダート戦ということで恐らくラトナが1番人気に押し出されるのかな。追い切りの動きから相手はナオトラ、スリーミネルバ。

album_Britomartis14_201609.jpg

17.01.04
(西園厩舎)
厩舎周りを引き運動
12/28(水)坂路 55.6-39.8-25.7-12.8 一杯
12/31(土)坂路 57.1-42.2-26.8-12.7 馬なり
1/3(火)坂路
ラトナ      54.0-39.2-25.1-12.3 強め
ロードエフェクト 54.6-39.8-25.5-12.9 一杯
西園調教師「追い切った翌日なので今日は厩舎周りを引き運動の調整。昨日の追い切りは併せ馬で終いしっかりやりましたが、そのわりには今日の運動中の歩様にも硬さはなかったですし、脚元にも違和感はありません。追い切り内容も道中まで楽に運べていて、最後も併せた馬を突き放していましたからね、動きは良かったですよ。あとは初めてのレースになるので、馬が緊張し過ぎないようにエスコートしてあげたいですね。予定通り今週土曜の中山4R(D1800m)を戸崎騎手で使います」

16.12.22
(西園厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラトナ     57.2-41.1-26.3-13.2 馬なり
ハクサンシップ 57.8-41.6-26.7-13.5 馬なり

西園調教師
「デビュー前の馬と下ろしがけから併せ馬の形でやりました。こちらに来て初めて速いところを消化するので、脚慣らし程度のペースですが、終始ラトナの方が手応えは良かったですね。上がって来てから少しハァハァと言っていましたが、平常時に戻るのにそこまで時間は掛からなかったですし、これから本数を重ねていけば息も整ってくるはずです。この後も入念に乗り込んでいきますよ。デビュー戦は本来なら芝から使いたいのですが、この子は元々、左前ウラが浮腫みやすく、冬場の硬い芝では故障のリスクもあるのでダートから下すことにします。今のところ1月7日の中山4R(牝/D1800m)を考えています。鞍上は戸崎騎手にお願いしています」

続きを読む

ブリトマルティスの14の近況

ブリトマルティス14は今月公開された映像では坂路で16~17秒で登坂。馬体重の変動はないですが、逆に気性面の心配がないのは良いところ。進んでいる組のザビアーレ14なんかと比べるとまだ馬体が幼く体力不足に見える。まだまだです。東サラはあと1回動画の更新があるのかな。今回からの変わり身を楽しみにしています。

2016.01.29
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週4日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。順調に調教のペースアップを進めていますが、手応えも変わらずしっかりと対応できており、徐々に体力がついてきて体の使い方が上手になってきました。気性面は問題なく、普段も調教中も変わらず落ち着きがあります。飼葉の喰いは変わらず良好で、好状態で調教を進めることができていますので、この調子でじっくりと鍛え込んでいきます。馬体重は432キロです。

2016.01.15
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16~17秒のペースで登坂、週4日は屋内周回コース1800mを軽めキャンターで乗り込んでいます。馬体重に大きな変化はありませんが、幅が出て全体的にしっかりとしてきました。調教には集中して取り組んでおり、坂路コースでの手応えにもこれまでより力強さが出てきた印象です。毛ヅヤは良く体調は良好ですので、今後も本馬の心身の成長にあわせて調教を進めていきます。馬体重は436キロです。

2015.12.28
(ノーザンファーム早来)
現在、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16~17秒のペースで登坂、週4日は屋内周回コース1800mを軽めキャンターで乗り込んでいます。ここまで休むことなく調教を継続していますが、特に疲れを感じさせることなく順調に調教が進んでいます。坂路コースでの走りには力強さが出てきており、着実に力が付いてきていることを感じさせます。精神的にもカリカリすることなく、落ち着いて調教に取り組んでいます。馬体はやや腹周りがスッキリと映りますので、適宜休養を挟みつつ、引き続き体力強化に努めていきます。馬体重は436キロです。

2015.11.30
(ノーザンファーム早来)
騎乗馴致も順調に進み、今月からは周回コースでの騎乗運動を始め、坂路コースにも入り始めました。現在、週2日は屋内坂路コース800mをハロン18~20秒のペースで登坂、週4日は屋内周回コースを軽めキャンターで乗り込んでいます。馬体重に大きな変化はありませんが、少しずつ幅がでて着実に成長している印象です。まだ体の使い方など教えるところがたくさんありますが、走ることにはとても前向きです。これからしっかりと体力をつけさせていき、本馬の成長にあわせた調教を進めていきます。馬体重は437キロです。

2015.10.30
(ノーザンファーム早来)
現在はロンギ場でダク、キャンターを行っています。馴致もスムーズで、騎乗運動へと進めることが出来ました。調教中も普段もとても大人しく、手がかかることがありません。飼葉の喰いは良好で、馬体も良い状態をキープしています。これから乗り進めていくことでしっかりと力を付けていき、周回や坂路コースでの調教へと進めていきます。馬体重は438キロです。

ブリトマルティス14の近況

org_kinkyo_Britomartis14_2.jpg

15.09.30
(ノーザンファーム早来)
9月9日に入場しました。現在は鞍付けなど、騎乗運動に向けての馴致を進めており、近日中に騎乗運動を開始する予定です。洗い場でも大人しくしていますし、落ち着きがありますね。環境にもすっかり慣れ、食欲も安定しており体調は良好です。馬体重は429キロです。

15.09.10
(ノーザンファーム早来)
9月9日(水)にノーザンファーム早来に入場しました。


東サラの募集馬の中では一番DVDの動きが気に入りました。父タートルボウルが日本の競馬に合うかは未知数ですが母父スペシャルウィークは走るし、先週の兄エックスマスもサムソン産駒ながら良い競馬をしてましたし期待できるのではと思います。育成がノーザンファームなのも強みですね。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター