フレーバーの近況

フレーバーは勝ち上がってから頭数の少ないレースを選んで出走しているけど、勝ち上がるにはスピードが足りてないように見えます。未勝利戦勝ちのメンバーは決して軽い相手ではなかったので何とかして欲しいけど、時計のかかる馬場や洋芝でないと出番無しかも。アイルハヴ産駒だしダートはどうなんでしょう?


2017年5月5日(金)
フレーバーは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間は坂路3本のメニューで体調が整えられています。主任は「中間も肉付きが戻ってこないので、ペースを上げずに様子を見ながら進めています。しばらくは目標を立てずにじっくりと立て直していきたいと思います」と話していました。

2017年4月28日(金)
フレーバーは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。到着後は軽く一息入れてから騎乗を始めています。主任は「背中とトモの肉付きが物足りません。うまくトモを使えずに前肢で走っているような感じです。軽めのメニューで背中とトモの肉付きが良くなるのを待ちたいと思います」と話していました。

2017年4月21日(金)
フレーバーは、19日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。奥村調教師は「復帰後のレース内容を踏まえて、鉾田で様子を見てもらうことにしました。乗り始めてからの状態により、現地と戻すタイミングを相談していきます」と話していました。

続きを読む

スポンサーサイト

フレーバーの近況

フレーバーは3戦目で初勝利をあげましたが、本当に良く頑張ってくれました。
バルジュー騎手が小倉で続けて乗ってくれたのが大きいと思います。来年こそJRAの騎手試験に合格して、ずっと乗って欲しいです。
しかし予想はしていましたがアイルハヴアナザー産駒は種付け頭数の割りに14勝といまいちな出だしで、BRFオータムパーティーでは総帥が早くも失敗と言ってたっけ。相変わらず切り替えの早い方ですが、サンデー系と付けれる利点はあるので日高の他牧場で良い馬が出るかもしれませんね。
そんな中で勝ち上がってくれたフレーバーですが、連闘の影響か復帰にちょっと時間がかかってます。芙蓉Sを現地で見て思ったことですが、勝ち上がるにはメンバーと展開に恵まれないと厳しいと思う。洋芝や時計のかかる馬場でないと勝負できないと思うので、フレーバーに合ったレースを選択して欲しいです。

fraver_winner1.jpg

12月23日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間、左前肢の球節に腫れが見られましたが、騎乗は継続しても問題ないレベルです。主任は「痛みはありませんが、大事を取って追い切りは控えています。しばらく経過を観察して問題なければ追い切りを再開します。気持ちが入ってきていて、仕上がりは早いでしょう」と話していました。

2016年12月9日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。追い切り開始後も順調です。主任は「与えられたメニューを問題なくこなせていて、徐々にタイムを詰めてきています。今後も順調であれば、来月には送り出せるかもしれません」と話していました。

続きを読む

フレーバー初勝利

ここはメンバーに恵まれたとはいえ、フレーバー頑張りました!!
前走に続いてバルジューを押さえた陣営のファインプレーかな。

この兄姉は1勝はするんだけど、問題はそこから。
まだ能力だけで走っている感じなんで、これからですね。

しかし今までラフィアンで勝てなかったのが嘘みたいだな。
エントリーケットに続いて、フレーバーも3戦目で勝ち上がり。
あとはマイネルバローネです。

コスモミール14の近況

コスモミール14は他馬と比べて速い時計は出していないようだが、悪いところもなく順調に調教が進んでいる。兄姉はみんな勝ち上がっているし、順調であれば特に言うことはないです。今月のアルバム更新が楽しみです。

2016年2月12日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。中間からペースを始めていて、順調に進められ、次のステップに備えて中間から一息入れいて、放牧による管理に切り替えられています。主任は「まだそれほど速いタイムは出ていませんが、さばきが柔らかく、先々は良くなってきそうです」と話していました。(2月8日現在の近況)

2016年1月22日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。予定どおりに昼夜放牧を終了し、坂路でのトレーニングを始めています。主任は「休養明けの当初はすくみが見られましたが、騎乗が進むにつれて、良化してきました。順調に調教が強められています」と話していました。(1月18日現在の近況)

2016年1月8日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。順調に調教を積んで、ハロン16秒程度まで進められてきました。今後に備えて、中間からは一息入れていて、放牧による管理が行われています。主任は「休養は3週間の予定。しっかりと英気が養えたようです。近日中に騎乗を再開します」と話していました。(1月4日現在の近況)

2015年12月18日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。ゲート練習も順調に進められていて、ゲートが開く音にも慣れてきました。主任は「徐々に調教が強められていますが、母の仔にしてはおっとりしていて乗りやすいですね」と話していました。(12月14日現在の近況)

2015年12月4日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も集団調教で順調に進められていて、併走でも折り合って走れています。主任は「並行してゲート練習も行っていて、前後の扉を閉めた状態で駐立させて、前扉が開く音に慣れさせています。ゲート練習も問題ないですよ」と話していました。(11月30日現在の近況)

2015年11月20日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。坂路で走ることにも慣れて、現在は縦列や併走で鞍上の指示するペースが守れるように学習させています。主任は「前向きな性格ですが、併せ馬になってもむきにならずに我慢できています」と話していました。(11月16日現在の近況)

2015年10月16日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。中間の馴致でハミや鞍などの装着、人を背中に乗せることをマスター。現在は坂路に入れてスクーリング中で、ハミ受けを安定させています。主任は「馴致の際は頑固な面も見せましたが、順調です。パワーがありそうですね」と話していました。(10月12日現在の近況)

コスモミール14の近況

114135_201509_9_20150928_1.jpg

コスモミール14は毛艶が良いせいか馬体を良く見せるね。まだ幼い馬体だがすでに馴致が進められおり、育成が早いグループなのかな。兄姉は早いデビューだったが、この仔もデビューが早そうだね。
募集時の馬体重 423キロ→9月馬体重 459キロ


2015年9月18日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。中間からはウォーキングマシンで歩くことに慣れさせています。次のステップでは馴致の第一段階として、サイドレーンでハミと胴締めをつないで、ウォーキングマシンで歩かせながら馬具の装着に慣らしていきます。主任は「気が強い性格で、兄たち同様機敏に動けそうな印象です」と話していました。(9月14日現在の近況)

2015年8月21日(金)
コスモミールの14は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。放牧地を動き回って体力を消費して、自然と鍛えられる環境です。兄のMサグラが先日のコスモス賞で勝ち馬とタイム差なしの2着に入りました。7月のラジオNIKKEI賞2着のミュゼゴーストは本馬の近親。本馬の将来にも期待がかかります。22日(土)真歌トレーニングパークに移動予定です。(8月17日現在の近況)

2015年7月17日(金)
コスモミールの14は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。母の影響でスピードが優先したタイプになりそうです。当クラブの募集馬となった兄の2頭はいずれも早い時期に勝ち上がり、Mリードは3歳6月で2勝目をあげました。筋肉の量があって、柔らかな動きができそうな本馬にも期待しています。

2015年6月19日(金)
スタッフによる私見であり、将来を保証するものではありません。ご参考程度にお楽しみください。
■適性/デビュー時期: 芝・マイル前後/早め~普通
■スタッフから一言!: 父の影響で、2歳8月に勝ち上がった2つ上の兄Mリードよりも力強い動きができそうです。デビューから3連勝した母からスピードを受け継いでいて、将来が楽しみです
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター