FC2ブログ

ウイントリニティー、3連勝で中央復帰

今日の園田競馬、C1ダ1400mで勝利してウイントリニティーは中央復帰を果たすことができました。
転入からの2戦は連続2着でどうなるかと思いましたし、今日のように一瞬大丈夫かと思うところがいくつかありましたが結果的には3連勝なので良かったです。あとは中央で通用するかですね。

2018年3月15日(木) 競馬速報
森澤調教師 スタートが良く、楽にハナも叩ける構えだったようですが、先頭に立つと遊ぶ面を見せることもあるので、意識的に他の馬を行かせたようです。危なげない勝ち方ができましたし、今日の走破時計も優秀なものでした。やはり今は馬の状態も非常に良いのだと思います。少し時間は掛かってしまいましたが、無事に中央へお戻しすることができそうで良かったです。この後は園田の登録を抹消し、今週末にも一旦ビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出す予定です。

片山駿の目 勝負所で手が動き出した時には少しヒヤリとしましたが、終わってみれば単勝元返しの人気に応える完勝のレースでした。今回の勝利で中央転入条件の3勝をクリアすることができましたし、今後は短期放牧を挟み、近々、中央へ再登録手続きを行う予定です。これでようやく再びスタートラインに立ち、ここからが本当の勝負となりますが、近走のレースぶりを見ても完全復調がうかがえますし、今の勢いなら中央の500万下相手でも期待は持てそうです。

2018年3月13日(火)
 ウイントリニティーが、3月15日(木)、園田8R「C1一4歳以上特別」ダート1400mへの出走が確定しました。

2018年3月8日(木)
 来週の3月15日(木)園田ダート1400mを吉村騎手で出走を予定しているウイントリニティーは、今週5日(月)にハロン13~13秒の追い切りを行い、本日8日(木)にも併せ馬でハロン15~15秒程度のところをこなしています。
 森澤調教師は「1週前追い切りの5日(月)にビシッとやって負荷をかけましたが、しっかりと気合いも乗せたかったので、今朝も併せ馬で適度な負荷をかけています。馬はとても前向きで自らハミを取ってくれますし、冬毛も抜けて状態は非常に良さそうです。前走の勝ちタイムは同じ日のBクラスのレースを上回る非常に優秀な時計でしたし、次もしっかりと決められるように頑張りたいと思います」と順調を伝えていました。

2018年3月1日(木)
 先週の園田では、道中前を見る形で進み、勝負どころでは外から勢いよく上がっていき、最後は2着馬を差し切り、好時計勝ちを決めたウイントリニティー。レース後は、硬さもなく、治療の必要はまったくないほどで、今週26日(月)から馬場入りを再開しています。
 森澤調教師は「前走後も反動もなく順調ですね。相変わらず行きっぷりはいいのですが、レースを使いながらいい意味で、操縦のしやすさも出ています。次は1キロ斤量が増えますが、同じC1ですし、前走の勝ち時計からもまず大丈夫だと思っています」と話していました。
 なお、次走は、中2週で3月15日(木)園田ダート1400mを吉村騎手で予定しています。

~以下過去の近況履歴~

続きを読む

スポンサーサイト

ウイントリニティーの近況

前走のパドックを見て元気無さそうと思いましたが、見せ場なく10着に沈んでしまったトリニティー。中1週の強行スケジュールかと思いましたが、札幌の長距離レースに懸けるようです。8月になると権利がないとなかなか出走できないし、きっちり仕上げてもらいたいですね。


2017年6月15日(木)
 先週の東京では、馬群の中で苦しい競馬を強いられ、見せ場もなく10着に敗れてしまったウイントリニティー。高橋祥調教師は「見えない疲れもあったのかもしれませんが、レース後は息が上がり切っていませんでしたし、前半にもっと積極的に出して、位置を主張してほしかったです。負けるにしてもやや消化不良の感じがありましたからね」と残念そうに前走を振り返っていました。
 前走後もいくらか疲れも見られますが、脚元の不安はなく順調で、本日15日(木)に北海道のコスモヴューファームへ向けてトレセンを出発しています。なお、次走は、7月29日、札幌土曜3Rダート2400mでの復帰を予定しています。
 同調教師は「長丁場は合うと思いますが、札幌だとダートコースのみでしか調教ができないので、そこが課題ではありますね。あと、前回の競馬を見ても、揉まれるとまったくダメなので、外目をスムーズに運べるかどうかもカギでしょう」と早くも次走を見据えていました。

2017年6月11日(日) 競馬場速報
松岡正海騎手 返し馬の段階でいつものグイグイと行く感じがなく、「あれ?」という感触を持っていました。レースではある程度前の位置を取る予定だったのですが、思ったように馬が進んで行かず、他馬にもどんどん来られてしまったので、仕方なく空いたスペースの内へ誘導しました。先生や厩務員さんが言うほど、揉まれてダメという感じはありませんでしたが、3コーナーのところではもう手応えがイマイチでしたし、直線も余力がありませんでした。外枠で揉まれずスムーズな競馬が出来ていたらもう少し違ったのかもしれませんが、それでも勝ち負けまでは厳しかったと思います。東京の2100mというタフなコースで2度続けて厳しい競馬をさせてしまいましたし、まだ疲れが残っているのだと思います。申し訳ありませんでした。それでも疲れさえ取れればすぐに勝てる馬だと思います。

高橋祥調教師 今までのパターン通り、今日のように揉まれる競馬になるとさっぱりダメですね。スタートが決まったので、揉まれないようにもう少し位置を主張してほしいところではありましたが、馬が進んでいかなかったようですからそれは仕方ありませんね。今日こそは決められると思い送り出したのですが、申し訳ありませんでした。

片山駿の目 ここ2走はいずれも外々を回る競馬で結果を残してきた馬ですから、今回の内枠は少し嫌な予感がしていました。1番人気という立場もあり、道中は詰まれて厳しい競馬を強いられてしまったことも敗因のひとつとして見ていますが、直線で馬群がバラけてからもまったく脚を使えなかったところを見ると、状態そのものも本調子ではなかったのでしょう。なお、この後は北海道のコスモヴューファームで休養を挟み、7月29日、札幌土曜3Rダート2400mを目指す予定となっています。残されたチャンスは少ないですが、今後の休養で本調子さえ取り戻すことができれば、ハードルは決して高くないはずです。

ウイントリニティーの近況

トリニティーは本日出走します。馬体重は前走時と同じ488キロ。安定していますが、パドックでは少し元気が無い様に見えます。1番人気に支持されていますが、過信は禁物ですね。掲示板は外さないだろうけど、最悪中1週で東京開催ラストの同条件に出走なんてこともあるかも。踏ん張りどころですし頑張ってもらいたいです。


2017年6月8日(木)
 先週の1週前追い切りを見送ったウイントリニティーですが、先週末3日(土)には坂路で4F56秒5、ラスト1F13秒4という時計をマークしており、昨日7日(水)には予定通り坂路で最終追い切りがかけられました。
 3歳未勝利ロックアードゴージとの併せ馬でしたが、最後まで手応えで相手を圧倒し、4F52秒7、ラスト1F12秒3という時計で併入にまとめています。
 高橋祥調教師は「先週半ばまでは歩様ももうひとつで1週前追い切りをパスしましたが、先週末あたりから今週にかけての回復が早く、今朝は予定通り追い切りました。動きは非常に良かったですし、先週あったような違和感はなく、歩様も問題ありませんので、力を出せると見て今週行きたいと思います」と今週の出走を決めています。
 続けて、「東京のダート2100mという条件は合っていますし、ここ2走の競馬振りからも、今度こそはという気持ちです。早く勝ってひと息入れさせたいですね」と意気込みを語っていました。
 追い切り明けの本日8日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京日曜3Rダート2100mを松岡騎手で出走が確定しています。

2017年6月1日(木)
 来週の東京日曜3Rダート2100mを松岡騎手で出走予定のウイントリニティーは、昨日31日(水)は坂路をキャンターで1本、本日1日(木)は北馬場で乗り運動をこなしていました。
 高橋祥調教師は「昨日31日(水)は坂路で1週前追い切りを行う予定でしたが、坂路に行く前の角馬場でのダクの動きがもうひとつだったので追い切りを見送りました。まだいくらか前走の疲れが残っているのか背腰の状態も今ひとつですし、本来の動きに戻り切っていない印象です。今週末には時計を出す予定ですが、来週の出走を目指して無理をするのも良くないですし、状態によっては再来週以降に番組をスライドするかもしれません」と状態を説明していました。

2017年5月25日(木)
 先週の東京では、直線で一旦は勝ち馬に並びかけましたが、最後は二枚腰を使われて2着に敗れたウイントリニティー。前走後も大きな問題はなく、本日25日(木)から軽めに乗り込みを再開しています。
 高橋祥調教師は「今回も、前々走後と同じぐらいの疲れはありそうですが、次走までには状態を持ち直していけると思います。前走でも3着以下はしっかり離していたように、次こそはという気持ちです。松岡もその後は函館に行ってしまいますし、その前にしっかり結果を残しておきたいですね」と語っていました。
 なお、次走は中2週で、6月11日、東京日曜3Rダート2100mを松岡騎手で予定しています。

2017年5月21日(日)

松岡正海騎手 相手だと思っていたワンナイトインパリをマークする形で、スムーズな競馬はできました。スローペースでしたし、自分から動いて後続に目標にされる形になるのも嫌だったので、3コーナーで他馬が先に動いてくれたのはむしろ助かりました。あとは前を交わすだけだったのですが、思っていた以上に勝ち馬が渋太くて・・・。決めることができず、申し訳ありませんでした。それでも状態は前走以上に良くなっていましたし、相手関係ひとつのところまで順番は来ていると思います。

高橋祥調教師 ウチの厩舎のカドモスが、もう少し前にプレッシャーをかけていれば、逆転もあったでしょうね。勝ち馬は道中楽をしていましたし、その分、最後にもうひと踏ん張りされてしまった感じです。それでも、この条件はやはり合いますし、メンバーもこの時期になりだいぶ戦いやすくなってきましたから、次はしっかり決めたいと思います。次は、中2週空けて、6月11日、東京日曜3Rダート2100mに向かう予定です。

片山駿の目 状態は前走以上でしたし、レース運びもパーフェクトに近いものがありましたが、残念ながらもうあと一歩でした。前走に続く2着で、いつも前に強い馬が1頭いますが、トリニティー自身も未勝利クラスでは力は最上位レベルにあると思いますし、勝ち上がりの順番もかなり近いと見ています。安定感も増してきましたし、なんとか得意の東京開催中に結果を残したいところです。

2017年5月18日(木)
 今週の出走を予定しているウイントリニティーは、昨日17日(水)に坂路で最終追い切りがかけられました。併せ馬の予定が単走となってしまいましたが、最後まで馬なりのまま4F52秒7、ラスト1F12秒5という時計にまとめられています。
 高橋祥調教師は「予定していた併せ馬の追い切りにはなりませんでしたが、動きは非常に良かったですね。前走後、1週間ほどの間は疲れも気になりましたが、先週末あたりから馬の気配はグンと上向いてきました。もう疲れや気になる点もありませんし、体つきも良い感じです」と好状態を説明しています。
 続けて、「今回も相手関係や展開が鍵を握りそうですが、前走のレースぶりや今の状態の良さからも、そろそろ勝ち上がりの順番なのではないかと期待しています」と意気込みを語っていました。
 追い切り明けの本日18日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京日曜3Rダート2100mに松岡騎手で出走が確定しています。

2017年5月11日(木)
 来週の東京日曜3Rダート2100mを松岡騎手で予定しているウイントリニティーは、昨日10日(水)に坂路で1週前追い切りがかけられました。3歳500万下ショウブニデルとの併せ馬で、最後は2馬身あった先行のリードを詰められて併入でゴールとなりましたが、手応えは優勢でした。時計は4F53秒9、ラスト1F12秒8です。
 高橋祥調教師は「先行して後ろから突かれるような形だと集中して走れるのですが、並ばれて併せ馬になるとフワッとするところがあったようです。前走後は少し硬さが出てきて、時折躓くような面も見せていますが、疲れは少しずつ解消に向かっているので、来週の出走には影響ないと思います」と状態を説明していました。
 なお、追い切り明けの本日11日(木)は軽めの運動をこなしていました。

ウイントリニティーの近況

トリニティーに関しては珍しく騎手の進言がはまりました。
前走の2着の時計も本来なら勝ち時計ですし、次はもう鉄板でしょう。最近のBRFグループ馬はダート中距離馬の活躍が目立ちますし、トリニティーも稼げる馬になってくれると良いな。


2017年5月4日(木)
 先週の東京では、距離延長で2着と活路を見出したウイントリニティー。高橋祥調教師は「ダート2100mだと周りの馬たちもみんな後半の体力温存を考えて前半から積極的に行きたがらないところがあり、結果ゆったりとしたペースになるので、そういった流れもこの馬には合うのでしょうね。勝ち上がるきっかけが掴めた良いレースになりました」と前走を振り返っていました。
 前走後は昨日3日(水)から軽めに乗り込みを再開していますが、同調教師は「いつもより頑張って走ったこともあるのか、それなりの疲れは確認できます。中2週以上は間隔を空けたほうが良いと思います。それでも、脚元うんぬんといった不安はありませんし、少しずつ疲れも解消してくるでしょう」とレース後の状態も説明していました。
 なお、次走は、中2週で、5月21日、東京日曜3Rダート2100mを引き続き松岡騎手とのコンビで予定しています。

2017年4月29日(土)

松岡正海騎手 行こうと思えばハナにも行けましたが、控える競馬でしまいに脚を使った前走内容が良かったので、前半は無理せずあの位置からの競馬になりました。途中から後ろにぴったりと1番人気の勝ち馬がくっ付いて来ていたのは確認していましたし、先生や厩務員さんも「外から被されると良くない」と話していたので、それに注意しながら、勝負所では自分から動いていく形を取りました。自分の馬も道中は楽をしていたので、欲を言えばしまいはもう少し踏ん張ってほしかったですが、目途の立つ走りはできたと思います。この馬には2歳の頃から乗せていただいていて、当初はどちらかと言えば短距離タイプに育っていくのかと想像していましたが、むしろ長い距離のほうが合っていそうですし、これなら2400mぐらいまで持ってくれそうです。馬の成長を見極めるのはなかなか難しいものがありますね。

高橋祥調教師 これ以上ない競馬をしてくれました。2走前の中京の時のように、良い手応えで直線に向きながら最後甘くなってしまうようでは、と思っていましたが、今日は最後までタレずに踏ん張っていたのが良かったですね。この後は、中2週程度間隔を空けて、再び同じ条件を使う予定です。

片山駿の目 2走前の中京で、ラストでばったり止まった内容から、今回の条件には正直不安も感じていましたが、松岡騎手の采配はお見事でした。今日は勝ち馬にぴったりとマークされる不利な形で、勝利とはいきませんでしたが、それでも早めスパートから2着を死守した内容は評価して良いと思います。次走も同じ条件を使えるのは強みですし、あとは安定関係ひとつで初勝利はなんとかなるはずです。

2017年4月27日(木)
 今週の出走を予定しているウイントリニティーは、昨日26日(水)に坂路で最終追い切りがかけられました。古馬500万下マグレブとの併せ馬で、ラスト1Fの競り合いではやや見劣り、半馬身の遅れとなりましたが、4F52秒0、ラスト1F12秒4という速い時計をマークしています。
 高橋祥調教師は「やればこれぐらいは動ける馬ですし、状態も大きな変わりなく、順調に来ています。力は出せる状態ですよ」と仕上がりを説明し、「ダート2100mという、この条件がどうかも、ジョッキーは『合う』と言ってくれていますし、その言葉を信じたいと思います。自分で競馬を作れない馬ですから、あとは展開がうまく向いてくれるかではないでしょうか。この条件で新味を見せてほしいですね」と期待を語っていました。
 追い切り明けの本日27日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜2Rダート2100mに松岡騎手で出走が確定しています。

続きを読む

ウイントリニティーの近況

ウイントリニティーは東京3R、ダート1600mに出走して9着でした。
前走の敗因は18キロ増で太め残りとありましたが、今回の馬体重はプラス4キロ。入厩からレースまで馬体重の話は出ていたけど、レースを使い続けて絞る気まんまんの確信犯でしたね。
見た目はそこまで太くは見えなかったけど、メンバー的に今日は勝てるとは思いませんでした。
それでも直線までは理想的な競馬ができたし、一瞬イケるかと思ったけどやはり駄目でした。小倉の馬房は取れないだろうし、中山開催まで出走は無理かな。


2017年1月29日(日)
松岡正海騎手 返し馬の感触が良かったですし、前走のように馬体の太めを感じることもなく、良い状態だったと思います。直線入口では伸びかける場面もあったのですが、その後がさっぱりでした。これだけ良い形で直線に向くことができたのに、ここまで負けてしまうのは意外ですし、敗因がよく分かりません。ただ、デビューからレースを重ねながら成績を上げてきた馬なので、もしかすると、使い込んで段々と良くなるタイプなのかもしれません。次で変わってほしいですね。

高橋祥調教師 まだ少し毛ヅヤがひと息で、馬体がくすんで見えましたが、休み明けとしては良い仕上がりだったと思います。いい格好で直線を迎えた時には勝ったかと思いましたが、そのあとが案外でしたね。掲示板は外さないと見ていただけにちょっと情けない内容でした。それでも、次は使った上積みも見込めそうですし、ジョッキーも「使いながら良くなるタイプかも」とのことでしたから、先々の変わり身に期待したいと思います。ただ、権利を外してしまったので、あとはいつ出られるかどうかですね。間隔を空けなければいけないようなら、一度短期放牧を挟むことも検討しています。

片山駿の目 大幅に増えていた前走からさらにプラス体重での出走となりましたが、それほど余分な肉が付いている印象は受けませんでしたし、走れる態勢だったと思います。レース運びも理想的でしたが、それでも最後は脚が上がってしまいましたから、見ている側のこちらとしても首をかしげたくなるような結果でした。周りのメンバーレベルも低くはなかったですが、それでも2走前の内容からもう少し善戦してほしかったところです。この後の予定に関しては、来週以降の出走状況を見ながら判断することとなっています。

2017年1月26日(木)
 今週の出走を予定しているウイントリニティーは、昨日25日(水)に坂路で最終追い切りがかけられました。古馬500万下ワラッチャオとの併せ馬で、前半2Fはゆっくりとしたペースでしたが、後半にかけて加速し、馬なりのまま、4F56秒8、ラスト1F12秒7という時計をマークして併入にまとめています。
 高橋祥調教師は「先週の段階でほぼ出走態勢は整っていましたし、今週はしまい重点の追い切りでしたが、動きは良かったですね。馬体も太め感なくできていますし、状態も良さそうです。力はある馬ですし、2走前のような競馬ができれば、巻き返しは十分に可能だと思いますよ」と前向きに語っていました。
 なお、追い切り明けの本日26日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京日曜3Rダート1600mを松岡騎手で出走が確定しています。

2017年1月19日(木)
 今週と来週の出走を両睨みで調整中のウイントリニティーは、昨日18日(水)に坂路で追い切りがかけられました。古馬500万下メルドオールとの併せ馬で、後半にかけてピッチを上げる内容でしたが、最後まで余裕のある手応えで併入にまとめています。時計は4F54秒7、ラスト1F12秒7でした。
 高橋祥調教師は「昨年の秋口より動きに軽さが出た印象を受けますし、状態も悪くありません。馬体重は前走と変わりありませんが、見た目に太目感はありませんし、入厩してきた頃は『もっと肉付きが良くなって体重が増えてほしい』と思っていたほどの馬ですから、今の体重でも問題はないのだと思います」と好状態を説明しています。
 しかし、「ただ、福島の内枠でもみくちゃにされた前走の敗戦を見ると、同じようなコース形態の中山で再び内枠を引いた時に不安が残ります。対して東京コースは結果が出ていますし、現状は広いコースのほうが安定して走れそうなタイプですから、今週はパスして来週に備えたいと思います」と今週の回避を決め、次走は来週の東京日曜3Rダート1600mに松岡騎手とのコンビで向かうこととなりました。
 なお、追い切り明けの本日19日(木)は軽めの運動をこなしていました。 

2017年1月12日(木)
 先週5日(木)に美浦トレセン・高橋祥厩舎へ帰厩したウイントリニティーは、昨日11日(水)に坂路で帰厩後1本目の追い切りがかけられました。トリニティーが2馬身ほどのリードをもらって先行し、その後ろを3歳未勝利デカが追い掛ける形でしたが、後半で並ばれてからも渋太く、最後までほぼ互角の脚色で併入ゴールとなっています。時計は4F54秒3、ラスト1F12秒3でした。
 高橋祥調教師は「しまいもいい時計でまとめていましたし、いい動きでしたね。1本目の追い切りということで、まずはどこまで動けるかと見ていましたが、息遣いが非常に良く、中身はしっかりとできていそうです。ただ、前走の敗因がもうひとつハッキリしませんし、もしかすると数字が示していた通り、太目残りも影響したのかもしれません。本日の計量では前走と同じ486キロで、見た目も少し余裕があるように感じます。もう少し見た目をスッキリさせてレースに送り出したい思いもあるので、次走は来週か再来週か、週末あたりまで考えさせてください」と話していました。
 なお、次走は、来週の中山に2鞍組まれているダート1800mか、再来週の1月29日、東京日曜3Rダート1600mのいずれかを松岡騎手とのコンビで予定しています。
 そして、追い切り明けの本日12日(木)は軽めの運動をこなしていました。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
8-6-3-4-4-40/65

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター