ウインプルミエ、初勝利!!

ウインプルミエが地方競馬 笠松で嬉しい嬉しい初勝利を挙げてくれました。

昼ごろオッズを見たらプルミエのオッズが単勝1.2倍(最終的には1.8倍)とかどんだけ人気なんだよと思っていましたが、結果は2着馬に6馬身差の圧勝。タイムも笠松競馬で1分28秒2の時計はかなり優秀とのことでこの勢いなら2連勝で中央復帰も十二分にありそうです。
今日のメンバーはアギシャンにアズユーウイッシュとBRFグループ馬がいて、特にアギシャンは愛馬Mアルマースの半妹で身内の出資馬だったのでずっと見守っていました。しかし今日のプルミエはプラス8キロ増の馬体で少し煩いように見えましたが、レースではもう兄ガニオンばりの気持ちの良い逃げで他馬を子ども扱い。耳なしメンコか笠松の砂か、それとも名手の腕かいったい何でこんなに変わったのか不思議でしかたありません。正直プルミエの地方転出が決まった時は引退が延びて嬉しい反面、そんなに地方は甘くないと思っていましたが、この母系の成長力には驚くばかりです。
次に笠松競馬が開催されるのは10月の11日~13日と18日~20日。早ければ来月中にも中央復帰条件の2勝目を挙げてくれるでしょう。次走の出走が楽しみです。


2017年9月26日(火) 競馬場速報

岡部誠騎手 中央時代のVTRを観て、ズブい印象はありましたので、ある程度促しながら行く予定でした。しかし、一歩目は遅いものの、その後の二の脚が速く、すんなりと行けました。やはり能力はある馬ですから、こちらのペースだと楽に行けるのでしょう。それと今日はかなり気合いが乗っていたので、VTRを観たイメージとはとは少し違いました。ただ、こちらでは1400mという距離になりますし、このくらいの気合い乗りがあった方がいいと思います。あとは揉まれた時にどうかですが、おそらくスピードが違うので、次も大丈夫だと思います。今日はありがとうございました。

尾島調教師 普段はおとなしい馬ですが、今日はパドックから気が入っていました。耳なしメンコにした影響もあったのかもしれません。ただ、ジョッキーも言うように、これくらい気が入って行きっぷりがいい方がいいのだと思います。今は砂が重くなっている笠松で1分28秒2の時計はかなり優秀ですし、2連勝でお戻しできるよう、引き続きしっかり調整していきます。

押田の目 笠松移動当初は、初めての環境で落ち着きがないところもありましたが、滞在競馬ということでしっかりと体を増やして出走ができました。中央時代から何度も言っているように、この数字でもまだスラッと見せるくらいで、今後は笠松滞在でもっと増やして中央に戻りたいところです。中央に戻って活躍することが目的で、地方競馬での勝利で満足はしていられませんが、転入初戦でこれだけいい内容で勝てたことは素直に喜びたいと思います。今日の勝ち時計なら上のクラスでも十分にやれますし、このまま問題がなければ、2連勝で中央へ戻れることでしょう。

2017年9月23日(土)
 26日(火)笠松4Rダート1400mに出走を予定しているウインプルミエは、佐藤友騎手とのコンビを予定していましたが、急遽乗れなくなり、名古屋の岡部誠騎手とのコンビで向かうことが決まっています。
 尾島調教師は「ずっと調教で乗っていた佐藤友騎手が乗れなくなり、申し訳ありません。それでも岡部騎手もこれだけの成績を残しているジョッキーですし、中央のVTRも観てもらうよう、お願いしておきました。そしてレース前には入念に癖や特徴などを伝えておきます」と話していました。
 そして本日23日(土)には笠松競馬場ダートコースにて最終追い切りがかけられました。3頭併せの真ん中で進み、直線は一杯に追われると外の格上馬に1馬身の先着で、内の古馬には大きく先着していました。時計は3F39秒6、ラスト1F12秒6でした。
 尾島調教師は「外の格上馬に先着もして、時計的にも悪くはないのですが、乗った佐藤友騎手は『ブリンカーを着けたら余計にフワフワして、後ろも気にしていた。もしかしたら外した方がいいのかも』とのことでした。確かにテンから追っ付けながらでズブさは見せていましたが、それでも最後もしっかり先着はしてまいましたし、今回はブリンカーを着けていこうと思います。能力的には楽にここは突破しておかしくはないのですが、あとは当日の気持ちの面がどうかですね。岡部騎手にうまく導いてもらえればと思っています」と話していました。

2017年9月21日(木)
 来週の出走を予定しているウインプルミエは、来週26日(火)の笠松4Rダート1400mでのデビューが決まり、そこに佐藤友騎手とのコンビで出走を予定しています。
 尾島調教師は「初日の火曜日にレースが組まれましたので、最終追い切りは明日か明後日に行う予定です。この中間も15~15は行っていますが、それくらいのペースだと真面目に走れるのですが、それ以上の追い切りや競馬ではフワフワするところがありますからね。それでも、競馬ではブリンカーも着けますし、ジョッキーも追い切りにも乗り、JRAの時のレースも観てくれていて、特徴を分かっているので、前半から動かしながらいいポジションで競馬をしてくれると思います。動きや息の入りは良くなってきましたし、状態は上がってきたと感じます。カイバ食いも良く、体も440キロ台でデビューさせられそうですよ。3歳馬同士だと中央下がりの馬もいて、多少強い馬もいますが、プルミエもここでは力は上だと思いますし、初戦から結果を出したいと思っています」と力強く話していました。
 なお、出走が確定次第ホームページにてお知らせいたします。

続きを読む

スポンサーサイト

ウインプルミエの近況

デビュー戦の時は地獄に落とされた気分でしたが、ようやく勝ちあがりが見えてきました。こうして尻上がりに調子を上げてくるのがこの血統の特徴なのかな。プルミエは前走よく頑張ってくれました。


2017年6月15日(木)
 先週の阪神では、初ダートで前々で進み、勝負どころで手応えが怪しくなりながらも最後は盛り返し、5着と次走の権利を獲得したウインプルミエ。飯田雄調教師は「3、4コーナーで手応えが怪しくなるのは課題で、やはり気の悪さが残っているようですね。それでも、ジョッキーが最後まで諦めないでやってくれましたし、ダートをこなせたのも収穫でした。『砂を被ってもまったく問題なかった』とのことですから、次は距離ロスなく回りたいですね。権利を取ったので、芝という選択肢もありますが、メンバーレベルを考えれば、ダートの牝馬限定戦を使っていった方がいいように思います」とレースを振り返っていました。
 レース後は、本日15日(木)から乗り始めていますが、目立った疲れもなく順調で、次走は7月1日、中京土曜2Rダート1800m牝馬限定戦、もしくは7月8日、中京土曜2Rダート1800m牝馬限定戦のどちらかを荻野極騎手で予定しています。
 平木厩務員は「レース後もカイバはしっかり食べていますし、体もすぐに戻っています。以前はレース後はチャカチャカしていましたが、馬が力を付けて体力的に楽になっているのでしょうね。精神的にもどっしりとしてきています。なんとしてでも未勝利を勝たせたいと思っています」と話していました。

2017年6月10日(土)
荻野極騎手 スタートが決まりましたが、外から速い馬がいたので、行かせて番手から進めました。この厩舎に来てからダートが初めてということで、先生からは「砂を被らない位置で」と言われましたので、外目を回りました。勝負どころでは促していないと下がっていってしまいそうなのですが、余力がなくなったわけではなく、押して行けばジリジリと伸びるんです。直線内に入って砂を被ったのですが、その時には頭を上げることなく、まったく問題ありませんでした。結果論にはなりますが、砂を被っても大丈夫でしたから、内々をロスなく回れば、もうひとつ、ふたつは着順が上がったと思います。それと直線で接触する不利があり、少し怯んだところがありました。外目を回るロス、接触がありながら、掲示板ですから、スムーズなら勝ち負けまであると思います。芝もいいのでしょうが、芝だとペースアップの時に周りがスッと動くので、勝ち切るにはこの条件の方がいいのかもしれません。また、よろしくお願いします。

押田の目 前走と比べると、多少パドックでチャカつきが目立ちましたが、体つきは本当に良くなりましたし、成長を感じます。芝では出走が叶わず、ダートへ矛先を替えた1戦でしたが、最低限の掲示板という結果を出してくれたことで今後の選択肢が広がりました。軽い走りをする馬で、本質的には芝向きなのでしょうが、牝馬限定戦の長い距離の芝のレースはあまり少ないですし、メンバーレベルを考えると今日の条件を続けて使っていった方が初勝利は近い気がします。この後は権利を獲りましたので、中京開催での出走を予定していますが、メンバーや条件などを吟味し、勝てる可能性の高いところを使っていく予定です。

2017年6月8日(木)
 除外が続いているウインプルミエは、今週の出走へ向けて、昨日7日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半はゆったりと入ると、後半は馬なりのままスピードに乗り、余力を残してゴールしています。時計は4F54秒2、ラスト1F12秒4でした。
 高岡調教助手は「動きは抜群でしたね。以前は重い坂路ではそんなに動けませんでしたが、これだけ動けるのは力を付けている証拠でしょう」と騎乗の感触を語ってました。
 また、平木厩務員は「レースを使って多少テンションは高くなっていますが、それは乗っている時だけで、普段は落ち着いていますよ。以前は運動中もチャカチャカしていましたから成長を感じます。力がついて馬が楽になってきたので、精神的にも安定してきたのだと思います。カイバもしっかり食べて、いい体つきをしていますし、状態はかなり良さそうなので、なんとか今週は使わせてもらいたいですね」と今週の出走を願っていました。
 そして本日8日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票に臨みます。当初は今週の阪神土曜6R芝2000mに投票の予定でしたが、そこには枠がなかったことから、今週の阪神土曜1Rダート1800m牝馬限定戦に2キロ減の荻野極騎手で出走が確定しています。
 飯田調教助手は「来週の阪神の芝は2400mと1400mしか番組がなく、適条件がありませんし、出られるかどうかも微妙です。このまま追い切りと除外を続けていくと体調の維持も難しくなりますし、ダートを試してみるのもひとつの手かもしれません。基本的には跳びが綺麗で芝向きだとは思いますが、最近は重い馬場でも動けるようになっていますし、力をつけていますからね。牝馬限定戦ならメンバーレベルは低いでしょうし、ダートをこなせるようなら、今後の選択肢も広がります。
また、ここで権利を獲れれば、その後芝という選択肢も取れますしね。あとは芝なら道悪はダメな馬ですが、ダートならむしろ雨が降って脚抜きが良くなって欲しいところですから、梅雨のこの時期に雨の心配はなくなりました。うまく砂を被らず、先行できればチャンスはあってもおかしくはないと思っています」と話していました。

続きを読む

ウインプルミエの近況

プルミエはもう諦めていたけど、中井君がしっかり教え込んでようやく勝ちあがりを期待できるのではという所まできました。来週乗れないのは残念だけど、馬の調子も上がってきたみたいだし次は掲示板かな。


2017年5月4日(木)
 来週の京都土曜3R芝2000m牝馬限定戦を荻野極騎手で出走を予定しているウインプルミエは、昨日3日(水)に坂路にて1週前追い切りがかけられました。荻野極騎手が跨り、単走でスタートし、2F目からジワッとピッチが上がり、ラスト2Fは12秒8、12秒5と最後まで踏ん張りを見せて、フィニッシュしていました。全体時計は4F53秒2でした。
 荻野極騎手は「初めて乗せていただきましたが、いい馬ですね。道中、他の厩舎の馬が横に来たのですが、そこまで気にすることもありませんでしたし、最後はまだ余裕もありました。来週は頑張ります」と追い切りの感触を伝えていました。
 また、飯田雄調教師は「騎乗者の体重が軽かったこともありますが、これまでこの時計で動けることはなかったですし、凄くいい動きだったと思います。今回、放牧から戻って来てからは比較的落ち着いていますし、カイバもしっかり食べています。少しずつ馬は良くなってきていますね」と話していました。
 追い切り明けの本日4日(木)は運動のみで楽をさせてもらっていました。

2017年4月27日(木)
 先週帰厩したウインプルミエは、昨日26日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、後半2Fは軽く促されながらゴールしていました。時計は4F56秒5、ラスト1F13秒6でした。
 騎乗した飯田調教助手は「放牧を挟んだ効果か、前々走の後のピリピリした感じがそこまでありません。馬体は増えてはいませんが、細いということもありませんから、心配はないでしょう。この精神状態なら調教で攻めていけると思いますので、今後は併せ馬をしたりと色々工夫していきたいと思っています」と話していました。
 そして本日27日(木)は軽めの運動を消化していました。なお、次走は5月13日、京都土曜3R芝2000m牝馬限定戦へ向かう予定で、そこは主戦の中井騎手が新潟で乗れないことから、2キロ減の荻野極騎手に変更となっています。

続きを読む

ウインプルミエの近況

ウインプルミエは転厩初戦を迎える訳ですが、調教時計だけで評価するなら何とかなりそう。

ゆったりした長距離も合うと思うけど(というか現時点では距離延長しか道がない)、中京の雪がやばい!!
ダートやパドックを見ても積もってきたし、視界が悪くて午後のレースが出来ないんじゃないかな?


中京2R時点では雪で視界が悪く開催中止と思いましたが、少し天気が持ち直してきたかな。
明日の開催は京都ともに心配ですが、11時の時点では今日の競馬はどうにかなりそう。
しかし降ったり止んだり忙しい天気ですね。

芝のレースは権利を持っている馬が多いし、このレースも権利持ちが6頭いるので好調教でもいきなし勝ち負けを期待するのは厳しいだろう。
周りの馬を気にし過ぎるところがあるようなので、あえて逃げて後ろから突かれる形が良かったりとかしないかな。
クラブ・飯田厩舎でも素材の良さは認めてくれるようなので、いろいろ試してプルミエが気分良く走れる形を見出して欲しいです。

2017年1月12日(木)
 今週の出走を予定しているウインプルミエは、昨日11日(水)にCWコースにて追い切りがかけられました。単走でスタートし、6Fからピッチが上がりますが、前半はゆっくりと進みます。直線に入っても持ったままで脚を伸ばすプルミエは、最後は軽く仕掛けられるとしっかりと反応してゴールしています。時計は6F87秒5、ラスト1Fは12秒0と好時計を出していました。
 騎乗した緒方調教助手は「しまい重点ではありましたが、いい手応えでラストの反応も良かったですよ。今日はリバティ、オスカーと3頭の追い切りに乗ったのですが、お世辞抜きで動きはプルミエが一番良かったです。やはり血統馬という感じはありますし、乗り味が良く、素質を感じますよ」と追い切りの好感触を伝えていました。
 続けて、「そうなると、やはりネックは精神面ということになるのでしょう。まだ馬場へ行く地下道でも前から馬が来ると、ビクッとして止まるような時もありますが、それでも入ってきた時よりはだいぶマシになってきています。転厩初戦で、レースへ行ってのテンションや競馬の時の精神面など、まだ掴み切れていないところはありますが、能力はありますからね。これまでのVTRを全部観ましたが、馬を気にする面はあったものの、明らかに距離不足だったと思いますし、距離延長で違った面を見せられればと思っています。まずは目途の立つ競馬を見せて欲しいですね」と期待を語っていました。
 また、担当の吉村調教助手は「来た時は馬体が少し寂しく映り、カイバも残していましたが、徐々にしっかり食べるようになり、日に日に数字は増えてきました。今は440キロまで戻ってきましたし、あとは輸送でどれだけ減るかですが、悪い体つきではありません。あとは追い切りを始めて、かなりピリッとしてきたところが出てきたので、それが競馬でどう出るかでしょう。この気性面が悪い方へ向かわず、走る方へ向けばですね。今朝の追い切りを見ても、いいところはある馬ですし、いきなり勝ち負けはどうかも、いい競馬を見せて欲しいと思っています」と話していました。
 そして本日12日(木)は引き運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の中京土曜7R芝2000mに松山騎手で出走が確定しています。

2017年1月4日(水)
 転厩後はスクミがあったものの、追い切りを始めたウインプルミエ。年末25日(日)は坂路で4F58秒5、ラスト1F13秒8というタイムを馬なりでマークし、28日(水)は坂路で4F55秒2、ラスト1F13秒6という時計をビッシリ追われてマークしています。
 年明けは、2日(月)、3日(火)は坂路を楽走で1本消化し、本日4日(水)はCWコースにて追い切りがかけられました。相手は鮫島良騎手騎乗の古馬OPウインリバティと松山騎手騎乗の古馬1000万下ウインオスカーの格上2頭で、「馬込みに慣れさせるため」と飯田雄調教師の指示もあり、2番手追走から、直線は2頭の間に挟まれます。最後は一杯に追われ、オスカーには突き放されましたが、最後まで止めることなく食らいつき、リバティとはほぼ併入でゴールしています。時計は6F84秒5、ラスト1F13秒0でした。
 騎乗した緒方調教助手は「内から来られる分には問題なかったのですが、外のリバティを妙に気にしていたんです。それでスピードに乗り切れないところはあったと思います。ただ、ビタッと止めるわけではありませんし、こうして色々な形に慣れてくればやれそうなイメージはありますよ。良血馬らしく、いいキャンターをしますし、気持ちが走る方向に向けば、必ずやれると思います。あとは掛かる馬ではないですし、テンのダッシュが速いわけでもないので、距離はあった方がいいと思います」と話していました。
 また、吉村調教助手は「牧草には相変わらず手は付けませんが、カイバはやっと食べてくれるようになりましたし、数字は少しずつ増えてきています。ただ、追い切りを始めてからは少しずつ敏感になってきており、引き運動をしていても後ろの馬を気にするところがあります。このあたりが悪い方へ向かわなければいいですね」と普段の様子を説明していました。
 なお、転厩初戦は、来週の中京土曜7R芝2000mを松山騎手で予定しています。

ウインプルミエの近況

ウインプルミエは昨年の今頃の近況でCVF内でトップクラスの動きと評価され期待値が高かった馬ですが、デビューしてから3戦の成績はあまりに酷く2歳で梅田厩舎から飯田厩舎に転厩となる始末。
まあ今年のウイン明け3歳世代はまだ3勝しかしておらず全体のレベルが低いということもありますが、年末の追い切り時計を見てもまだ成長がないように思われます。背中の良さは牧場、トレセンでも評価が高いようですが、走る方に気持ちが向かない性格のようでやる気スイッチが入るのを待つ状態。
兄のガニオンも一時期全然駄目でしたが、左回りのマイルを使ったら今までの走りが嘘のように3連勝してくれました。季節なのか、馬具なのか判りませんが、血統馬であることは間違いないのでトコトン試してもらうしかないですね。


winprumie_201611_1.jpg

2016年12月22日(木)
 ウインプルミエが、転厩先の飯田雄厩舎に先週末17日(土)に入厩しています。長距離輸送でしたが、輸送熱が出ることもなく、翌日から乗り始め、今週は昨日21日(水)、本日22日(木)共に坂路を楽走で1本消化していました。
 担当の吉村調教助手は「翌日に坂路で乗ったらいきなりスクんだのですが、前の厩舎の担当者に話を聞いたら、『そういうところはある馬』とのことでしたし、今週はまったく問題ないので、心配はなさそうです。カイバは少し残すところもありますが、概ね食べてくれています。ただ、カイバに加え、牧草をしっかり食べてくれれば、もっと体は増えるんですけどね。シルエットからいって、まだまだ馬体は増えていいところはあります」と第一印象を語っていました。
 また、騎乗した緒方調教助手は「やはり周りを気にするというか、敏感なところはありますね。馬場へ行く地下道でも周りを気にしてビタッと止まったり、坂路でも横に馬が来ると気にして突っ張るようなところがあります。それでも、併せ馬にするなど色々と工夫をして、普段の調教から慣らすように心掛けています」とプルミエの性格を語り、「さすが血統馬という感じで、背中の感触は凄くいいですよ。あとは気持ちの問題で、いずれブリンカーなどを試すことも必要になるかもしれませんが、まずはトレセンでしっかり慣らして、初戦は馬具などは着けずに競馬に行ってみたいと思っています。テンからガーッと行くタイプではないので、距離は少しあってもいいように感じます」と適性を探っていました。

2016年12月16日(金)
 14日(水)に北海道・新冠のコスモヴューファームを退厩、栃木県の風間ファームを経由して、明日17日(土)に栗東トレセン・飯田雄厩舎へ入厩の予定です。
 担当者は「坂路では軽快な動きを見せていましたし、こちらでは気難しい面も見せずに、最後までしっかり脚を使っていました。動きはいいですし、この動きをトレセン、レースでも見せて欲しいところです。追い切りを始めてから少しカイバが落ちてきたのは気になりますが、まずは輸送で馬体が減らないとよいですね。出発時の馬体重は450キロでした」と話していました。

2016年12月13日(火)
 この度ウインプルミエ号(牝馬2歳、栗東・梅田厩舎)が、栗東・飯田雄三厩舎へ転厩の運びとなりましたので、お知らせいたします。 
 プルミエは、デビューから3戦、結果が出ず、北海道のコスモヴューファームでリフレッシュを図りました。現在は坂路で追い切りも始め、入厩の態勢が整っています。
 そこで梅田調教師に入厩の打診をしましたが、「大変申し訳ありません。現在、馬房に余裕がなく、近いうちに入厩させるのは難しい状況です」との返答をいただきました。
 その提案を受け、クラブと梅田調教師とで協議の結果、栗東・飯田雄三厩舎に転厩することが決定しました。
 今後については、14日(水)にJRAへ転厩届けを提出し、17日(土)に栗東・飯田雄三厩舎へ入厩する予定となっています。
 急な決定ではございますが、会員の皆様には何卒ご理解いただきますようお願いすると同時に、引き続きプルミエにご声援いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。
 出資会員の皆様には、本日13日(火)に転厩のお知らせを書面にてお送りしますので、ご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

続きを読む

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター