インビジブルレイズの近況

2017/08/30 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:軽めの調整
次走予定:阪神9月24日 甲東特別
担当助手「レース後は背腰に軽い筋肉痛の症状が窺えますが、今週いっぱい楽をさせればすぐ治まると思います。獣医師に心臓を見てもらいましたが、レースで頑張った感じがすると言っていたので、馬体に余裕があった分、見た目以上に苦しいところがあったのかもしれません。明日か明後日あたりから軽めに跨ってみて、変わりがなければこのまま続戦させる予定です。次走に関しては中2~3週は空けたいと思っていたので、その中で番組を調べたところ、9月24日に阪神・甲東特別があるのでそこを本線に考えています」

2017/08/28 <レース結果>
8/27(日)小倉7R 3歳上500万下〔芝1,800m・16頭〕優勝[2人気]
好スタートを決めると、道中は先行馬を見ながら3番手辺りを追走、持ったまま先頭に並びかけ、最後の直線で追い出しに掛かると後続馬を寄せ付けることなくゴールし、待望の2勝目を挙げています。 松山弘平騎手「スッとスタートを決めることが出来ましたし、ムキになって走るところもなくスムーズに追走することが出来ました。道中は終始楽な手応えでしたし、流れが速くなったところもスッと上がって行くことが出来ました。最後の直線も反応良く伸びてくれましたし、完勝の内容だったと思います。今回の内容なら距離は問題ないでしょうし、上のクラスでもいい競馬をしてくれると思います」 吉村圭司調教師「馬体増は成長分もあったと思いますが、少し余裕を持っての出走となりました。今回は初めての距離でしたし、それに加えコーナーが4つと未知なところがありましたが、久々のレースでもムキになることなく、折り合ってスムーズな競馬が出来ました。2着馬よりは前でレースを運びたいと思っていましたが、スタートが良く、理想の形で競馬が出来たので、最後まで安心して見ることが出来ましたね。今回の内容なら昇級しても良い競馬をしてくれるでしょうし、距離も対応してくれたことで番組の選択肢が増えましたから、今後がますます楽しみになりました。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で検討するつもりですが、ダメージの少ないレースだったと思いますし、変わりがなければこのまま続戦させたいと考えています」

続きを読む

スポンサーサイト

インビジブルレイズの近況

先週はイクシード、クレドが3着でしたが、まさかレイズが馬券圏内にも入れないとは本当に浜中はやってくれましたよ(怒)。
レース後の調教師のコメントで仕方なしとか何言ってるんだと思いましたが、さすがに下げ過ぎですよね。一旦放牧で次走は未定のようですが、乗り替わりも含めて考えて欲しいです。


2017/05/31
在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

吉村圭司調教師「先週のレースは残念な結果となりましたが、幸い使った後も変 わりはありません。ただ、中1週で競馬を使った後なのでいったん放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。前々回が前々で立ち回れたわけですし、いくら外枠と言ってもあそこまで下げる必要はなかったと思います。それに、これから古馬と戦うことを考えるともう少しスッと前目のポジションで運べるようにしたいので、距離をもう少し延ばしてみるのもいいかもしれません。まだまだ良く なる馬だと思いますし、放牧先の状態を見ながら今後については考えていきたい と思います」


2017/05/29 <レース結果>
5/28(日)京都11R 白藤賞〔芝1,600m・15頭〕5着[1人気]

まずまずのスタートを決めますが、大外枠だったことから、一旦控えて11番手を追走していきます。勝負どころから徐々に前を窺いに行き、最後の直線で外に出して懸命に追い出しにかかると、上がり最速の脚を見せたものの、上位馬に届かず5着に敗れています。

浜中俊騎手「少頭数なら大外枠でも多少強気に外を回っても大丈夫だと思いますが、今回は頭数も揃っていましたし、前が引っ張る展開になりそうな感じだったので、すぐに内へ入れてロスのないように立ち回りました。ただ、思いのほか流れが落ち着いてしまったのが痛かったですね。勝負どころから上手く外に出して追い出しにかかりましたが、前が楽をしていたこともあって、差を詰め寄ることができませんでした。もっと積極的に行っても良かったのかもしれませんが、その分終いが甘くなってしまうと思ったので控えることにしました。1番人気だっただけに、上手くいかず申し訳ありませんでした」

吉村圭司調教師「枠順を見て嫌な予感はしましたが、さすがにあそこから強気に行ってしまうと外々を回ることになってしまっていたでしょうから、今回の戦法は仕方ないと思います。もう少し流れていれば十分差し切っていたでしょうし、最後までよく差を詰めてくれたと思います。能力は間違いなく良いものを持っている馬ですから、展開次第ですぐ勝ち負けしてくれるはずです。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取るために、一旦放牧に出そうと思います」

インビジブルレイズの近況

明日の出走はインビジブルレイズだけですね。
今日の愛馬の成績は2頭とも3着で馬券圏内をキープしてくれたので、最後はレイズに締めてもらいましょう。
しかしよりによって大外枠なんて引いちゃうかな。前走と比べるとメンバー強化ですが、落鉄と不良馬場に尽きると思うのであとは騎手が上手く乗ってくれれば大丈夫でしょう。


2017/05/25
吉村圭司調教師「24日に坂路で追い切りました。前走から中1週なので、単走でサッと確認する程度で行いました。この中間も状態は安定していますし、落ち着きがあるのには好感が持てますね。あれだけ極端な馬場でも3着に来たように、多少の道悪なら我慢してくれると思いますし、幸いにも今週末は良い天候で競馬が出来そうなので、挽回してくれると思います。ポテンシャルの高い馬なのは確かですから、相手が揃っても良い競馬をしてくれると思いますよ」

2017/05/17
吉村圭司調教師「あれだけの緩い馬場で走った後なので、どれだけダメージが残るのか心配していましたが、状態は変わりないようなのでホッとしています。今週いっぱい状態をしっかり確認したうえで、それでも変わりないようであれば、5月28日の京都・白藤賞に向かいたいと思います。週末あたりから調教を開始していきたいと思います」

2017/05/15 <レース結果>
5/13(土)京都7R 3歳500万下〔芝1,600m・9頭〕3着[1人気]

ブリンカー着用。まずまずのスタートを決めると、道中は3番手に取り付けて追走していきます。勝負どころから徐々に前を窺いに行きますが、緩い馬場に脚を取られスッと反応できず、最後の直線もジリジリ脚を伸ばすものの、上位馬を捕え切ることができずに3着に敗れています。

浜中俊騎手「返し馬ではなるべく馬場の良い外目を走らせたので、そこまで気にしているような感じではありませんでしたが、レースに行くと終始ノメって走りづらそうでした。スタートは上手く決まりましたし、3番手辺りに取り付けることができましたが、馬場を気にしてノメりながら走っていたので、できるだけバランスを崩さないように構えながら追走しました。勝負どころからバランスを崩さないように促していき、直線に差し掛かって追い出しに掛かると、やはりボコボコした馬場に脚を取られ、左右にフラフラしてスピードに乗っていきませんでした。それでも気持ちを失わずに、最後までジリジリ脚を伸ばして3着に踏ん張ってくれました。能力は間違いなく良いものを持っている馬ですから、次走で騎乗する機会があれば巻き返したいと思います」

吉村圭司調教師「今回は馬場に尽きますね。テンションはいつものような感じでしたし、返し馬もスムーズに入っていけたので、良い状態でレースに向かうことができたと思います。午前中からかなり馬場が悪いのは浜中騎手も分かっていたようですし、できるだけ馬場の良いところを走らせたようですが、それでも構えてあげないとノメってバランスを崩していたようですから、見た目以上に馬場が堪えたようです。取りこぼしてしまったのは残念ですが、決して力負けではないので、気持ちを切り替えていくしかありません。6月のクラス編成前に何とかもう一つ勝っておきたい気持ちがあるので、トレセンに戻って状態が変わりないようであれば、5月28日に京都・白藤賞がありますから、そこを目標に進めていきたいと考えています」

2017/05/10
吉村圭司調教師「10日に坂路で追い切りました。先週浜中騎手に跨ってもらい、馬場でしっかり負荷をかけているので、今週は坂路で反応を確認する程度で調整しました。道中はムキになるところもなく、ゆったり走れていますし、最後も軽く促した程度でスッと反応していましたから、仕上がりとしては申し分ありません。レースを経験していく毎に大人の風格が出てきましたし、前走の内容から昇級初戦でも十分良い勝負が出来ると思います。未勝利戦ならじっくり追走しても差し切れますが、やはりクラスが上がって行くと、それなりの位置でないと前の馬を捕らえ切れずに終わってしまう恐れがあるので、浜中騎手にはある程度の位置でレースをしてもらおうと思っています」

インビジブルレイズの近況

invijibururays_201703.jpg

来週は愛馬の出走ラッシュとなりそうですが、その中でも一番期待できそうなのがインビジブルレイズですね。勝ち時計も優秀ですし、ここもあっさり突破してもらいたいです。


2017/05/04 次走予定:京都5月13日 芝1,600m〔浜中俊〕
吉村圭司調教師「4日にCWコースで追い切りました。浜中騎手に跨ってもらって、3歳未勝利馬のエアマエルと併せて行いましたが、追走し、最後の直線で追い出しにかかるとあっさり抜き去って先着してくれました。最初のうちは少し行きたがっていたようですが、流れに乗ってからは折り合い付いてムキになるところはなかったようです。1週前でこれだけ動ければ問題ないですし、来週は反応を確認する程度で十分だと思います」

2017/04/27
吉村圭司調教師「27日の検疫で帰厩いたしました。放牧先では緩めずに乗り込んでもらっていましたので、明日から早速調教を開始していきたいと思います。順調に仕上がるようであれば、5月13日の京都・芝1,600mに向かいたいと思います。ジョッキーは前走に引き続き浜中騎手にお願いしています」

2017/04/21
ノーザンファームしがらき厩舎長「来週の検疫で帰厩する予定になっていますので、今週は坂路でハロン15秒の調教を行って態勢を整えています。すこぶる順調ですし、とてもいい気配で調教が行えています。500万クラスでもいい競馬をしてくれると思うので、このまま無事に送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は475kgです」

2017/04/14
ノーザンファームしがらき厩舎長「先週一杯はこれまでの疲れを取る為に軽めに調整していましたが、レースのダメージも軽く、落ち着きを保っていたことから、今週から周回コースで調教を開始しています。その後も順調に来ていることから、週末から坂路調教を取り入れていく予定です。今月末には帰厩することになるでしょうから、このまま徐々にピッチを上げて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は473kgです」

2017/04/05
吉村圭司調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特にテンションが上がることもなく、レースの疲れも見られませんでした。今後の番組を見ると、芝1,600mの番組が少なく、少し間隔が空くことから、早めに一息入れてリフレッシュを図ろうと思います。5月13日の京都に芝1,600mの番組があり、そこなら3週間ほど牧場でゆっくり出来るので、丁度いいと思います。5日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」

2017/04/05
5日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2017/04/03 <レース結果>
4/2(日)阪神3R 3歳未勝利〔芝1,600m・18頭〕優勝[1人気]

好スタートを決めると、前半は折り合いを付けながら9番手辺りを追走します。勝負どころから前を窺いに行き、直線で外に出して追い出しにかかると、抜け出してソラを使ったものの、気合いを付け直すとしっかり脚を伸ばして、待望の初勝利を挙げています。

浜中俊騎手「前走は前残りの競馬でしたし、距離も少し足りない印象だったので、1,600mの方が競馬がしやすいと思っていましたが、やはりこれぐらいの距離の方がスムーズに立ち回れますね。返し馬もゆったり入っていくことができましたし、ゲートを出てもムキになるところを見せず、折り合って走ってくれました。直線は焦らずに外へ出して追い出しにかかるとスッと反応してくれましたが、抜け出すと少しソラを使ってしまいました。でも、気合いを付けて追い直すとしっかり反応してくれましたし、最後は余裕をもってゴールすることができたので、ここでは力が一枚上でしたね。今回ぐらい落ち着いて走ることができれば、距離は1,800mぐらいまでは対応してくれると思うので、ワンターンの1,600mから1,800m辺りが丁度良いかもしれません。いずれはオープンまで行けるぐらい能力が高い馬だと思うので、今後の成長がとても楽しみですね」

吉村圭司調教師「前走から続戦してレースに臨みましたから、どれだけ落ち着いてくれるか心配していましたが、全く心配なところはなかったですね。返し馬はスムーズに行えましたし、ここは絶対に落とせないレースだと思っていましたから、浜中騎手には焦らずじっくり騎乗するように指示を出していましたが、その通りのレースをしてくれたと思います。競馬を経験する毎に落ち着いてレースに臨めていることは良いことだと思いますし、今後も間隔を取りながら使っていけば心配ないでしょう。浜中騎手もこの馬のことを高く評価してくれていますし、成長を促しながら使っていけば、先々は大きな仕事をしてくれると思います。この後はトレセンに戻ってしっかり状態を確認してから、今後の予定を検討させていただきます」

インビジブルレイズ 快勝!!

シルク入会で初出資したインビジブルレイズが3戦目にして快勝してくれました。
勝ち時計は1分34秒9

単勝1.6倍なので馬券的な妙味はありませんが、未出走馬が多いこのメンバーなら当然の結果でしょう。
不安材料は騎手だけでしたが、馬の力を信じて中団から外差しの追い込みで最後は流しての快勝。
これでようやくスタートラインに立つ事ができましたが、次走はどうしますかね。
使い込むと気性的にうるさそうな馬ですし短期放牧で阪神開催で下ろすのかな。
まだまだ時計を詰めれそうですし、古馬相手でも十分通用してくれると思います。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター