ウインソリティア、デビュー戦結果

ウインソリティアは東京5R、2歳新馬戦(芝2000m)にC.デムーロ騎手でデビューしましたが11頭立て10着でした。
パドックでのソリティアは410キロ台の細い馬体の馬なのかと思いきや426キロと以外にもしっかりした馬体で姉のWプルミエよりは早めに勝ち上がってくれそうな印象。まあ毛艶は冬毛が出ていて見栄えは悪かったですが、しっかりした歩様で集中力もありそうでなかなか賢い馬に見えました。
それだけに何で抑えずにあのまま行かせちゃうかな~という不満が残る残念な騎乗でした。敗因が距離なのか今回の結果では何も分かりませんからね。おそらく騎手は交代になるでしょう。馬の状態次第ですが、次走は中1週で出走を予定。


wsoritire_0001.jpg wsoritire_0002.jpg wsoritire_0003.jpg


C.デムーロ騎手 返し馬から口向きの悪さがあり、道中もそんな感じで、ペースも遅かったので、変に引っ張るよりはと思い、抑えず行きました。しかし、今日はまだ緩さがあり、勝ち負けになるデキではなかったように思います。状態が良ければ踏ん張れたはずです。

鹿戸調教師 体のない牝馬で、初めての競馬というのもあったので、あそこは我慢させて欲しかったですね。あの形で東京の直線を押し切ったら、それこそ重賞を勝てますよ。それでも、行きっぷりも良かったですし、走る感触は掴みました。馬体が減りだしていたので、この後は放牧も考えていましたが、今回思いのほか体が減らなかったので、続戦というのも考えたいと思います。

押田の目 体が減り出してきたことで前倒しの出走となった分、中身のデキはもうひとつだったのかもしれません。それでも、想定では420キロを割って出てくると思われた数字が、426キロまで増えていたのは嬉しい誤算だったと思います。ペースが遅かったので、動く選択は悪くはありませんが、初めての競馬で直線の長い東京でこの形ではラストに脚が上がってしまうのも仕方がないでしょう。それでも、着順の割に鹿戸調教師の表情は明るかったですし、先々は兄のガニオン同様に成長を見せて走ってくると思います。

2017年11月9日(木)
 今週デビューを迎えるウインソリティアは、先週末5日(日)にも坂路で4F56秒5、ラスト1F13秒7という追い切り時計をマークしています。
 そして昨日8日(水)にはWコースで木幡初騎手を背に最終追い切りがかけられました。三浦騎手騎乗の古馬1000万下スマートエレメンツを先頭に、ソリティア、古馬1000万下ダイワドレッサーという、2、3馬身間隔の隊列で5Fからペースアップ。4コーナーでは3頭が横一列に並びますが、最後は格上の古馬相手ということで脚色で見劣り、3番手でのゴールとなっています。時計は5F67秒9、ラスト1F13秒2でした。
 鹿戸調教師は「動けることを期待してこの併せ馬の組み合わせにしたのですが、少し荷が重かったようですね。それでも最後までよく食い下がっていましたし、馬場の外目を回ってこの時計ならデビュー前の2歳馬としては優秀な部類でしょう」と併走遅れにも合格点を与えています。
 続けて、「馬体重は毎週少しずつ減ってきて今週の測定では417キロ。カリカリとした気性なので余計に食べたものが身になりにくいのでしょう。適性も未知数でまだ探っている段階ですが、気性的にこの先距離を縮めるのは簡単でも延ばすのは難しいですから、まずは長めのこの距離でどのような走りができるか、見てみたいと思います。稽古の動きは水準以上なので期待は持っていますよ」と意気込みを語っていました。
 追い切り明けの本日9日(木)は引き運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜5R芝2000mにクリスチャン・デムーロ騎手で出走が確定しています。

2017年11月2日(木)
先週から追い切りを開始しているウインソリティアは、昨日1日(水)にもWコースで追い切りがかけられました。ソリティアには木幡初騎手が騎乗し、先行する2歳新馬ヒーロークライシスを2馬身ほど追い掛けて5Fからペースアップ。コーナーで内を回って差を詰めて直線に向くと、最後までほぼ馬なりの手応えのまま、併入でゴールを迎えています。時計は5F70秒3、ラスト1F13秒2でした。
 木幡初騎手は「いいスピードがありますし、気性も前向きで、最後もまだ余裕がありました。軽い馬場が合いそうなタイプで、まずまずと言える動きだったと思います。気性的に進めていくとカッとなりそうな部分も秘めていて、まだ体の線が細く、もっと横にボリュームが出てほしいところではありますが、あと1、2本追い切れば仕上がってきそうな印象です」と感触を語っていました。
 また、鹿戸調教師は「先週の時点はもうひとつでしたが、今週はまずまず動けるようになっていましたね。当初は再来週あたりのデビューを睨んでいましたが、馬体重がここに来て少しずつ減ってきていて、今週の追い切り前の数字で420キロ。これ以上本数を重ねてさらに減らしてしまうよりは、来週のレースに使ったほうが良いと判断しました。小柄な馬体でもスタミナは秘めていそうですし、まずは2000mから下ろしてどのような走りができるか見てみたいと思います」と来週のデビューを決めていました。
 なお、デビュー戦は、来週の東京土曜5R芝2000mをクリスチャン・デムーロ騎手とのコンビで予定しています。
 追い切り明けの本日2日(木)は軽めの運動をこなしていました。

続きを読む

スポンサーサイト

ウインソリティアの近況

winsolitier_201704_20170421_01.jpg

ソリティアは馬体重が399キロとまだ少ないけど、ラナキラと比べると馬体はしっかりしているように見える。ガニオンに似てスイッチが入るところがあるようだけど、そこは逆に能力を受け継いでいると思いたいです。姉のプルミエもようやくまともになってきたしガニオンが初勝利を挙げたのも3歳の6月。この血統は奥手なんでしょう。クラブの方針から夏の新潟あたりから使い出すかもね。


2017年4月28日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「坂路に行くとガーッと行って抑えが利かなくなってしまうことが多いですが、トラックコースに入ると意外にもゆったり走れています。普段はそんなにうるさい素振りもありませんし、このあたりも兄のガニオンに似ていますね。ゲートはまだしっかり出すところまではいっていませんが、特に問題はありません。馬体重は399キロです」と話していました。

2017年4月14日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 今月7日(金)から乗り運動を再開し、現在はトラックコースでの調教やゲートも進めています。担当者は「坂路では相変わらずガーッと行ってしまう面はありますが、動き自体はいいですよ。普段の歩様のトリ脚もだいぶ良くなってきましたし、調教で走らせてしまえば気にはなりませんからね。今後はトラックコースでゆったりと走れるように、教え込んでいきたいと思っています。あとは馬体重が399キロですから、もうひと回りもふた回りも増やしたいところです」と話していました。

2017年3月17日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 引き続き、昼夜放牧を行っていますが、トリ脚(鶏跛)の症状は少しずつ回復傾向にあります。担当者は「歩様に関しては、完全に良くなったわけではありませんが、発症当時に比べると目立たなくなってきています。今は放牧地ですごくリラックスできているようで、ボーッとしている日も多いくらいです。ゆったりできているので、体も少しずつ増えてきていますね。今後は乗り運動へ移行する予定です。一般的に、トリ脚の馬は走る時には普通のフォームになるので、おそらく本馬も問題ないでしょう」と話していました。

2017年2月17日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 先月末27日(金)から成長を促すため、昼夜放牧に出しています。担当者は「今は休養させていますが、放牧地で急に右後肢を高く上げるようなトリ脚という歩様になってしまったんです。突発性のものもあり、原因は今のところ分かりませんが、今もずっとその歩様です。今後はまずは放牧で様子を見て、歩様が回復すれば乗っていく予定です」と話していました。

チャンネルワンの15の近況

チャンネルワン15は牝馬の中ではトップクラスの時計を出しているそうだ。
昨年のウインプルミエもそんなコメントだったので実際のレースとは別物と考えるべき。横に馬がいると力むとか精神面で怪しいところを出してきているので、実際に走ってみないと判らないですね~。

2017年1月20日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 年末、年始も坂路で乗り続け、この中間は追い切りも消化しており、順調に調整が進んでいます。牝馬の中では追い切りではトップクラスの時計が出ており、能力の片鱗を見せています。また、坂路の2本目でもしっかり動けるように、体力も付いてきました。担当者は「1頭だと力まず普通に走れるのですが、横に馬がいると力むところは残っていますね。兄のガニオンもそのようなタイプで、似ている部分はありますが、だいぶ落ち着いて走れるようにはなってきていますし、今後の教え方次第だと思いますので、うまく導いていきたいところです。馬体重に関しては、今が一番減る時だと思いますので、マイナス体重はそこまで心配しなくて大丈夫です。暖かくなって青草放牧ができれば、グンと増えてくると思います」と話していました。
 馬体重401kg。 体高157cm。(1/20現在)

ウイン出資馬 チャンネルワンの15

チャンネルワンの15  父:ステイゴールド
牝馬  募集価格:2,500万円  美浦・鹿戸雄一

channel1_20150043_RECRUIT_.jpg


こっちが本当の真・チャンネルワンの15.
皆さん取り違えに不審を思っているのか、判断に迷われているのかは判りませんが残口がまだ残っています。
当初2,300万で募集されていたのが2,500万に値上げですものね。
まあ、私の場合はウインガニオンの下というだけで迷わずに再出資をしました。結果的にマイルも貯まりましたし。

肝心の同馬の評価ですが、スタッフのコメントはガニオン同様の活躍ができるとの高評価。姉のウインプルミエのことがあるので話半分に聞いていますが、良いと言われて悪い気はしませんよね。ただ近況にもあるけど、コスモプラチナ15にしろチャンネルワン15も馬体が秋からあまり増えていまいこと。繊細な牝馬だけにその点は不安ですね。ウインオリアートみたいにトレセンで飼い葉を食べないなんて馬もいますから。せっかく脚が長くて良い馬体をしているのだから、しっかり食べて大きく育って欲しいです。

channel1_20150043_201612_20161216_01.jpg

2016年12月16日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。
 成長を促すための昼夜放牧も終了し、現在は再び坂路調教を始めています。担当者は「兄のガニオンのように前半からガーッと行く面はありますが、最近はスタミナが付いてきて、最後でもバッタリ来なくなりました。気性面で難しいところはありそうですが、兄同様能力はオープン級なのだと思います。苦しいところからでも加速しようとする前向きさもありますし、走りに対しては凄く真面目です。あとは馬体がもっと増えてくれば、さらに楽しみは広がると思います」と話していました。
 馬体重426kg。 体高157cm。(11/30現在)

牧場スタッフ便り
2016年12月5日(月)  【 担当者 : 山口昌之(CVF) 】
昼夜放牧を切り上げて坂路での騎乗を再開しました。休養前から手応えが良い1頭でしたが、初日から手応えグイグイで坂路を上がって行きました。乗った感じはガニオンに似ていますが、ガニオン以上の活躍に期待しています。(2016年12月3日)

2016年11月18日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 坂路では15~15での追い切りまでこなし、順調に調整が進んでいましたが、成長を促す意味で、現在は放牧に出しています。坂路では、いい動きを見せるものの、行き出すとガツンとスイッチが入ってしまいます。担当者は「兄のガニオンのように、オンとオフしかなく、ゆったり走ることができません。普段は本当におとなしいのですが、坂路に行くとムキになって走ってしまうんです。それでも、体をうまく使えて、伸びのある走りを見せますし、素質もオープンまで行った兄に見劣らないと感じます。あとは精神面のコントロールだけですね」と話していました。

牧場スタッフ便り
2016年11月7日(月)  【 担当者 : 出口宰史(CVF) 】
気性的に扱いやすく、馴致の過程も無事に終える事ができました。坂路での動きは抜群で、この時期の牝馬の中ではトップクラスの動きを見せています。一旦休養を入れて馬体の成長を促していますが、乗り出し再開が楽しみな1頭です。(2016年11月4日)

2016年10月21日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行いながら、馴致を行っています。
 馴致は終了し、現在は坂路を普通キャンターで乗っています。坂路では18~18を楽に上がってくるように、すぐにでも15~15にも対応できそうです。担当者は「やれば時計は出そうですが、少しムキになって走るところがあります。今は我慢を覚えさせながらじっくり乗る方がいいでしょう。馬体はまだ幅も薄く、もっと肉がついて欲しいところですが、これから成長してくると思います」と話していました。

2016年10月17日(月)
本馬のこれまでの育成状況は次のとおりです。
【9/16現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。本場へ移動し、馴致を行っています。
 近日中に坂路に入れる予定です。気が強い面を持ってはいますが、馴致も手こずることはなく、無事に終了しています。前向きな気性ですから、坂路でもしっかり動けそうです。
馬体重414kg。 体高149cm。
【8/19現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行いながら、パッティング(馴致の前段階で毛布やタオルなどで触られることを嫌う部位の接触に慣らすこと)を始めています。
 馬体は先月よりも少し成長し、幅が出てきました。性格も良く、扱いやすい馬です。
【7/22現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 元気に放牧地で長時間過ごしています。性格は、とても扱いやすく、怪しいところもありません。馬体はそこまで大きくないのですが、体の造りが良く、能力を感じます。

ウインの募集馬取り違え問題

チャンネルワン15に複数口申し込んだ訳ですが、結局コスモプラチナ15と馬が逆になっていたということで一旦募集中止。出資者への優先期間を経て再募集となった。
問題発覚まで誰も間違いに気づかなかったのは本当にお粗末。カタログの社長コメントやパーティーで配られたスタッフコメントを見てもこれまでの兄姉とは異なるといったコメントが見られるが、母が違うんだから当たり前だねって話ですよ(笑)
チャンネルワン15は愛馬登録していたので近況コメントが残っているけど、肝心のプラチナ15のコメントを見たくてもHPの情報も消されちゃったしどんな近況だったか全く思い出せない。
募集価格は実馬に対しての値付けだから値上げになってしまったが厩舎とかどうするんだろう。ただ改めて募集映像を見ると馬体の作りはコスモプラチナ15として出されていた真チャンネルワン15の方が良いし、結果オーライと言えるかな。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター