マイネルファンロン、デビュー戦は2着

MeinerFanlon170916_01.jpg


マイネルファンロンのデビュー戦を見に行ってきました。
レース前は確勝級と年末の青写真まで夢想していましたが、残念ながらデビュー勝ちを飾ることはできませんでした。
ずっとパドックを見ていましたがやはり大物感のある馬体をしており、ステイゴールドを彷彿させるような鋭い目つき。まあ、ずっと鳴き通しだったのだけは余計でしたが、将来的には走ってくれそうな気がします。
しかし3コーナーからジョッキーがガンガン押していったときはこのまま沈むのかと不安になりましたが、ズブイというかエンジンがかかるまで遅すぎです。次走は東京の芝2000mのようですが、馬がズブイ分距離はあった方が良さそうですね。
ちなみに勝ったスピアーノは出資馬マーネレーヌ16のお姉さん。母系が走るのを確認できたのは良かったですが、順番が逆になってくれれば良かったかな。


2017年9月18日(月)
柴田大知騎手「パドック、馬場入り、返し馬と鳴きどおし。幼いですね。スタートしてもハミをとっていかないので促していきました。その後もハミを抜いて進んでいきません。3コーナーではこのまま抵抗できず下がってしまうかと思ったほど。追い続けたところようやくギアを上げてくれました。そこからは良く伸びてくれましたね。あそこまでいったら勝ちたかったですけれど、道中の感触からすればよくここまで詰めたな、という感じでした。まだ競馬を理解していなく、これから良くなりそうな馬ですよ」

手塚調教師「トレセンでは問題なかったのに、競馬場では鳴きどおし。テンションが上がるあたり、兄のマイネルクラフトそっくりです。勝負どころでしぶいのも兄に似ていますね。この後は東京の芝2000mあたりを目指したいと思います」

MeinerFanlon170916_02.jpg  MeinerFanlon170916_03.jpg  MeinerFanlon170916_04.jpg
スポンサーサイト

マイネルファンロン、いよいよデビュー!

今週16日(土)中山5R、芝1800mにいよいよマイネルファンロンがデビューします。
按上は調教から乗ってくれている柴田大知騎手。

レーシングビュアーで2週続けてファンロンの追い切りを見ていますが、先週が古馬1000万下のアッラサルーテで今週がOP馬のヤングマンパワーとウッドで併せ馬。先週一杯に追っていたから今週は馬なりだと思っていたけど、ヤングマンパワー相手に馬なりで同入とは恐れ入りました。
シルクの抽選で落ちたサラーブが人気を吸ってくれそうだけど、ショウナンワダツミとファンロンの一騎打ちかな。あとはニシノエクレールとヘルムスマン。下に出資しているMレーヌの子のスピアーノにも注目。

マイネルファンロンの近況

2017年9月8日(金)
マイネルファンロンは、美浦に滞在中。今週のデビューも視野に入れられていましたが、1週延ばした方がいいという陣営のジャッジです。手塚調教師は「今週は柴田大知騎手が跨って追い切られ、古馬を追いかけさせて先着する内容。いい負荷をかけることができたと見ています。16日、中山の芝1800mに向けて状態を整えていきたいと思います」と話していました。

2017年9月1日(金)
マイネルファンロンは、美浦に滞在中。中間もデビューに向けて問題なく進められています。手塚調教師は「今週はパートナーを追いかけて楽な手応えで併入。先週、今週とこれだけ動ければ、来週には態勢が整うでしょう。9日(土)中山の芝2000mを視野に入れて進めています」と話していました。

2017年8月25日(金)
マイネルファンロンは、美浦に滞在中。中間も順調に追い切りを消化できています。手塚調教師は「23日もウッドコースで併せ馬による追い切りを行いました。追い出してからの反応も悪くありませんし、全体のタイムも合格点でしょう。来週、再来週のデビューを視野に入れていて、今後の追い切りの動きにより判断していきます」と話していました。

続きを読む

マイネルファンロンの近況

meinerfanlonn_201704_9_20170427_2.jpg

ファンロンは膝蓋が外れることもなくなり大分しかっりしてきました。POG本によると3月時点で450キロあり秋デビューを目標に進めているとか。兄のMクラフトは2勝を挙げているけど、姉のプロヴェルビオは今週引退となった。ファンロンがどちらのタイプになるかわからないが、厩舎力も含めて姉とは違うと思うが現時点では成長途上なのでこれからの成長に期待。


2017年4月28日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間も坂路で順調に追い切りとゲート練習を消化してきました。主任は「トレーニングの効果もあり全体的にしっかりしてきた印象。追い切りでも以前よりも動けるようになってきました。このタイミングで一息入れたいと思います。昼夜放牧の管理に切り替えます」と話していました。(4月24日現在の近況)

2017年4月14日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間からは併せ馬による追い切りを始めています。主任は「順調に調教が強められ負荷をかけています。膝蓋が外れることはなくなりましたね。体力がつくようにしっかりと鍛えていきます」と話していました。(4月10日現在の近況)

2017年3月24日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。坂路でのトレーニングを再開してからも順調です。主任は「ハロン17秒までペースを上げ、膝蓋が外れる回数が減ってきました。このまま調教を強めて行けそうですね」と話していました。(3月20日現在の近況)

2017年3月10日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間から坂路での騎乗を始めています。主任は「膝蓋がはずれるのは相変わらずですが、ウォーキングマシンで歩かせると回復します。現在は軽めのメニューで、様子を見ながら徐々に調教を強めていきます」と話していました。(3月6日現在の近況)

2017年2月24日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。放牧しています。主任は「左後肢の跛行は膝蓋がはずれやすいことが原因と思われます。改善するためにはトレーニングによりさらに筋肉をつけていくことが必要です。段階を踏みながら進めていて、現在の管理で様子を見て、次はさらに運動量が増える昼夜放牧に切り替えていきます」と話していました。(2月20日現在の近況)

2017年2月10日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。パドック放牧による管理が行われています。左後肢の跛行が見られ、中間も騎乗を控えて経過を観察しています。主任は「レントゲンやエコーなどの検査を行いましたが、現時点では異状は見つかっていません。もうしばらく現在の管理で様子を見ていきます」と話していました。(2月6日現在の近況)

2017年1月27日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間、左後肢の歩様がぎくしゃくしてきたので騎乗を控えて経過を観察しています。主任は「股関節のあたりに原因があると思われます。もうしばらく様子を見ながら、回復具合に応じて今後の管理を検討していきます」と話していました。(1月23日現在の近況)

2017年1月13日(金)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。3週間の休養を挟んで騎乗を再開しています。主任は「休養明けで、フレッシュな状態で調教に臨めています。馬体がふっくらとしていて、今後進めていくうえでは好都合ですね」と話していました。(1月9日現在の近況)

ラフィアン出資馬 マイネルファンロン

マイネテレジア15  父:ステイゴールド
牡馬  募集価格:2,400万円  美浦・手塚貴久

マイネルファンロン
馬名の意味 : 冠名+繁栄/中国語/Meiner Fanrong

Fanrong_1612_1.jpg


マイネテレジア15の馬名はマイネルファンロンに決定。中国語ですか。良い名前ですね。
近況・スタッフ便りを見ても至って順調。この馬はガニオン、ムートが夏のメインレースを同日に勝った際に嬉しくてポチったんですよね。
全兄のマイネルクラフトは重い喘鳴症で手術を受けたけど、ファンロンは大丈夫だよね?
順調にデビューまで漕ぎ着ければ勝ちあがれる素材だと思うのでとにかく無事に!!

2016年12月26日(月)
マイネルファンロンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。一定期間、順調に乗り込まれてきたので、次の段階に備えて、中間から一息入れることになり昼夜放牧しています。主任は「ここまで体力の問題もなく順調に進められています。調教での動きもしっかりしていますね」と話していました。(12月21日現在の近況)

牧場スタッフ便り
2016年12月26日(月) 担当者 : 松尾篤(BRF明和)
坂路では母系から繋がる力強さをこれでもかと言わんばかりに発揮しています。折り合いに難があるわけでもなく地力の高さを伺わせています。乗るのがとても楽しくなってきてしまう馬の一頭で今後が楽しみです。(2016年12月23日)

2016年12月13日(火)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。順調に調教が強められています。主任は「調教が強化されていますが、体力の問題もなく与えられたメニューを消化できています。集団調教や併走調教にもすっかり慣れてきました」と話していました。(12月12日現在の近況)

2016年12月2日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間からは集団調教に加えて併走調教も取り入れています。主任は「ゴールが近づいて、鞍上が促すとまずまず反応できていますね。この調子で体力をつけて行ってほしいですね」と話していました。(11月28日現在の近況)

2016年11月28日(月) 担当者 : 藤博道(BRF明和)
育成中の昼夜放牧を行っていた時には繋ぎなど全体的にやや硬めに見えましたが、跨がって見ると程よい硬さで筋力とのバランスも良好です。順調に乗り込みを消化したことを受け、短期の休養に入ります。(2016年11月28日)

2016年11月18日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間、2週間の休養を挟んで、坂路での騎乗を再開しています。集団調教でいろいろなポジションで走ることなどを経験させています。主任は「集団で走ることにも慣れてきました。特に戸惑うことなく走れていて順調です」と話していました。(11月14日現在の近況)

2016年10月31日(月) 担当者 : 井上有希(BRF明和)
同馬は騎乗を切り上げ、昼夜放牧のみの管理となっています。休みに入る前の同馬の動きは誰もが褒めるほどいいものがありました。この休養でさらに逞しくなって欲しいですね。(2016年10月28日)

2016年10月21日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。集団で走らせながら鞍上とのコンタクトの取り方を学びながらいろいろなポジションで走る経験をさせています。主任は「中間も体重は減っていませんし、今のところ問題なく進められています」と話していました。(10月17日現在の近況)


2016年9月30日(金) 担当者 : 山崎大輝(BRF明和)
馴致もスムーズで坂路調教を行っています。最初は敏感なのか鈍感なのかよく分からない感じでした。走らせて見るとひたすら真っ直ぐ走り体幹がしっかりしていますね。どちらかと言うと敏感なタイプですが良い子です。(2016年9月23日)

2016年9月16日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間から始められた馴致はスムーズに進められ、現在は坂路で軽めのメニューによる集団調教が行われていて、走りの基礎を学ばせています。主任は「馬具の装着や人を乗せることを学ばせる初期馴致から順調で、素直に従っています」と話していました。(9月12日現在の近況)

2016年8月19日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。夜間を含めると、放牧地ではかなりの距離を動いているはずですが、疲れている様子は見られず、とても元気にしています。スタッフは「食欲が旺盛ですね。放牧地では大きなストライドで走っています」と話していました。(8月15日現在の近況)

2016年7月15日(金)
マイネテレジアの15は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。長時間を放牧地で過ごす毎日。仲間とともに過ごしていて、刺激しあうことで運動量が増えて、体力を消費しています。自然と鍛えられる環境です。スタッフは「ここまで順調に来ています。ツアーの2日目の募集馬パレードの際は、雨の中たくさんの会員の方に囲まれていました。柔らかい中にも力強さを感じる動きをしていますね」と話していました。2つ上の兄Mクラフトは未勝利戦を5馬身差で快勝し、秋の飛躍が期待されています。(7月11日現在の近況)

2016年6月16日(木)
スタッフによる私見であり、将来を保証するものではありません。ご参考程度にお楽しみください。
■適性/デビュー時期:芝、中距離/早め~普通
■スタッフから一言!:父の軽さに加えて、力強さも感じさせるのが長所。柔らか味のある歩きにもご注目ください。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター