スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインラナキラのレース結果

ウインラナキラは今年からGⅡに昇格したチューリップ賞に出走して10頭中9頭でした。

もともと来週の阪神・芝2400m、ゆきやなぎ賞に出走予定だったのを頭数が少ないから手当目的で出走したので、単勝284倍の最低人気も仕方ないです。上位が強いのは当然で掲示板は期待していませんでしたが、マイナス4キロの馬体はこの中で小さく無理に出走した意味が本当にあったのかなと思います。時計も早くこの結果は仕方ないですね。


2018年3月3日(土) 競馬場速報
荻野極騎手 先生からは「併走だと力むので、ゲートが出なかったらポツンと最後方でいい」と言われていました。しかし、ゲートはタイミングが合ってポンと出てくれましたし、前向きさもあるので、そこから引っ張って最後方まで下げることはできませんでした。道中力むことはありませんでしたが、前に馬がいると気を使っている感じがあります。ですので、勝った時のように直線は大外に出してクリアな位置ならもっと伸びてくるのだと思います。今日は内枠だったので、それができませんでした。外目の枠ならもう少し違った競馬になったと思います。せっかく重賞でチャンスをいただいたのに、申し訳ありませんでした。

押田の目 来週の2400mの予定を前倒しし、重賞に挑戦となりましたが、仕上がりに問題はありませんでした。体はさらに減って392キロで、細くは見えますが、これはおそらく3歳春の時点では大きく変わらないと思います。前回、今回とスタートがうまく決まってしまい、馬群の中での競馬になり、勝った時のような極端な形に持っていけませんが、スタートを速く出ているのにケンカをして一番後ろまで下げることはできないのも現実です。今日は強敵相手に跳ね返されてしまいましたが、こういう競馬を経験したことが必ず先々に生きるはずです。次走については、4月8日、阪神日曜9R「忘れな草賞」芝2000m牝馬限定戦を目指す予定です。


2018年3月1日(木)
 来週の出走を予定していたウインラナキラですが、先週末の特別登録で阪神「チューリップ賞・GII」の頭数が少なかったため、特別登録を行っています。
 今週は、昨日28日(水)にPコースにて追い切りがかけられました。前を走る同厩舎の馬を目標に単走でスタートし、6Fからピッチが上がると、直線も馬なりで進み、ゴール前だけ軽く仕掛けられてゴールしています。時計は6F82秒4、ラスト1F12秒0でした。
 増井調教助手は「仕掛けた時の反応は良かったですし、トモの状態や息の入りもいいですね。馬体重は相変わらずですが、仕上がり的には今週行っても大丈夫だと思います」と話していました。
 また、宮調教師は「来週の2400mも強そうな牡馬がいて、相手関係は楽ではありません。『チューリップ賞』もメンバーは揃っていて、勝ち負けのところまでは難しいかもしれませんが、少頭数は歓迎ですし、ポツンと後ろから行って、未勝利勝ちのような脚を使えれば善戦は可能かもしれません。先々のためにも、こういう舞台を経験しておくのもいいでしょう。今週行きたいと思います」と出走を決めていました。
 そして本日1日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の阪神土曜11R「チューリップ賞・GII」芝1600mに荻野極騎手とのコンビで出走が確定しています。

~以下過去の近況履歴~

続きを読む

スポンサーサイト

ウインラナキラの近況

winranakira_201704_20170421_01.jpg

ラナキラは相変わらず馬体が小さいですね。募集時の取り違えの際から小さいけどガニオンの妹ならという気持ちで見てたぐらいなので、これが実はティアラの妹で小さいけどどうですか?と言われたらちょっと難しいですよね。テンションが高めというのも影響しているのかな。これがトレセンに行ったらどうなるのかと思うと本当に不安だ。秋以降のデビューだろうが、400キロは超えてくれないと困りますね。


2017年4月28日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「ゲートは嫌がるようなところもりましたが、少しずつ覚えてきて、中でも我慢できるようになってきました。しかし、普段でもテンションは高めですし、調教を嫌がるようなところも出てきましたから、少し馬も追い詰められてきたのかもしれません。馬体重も375キロとなかなか増えませんし、近いうちに放牧に切り替えることになると思います」と話していました。

2017年4月14日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 今月7日(金)から乗り運動を再開し、現在はトラックコースでの調教やゲートも進めています。担当者は「昼夜放牧を挟みましたが、青草のないこの時期ですから、ほとんど数字は増えませんでした。現在は377キロです。それでも、休養前はテンションが上がっていたのが今は落ち着いていますので、その点での放牧効果はあったと思います。ゲートも特に問題なく進められていますし、あとはとにかく体の増加だけですね」と話していました。

2017年3月17日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 順調に乗り込みを消化していましたが、2月22日(水)から昼夜放牧に切り替えています。担当者は「放牧地で牧柵にぶつかり、胸前と後肢に外傷がありましたが、回復は早かったですね。体質面が強いのか、傷には強いタイプなのかもしれません。ただ、少しテンションは高めですし、放牧地でも舞い上がってしまったようですから、気性面での課題はありそうです。落ち着いてくれば、馬体も増えてくるでしょう」と話していました。

2017年2月17日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。
 この中間も坂路で乗り込みを進めており、追い切りも消化しています。担当者は「今月初めの追い切りでは3F47秒台とあまり動けなかったのですが、その後の追い切りでは3F44秒台としっかり動けていました。調教を進めてきても、カリカリするところはありませんし、落ち着いているのはいい傾向だと思います。しかし、馬体重は371キロとなかなか増えません。今後青草が出てきた時に、一気に増えて欲しいですね」と話していました。

コスモプラチナの15の近況

コスモプラチナ15はキンカメに替わっても馬体の小ささは姉と変わらないなあ。体高はあるから大きくなる余地があるとみたけど、ちょっと期待外れ。写真を見るとそんなに悪い馬には見えないんだけどな。


2017年1月20日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。
 この中間は成長を促すため、昼夜放牧に出していましたが、年明けから再び坂路で乗り始めています。坂路2本の日も増やし、それにしっかりと対応できており、体力の強化も伺えます。担当者は「一旦、放牧に出したことで、テンションの高さも落ち着いており、いい精神状態で稽古に臨めています。いい気合乗りで坂路を走りますし、走るフォームからも素質を感じます。ただ、ネックは体が増えないことですよね。血統的なものか、姉達と同様に幅が出てきません。それでも、素質はかなり高いと感じますし、春先の暖かくなってからの青草放牧でグンと馬体重を増やしてくれることに期待です」と話していました。
 馬体重380kg。 体高158cm。(1/20現在)

ウイン出資馬 コスモプラチナの15

コスモプラチナの15  父:キングカメハメハ
牝馬  募集価格:2,300万円  栗東・宮徹

pratina_20150042_RECRUIT_.jpg


当初チャンネルワン15として募集された真・コスモプラチナ15。
小柄だけど馬体のシルエットは良いと思います。ただツアーで見た時は血統も含めて判断しているので、入れ替わってしまった時点でわからなくなってしまった。それでも出資したのは間違っていたとしても一度はチャンネルワン15として出資した縁があったのと、エントリーチケットで今年お世話になった宮先生だからだと思う。
会員に多大な迷惑をかけたのだから、この2頭はきっちり勝ち上がらせて欲しいです。

pratina20150042_201612_20161216_01.jpg

2016年12月16日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 順調に坂路調教を消化していましたが、成長を促す意味で、現在は放牧に出しています。坂路で進めてきたことで、テンションの高さが見られ、掛かる面も見られましたので、ガス抜きの意味でも、今はいい放牧となっているはずです。担当者は「掛かるくらいの行きっぷりは、前向きさがあるといい形に捉えたいと思います。姉達もそうでしたが、カイバを残しがちですし、どうしても幅が薄く、数字が増えてこないのは悩みではあります。それでも、素質はあるので、気性面と馬体の成長が噛み合えばという印象です」と話していました。
 馬体重396kg。 体高158cm。(11/30現在)

牧場スタッフ便り
2016年12月5日(月)  【 担当者 : 石﨑淳(CVF) 】
今は休養に入っています。休養前は引っ掛かる面が出たり、常歩ができなくなったりしましたが、前向き故にそうなるのは姉も同じでした。良いタイミングでの休養ですし、馬体に幅も欲しいので、効果に期待します。(2016年12月1日)

2016年11月18日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本というメニューを消化しています。
 坂路入り後も順調ですが、普段は牝馬らしく敏感な面も見せています。それでも、走り出してしまえば問題はなく、自分からハミを取り、グイグイ動けています。担当者は「柔らか味があり、いい動きを見せますね。あとは現時点では幅が薄いので、これから馬体の成長が欲しいところです。姉達も馬体のシルエットはいいものの、なかなか数字が増えずに苦労しましたから。この後、放牧に出す予定なので、体がひと回り大きくなって欲しいですね」と話していました。

牧場スタッフ便り
2016年11月7日(月)  【 担当者 : 石﨑淳(CVF) 】
坂路1本をハロン20~18程度で乗り込んでいます。前向きさがあり、フットワークや背中の感触は良いですね。周りに敏感なところがあり、まだ危なっかしさはありますが、こればかりは馴れさせていきたいですね。(2016年11月4日)

2016年10月21日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本というメニューを消化しています。
 馴致は終了し、現在は坂路を普通キャンターで乗っています。コスモプラチナの仔は、幅が薄く、馬体重もなかなか増えないタイプが多かったですが、本馬は姉たちより幅が出ています。担当者は「性格は繊細で、当初は他馬につられて暴れることもありましたが、今はだいぶどっしりしてきました。馬体重はまだ少ないですが、おそらく姉のティアラやブリアンよりも大きくなってくると思いますよ。坂路での素軽い動きが目に付きますし、期待の1頭です」と話していました。

2016年10月17日(月)
本馬のこれまでの育成状況は次のとおりです。
【9/16現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行いながら、馴致を行っています。
 砂のぼりが完治し、分場で放牧の合間に馴致を行っています。現在はドライビングから軽く人が跨るところまで進んでいます。馬体重は順調に増えてきていますが、体高もあるため現在はスラッと見せています。もう少し肉が乗ってきても良いでしょう。気性はおとなしく、扱いやすいタイプです。馬体のバランスが良く、背中の感触も良好です。
馬体重398kg。 体高157cm。
【8/19現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。サンシャインパドックでの放牧を行っています。
 順調に昼夜放牧を行っていましたが、砂のぼりが確認されたため、現在はパドック放牧で管理しています。今後1~2週間はこのメニューで様子を見て、回復すれば再び昼夜放牧に戻します。担当者は「砂のぼりも軽い症状ですから、心配ありません。ここへ来て幅が出てきて、かなり肉が付いてきたのが見た目でも分かります。少し太めの印象もありますが、牝馬ですから、細いよりもしっかり体がある方がいいでしょう」と話しています。
【7/22現在】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
至って順調です。馬格があり、性格の面では怪しいところはありません。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
6-4-2-1-2-18/33

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。