マイネルゲルトナーの近況

meinergerutoner_201704_9_20170424_2.jpg

ゲルトナーは喉鳴り、擦り傷、ソエ、ぶつけて鼻出血と近況に何かしら出てきますが、ムービーを見る限りでは真歌の上位グループと併せて調教をしているようで好感が持てます。ツアーでは会えると思うので楽しみです。


2017年4月28日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に坂路での騎乗とゲート練習を消化しています。主任は「先日の朝、鼻出血の後が見られたので、その日の追い切りは中止しました。その後、出血は見られず、どこかにぶつけたものではないかと思われます。状態に問題なければ追い切りを再開します」と話していました。(4月24日現在の近況)

2017年4月14日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。定期的な追い切りに加えて、中間からは坂路のスタート地点に設置してあるゲートからの発馬の練習を始めています。主任は「右前に擦り傷を負って少し楽をさせましたが、先日の追い切りでは影響を感じさせない動きでした。ただし、両前肢にソエが出かかっていて、悪化するようであれば一息入れることも検討します」と話していました。(4月10日現在の近況)

2017年3月24日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間、右前肢のトウ骨のあたりに擦り傷を負い、5日間休ませてから騎乗を再開しています。主任は「休ませている間もウォーキングマシンによる運動を継続していました。様子を見ながら調教を強めていきます」と話していました。(3月20日現在の近況)

2017年3月10日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に負荷がかけられています。主任は「先日の追い切りでも喉からの異音がありましたが、ラストまでしっかりと走り切れていました。さらに負荷をかけてもうワンランク上のレベルを目指していきます」と話していました。(3月6日現在の近況)

2017年2月24日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に追い切りを消化できています。主任は「追い切りを重ねてタイムを詰めてきています。相変わらず、喉から異音がしますが、体力をつけてきているのは確かでしょう」と話していました。(2月20日現在の近況)

2017年2月10日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。追い切りを始めてからも順調です。主任は「先日の併せ馬による追い切りではパートナーに遅れましたが、まだ良くなってきそうな感じがあります。喉からの異音はありますが順調です」と話していました。(2月6日現在の近況)

2017年1月27日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間からは併せ馬によるスピード調教も始めています。主任は「喉からの音は相変わらずですが、動きは良くなってきています。現時点では影響はなさそうですが、さらに負荷を強めって行ってどうかですね」と話していました。(1月23日現在の近況)

2017年1月13日(金)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。今のところ特に喉からの異音の影響は感じられず、与えられたメニューを順調に消化できています。主任は「現時点では体力の問題もなさそうですし、以前に比べると落ち着いて走れています」と話していました。(1月9日現在の近況)
スポンサーサイト

マイネルゲルトナーの今日の近況だけど・・・

今年最後の更新でしたが、ゲルトナーは喉から異音があるそうです。
今のところ手術するほどではないとのことですが、今後進行する可能性もあるとかでガックシorz

愛馬で喉なりと診断された馬にレッドクラーケンがいたけど、クラーケンの場合は古馬になってから。1歳の募集締切り直後に判明するとは何ともショックです。
今年のラフィアン募集馬の中にはマイネランデブー15やボムガール15のようにさらに酷い段階の馬もいるので、ゲルトナーの場合はまだましなんですけどね。
このままデビュー、いや勝ち上がるまでは問題なく行って欲しいです。

2016年12月26日(月)
マイネルゲルトナーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。いろいろなフォーメーションで走ることを経験させています。主任は「徐々に慣れてきていて、以前に比べると走りに集中できるようになってきました。ゲートに入れて前後の扉を閉める練習も行っていますが、少し敏感な面を見せています。ペースを上げてから喉から異音がするようになったので、先日、内視鏡検査を行いました。弁の動きが鈍いものの、現時点では手術対象外との獣医の見解です。ただし、今後進行する可能性もあるとのことでした」と話していました。(12月24日現在の近況)

牧場スタッフ便り
2016年12月26日(月) 担当者 : 赤沼健太郎(BRF真歌)
真歌TPで坂路調教を行っております。昼夜放牧を終了して調教をメインで乗り進めていますが、以前よりは敏感な面が和らいできているように感じます。これから徐々にペースを上げて負荷をかけていきます。(2016年12月24日)

ラフィアン出資馬 マイネルゲルトナー

ガーデンシティー の15  父:グラスワンダー
牡馬  募集価格1,500万円  美浦・小笠倫弘厩舎

マイネルゲルトナー
馬名の意味 : 冠名+庭師/ドイツ語/Meiner Gartner


ラフィアン特別募集馬です。募集時の画像がこちら。

Gartner_RECRUIT.jpg

グラスワンダーは好きな馬で、映像を見てすぐに出資を決めました。
トモの筋肉もしっかりしてるし、歩様も良く運動神経がありそう。胸前もしっかりしているし、前脚がしっかり前に出て歩く姿も好印象。少し敏感なところがあるようですが、大人しすぎる馬よりは良いでしょう。

12月の写真を見ても馬体が大きく崩れることなく、トモの筋肉の張りは相変わらず。
馬名のゲルトナー(庭師)は母名からの連想かな。Mバールマンもそうだけど職業名から馬名を選ぶのは今後のトレンドになりそう。

Gartner_1612_1.jpg

2016年12月13日(火)
ガーデンシティーの15は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。順調に調教が強められています。主任は「集団調教も取り入れていろいろなポジションで走る経験をさせていますが、まだ走りに集中できていないようなところが見られます。背中の感触は良いので慣れてくれば変わってくるでしょう」と話していました。(12月12日現在の近況)

2016年12月2日(金)
ガーデンシティーの15は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。馴致を終え、坂路を走ることに慣れさせている段階です。主任は「馴致の際は少々手がかかりましたが、坂路ではスムーズに走れています」と話していました。(11月28日現在の近況)

牧場スタッフ便り
2016年11月28日(月)  担当者 : 赤沼健太郎(BRF真歌)
真歌TPで昼夜放牧をしています。並行して馴致も開始していますが、なかなか敏感な面があり、乗ってすぐはよく跳ねてはいますが坂路にいれるとしっかり真面目に走ります。(2016年11月28日)

2016年11月18日(金)
ガーデンシティーの15は、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。主任は「11日に明和から移動してきたばかりです。こちらの環境に慣れてきたようで、放牧地ではよく動き回っています。様子を見て馴致を始めていきます」と話していました。(11月14日現在の近況)

2016年10月28日(金)
スタッフによる私見であり、将来を保証するものではありません。ご参考程度にお楽しみください。
■適性/デビュー時期: 芝・マイルから中距離/普通
■スタッフから一言!: 同じ父を持ち、六甲Sを勝つなどオープンで活躍したマイネルクラリティに似た雰囲気があります。グラスワンダーの産駒は当クラブと相性が良く、本馬は母系から活躍馬が多数出ている点も魅力です。放牧地ではストライドの大きな走りが見られ、活躍を予感させます。

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
16-12-13-14-9-70/134

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター