ウインプロスパーの近況

秋の新潟・東京開催の復帰を目標とあったけど、この調子だと9月中の入厩は無理そうな気がします。そろそろ北海道も涼しくなってくるだろうし、東京開催が始まる頃には戻って来て欲しいね。そして戸崎騎手はまた乗ってくれるのか?

2014年8月27日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本のメニューで乗り込みを進めています。
 担当者は「引き続き、調教のペースはあまり上げず、じっくり乗り込んでいます。馬体はボッテリとしていて太く映りますし、気持ちもまだまだ入ってきていません。この先、ペースアップとともに改善できればと考えています」と話していました。

2014年8月20日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を切り上げ、坂路での乗り込みを再開しています。
 担当者は「放牧でしっかりリフレッシュさせることができましたから、乗り込みを再開しました。太り過ぎてしまわぬよう、軽めをじっくり乗り込んでいる段階です。今後も急にペースは上げず、少しずつ負荷を掛けていくよう進める予定です」と話していました。

2014年8月13日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、昼夜放牧を行っています。
 担当者は「体調は変わりなく良好ですし、多少減っていた馬体もすぐにふっくらとしてきました。休ませすぎるとブクブク太ってしまうタイプですから、来週あたりからは徐々に乗り込みを再開していきます」と話していました。

2014年8月6日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 担当者は「普段からあまり気持ちを表に出さないタイプですから、元気一杯という印象は受けませんが、疲労は特に感じさせません。あまり休ませるとすぐに太ってしまうので、あと1、2週間ほどで放牧を切り上げ、その後乗り込みを再開していく予定です」と話していました。

2014年7月30日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 担当者は「輸送も問題なく無事に到着しましたし、今のところ馬もそこまで元気がないといった様子ではありません。ただ、レースではああいう結果でしたし、まずはリフレッシュのために数週間放牧を続けていきます」と話していました。

2014年7月24日(木)
 先週の福島ではスタートダッシュがつかず、最後方からの追走になり、直線でもまったく脚を使えずに最下位に終わったウインプロスパー。レース後は、脚元などにはダメージはありませんが、グッタリした姿で馬房でも覇気がまったくありません。
 高橋祥調教師は「仕上がり途上だったとはいえ、あまりにも負け過ぎでしたからね。さらに、その後も雰囲気は変わってきませんし、これからグンと良くなる気配はなさそうです」と状況を語ります。続けて、「あまり暑い時期に使ってダメージを残してしまうと涼しくなった秋に調子を取り戻せないということも考えられますし、ここは涼しい北海道で休養させるのがベターな選択だと思います」と放牧の提案があり、協議の結果、北海道のコスモヴューファームへ放牧することが決まっています。
 今後は明日25日(金)に放牧に出る予定となっており、復帰は秋の新潟開催もしくは東京開催を予定しています。

2014年7月20日(日)
戸崎圭太騎手 前回の大井の時は気持ちも乗っていましたし、競馬でも無理せず好位を追走できて、勝負どころでの反応も抜群でしたからね。競馬が非常に上手な馬というイメージでしたが、今日はまったくの別馬でした。先生から「休みを挟んで馬がボケてしまった」と言われましたが、まさにそんな感じでしたね。レースでも、馬に進んでいこうという気持ちがなく、最後方まで下がってしまいましたし、直線もムチを入れたのですが、まったく反応がありませんでした。もちろん、これがこの馬本来の力でないのは明らかですし、ここを叩いて変わってくることに期待です

高橋祥調教師 以前もそうでしたが、休養を挟むとどうしても馬がボケてしまうタイプで、今回もピリッとしないまま競馬を迎えることとなってしまいました。それでも、競馬に行けばもう少し気持ちも入ってくるかと期待していたのですが、今日は一度もスイッチが入りませんでしたね。こういう形になってしまい、大変申し訳ありませんでした。ただ、競馬を使いつつ良くなるタイプであるのは間違いありませんから、この後は稽古でも気持ちが入るようになってくるはずです。馬体に問題がなければ、中2週で8月10日、新潟日曜10R「苗場特別」ダート1200mに向かう予定です。

押田の目 この中間は休みを挟んだことで馬がボケてしまい、調教でもキレのある動きを見せることができませんでした。数字はマイナス体重で、馬体は仕上がっているように見えましたが、スタートからの行きっぷりの悪さを見ると、まだ走れる態勢になかったことは認めなくてはいけません。ただ、言葉は悪いですが、それを承知で使ったところもありますし、まずはここを叩いての上積みに期待したいところです。しかし、それにしても負け過ぎの印象があるのも正直な気持ちで、暑さに強いタイプではないので、この時期はまり良くないということも考えられます。この後、グンと状態が上向いてこないようであれば夏場は厳しいのかもしれません。まずは、この後の調教の動きがどう変化してくるかに注目です。
スポンサーサイト
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター