ウインヴァンノのレース結果

東京 1R 2歳未勝利 (混) ダ 1400m 黛弘人 12着

まさか昨日に引き続き松岡に邪魔されるとはね(怒)!!
まあ昨日と違い今日のは8着か9着あたりだったと思うから良いけど、私の愛馬にちょっかいをかけるのはこれっきりにして欲しいです。
ダートスタートのレースを選んだ甲斐あっていつもよりスタートで出遅れなかったが、まだ力は全然足りないですね。放牧でどれだけ変われるかですが、地方も視野にレースを組んでもらえるようだし少しづつ着順を上げていってもらえないかな。

2014年11月24日(月)
黛弘人騎手 状態に関しては、2走前とそう大きく変わりませんでしたし、疲れが来ているとは感じませんでしたよ。ゲートも今日は上手に出てくれたのですが、この馬はスタート後にあまり押しすぎると最後に脚が上がってしまうので、前半は大事に乗りました。それでも馬群にしっかりついていけましたし、直線でも手応えはちゃんと残っていました。そこからゴーサインを出してスピードに乗ったところで、前の馬がバテてきてブレーキを掛けざるを得なかったのは痛かったですね。あそこでスムーズに伸びることができたら、もう少し着順は上がったと思います。うまく乗れずに申し訳ありませんでした。

松山将調教師 やはりダートスタートの方が良かったですね。どうしてもスピードがないだけに、芝スタートでは後手を踏んでしまうので、今後もそういう条件を使っていきたいところです。直線でバテてしまった馬は、ウチの厩舎のもう1頭だったことは、申し訳ありませんでした。それでも、内容は悪くなかったですし、予想通り少しずつ力を付けてきていますよ。ただ、今後については、右トモにはかなり疲れが溜まっていますし、夏からずっと使ってきていますから、ここは放牧でリフレッシュさせて下さい。

押田の目 追い切りは相変わらず動きませんし、パドックでもまったく気合いが乗っておらず、状態としては大きく変わったところはなかったと思います。それでも、競馬では最後まで諦めずにしっかり伸びるところがこの馬のいいところですし、今日も直線でスムーズだったら間違いなく賞金圏内には入っていたでしょう。ダートスタートも良かったようですし、今までで一番のレース内容を見せてくれました。まだ勝ち負けに持っていくまでにはワンパンチ足りませんが、1戦毎に良化を見せてくれていますし、この休養でトモに力がつけば、更なるパワーアップも可能でしょう。復帰は年明けになる予定ですが、その頃には未勝利戦の地方交流競走も始まりますし、スピードがない馬ですから、そういう条件は合っているのではないかと思っています。

2014年11月20日(木)
 今週の出走を予定しているウインヴァンノは、昨日19日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。相手は2歳新馬ショウナンワグナーで、ヴァンノが外目を先行してスタート。テンの1Fは14秒台で入りましたが、早々にヴァンノの鞍上の手が動き出します。ラスト1Fでは止まりそうなヴァンノに鞍上がムチを何発も入れましたが、最後は馬なりのままの相手にスッと交わされ、2馬身の遅れでゴールとなっています。
 松山将調教師は「トモが弱い馬で、元々坂路で動く馬ではないですから、この動きも仕方ないところです。前走後あたりから右トモに疲れが出始めていますが、レースには大きな支障はありませんので、今週の出走で問題はありません。あとは芝スタートだと大きくモタつくので、ダートスタートで少しでも前半のロスをなくしたいですね」と話していました。
 そして本日20日(木)は追い切り明けですが、軽めの乗り運動が行われ、午後からの出馬投票に臨みます。当初は、今週の東京土曜1Rダート1400m牝馬限定戦へ向かう予定でしたが、そこは除外の可能性が高かったため、東京月曜1Rダート1400mに目標を切り替え、そこに黛騎手で出走が確定しています。

2014年11月13日(木)
 来週の東京土曜1Rダート1400m牝馬限定戦へ出走予定のウインヴァンノは、昨日12日(水)は角馬場からコースで軽めの乗り運動を行い、本日13日(木)は坂路で1週前追い切りがかけられました。平野騎手が跨り、単走でスタートすると、ほぼ14~14秒のラップで、最後は鞍上に強めに追われてゴール板を通過していました。
 松山将調教師は「今日は体重の軽い平野に乗ってもらったのですが、最後までしっかり動けていました。時計は平凡ですが、今の坂路はかなり重くなっていますし、しっかりと負荷は掛かったと思います。もうずっとトレセンで調整して競馬を使ってきていますから、右トモに若干疲れが見えているかなとも感じますが、それでもレースへ行くには支障のないレベルですから、予定通り来週の競馬へ向けて進めていきます」と語っていました。

2014年11月6日(木)
 先週の東京では、またしてもスタートでモタモタして後方からになり、直線でも脚を使えなかったウインヴァンノ。レース後は、反動もなく、昨日5日(水)から北馬場の角馬場で乗り始め、本日6日(木)も北馬場でじっくりと乗り運動が行われていました。
 松山将調教師は「レースを使いつつ、体も絞れてきて動ける体にはなってきています。大きなダメージもありませんし、また次へ向けてしっかりと調整していきたいと思います」と次走へ向けて気持ちを切り替えていました。
 なお、次走は中2週で11月22日、東京土曜1Rダート1400m牝馬限定戦へ向かう予定となっています。
スポンサーサイト
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2017年成績
17-12-13-14-9-70/135

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター