FC2ブログ

マイネルムーン引退

2013年3月19日(火)
マイネルムーンは、デビュー以来、ダートも含めて7戦を消化しましたが、成績が伸び悩んでいます。「トップスピードが足りず、苦戦が続くかもしれません」との厩舎サイドの見解も踏まえ、協議の結果、現役を続けても皆さまのご負担ばかりが増える可能性が高いという結論に至り、大変残念ではありますが、引退が決定いたしました。これまでムーン号に温かいご声援をいただき感謝申し上げます。

やはりムーンは引退となってしまった。
いつも思うのだがこのまま現役を続けても会員の負担ばかりが増える可能性が高いから引退というのは、おかしいと思う。私が思う一番の負担とは期待して出資したにも関わらず賞金も未勝利のまま引退してしまうこと。この世代から補償も無くなってしまったので、これは一番痛いマイナスだろう。引退の理由として、未勝利戦には期間があるため期間内に勝ち上がれなかったから引退というのはわかる。怪我をして未勝利戦開催までに復帰が適わず、500万下で出走しても勝ちあがれる可能性が低いから引退というのもわかる。2歳時で毎回2秒以上離され能力不足といわれて引退するのも悔しいがわかる。
ただ今回のムーンの場合はこのまま走っても苦戦が続くかもしれないという厩舎側の主張で引退という曖昧なもの。少なくとも今年の3戦(16-11-11)の敗因ははっきりしている。1月の最下位だったダート戦はダートが合わなかったから。前々走の11着だったバルジュー騎乗のレースは前がつまり不利を受けたのが敗因。そして引退レースとなった先週の競馬はムーンが最も苦手とする超スローペースからの瞬発力勝負になったから。実際このレースに関しては着順こそ11着だったが、勝ち馬との差は0.6秒と差はない。ムーンは前々走から調教が動くようになり調子もあがってきた。権利こそ取れなかったが福島の2600mとかムーンに合った出走可能なレースはまだあったと思う。会員の負担負担と言うが、出走できるレースがある以上最後まで最善を尽くすのがクラブのあり方ではないだろうか。その上で権利放棄という選択肢もあるのだから、見切りをつけた出資者は抜ければ良いのではないか。少なくともあと2戦は未勝利戦終了まで出走機会があるにも関わらず、会員の負担を理由に引退というのは納得がいかない。背景に2歳戦が始まるにあたっての馬房の確保とかがあるのかもしれないが、厩舎サイドで現役続行を望まないならば転厩させるなど選択肢はあるだろう。
このような形でマイネルムーンが引退となってしまったのは非常に残念です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター