FC2ブログ

ウインオリアートの近況

2013年7月4日(木)
先週の福島のデビュー戦では、スタートで出負けし、道中は中団追走も、ラストは脚を伸ばせなかったウインオリアート。鹿戸雄調教師は「とにかく馬体ですね。金曜日にジョッキーを乗せた辺りからかなりカリカリし出して、馬体が減ってきたんです。さらには輸送で大きく馬体を減らしてしまって当日は426キロ。トレセンでは440キロ後半くらいあって、競馬では440キロ台だろうと思っていただけに、この馬体減は大きな誤算でした。パドックではおとなしく見えたかもしれませんが、テンションが上がりきって馬体が減った後だったので、もう体力が残っていない状況だったんです。入厩後はそういうところをまったく見せなかったのですが、ステイの牝馬ですから、やはりそういうところはあるんですね」と敗因を語っています。
また、蛯名騎手は「金曜日は元気一杯だったのですが、当日はおとなしすぎましたからね。見た目も大きく減っていましたし、あれでは力を出せないのも仕方ありません。それと気性面もまだ幼いところがあります。稽古の時も坂路の入り口で止まったりしていましたが、本番でもいきなりフッとブレーキを掛けるところがありました。それでスムーズにスピードに乗れなかったんです。ただ、そんな状況でも大負けにならなかったわけですし、最初に乗った感触は本当に良かったですからね。先々は必ず走ってくる馬だと感じます。あとは、精神面が悪い方向へ進まないよう、うまく調整していきたいですね」と語っていました。
レース後は、帰りの輸送でさらに馬体は減り、寂しい体でトレセンに戻ってきました。「レースでは走っていないからダメージはまったくありません。ただ、この体では続戦は難しいので、一旦放牧に出して立て直しましょう。でも、この馬への評価はまったく変わっていませんよ。ジョッキーも言っているように先々は必ず走ってくる馬ですから、大事に育てていきたいですね」と放牧を決める鹿戸雄調教師で、本日4日(木)にトレセン近郊のミホ分場へ放牧に出ています。

オリアートの一番の敗因は馬体重ですか。牝馬はやっぱり難しいですね。直線での反応が鈍かったのもその所為か。あと福島コースはは適正もありますからね。スタートも含めて全部悪い方向に出てしまったなあ。立て直しての次走に期待です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター