FC2ブログ

正念場、ウインデスティニー

ウインデスティニーは2日(土)福島8R・芝2000mに伊藤工真騎手騎乗で出走します。

調教の動き自体は悪くないにも関わらず、結果が出ません。正直ここで結果を出さないと宮厩舎にデスティニーの居場所はないのではと思います。引退は無いにしても美浦の清水美波厩舎あたりに転厩となるのではないでしょうか。わざわざ福島まで使っているくらいですから関東に転厩するのは悪いことでは無いと思うけど、出資者としてはやはりある程度の変わり身を期待してます。
私にとって伊藤工真騎手との相性はむしろ良い方。マイネルドルチェではテン乗りで2度連対を果たしていますし、最近ではウインラヴェリテを2着に持って来てくれている。今回の乗り替わりも○内騎手や新人のアンチャンが乗るよりずっと心強い。前に行く馬も少ないようですし、先行してどこまで粘れるか頑張ってもらいたいです。

2013年10月31日(木)
 今週の出走を予定しているウインデスティニーは、先週末27日(日)に坂路で追い切りを行い、4F55秒5、ラスト1F13秒5というタイムを馬なりでマークしています。
 そして、昨日30日(水)には坂路を単走で最終追い切りがかけられました。後半に向かい徐々にペースを上げていくという内容で、後半は軽く仕掛けられて、3F目には12秒7をマーク。ラスト1Fは13秒2とやや時計を要しましたが、全体時計は4F53秒6と調教駆けしないデスティニーとしてはマズマズのタイムでした。
 宮調教師も「時計ももちろんですが、動きに関しても最近では一番良かったですね。今回も具合自体は良さそうですよ」と笑顔で語っていました。
 さて、当初は今週の京都日曜7R芝2000mに出走を予定していましたが、ここは強力なメンバーが揃いそうなことから、今週の福島土曜8R芝2000mに矛先を変え、本日31日(木)の出馬投票では伊藤工騎手とのコンビで出走が確定しています。
 宮調教師は「輸送で体が減ってしまわないかが気がかりではありますが、相手関係は福島の方がだいぶ楽ですからね。具合の良さでどこまで頑張ってくれるかですね」と意気込みを語っていました。
 なお、追い切り明けの本日31日(木)は引き運動のみで楽をさせてもらっていました。

13/10/30 助 手 栗東坂 良 53.6 39.6 25.9 13.2 末強目追う
13/10/27 助 手 栗東坂 重 55.5 41.2 26.9 13.5 馬ナリ余力


2013年10月24日(木)
 昨日23日(水)に栗東・宮厩舎へ帰厩したウインデスティニーは、帰厩翌日の本日24日(木)から坂路を楽走で1本のメニューで乗り込みを開始しています。
 宮調教師は「いつも通り放牧先でもしっかりと乗られていましたし、引き続き状態は良さそうです。次走は相手関係を考慮すると、ローカルの福島という選択もアリかと思ったのですが、この馬にとって体重を減らす可能性がある輸送競馬はマイナスですからね。輸送時間の短い来週の京都日曜7R芝2000mに向かう予定です」と出走予定を明かしており、ジョッキーについては「近走内容からクラスの壁に当たっている感もありますから、乗り役は軽ければ軽いほどいいと思います」とのことで、鞍上には3キロ減の岩崎騎手が指名されています。

2013年10月23日(水)
 本日23日(水)に滋賀県・甲賀にあるグリーンファーム甲南を退厩、栗東トレセン・宮厩舎へと帰厩しています。
 グリーンファーム甲南の担当者は「こちらでも順調に追い切りを重ねながら緩めずに乗ってきましたから、無事良好な状態で送り出すことができました。帰厩から10日間での競馬はこの馬の慣れたパターンですし、今回も力は出せる仕上がりだと思います」と話していました。なお、次走は来週の京都日曜7R芝2000mが予定されています。

2013年10月16日(水)
 滋賀県・甲賀にあるグリーンファーム甲南にて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。
 担当者は「到着後数日だけは楽をさせましたが、その後は順調に乗り込みを開始しています。現在はダクで1本~2本、キャンターで1本というメニューで坂路を上がらせていますが、以前と特に変わった様子もなく順調そのものです。帰厩からレースへ向けてスムーズに進められるよう、緩ませないように乗っていきます」と話していました。 

2013年10月10日(木)
 先週の新潟「菅名岳特別」では、先行策からの粘り込みを図りましたが、直線の伸び脚はひと息で12着という結果に終わってしまったウインデスティニー。騎乗した高倉騎手は「控えても瞬発力勝負では分が悪いと思い、前半でポジションを取りに行きました。4コーナーを回る時にも手応えはありましたし、追い出して反応してくれるかと思ったのですが、そこから踏ん張り切れませんでした。直線は外からドッと来られて伸び切れなかったように、もしかしたらモマれ弱いのかもしれませんね。すみませんでした」と頭を下げていました。
 レース後のデスティニーは幸い目立ったダメージもなく順調そのものでしたが、昨日9日(水)には滋賀県にあるグリーンファーム甲南へ一旦放牧に出されています。
 宮調教師は「厩舎の都合で一旦出させてもらいましたが、この馬は詰めてレースに使った方がいいタイプかもしれませんから、なるべく早くトレセンへ戻すつもりで考えています。次走は福島開催の芝2000mぐらいの番組を使う予定ですが、そこで結果が振るわなければ、地方交流競走などの選択も含めて検討していきたいと思っています」と語っていました。

2013年10月5日(土) 競馬場速報
宮調教師(京都競馬場にてモニター観戦) 輸送も上手にクリアしてくれたようで、プラス10キロとデスティニーとしてはかなりふっくらした体で出走することができたと思います。また休み明けでしたが状態も良かったですし、レースでもいい位置に付けて競馬ができましたから、もう少し頑張れるかな、と思ったのですが、休み前とあまり変わりない結果になってしまいましたね。成長力があるステイゴールド産駒ですし、未勝利クラス在籍時の内容も悪くなかったですから、このクラスでも相手なりにやれると思っていたのですが、思ったように結果が伴ってきません。今回は休み明けだったのでもう一戦同じぐらいの条件を使ってみようと思っていますが、壁に当たってしまうようならダート戦を試すなどの条件変更も考えなければなりませんね。ただ、ダートはあまり合うタイプではないような気はします。

片山駿の目 今回は放牧先のコスモヴューファームでこれまでになく馬体をフックラとさせてトレセンへ戻ってきましたから、新潟への輸送を挟んでもプラス10キロで出走できたのは頷けるところでした。勝ち星を挙げた2000mというベストの距離で、状態も悪くなかっただけに、これまでの競馬とは違った姿を見せて欲しかったところですが、直線入り口では後続に一気に交わされてしまい見せ場を作ることができませんでした。現状では頭打ちの感があることは否めませんし、一度ダート戦を試してみるなどしてなんとかキッカケを掴んでほしいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター