FC2ブログ

ウインラヴェリテの近況

ウインラヴェリテはCVFで休養中。
前走の地方挑戦はまさかの競走中止。4ヶ月で6戦という過密スケジュールの影響かはわからないが、金成先生の言葉を借りるなら500万下を勝てる力を持っているとのことなので、この休養で上手く立て直してもらいたいです。馬房の都合がつけば札幌でおろしてもいいよね。

2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、昼夜放牧を行っています。
 担当者は「こちらへ到着後は蹄鉄を脱がして放牧していますが、しばらく蹄鉄を履いたままの状態に慣れてしまっているので、硬い地面のところなどでは蹄を痛がる素振りを見せています。蹄の状態自体はまったく問題なく、馬が裸足の状態に慣れていないだけですから、まったく心配ありませんし、あと1週間ほどは放牧を続けていくつもりです」と話していました。

2014年5月21日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。
 担当者は「到着後も順調な様子でしたので、翌日16日(金)からは昼夜放牧を開始しました。放牧地では頻繁に青草を食べている姿を見かけますし、早くも元気を取り戻してきたように思います。ただ、ここまでコンスタントに競馬を使いながら頑張ってくれましたから、数週間はしっかりとリフレッシュにつとめていきます」と話していました。

2014年5月15日(木)
 先週の船橋ではスタート直後に外に大きくヨレて落馬し、そのままゲート裏に回ってしまったウインラヴェリテ。その後はすぐに捕まり、馬は無傷ではありましたが、JRAから下された制裁は1ヶ月の出走停止とゲート再試験というものでした。これにより、降級前のレースには使うことができなくなったこと、さらにはテンションが高くなってきていることから、ここでの放牧を決定。昨日14日(水)に北海道のコスモヴューファームへ向けて出発し、本日15日(木)に無事に到着しています。
 金成調教師は「ここまでかなり使ってきて、馬体にはダメージはなかったものの、気持ちの面では一杯一杯なところがあったのかもしれません。それでテンションが高くなって、ああいうことになってしまったということが考えられます。ここはひと息入れるタイミングだと思いますし、気候のいい北海道でゆっくりさせてあげたいですね」とラヴェリテを送り出していました。
 最後に「このクラスで勝てる力があると言い続けながら、降級前に勝つことができなくて申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げていました。


2014年5月8日(木)
山崎誠士騎手 返し馬から少し周りに気を使い過ぎたり、敏感なところがある馬だなと思っていたのですが、ゲートを出て隣の馬が寄ってきたのもあるのですが、大きく横に寄れて、そのまま後ろに回っていってしまいました。勢い良く飛んでいってしまったものですから、どうしようもできなくて・・・。大変申し訳ございませんでした。

金成調教師 パトロールを見たら、隣の馬が躓いてラヴェリテにグンと寄ったので、ああいう形になってしまったようです。大外で隣に大きなスペースがあったとはいえ、最近はまったく気の難しさを出すことはなかったですし、もう何戦もしている古馬ですからね。こんなことになるなんて驚いています。馬はすぐに捕まってまったくの無傷でしたが、ゲート再審査か発走再審査が課せられるはずです。それと何日間かの出走停止になる可能性もあります。JRAの採決委員に持ち帰って判断されることになります。こういう結果になってしまい、大変申し訳ありませんでした。

押田の目 追い切りでも軽快な動きを見せており、担当の助手も「気持ちも前向きで、最近では一番の状態」と話すほどでした。確かに2、3歳の頃は周りに敏感だったり、砂を被って嫌気を差したりと気性面でかなり難しさがあった馬ですが、最近はそういうところはまったく見せていなかっただけに、驚きしかありません。もちろん大外枠でなければああいう形にはなっていなかったでしょうが、まだラヴェリテの精神面の幼さが残っていることも再確認させられる結果となりました。おそらくトレセンの再審査では問題はないでしょうが、今後もレースで大外などに入った時にはジョッキーには細心の注意を払ってもらうよう進言する必要がありそうです。今後については、JRAからの判断が出てから決める予定となっています。

2014年5月8日(木)
 本日8日(木)の船橋9R「ファンシーステッキ特別」ダート1800mに山崎騎手で出走予定のウインラヴェリテは、週末4日(日)にWコースで最終追い切りがかけられ、最後まで余裕を残して相手に先着を果たしています。
 騎乗した調教助手は「最近では一番と言えるほどいい動きでした。使い詰めですが、疲れどころか元気一杯。ウチへ来た時はまだ体つきが幼く緩い印象だったのですが、今は筋肉の付き方が変わってきて体つきも変化しています。その影響から距離が長いところは持たなくなっているのかもしれませんね。でも、道中の行きっぷりや勝負どころでの反応なんかはまるで変わってきていますから、レースでは以前のようにずっと追っ付けながらという感じではなくなるはずです。ただ、地方の小回りですし、スタート後はある程度押してでもいいポジションを取りたいですよね」と話していました。
 また、金成調教師は「状態は変わらずいいと思います。メンバーは地元馬も含め、そんなに楽ではないようですが、それでもラヴェリテも500万下は勝てる力はある馬ですからね。ジョッキーには早めに仕掛けて最後までしっかり追ってもらうように言いますし、なんとかここで勝ってもう一度このクラスに降級としたいですね」と意気込みを語っていました。
 なお、昨日7日(水)はレースに向けて北馬場でジックリと調整されていました。

2014年5月1日(木)
 先週末に5月8日(木)、船橋競馬場で行われる交流競走「ファンシーステッキ特別」ダート1800mに投票したウインラヴェリテは、見事メンバーに選出されたため、そのレースへ向かうことが決まっています。なお、ジョッキーは川崎競馬所属の山崎誠士騎手の予定となっています。
 今週は、昨日30日(水)にWコースにて行われました。相手は古馬500万下ナンヨーヤシマと3歳未勝利バーティカルテイルで、ラヴェリテとバーティカルテイルが併走して先行でスタート。直線では内を回って追い上げてきたナンヨーヤシマが一杯に追われてラヴェリテを交わしていきましたが、ラヴェリテはまったく無理をさせていません。ナンヨーヤシマには遅れを取りましたが、ゴール前も余裕の手応えで、バーティカルテイルには2馬身の先着となっています。
 金成調教師は「直線では無理をさせませんでしたが、動きは軽快で良かったですよ。使い詰めの疲れも感じませんし、引き続きいい状態をキープしています」と状態を説明していました。また、次走の交流戦について、「距離はベストですし、ピッチが急に上がらない地方の馬場というのもラヴェリテにはいいと思います。舌も縛って万全の仕様で向かいますし、いいところを見せられるはずです」と力強く語っていました。
 そして本日1日(木)は追い切り明けということで、軽めの運動で様子が見られており、レースへ向けた最終追い切りは、4日(日)に行う予定となっています。

2014年4月24日(木)
 前走後は少し疲れも見えましたが、それもすぐに回復して調整を進めているウインラヴェリテ。昨日23日(水)は北馬場でキャンターを乗られ、本日24日(木)は北馬場のダートコースで軽めの追い切りがかけられています。半マイルから15~15秒を切るくらいの馬任せの内容だったため、時計は出ませんでしたが、非常に軽快な脚取りを見せていました。
 金成調教師は「前走後は若干疲れもあるかなと感じましたが、そんなことはなかったみたいですね。普段から元気一杯ですし、今朝の動きも良かったですよ。今週でも行けるくらいです」と話していましたが、一方で「これだけ詰めて使って疲れがないというのは、やっぱりレースで力を出し切っていないのでしょうね。1800m辺りで1周ビッシリやられるレースが続けばさすがに疲れは出てくるんじゃないと思っています。なんとかそうなるくらいに力を出し切って欲しいですね」と語っていました。
 なお、次走については今週末に5月8日(木)、船橋競馬場で行われる交流競走「ファンシーステッキ特別」ダート1800mに投票する予定となっています。

2014年4月17日(木)
 先週の中山では、スタート後に寄られたものの、その後は好位置をキープしていましたが、4コーナーで早々手応えがなくなってしまったウインラヴェリテ。金成調教師は「小倉2戦もやっぱり距離が敗因かなと思っていたのですが、舌を縛ってからは安定していましたからね。ですからもう一度この距離を使ってみたのですが、やっぱりダメでした。でも、これで敗因がハッキリしましたし、今後はダートの中距離を中心に使っていきましょう。大知ジョッキーも『1800mなら普通に押し切れる』と話していましたし、500万なら勝負になる馬という評価に変わりはありません」と敗戦にも前向きに話していました。
 レース後は、本日17日(木)から乗り始めましたが、脚元などには痛いところはないものの、使い詰めの影響からか、少し疲れも見え隠れしました。次走に関しては、最低でも中2週の間隔は空けて、新潟開催での出走を予定しています。
 担当調教助手は「馬はだいぶいい頃の状態に近づいてきているんですけどね。前走は距離もあったとは思いますが、スタートで不利があって、その後に脚を使い、さらには道中も変なペースでゴチャゴチャになりましたからね。スムーズな競馬ができなとモロいタイプなので、その影響もあったと思いますよ。スタートをポンと出て無理なくハナに立つ競馬になっていたら、もう少し粘れたんじゃないかな」とレースを振り返っていました。

2014年4月13日(日)
柴田大知騎手 かなり押していかないと進んでいかないズブイ馬というイメージだったのですが、まったくそんなことはないですよ。スタート後にかなり寄られて不利があったのですが、その後もすぐに立て直しがききましたし、道中もむしろ行きっぷりは良かったほど。ただ、溜めていても瞬発力という点では見劣るでしょうから、早めに動くイメージではいました。しかし、4コーナーではもう一杯の手応え。おそらく距離が長いのでしょうね。1800mくらいだったら、そのまま押し切れそうなイメージです。背中はいい馬ですし、このクラスは勝てるはずですよ。

押田の目 中1週続きでも疲れは見られませんでしたし、追い切りはむしろ今回が一番良かったほどで、しっかりと力を出せる仕上がりだったと思います。スタート後の不利は痛かったですが、その後は無理せず先行できましたし、勝負どころまでは非常にスムーズだったと思います。そんな状況で4コーナーで一杯になるわけですから、敗因は距離ということになるのでしょう。以前は2500mで2着に来たこともありましたが、その時は道中ずっとフワフワするような形だったので、距離も持ったのだと感じます。今は行きっぷりも良くなっていますし、前向きさも出てきているので、長距離よりも中距離の方が合うのだと思います。厩舎スタッフも乗ったジョッキーも口を揃えて「500万下は勝てる」と言っている馬ですから、なんとかその言葉を結果で表したいところです。次走に関しては、馬体に問題がなければ続戦の予定となっています。

2014年4月10日(木)
 中1週で今週の出走も視野に入れているウインラヴェリテは、昨日9日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は3歳未勝利ブルザンインディゴで、ラヴェリテが先行してスタート。4F地点から併走状態になり、直線に向かうと、先に手が動き出したのは内のブルザンインディゴの方。ラヴェリテは最後まで持ったままで一杯に追われる相手に合わせる余裕も見せて併入でゴールしています。
 金成調教師は「動きは引き続きいいですね。今日も持ったままで楽に動けていましたし、使いながらドンドン良くなっている印象です」と追い切りを説明。その後馬の状態を確認して、「中1週続きなので、少しでも硬さがあったり疲れが残っているなと感じたら今週は止めるつもりでいたのですが、この状態なら大丈夫でしょう。今週行きましょう」とゴーサインが出ていました。
 そして本日10日(木)は追い切り明けですが、軽めの乗り運動を消化し、午後からの出馬投票に臨みます。中山、福島と広く構えられていましたが、最終的に頭数が少なくなった今週の中山日曜8Rダート2400mに柴田大騎手で出走が確定しています。
 「少頭数は魅力ですからね。小倉の2回の時は距離が敗因かなとも思いましたが、あの時は状態が今ひとつというのもあったのかもしれません。その後舌も縛るようにもしましたし、デキも上がっているので、今の状態でもう一度この距離を試してみたいと思います。いいところを見せて欲しいですね」と期待を寄せる金成調教師でした。

2014年4月3日(木)
 先週の中山では、果敢に先頭を奪い、4コーナーでは早めに1番人気馬に並ばれる厳しい展開ながら、最後まで踏ん張りを見せたウインラヴェリテ。金成調教師は「突かれるああいう形の方がラヴェリテの良さは生きると思いますし、最後もバッタリとは来ていないように、内容は良かったと思います。舌を縛った効果で、舌の巻き込みもなかったようですしね。こういう形を続けていければ、チャンスは来るはずです」と前向きに捉えていました。
 レース後は、昨日2日(水)から乗り始め、本日3日(木)は北馬場の角馬場で乗り運動を行っていました。
 中1週続きで、さらに前走最後まで目一杯走りましたが、「疲れはなさそうですし、来週でもいけそうですよ」と話す金成調教師で、なかなかのタフさを見せるラヴェリテです。次走については、状態をきっちりと見極め、来週もしくは再来週の出走の方向で進めていきます。

2014年3月29日(土)
田辺裕信騎手 以前3歳時に乗せていただいて時は余計なことをしたり、周りに敏感すぎたりと精神面にかなり課題があったのですが、今はだいぶ成長しましたね。非常に乗りやすくなっていました。ただ、ズブさは相変わらずですから、今日は深いブリンカーを装着していたこともあって、前半からグングン行ってもいいと思って出していきました。それでも、行きっぷりはそこまでではなかったですね。なんとか出ムチを入れて出していきましたが、あの辺りをもう少しスーッと動けるようになるとまた最後の粘りも違ってくるんでしょうけどね。でも、突かれる方が走りはいいですし、道中も決して無理なペースではありませんでした。勝負どころで1番人気が動いてきた時に、それと一緒にスッとは動けませんでしたが、最後まで渋太い馬ですから、交わされてからもビッシリ追いました。さすがに自分も疲れましたが、馬も今日は止めているという感じではなく、最後はヘトヘトになっていましたから、最後まで一生懸命走ったのでしょう。もう少しうまく体を使って走れるようになれば、もっともっとやれるという印象はあるんですけどね。以前よりもかなり成長していますし、今後ももっと良くなりそうな雰囲気はあります。力はある馬ですし、なんとか精神面、肉体面をいい方向へ持っていきたいですね。

押田の目 使い詰めでしたが、むしろ追い切りの動きは良化していたように、使いながら調子を上げていくのがラヴェリテの特徴なのだと思います。これまでのレースぶりを見て、個人的にはハナに行く競馬を試してみたいと思っていましたから、今日のジョッキーの判断には非常に納得しています。理想は4コーナーでもう一度後続を突き放すようなスパートですが、今日は前半に出ムチを入れてまで進みましたし、1番人気の勝ち馬にピッタリ来られたのも厳しい状況でしたから、それができなかったのも仕方ないことだと思います。それでも、あそこから掲示板を確保したわけですし、バッタリ止まったわけではありません。前走に指摘された息遣いに関しても、今日は舌を縛った結果、まったく気にならなかったとのこと。この休み明けからはまったく「らしさ」が見られませんでしたが、少し光は見えてきたと感じます。厩舎の評価は「500万下はすぐに勝てる馬」とのことですから、なんとか夏の降級前にこのクラスを勝ちたいところです。

2014年3月27日(木)
 中1週で今週の出走も視野に入れて調整を進めているウインラヴェリテは、昨日26日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。単走でスタートすると、4コーナーでも楽な手応えで直線に向かい、その後も鞍上の手が動くことなく、スーッと脚を伸ばしてゴール。時計はそこまで速いタイムではありませんでしたが、最後まで余力をたっぷり残していて、動きは軽快に映りました。
 金成調教師は「使いつつ状態は上向いていますし、追い切りにも軽さが戻ってきましたね。詰めて使ってきていますが、疲れどころから状態は上がっていると感じるほど。やはりラヴェリテはドンドン使って調子を上げてくるタイプなのでしょう」と説明していました。
 追い切り明けの本日27日(木)は、軽めの乗り運動を消化しています。予定している中山土曜7Rダート1800mは、昨日の想定の段階で出走頭数が少なかったことから、金成調教師はすぐに田辺騎手を確保しており、本日(木)午後から臨んだ出馬投票では出走が確定しています。
 「今回は舌を縛ってレースに臨みます。前回の勝負どころでの手応えで舌の巻き込みがなければ、間違いなくいいところはあったはずですからね。田辺騎手には初騎乗ですが、特徴をしっかり伝えておきます。なんとかいい結果を出したいですね」と力強く語る金成調教師でした。

2014年3月20日(木)
 先週の中京では、いつになく抜群の手応えで直線に向いたものの、最後はここ2戦同様バッタリと止まってしまったウインラヴェリテ。金成調教師は「あの手応えであそこまで負けるのはおかしいですからね。おそらくジョッキーの言うように舌の巻き込みが原因なことは間違いないでしょう。次は舌を縛って巻き返します」と話していました。
 レース後は、昨日19日(水)から乗り始め、本日20日(木)も北馬場でダクとハッキングを消化していましたが、疲れはまったくありません。
 金成調教師は「前回はあの距離でも楽に行けたというのは、状態が良くなっている証拠。やはりラヴェリテは叩き良化型で、使いつつ上向いてくるんだと思います」と状態を説明していました。
 なお、次走は出走頭数やメンバー次第ですが、来週の中山、中京、阪神に組まれているダート中距離戦への出走も視野に入れています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター