FC2ブログ

レッドロザリーの去就

2014.09.19
(吉澤ステーブルWEST)
角馬場で調整。馬体重482キロ。
入場後も脚元は落ち着いていて痛みなどもありません。今日から角馬場で軽めに乗っていますが、レースの疲れからか馬体が寂しく映っているので、もう少し体を戻してから周回コースなどで調整を始めることにしています。

2014.09.17
(松田国厩舎→吉澤WEST)
昨日(火)、吉澤ステーブルWESTに移動しました。
松田国厩舎「残念ながらスーパー未勝利で勝たせることは出来ませんでしたが、内容のある競馬を見せてくれました。体が締まってきたことで調教などでも動けるようになってきていましたし、元々能力はある馬ですから、3戦目でしっかり変わってくれました。今後についてはオーナーサイドと協議して判断したいと考えていますが、一旦吉澤ステーブルWESTに移動させています」

2014.09.16
(松田国厩舎→吉澤WEST)
本日、吉澤WESTに移動しました。

14.09.14 (日) 阪神3R 3歳未勝利戦(牝) D1800 松若風馬 3着 7人気 11頭立

2014.09.14
9月14日レース後コメント
松若騎手「スタートはまずまずといった感じでしたが自然と後方からの競馬になりました。道中は内目を気合をつけながら追走することになりましたし、ペースも早くなったり遅くなったりしたのですが、気負うことなくリラックスしながら進められたと思います。3コーナー過ぎて砂をかぶって少し頭を上げていましたが、ブレーキをかけるほどではありませんでした。4コーナー手前ではかなり手応えが良かったので思い切って外を回しました。いい脚で伸びてくれたのですが、残り100mのあたりで前の2頭が外に寄ってきたので、自分の馬も外に振られることになってしまって・・・。それでも最後までよく差を詰めてくれました」


スーパー未勝利戦に臨んだレッドロザリーは惜しくも3着。
勝たなければいけなかったレースで勝てなかったのは残念ですが、482キロと初めて馬体が絞れた状態で出走して良血馬らしい能力の片鱗を見せてくれた。
繁殖入りか現役続行か未だはっきりしないが、おそらく中央に残っての現役続行のようだ。本当は地方からの中央出戻りが良いんですけどね。どうしても出走には間隔を空けないといけないし、ローカルしか出走できないという縛りもある。次走は10月末の福島でしょうか?春先までに結果を残さないと繁殖入りの恐れもあるし、怪我なく何とか頑張って欲しい。


2014.09.11
(松田国厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
松田国調教師「以前は調教を見てもどうして動けないのかと疑問に思っていたのですが、昨日の追い切りでは期待が持てるまずまずの動きを見せてくれましたね。だいぶ競走馬らしい体つきになってきましたし、前走以上の出来にありますので、今週日曜日の阪神3R(D1800)に松若騎手で向かうことになりました。チャンスはあると思うので、力を出し切る競馬をしてもらいたいです」

2014.09.10
(松田国厩舎)
本日は坂路1本のあと、Cウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 73.7-53.0-33.8-16.3 馬なり
 CW 85.4-69.6-54.9-39.9-13.0 強め
内ハギノヘヴン一杯と5F併せで0.1秒先着
松田国調教師「若干緩さがあるように感じますし、走る前には力みが見られますね。それでも走り出してからはそうは見せませんし、以前より走りが安定してきました。今日の追い切りでも目一杯に追わなくてもしっかり先着しましたし、ゴールしてから気合をつけるとさらに伸びていましたからね。動きは良いと思います。想定を見てからになりますが、出走が可能であれば今週日曜日の阪神(D1800)へ向かうことも検討しています」
※今週14日(日)阪神3R・3歳未勝利(牝)(D1800)に出走を予定しています。想定からは除外の心配はありません。

2014.09.04
(松田国厩舎)
本日は坂路1本のあと、Cウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 75.1-54.2-34.6-16.5 馬なり
 CW 83.9-67.9-53.2-39.2-13.2 一杯
内ハギノヘヴン一杯を6Fから追走3F併せで併入
助手「相手はそれほど動かないタイプの馬ですが、追走して併入できたことは評価できますね。直線に向くまでは後ろからつついて欲しいと言われていましたので指示通りに進め、残り1Fの手前で促しただけでもしっかり反応してくれました。最後は相手に合わせたので並んでゴールしましたが、そのまま追っていれば2馬身くらいは抜けていたと思います。ややテンションが高く感じましたが、元気があって良いのではないでしょうか。カイバは普段から与えている量が多いので少し残していますが、馬体を見ると減った感じはしませんし維持していますね。いつでも出走できるようしっかり調整していきます」

2014.09.03
(松田国厩舎)
本日は坂路1本のあと、Cウッドコースにてキャンター調整でした。
 坂路 80.2-58.7-38.5-19.0 馬なり
松田国調教師「昨日、坂路とCウッドで乗ったのですが、Cウッドでの時計が予定より早くなってしまいました。そのため1日間隔を開けて追い切りは明日行うことにしました。ハギノヘブンと併せる予定ですが、そこでの動きを見て次走どこに向かうか判断したいと思います。動き自体は良いのですが、まだ肋の辺りが水っぽいというか脂肪が抜けきらないのでしっかり乗り込んでいきます」

2014.08.29
(吉澤ステーブルWEST→松田国厩舎)
本日、栗東トレセン・松田国厩舎に帰厩しました。

2014.08.22
(松田国厩舎→吉澤ステーブルWEST)
本日吉澤ステーブルWESTに移動しました。
松田国調教師「今朝脚元を確認したところ両前の球節から中筋にかけてむくみが見られました。昨日あたりも厩舎を出発するときに寝ているような感じだったのはその影響もあったのかもしれません。今日、吉澤ステーブルWESTに移動させて獣医に診てもらおうと考えています。スーパー未勝利までに一戦挟むかどうか考えていましたが、今の状態で出走するのは難しい状況ですので、牧場で立て直しスーパー未勝利に向けて調整していきます」

2014.08.21
(松田国厩舎)
本日はCウッドコースにてハッキング調整でした。
松田国調教師「出掛けはまだ寝ているような雰囲気でしたが、運動にいくとシャキっと元気でしたね。時間がないので競馬に使わないといけませんが、少しでも良い状態で出走させたいので、もうちょっと様子を見てからどこに向かうか判断したいと思います。あまりにもフレッシュな状態にならなければ、一旦放牧に出してスーパー未勝利に向かうことも検討しています」

2014.08.20
(松田国厩舎)
本日は坂路1本の後、Eダートコースでキャンター調整でした。
 坂路 73.9-52.5-34.5-16.9 馬なり
松田国調教師「だいぶ余分な脂肪が抜けてきて動けるようになってきていると思います。見た目ではまだコロンとはしているので最高の状態とは言えませんけど、今は調教で仕上げていくというよりは時間がないので競馬を経験させて体を作って行くのが望ましいと思います。もう一回使って体をよりシャープにしてからスーパー未勝利に向かうことがベストであると考えています」

2014.08.14
(松田国厩舎)
本日は乗り運動の調整でした。
助手「角馬場でダク調整でした。乗った感じだとだいぶ元の状態に戻ったというか、体力は十分に回復している印象を受けました。丸みを帯びていた体型もレースに使ったことで少し締まってきたように映りますし、もう少し乗り込んで体調を見極めてから次走どこに向かうかを判断することになると思います」

2014.08.13
(松田国厩舎)
本日は乗り運動の調整でした。
助手「レース後は飼い食いが若干落ちてしまっていますが、そのほかは特に変わったところは見られません。今日は体をほぐした程度ですが乗った感じでも疲れはなく、しっかりしているなと感じました。一度使って前回よりは息づかいや中身も確実に良くなってくると思いますので、結果を出せるようにしっかり乗り込んでいきます」

2014.08.09
8月9日レース後コメント
中井騎手「スタートは五分で出れているんですが、そこからの行き脚がないので、前目のポジションを取れませんでした。出して行っても良かったかもしれませんが、最後バタバタになってしまうのも嫌だったので、馬なりで進め3コーナー手前から追っ付けて行きました。バテずに伸びてくれているんですが、時計が速く前が止まらない馬場だったので、前目を取れなかったことが最後まで響いてしまいました」

2014.08.07
(松田国厩舎)
本日は乗り運動の調整でした。
松田国調教師「追い切りの翌日ですので、乗り運動の調整でした。夏場で長めには乗れませんので坂路で仕上げてきましたが、脂肪が燃焼してきたようで、動きは以前と比べたらだいぶ変わってきましたね。コロンしたところはありますが、牝馬ですので特に気にしなくていいですし、中身の方は間違いなく伴ってきていると思います。次につなげるためにもまずはしっかりと権利を得てきて欲しいです」

2014.08.06
(松田国厩舎) 
本日は坂路で追い切りました。
8/3(日)CW 71.0-56.1-41.0-12.5 馬なり
8/6(水)坂路 55.3-39.6-26.5-13.5 一杯
外レッドジュベール馬なりと併入
助手「この中間も順調です。今日は坂路一本で速いところをという指示だったのですが、ジュベール相手に手応えで劣ってしまいました。日曜日にCウッドで追い切った時は、終い1Fを12.5で持ったままで動いていたのですが、坂路では少しズブさが出てしまったようですね。終いを伸ばそうと考えていたので、用心しすぎて1F目 を遅く入ってしまったこともあると思います。スパッと切れるタイプではなくジリジリとした脚を使う馬ですので、もう少しテンから行っておけばしっかりした 併せ馬になっていたのかもしれません。このひと追いで気持ちも乗ってくると思いますし、態勢はほぼ整っていると思います」
※今週9日(土)小倉3レース・3歳未勝利(牝)・D1700mに中井騎手で出走を予定しています。

2014.07.31
(松田国厩舎)
本日は乗り運動の調整でした。
助手「追い切った翌日ですので、角馬場で速歩までの調整でした。疲れは感じられず落ち着いていますし、脚元にも問題は見られません。追い切りの本数を重ねて、調整を進めていきながら出走するレースを決めようと考えています」

2014.07.30
(松田国厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 86.1-70.6-55.7-41.6-13.6 馬なり
内ルファルシオン馬なりと4F併せで併入
外ハギノヘヴン馬なりと4F併せで併入
助手「帰厩後も順調です。それほど速い時計は出さないよう調教師から指示がありましたので、終いも余裕残しでのフィニッシュでした。3頭の併せ馬でしたが、ほかと比較しても道中の行きっぷりは良かったですし、手応えも最後まで楽でした。牝馬の割に体はありますが、暑い時期ですし、これから速いところを進めていくと飼い食いを自らセーブしてしまうかもしれませんので、注意して進めていきます」

2014.07.25
(吉澤ステーブルWEST→松田国厩舎)
本日、栗東トレセン・松田国厩舎に入厩しました。

2014.07.18
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重500キロ。
予定通り13-13を始めています。周回も3000mに増やしており順調にペースを上げていくことができています。このままどんどん乗り込んでいきたいところです。

2014.07.11
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター1000m、坂路1本。馬体重500キロ。
この中間も順調で今週水曜日には15-15を消化しました。動きは思っている以上にしっかりしていますし、怪我の影響は感じられません。明日は13-13を消化する予定です。

2014.07.04
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター1000m、坂路1本。馬体重500キロ。
縫合した左飛節の傷に腫れは見られませんので、今週から坂路で乗り出しています。17秒ほどのペースで進めていますが、そう時間がかからずに次のステップに移行できそうです。ただ1週間休んだことで、以前と比べ筋肉が少し落ちたように感じますので、乗り込んで取り戻していきたいところです。

2014.06.27
(吉澤ステーブルWEST)
マシンのみ。馬体重500キロ。
先週日曜日に馬房内で寝違え、左飛節の内側を切ってしまったため縫合処置しました。幸い腫れたり歩様に出たりすることもなく予後は良好なため、マシンでの運動は再開しています。このまま順調にいけば来週から騎乗を再開できる見込みです。

2014.06.20
(吉澤ステーブルWEST)
角馬場調整。馬体重496キロ。
入場後に馬体のチェックをしましたが、脚元などに全く問題が見られなかったことから角馬場で軽めに乗り出しています。このまま状態に問題がなければ来週から周回コースか坂路に入れて調整を進めることにしています。

2014.06.14
(松田国厩舎→吉澤ステーブルWEST)
当初は厩舎に置いて調整していく予定でしたが、皮膚病を発症していることもあり、一旦吉澤ステーブルに放牧に出すことになりました。一ヶ月以内には戻す予定でリフレッシュを図ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター