FC2ブログ

レッドレイチェルの近況

休養明けからの3戦は消化不良な形に終わったレッドレイチェルでしたが、今回の休養で再び爆時計を出していた頃に戻って来たような気がします。現級勝ちはもちろん更なる上を目指せる馬と思っているだけに中京開催までの復帰が待ち遠しい。

2014.10.17
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重481キロ。
この中間も順調に調整が進んでいて、週に1本ずつ15-15と13-13消化しています。抑えきれないほどの手応えで駆け抜けるなど、だいぶ短距離馬らしい走りを見せるようになっています。歩様に硬さは感じられず、体調にも問題がありません。今後は中京開催を目標に進めていきます。

2014.10.10
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重482キロ。
この中間も順調に調整が進んでいて、週に2本15-15を消化しています。しっかりとほぐしてから調教を行っているので、背腰の状態に問題ありません。このままいけば来週からさらにペースを上げていけそうです。

2014.10.03
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重484キロ。
この中間も順調に調整が進んでいて、今週火曜日から15-15を始めています。速いところは1本目でしたが動きには余裕が感じられますし、レースで不利を受けた影響は見られませんでした。体をほぐしながら進めていきます。

2014.09.26
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重480キロ。
この中間に馬場でのハッキングをメニューに取り入れたことで、だいぶ体がほぐれてきたように感じます。ゆったりとした気持ちで調教に臨んでいるので力みはありませんし、良い頃の状態に近づきつつあります。このまま順調にいけば来週末に速いところを消化する予定です。


2014.09.19
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m。馬体重479キロ。
飼い食いがとても良い馬で馬体重は順調に回復していますので、今週火曜日から周回コースで軽めの調整を始めています。気持ちの面でもまだ力みが感じられ、良い頃の動きと比較しても馬体全体に硬さが見られます。じっくりほぐしながら進めていくことにしています。

2014.09.12
(グリーンウッドトレーニング)
マシン調整。馬体重466キロ。
火曜日の入場後に馬体のチェックを行いましたが、レース中の接触による問題は見られませんでした。落ち着いていて競馬による疲れもそれほど感じられませんので、来週半ばから周回コースで軽めに乗り出す予定です。

2014.09.09
(安田厩舎→グリーンウッドトレーニング)
本日、グリーンウッドトレーニングに移動しました。
安田調教師「レース後に北村ジョッキーが『トモを引きずっている感じがした』と話していましたが、厩舎に戻ってからも歩様に異常は見られませんでした。接触による外傷も確認されませんでしたが、体を捻った可能性があるので、大事をとって放牧に出すことになりました」

2014.09.07
9月7日レース後コメント
北村友騎手「思い切って溜める競馬を試みました。スタートしてから意識的に後方から進めましたが、手応えは終始良かったですね。4コーナーの手前から徐々に気合を付けていったのですが、反応が素晴らしかったので、弾けそうというか外を回しても十分に届くと思っていました。ただ、その矢先に目の前で事故があったので・・・。転倒した馬と自分の馬も接触しているので、もしかすると外傷を負ったり捻ったりしているかもしれません」

2014.09.04
(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 79.1-58.8-38.7-19.4 馬なり
助手「明日、僚馬のジェネシスロックと共に小倉競馬場に向けて出発するので休ませずに坂路で軽めに調整しました。昨日速い時計を出したこともあり、気が入っていたのでちょうど良いガス抜きになったのではないかと思います。前回は調子が良く、自信を持ってレースに臨んだだけにとても残念でした。その後も大きな上積みこそありませんが、出来はしっかり維持していますので、ここで決められるといいですね」

2014.09.03
(安田厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.8-38.4-24.0-11.8 末強め
助手「乗っていて早い時計は出ているだろうなと思っていましたけど、ここまでの時計が出ているという感じは受けませんでした。終いも少し気合を付けた程度ですからね。先週よりも硬さがとれていますし、飼い食いも安定しています。状態は前回同様に良いと思います。溜めてどれくらいの切れ味を見せてくれるのか、今回は極端な競馬をさせることも検討しています」
※今週7日(日)小倉8R・3歳上500万下(芝1200)に北村友一騎手で出走を予定しています。

2014.08.28
(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 67.7-49.8-32.7-16.6 馬なり
助手「今日も坂路でキャンター調整でした。一度使った後でも落ち着きもありますし、疲れも感じられませんでした。調教が終わってカイバをつけるとすぐに口をつけて食べています。火曜日には鞍を置いた状態で476キロだったので馬体はすっかり戻っていますね。レースは来週ですから今週末に坂路で15-15くらいの時計を出す予定ですが、最終追い切りいついては火曜日の時点での馬体重と馬場状態を確認した上で決めたいと思います」

2014.08.27
(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 69.9-52.2-34.6-18.1 馬なり
助手「今週末に速いところを予定しているので、今日はキャンター調整に留めています。乗り出した先週末から昨日にかけて少しコツコツしているなと感じていたのですが、ほぐれてきたのか今朝は特に気になりませんでした。レースの疲れが残っていたのかもしれませんね。運動中に周りに馬がいると気を取られたり、コースの出入り口でも挙動不審になったりするところがあるので、もっと集中力が出てきて欲しいですね。体調面では落ち着いていますし、カイバも食べているように不安はありませんので、次も良い状態で出走させられるようしっかり調整していきたいと思います」

2014.08.21
(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
助手「今日も厩舎周りの引き運動でしたが、イライラしていませんし、落ち着いています。ほんとに手がかからない馬です。疲れも全くと言っていいほど感じませんし、元気いっぱいですね。カイバも残さず食べているので、馬体重も468キロまで戻っていてふっくら見せています。次走は9月7日(日)の小倉8R(3歳上500万下(牝)/芝1200m)に北村友騎手で向かう予定です。このクラスでは上位の力を持っていますし、次は決めてもらいたいですね」

2014.08.20
(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
助手「レース後も特に変わりありません。レースではジョッキーがロスなく進めてくれたとは思いますが、もう少し臨機応変に乗って欲しかったですよね。一頭だけ内から伸びたように良い脚は見せてくれたのですが、溜めて溜めて外のいいところを走ってくれば攻め馬のようなキレが繰り出せたはずですし、結果は違ったのではないかと考えています。ダメージはそれほどないようですので、週末から坂路に入れて調整を始めようと思います。次走については検討中です」

2014.08.16
8月16日レース後コメント
北村友騎手「指示通り、前に壁を作って進めました。良馬場発表だったとはいえ、進路をとった内側数頭分はポコポコしていたので、それに気を使ってしまいました。4コーナーからも内に進路を取らざるを得ませんでしたし、リズム良く進められませんでした。近くを走っていた11番の馬を気にしている感じもありましたね。直線に向いてからも手応えは伸びそうな雰囲気でしたし、実際にジリジリとした脚は使ってよく差を詰めてくれたのですが。距離は1200mが合っていると感じますが、思い切って後ろに下げて直線で勝負する極端な競馬を試してみてもいいかもしれません」

2014.08.14
(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
助手「追い切り後も変わりありません。ここまでは思い通りに調整を進めることが出来ました。馬体にはハリがあって大きく見せていますし、カイバも残さず綺麗に食べていました。天気がどうなりますかね。ピッチ走法で下を捕まえられる走りではあるのですが、パンパンの馬場にこしたことはないですよね。道中上手にコントロールして、前に馬を置いて進められれば良い結果が出ると思います」

2014.08.13
(安田厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 55.7-40.6-25.7-12.4 一杯
助手「動きは全く問題ありませんでした。終いだけ仕掛けて伸ばしましたが、時計も予定通りです。今日は馬場が重かったので最後は止まるかなと乗っていて考えていたのですが、ステッキを入れてからの反応はとても良かったです。この馬場でも12.4秒で上がってきてくれたように、調教の動きからこのクラスにいるような馬ではないと感じました。息の入りも前回とは全然違いますね。こちらでの調整期間は短いですが、今回は1度使ってガス抜きができていますし、中京のようなことはないと思います」
※今週16日(土)小倉12R・3歳上500万下(牝)(芝1200)に出走を予定していますが、最終的には天気なども考慮して決定します。想定では土日いずれも出走可能です。

2014.08.07
(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 70.4-51.9-34.2-17.1 馬なり
助手「乗った感じだと休養前とそう大きな変化はありませんね。落ち着いていますし、体もふっくら見せていて体調も良さそうです。この感じなら来週レースに行ってもしっかり対応してくれると思います。週末に56秒から56秒くらいのところを乗って、来週しっかり追い切れば態勢は整うと見ています。16日(土)の小倉12R(牝・芝1200m)に向かう場合は北村友騎手で、翌日の小倉12R(芝1200m)に向かった場合は松若騎手を予定しています」

2014.08.06
(グリーンウッドトレーニング→安田厩舎)
本日、栗東トレセン・安田厩舎に帰厩しました。

2014.08.01
(グリーンウッドトレーニング)
周回2000m、坂路1本。馬体重477キロ。
入場後はマシンでの運動を続けてきましたが、疲れもとれてリフレッシュができましたので、今週初めから乗り出しています。速いところは消化せず周回コースと坂路で普通キャンターでの調整ですが歩様に硬さは見られず、体調も良さそうです。本馬は小倉開催での出走に向け、来週水曜日に栗東トレセン・安田厩舎に帰厩する予定です。

2014.07.25
(グリーンウッドトレーニング)
マシンでの調整。馬体重462キロ。
入場後は60分のマシン運動で疲れをとり、リフレッシュを図っています。ピリピリした様子はなく大人しくしていますし、飼い食いも安定しています。早ければ来週頭から乗り出す予定ですが、2週間ほどの滞在になりますので、それほど緩めずに乗り込んでいくことにしています。

2014.07.23
(安田厩舎→グリーンウッドトレーニング)
本日、グリーンウッドトレーニングに移動しました。
安田調教師「レース後に擦り傷のようなものは確認されましたが、すでにケアをしていますし、特に問題はありません。8月16日(土)の小倉12R(3歳上500万下(牝)/芝1200)に向けて、今日から2週間ほどの短期放牧に出すことにしましたが、一度使ったことで息も体も十分出来ているでしょうし、牧場ではそんな速いところも必要がないのくらいだと思います。乗り込み量だけはしっかり確保してもらおうと思います。次走は北村友騎手で向かう予定です」

2014.07.20
7月20日レース後コメント
福永騎手「勢い良く出て行けたのは良かったですが、ムキになってほおっておくと勝手にスピードを上げていきそうな勢いでした。前半もう少しリラックスして運べていたら、直線で脚も残っていたと思うのですが…。理想は前に壁を作って一呼吸入れながら走らせる形、今日はそれが出来ずに下手に乗ってしまいました。すみません」
安田調教師「稽古でもたまにテンからグイグイ行き過ぎる様なところがある馬ですが、今日は心配していた面が出てしまいましたし、枠にも恵まれなかったです。権利は取れませんでしたが、次は小倉5-12を使おうと思います。状態を見て厩舎に置いて進めるか、グリーンウッドに短期放牧に出すか決めたいと思います」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター