FC2ブログ

ウインカルミナのレース結果

京都3R 2歳未勝利 芝 1600m 松山弘平 10着

ウインカルミナには前走のような追い込みを期待したのですが不発でした。まだ安定した走りができないのは気性が幼いからでしょうか。まあ3戦しましたし一息入れるにはちょうど良いタイミングでしょう。デビュー時にはパワー不足と言われたカルミナですし、大きく成長した姿で来年戻って来て欲しいですね。

2014年11月23日(日)
松山弘平騎手 前走と同様に序盤はあまり無理せずレースを進めましたが、道中は荒れた馬場を気にしてだいぶ走りづらそうにしていましたし、馬がバランスを崩さないように、手綱を抱えるようにして体を起こしながら走らせました。馬が行きたがっていたようにも見えたかもしれませんが、まったくそんなことはありませんでしたし、距離も大丈夫でした。前走は直線でかなり馬場がいい外目に持ち出してからいい伸び脚を見せてくれましたが、開催が進んでかなりボコボコしてきた今の馬場はこの馬には向かなかったようです。でも、能力的にはすぐにでも未勝利は勝てる馬だと思っていますし、キレイな馬場ならきっと見直せるはずですよ。

大久保龍調教師 牡馬相手でも抜けた馬はいないメンバー構成でしたし、流れひとつでチャンスがあると思っていましたが、今日はもうひとつ伸び切れませんでしたね。今日は予想よりも馬体重が減っていましたし、その辺りの影響もあったのかもしれません。トレセンではカイバはボソボソとは食べていましたが、食欲旺盛といった感じではありませんでしたからね。カルミナはまだまだこれからの馬だと思っていますし、この時期で競馬を3戦使えましたから、このタイミングでひと息入れて成長を促したいと思います。

片山駿の目 マイナス8キロの発表どおり、体つきは少しシャープな印象を受けましたし、もしかすると今日はその影響もあったのかもしれません。前走と同じ控える競馬で結果を残せなかったことは残念ですが、ジョッキーは「馬場が合わなかったことが全て」と話していましたし、それを考えると悲観する内容ではなかったように思います。この後の成長放牧では、まずは減った体を回復させ、さらに力を付けてくれることを期待したいところです。

2014年11月20日(木)
 今週出走予定のウインカルミナは、昨日19日(水)はCWコースでキャンター調整を行い、本日20日(木)に坂路で最終追い切りに臨んでいます。
 カルミナには松山騎手が騎乗し、併走馬の古馬1600万下チュウワストライクを1、2馬身ほど先行する形でスタート。残り3F付近から併走状態が長く続く展開になりましたが、ラストは両馬とも軽く仕掛けられる程度にとどめられ、そのまま併入でゴールとなっています。時計は4F56秒1、ラスト1F13秒0でした。
 騎乗した松山騎手は「行き出しで少し口を割り、変なスイッチが入りかかりましたが、その後は大丈夫でした。手応えは最後まで余裕がありましたし、動きは良かったですよ」と感触を語ります。
 また、大久保龍調教師は「(4F)55秒ぐらいを予定していただけに、もう少しやってくれてもよかったかな。ちょっとだけ消極的な乗り方になってしまいましたね」と不満も口にしますが、「ラストまで余裕はあったし、動きは合格点ですね。状態は引き続きいいと思います」と好ジャッジを与えています。
 また、「今回も前走のように道中は溜めを利かせて、ラストで脚を使うような競馬になると思います。この馬は後ろから突かれるより、前を目標に追いかける形のほうが集中力が長続きする傾向がありますし、今はこういう競馬の進め方が合っていると思いますからね。前走のようにここもしっかり走れるようだと先々が楽しみになりますね」と好勝負を期待している様子でした。
 なお、出走番組については、当初は今週の京都月曜3R芝1400m牝馬限定戦を予定していましたが、相手関係を重視して急遽、今週の京都日曜3R芝1600mに目標を切り替え、松山騎手で出走が確定しています。

2014年11月13日(木)
 来週の京都月曜3R芝1400m牝馬限定戦に松山騎手とのコンビで出走予定のウインカルミナは、昨日12日(水)は坂路を楽走で1本のメニューを消化し、本日13日(木)は坂路で併せ馬の1週前追い切りがかけられました。
 調教パートナーは、同じ来週出走予定で和田騎手騎乗の古馬1000万下ウインプリメーラでしたから、カルミナが大きく先行でスタート。「向こう(プリメーラ)は休み明け。今の状態ならカルミナの方が動くかもしれませんよ」と追い切り前に語っていた大久保龍調教師でしたが、残り2F標識で並ばれると、最後はさすがに古馬の貫録を示される形で3馬身の遅れでゴールとなっています。時計は4F53秒4、ラスト1F12秒9でした。
 大久保龍調教師は「相手が休み明けとはいってもそう甘くはなかったですね。でも、今日は相手が悪かっただけでカルミナ自身は今までで一番の動きだったように思います。状態も安定して良さそうですし、順調に来週のレースを迎えることができそうですよ」と笑顔を見せていました。

2014年11月6日(木)
 先週の京都では、後方追走から直線で外に切り返すと際立つ伸び脚で3着まで押し上げたウインカルミナ。大久保龍調教師は「あまり自信はなかったのですが、2戦目でしっかりと変わってくれましたね。いいレース内容だったと思います」と変わり身を喜んでいました。
 前走後はレース当日のうちに、トレセンに隣接する島上牧場に放牧に出ており、数日間の調整後、本日6日(木)に再び栗東トレセン・大久保龍厩舎へと帰厩しています。
 同調教師は「前走後はかすり傷程度の外傷はありましたが、大したことはありませんでしたし、もちろん腱やスジなどは全く問題ありません」と順調を説明しています。
 なお、次走については、中2週で、再来週の11月24日、京都月曜3R芝1400m牝馬限定戦に再び松山騎手とのコンビで参戦予定です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター