FC2ブログ

ウインオリアートのレース結果

DSCF0846.jpg

東京12R 3歳以上500万下 芝 1800m 戸崎圭太 3着

レース後コメントにあるようにオリアートは金曜日にも坂路追いを行ったにも関わらず4キロ増の440キロと抜群の馬体と気配でした。そして按上はリーディングジョッキーの戸崎騎手と必勝体制。レースでは上がり最速でゴールに迫るも3着と本当に悔しい競馬でした。本当に許すまじ松岡。
ゴール前で他の出資者の方達と見ていたのですが不利には全く気付きませんしたが、パトロールビデオでは17番が松岡騎手の左ムチで思いきしオリアートに寄ってきてぶつかってますからね。あれで左に押されなければアタマ、クビの着差ですし間違いなく差し切っていたでしょう(怒)。あまり人のことを悪く言わない戸崎騎手も「あれは無いですよ」と言っていたようですし、勝ちたい時に勝てなかったのは非常に残念です。
次走はすかさず戸崎騎手を押さえて中2週で14日(日)の中山12R・芝1800mに向かうそうです。今回の出来が良すぎただけに調子落ちは否めませんが、今度こそこの鬱憤を晴らして欲しいです。

2014年11月23日(日)
戸崎圭太騎手 スタートは出たのですが、その後は少しフワフワしていて、ポジションが後ろになってしまいました。それでも、その後は馬群の中でうまく運べましたし、折り合いもバッチリでした。外に出してゴーサインを出した時の反応も良かったですし、直線に入ってからの手応えからも、これなら前をまとめて交わせるなと思いました。しかし、スピードに乗ったところで、前の馬に寄られてしまい、そこからずっと外に張られてしまったんです。あれは本当に痛かったです。真っ直ぐ走れていたら、間違いなく突き抜けていたでしょう。能力は高い馬ですし、すぐにこのクラスは勝てますよ。

鹿戸調教師 あれはないよな~。松岡は左ムチを入れ続けてずっとオリアートに寄ってくるんだから。あれがなければ、間違いなく勝っていたでしょう。それでも、最近は馬体は安定してきましたし、それによりレース当日も落ち着いていられるようになりました。ですので、安定して力を出せるようになったのでしょう。次走は、12月14日、中山日曜12R1800mへ向かいたいと思います。戸崎も続けて乗れるというので、次こそしっかり決めたいと思います。

押田の目 今回は追い切り後に胃薬を与え、金曜日に珍しく前々日追いもやりましたし、リーディングの戸崎騎手を配して完全に勝負気配が漂っていました。調教を強化しても、当日の馬体重はプラスでしたし、返し馬も落ち着いてできた時には、勝利を疑わなかったほど。しかし、今日は直線での不利により、勝利を手にすることはできませんでした。それでも、1、2着馬は馬場のいい内を通りましたし、今の外差しの利かない東京の馬場の中、間違いなく一番強い競馬を見せたのはオリアートです。ここ2戦は後方からでも脚を使えたように、競馬ぶりにも幅が出てきていますし、もうこのクラスを勝つのは時間の問題でしょう。次こそ、不利なくスカッと決めたいところです。

2014年11月20日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日19日(水)にWコースにて最終追い切りがかけられました。相手は、古馬500万下ダイワラスターで、オリアートが追走してスタート。4コーナーでは内から追い上げ、直線ではピッタリと体を併せます。その後も鞍上の手がまったく動かないオリアートですが、グイグイ自分から動き、最後は強めに追われる相手と併入ゴールとなっています。ゴールを過ぎてからもその勢いは続き、1コーナー過ぎでは相手の5、6馬身前を気分良さそうに走っていました。
 鹿戸調教師は「抜群だね」と笑顔でひと言。続けて、「重いウッドコースでこれだけいい動きを見せるのだから、状態は間違いなくいいでしょう。あとは、馬体だけ。最近は追い切りの後でもカイバ食いはそこまで落ちなくなりましたが、ここは勝負ですから、胃薬を与えて万全を期するつもりです。牡馬混合戦で相手関係がカギになりますが、状態は最高と言えるデキですから、なんとかしたいと思っています」と自信の表情で語っていました。
 そして本日20日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の東京日曜12R芝1800mに戸崎騎手で出走が確定しています。前走より圧倒的にメンバーは強化されますが、オリアートも状態の上積みはあり、リーディングの戸崎騎手とのコンビも心強いところ。ここでの2勝目に期待したいところです。

2014年11月13日(木)
 来週の東京日曜12R芝1800mに戸崎騎手で出走を予定しているウインオリアートは、中2週での出走ですが、いつも通り1週前は時計を出さずに、軽めの調整。昨日12日(水)はダートコースから坂路を楽走で1本というメニューを消化し、本日13日(木)は北馬場で調整されていました。
 鹿戸調教師は「カイバもこの馬なりに食べていますし、今は前走と同じくらいまで数字は戻っています。来週までにもう少し増やせるでしょうし、次は輸送時間が短い東京に替わりますから、馬体は心配ないと見ています。ベストな条件でベストなジョッキーですから、次はしっかり決めたいと思います」と話していました。

2014年11月6日(木)
 先週の福島では、勝負どころで動けず、直線で脚を伸ばした時には時すでに遅しという内容だったウインオリアート。レース後は、トレセンまでの輸送で馬体は若干減りましたが、見た目にはお腹が巻き上がって見えることはありません。カイバもこの馬なりに食べていて、日に日に馬体は回復傾向にあり、本日6日(木)からは北馬場で乗り運動も再開しています。
 鹿戸調教師は「休み明けを叩いて状態は本当に良かったですし、初也(木幡初騎手)がうまく乗っていたら勝っていた競馬だっただけに、本当に申し訳ありませんでした」と改めて頭を下げます。続けて、「次は東京ですから、輸送で減ることもないでしょうし、中2週あれば馬体の回復にはまったく問題はありません。ジョッキーは戸崎騎手を押さえましたので、そこでしっかり決めたいと思います」と鞍上強化での勝利を誓っていました。
 なお、次走はその言葉通り、11月23日、東京日曜12R芝1800mにリーディングを独走している戸崎騎手で向かう予定となっています。

oriart141123_01.jpg   oriart141123_02.jpg

oriart141123_03.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター