FC2ブログ

レッドシルヴィ新馬勝ち!!



レッドシルヴィが新馬勝ちをしました!!

愛馬ウインムートに続いてレッドシルヴィもデビュー勝ち。
愛馬のデビュー勝ちは一口馬主を始めるに当たっての目標でしたし、しかも名付け親になった馬が続けて勝ち上がってくれるなんて感無量です!!
レッドブラッサム以来の口取りもできましたし、これで東サラでの2歳愛馬はレッドラウダに続いて2頭目の勝利。順調過ぎて怖いくらいです。シルヴィは目標にしていたレースが除外になり急遽日曜に廻ったんですよね。土曜に出走なら応援に行けなかったので、個人的には良かったのですがマイルはちょっと忙しいかなと思っていました。でもそこは良血のなせる業でしょうか。4コーナーで狭い所を物怖じせず突いて、しっかりと前を差し切ってくれました。エライ馬です!!


9月20日レース後コメント(1着)
蛯名騎手「初めてのレースでしたが、テンションもそこまで上がらずに、良いフットワークで返し馬もできていましたよ。スタートも悪くなかったのでリズム良く走らせたかったのですが、追い切りの時もそうだった様に、耳を絞って警戒しながら走っていましたね。道中も促さないと止めそうになっていたので、こちらが手綱を揺すって促すと、今度はハミを噛んで行きたがるような場面もありました。まだ競馬というものを理解できていないので、気持ちのオンオフの切り換えがしっかりできる様になることが、これからの課題になってくると思います。それでも追い出してからは狭いスペースをしっかり縫って走れましたし、追ってから味がある馬ですよ。馬場が良い時に使うことができたのも良かったですね。まだ遊びながら走っていて体もパンとしていないので、そういうところも良くなれば、もっとパフォーマンスが上がってきそうです。使ってから良くなるタイプかなと思っていたんですけどね。初戦から結果を残すことができて安心しましたし嬉しいです。今日はありがとうございました」

鹿戸調教師「距離は少し忙しいかなと思いましたが、ペースが落ち着くのは分かっていたので対応してくれましたね。初戦から勝つことができてホッとしています。蛯名騎手も言っていた様に、まだ気持ちの面が不安定なので、これからレースや普段の稽古で経験を積んでいくことができれば、さらに良化が見込めるのではと思います。今日、そのままミホ分場へ放牧に出します。まず疲労回復を優先に進めてから、馬体をフックラしていける様に調整してもらいます」


レース後のコメントで気持ちの面が不安定と騎手、調教師からありましたが、その辺が馬体重に関係しているのでしょうか。牧場にいた時は453キロあった馬が426キロですからね。ただ鹿戸先生はオリアートの時にも飼い葉の悪かった際に胃薬を与えたりと繊細な牝馬の調整に長けた方だとおもっているので、シルヴィも大丈夫でしょう。一度ミホ分場に出されるようですが、順調ならアルテミスSから阪神ジュベナイルフィリーズかな。ヴィクトワールピサ産駒の代表馬となれるような活躍を期待します!

小さな馬体ながら勝ち上がった理由はこのトモにある気がします。飛節も良く伸びていますし、馬体重も440キロくらい欲しいな。
redsilvy150920_2.jpg   redsilvy150920_3.jpg


2015.09.17
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので、今日は角馬場でダクを乗って調整する予定でしたが、追い切り後はやはり飼葉の食いが落ちてしまうので、厩舎周りで曳き運動のメニューにしました。歩様自体はしっかりしていますし、今のところバテている様子もなく、元気もあります。今日の午後からもう一度状態をチェックして、大丈夫そうであれば明日は角馬場で軽く乗って、ゲートも確認する予定でいます。初めて厩舎に入って来た時も落ち着きがなかったですし、新しい場所ではテンションが上がってしまう可能性があるので、牝馬ということもあってレースまでは慎重に対応し、馬がしっかり力を出せるようにエスコートしてあげられればと思っています」
※当初出走を予定していた土曜中山5R(芝1800m)は除外となったため、日曜中山5R(牝馬限定・芝1600m)に再投票を行っています。

2015.09.16
(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、ウッドコースで追い切り。
9/16(水) ウッド
内レッドシルヴィ 54.9-40.4-13.6 馬なり
外ミエノキティ 55.8-40.8-13.6 馬なり
助手「今日はダートコースで体をほぐしてから、ウッドコースにて追走する形で進めて、直線では内に入れて追い切りました。先週、蛯名騎手が乗って追い切った時もそうでしたが、併せに行く時に少し躊躇してしまうところがありますね。周りを気にする面もありますし、どこか警戒しているようなところはあります。それでもフットワークは素軽く、手応えを感じますし、息の入りもだいぶ良くなっていますよ。状態は整ったので、あとはレースに行ってしっかり走ってくれればと思います」
鹿戸調教師「レースではもう少し前向きさが出て欲しいところですが、使って行けばそのあたりも良くなって行くと思います。今日は相手が動かない馬とはいえ、直線で並び掛けてからは良い動きを見せていましたね。ここまで順調に進められましたし、やる事はやって来たので楽しみにしていますよ。予定通り今週の中山を蛯名騎手で使います」

2015.09.10
(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動調整。
三浦騎手「今日は北の角馬場で軽く運動しました。初めて乗りましたが、少し周りに気を遣いながら走っている感じでしたね。追い切りでもそういったところがあると聞いていましたし、牝馬なので余計に気にそういう面があるのかもしれません。それでも動きには軽さがありますし、気性面が良くなれば楽しみな馬だと思うので、レースを使いながらジックリ成長して欲しいと思います」

2015.09.09
(鹿戸厩舎)
乗り運動後、芝コースで追い切り。
9/9(水) 芝
内レッドシルヴィ 55.7-41.8-12.6 馬なり
外モアニレフア 56.3-42.2-12.6 馬なり
蛯名騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。この馬が追い掛ける形でしたが、少し相手に気を遣いながら走っている感じでしたね。追走している時から終始耳を絞っていましたし、併せてからも集中しきれていないのか、フワフワした動きでした。初めて乗った印象としては気性面もまだ幼く、これから進めて行く中で動きも良くなって来るように思えましたが、乗り味は軽いですし、良いモノを持っています。状態はだいぶ整って来ているので、来週にはちょうど良い具合に仕上がると思います。今日乗った事でデビュー戦でのイメージはだいぶ出来たので、この後は無事にレースを迎えられればと思っています」
鹿戸調教師「まだ暗い時間帯だったのもあったのか、併せ馬の時に少し躊躇するような面が見られましたね。それでも蛯名騎手の話では『気がまだピリっとして来ていないだけで、調子は良く、実戦向きかも知れない』との事でした。今のところ順調に進められているので、来週のデビュー戦に向けてしっかり調整して行きます」

2015.09.03
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
攻め厩務員「昨日追い切ったので、いつもなら角馬場でダクを踏んで様子を見ますが、追い切るとどうしても飼葉の食いが落ちてしまうので、今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。歩様そのものはしっかりとしていますし、体のラインも細くなり過ぎている感じはありません。与えた乾草はしっかり食べてくれているので、この後も飼葉に関してはいろいろ試してみて、馬に合った物を与えながら馬体を調整して行きます」

2015.09.02
(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、芝コースにて単走で追い切り。
9/2(水) 芝 67.4-51.4-38.6-12.8 馬なり
上野騎手「今日は前の併せ馬を見る形で単走で追い切りました。追い切りには初めて乗せてもらいましたが、下ろしがけから折り合いもしっかり付いて、スムーズな走りをしていましたね。動きに硬さは感じられませんでしたし、前の馬たちが少し飛ばしていたので、予定より少しだけ時計は速くなってしまいましたが、上がってからの息の入りも良かったですし、まだまだ走りには余裕がありましたよ。欲を言えば、終始右にモタれながら走っていたので、真っ直ぐハミを取って走れるようになれば良いのですが、苦しくてモタれている感じではありません。あとは本数を重ねて状態を上げて行ければ楽しみな馬ですね」
鹿戸調教師「後半の組で乗っていたこともあり、雨でウッドコースの馬場状態が悪くなっていたので、今日はレースを意識して芝コースで追い切りました。若干ペースが速くなりましたが、動きや息などもしっかりしていましたよ。終いの詰めが甘いところは見られましたが、レースまでまだ時間があるので、そのあたりはしっかり修正しながら進めて行きます。今のところレースに向けて順調に進められていますね」

2015.08.27
(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「今日は追い切った馬たちと一緒に隊列を組んでダクを踏んで調整しました。運動中も気になる感じはありませんでしたし、上がって来てからも落ち着いていましたね。昨日は初めての追い切りでしたが、初めてにしては動きも良かったですし、まだまだ良化しそうですね。元々、飼葉の食いは細いところがある馬で、昨日もあまり食べていませんでした。それでも疲れが出ているような感じはありませんし、入厩当初は毛ヅヤが悪かったのですが、段々と良くなって来ていますよ。まだ予定のレースまでは時間があるので、デビュー戦という事も考えて焦らずに進めて行こうと思っています」

2015.08.26
(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、坂路で追い切り。
8/26(水) 坂路
内エッケザックス 56.2-41.5-27.3-13.7 馬なり
中レッドシルヴィ 56.5-41.8-27.5-13.9 馬なり
外レッドアイヴァー 56.9-42.1-27.7-14.0 馬なり
助手「今日はダートコースを半周してから、坂路にて3頭併せの2番手で進めて、最後は真ん中に入れて追い切りました。雨が降る前の良い馬場で追い切れた事もあり、テンからスムーズに入る事ができましたし、前の馬を目標にというよりは、終始自分のリズムで走っているような印象でしたね。乗っていても非常に操作しやすい馬ですし、牝馬のわりに気も強いので、最後併せた時も対抗心を出していたのは良かったと思います。さすがに1本目の追い切りなので、上がってからの息は少し荒かったですが、本数を重ねて行けば問題ないと思いますよ。素質のある馬なので、このままデビュー戦に向けて調整して行きたいですね」

2015.08.20
(鹿戸厩舎)
北のダートコースを半周後、ゲート試験(合格)。
鹿戸調教師「昨日の午後からのチェックでも大きな疲れは見られなかったので、昨日の感覚を忘れないうちに今日もゲート試験を受けました。今日は他厩舎の馬達と一緒に受けましたが、入りはスムーズでしたし、隣に馬がいてくれたのもあって、中での駐立もリラックスできていましたよ。スタートしてからの反応と1歩目の出は隣の2頭の方が速かったのですが、シルヴィは出てからの二の脚が速いので、すぐに追い付く事ができましたね。2本目も同じように冷静に対応できたので、無事合格することができてまずはホッとしています。昨日今日とゲート試験を受けて多少の疲労はあるはずなので、今週いっぱいは楽をさせて、追い切りは来週からやって行こうと思っています。この後の動きを見ながらになりますが、距離はマイルより少しあった方が良いと考えているので、デビュー戦は9/19(土)の中山5R(芝1800m)を目標に進めて行きます。鞍上は蛯名騎手にお願いしています」

2015.08.19
(鹿戸厩舎)
坂路下馬場で運動後、坂路1本。その後、ゲート試験(不合格)。
8/19(水) 坂路 65.0-49.6-33.6-16.9 馬なり
鹿戸調教師「今日は坂路を1本軽く登ってから、練習のつもりでゲート試験を受けてみました。先週教えた事を馬がしっかり理解してくれていて、入りもスムーズでしたし、ゲート内では少しキョロキョロする仕草は見せたものの、しっかり我慢できていました。スタートも1本目は良い反応で出られましたね。ただ、2回目は中での駐立が少し長かったのか、馬も飽きてしまったようで、物音に過敏に反応してゲート内で立ち上がってしまい、試験は不合格になってしまいました。中で待たされる事になり、1頭だったのもあって、少し可哀想な感じはしますが、レースに行けばそういった状況になる事もありえるので、今日の失敗はしっかり受け止めたいと思います。最後にもう一度駐立をやってみましたが、その時は大丈夫だったので、午後から状態をしっかり確認して、大丈夫そうであれば明日もう一度試験を受ける事にします」

2015.08.13
(鹿戸厩舎)
北のダートコース半周後、ゲート練習。
鹿戸調教師「今日は北のダートコースで体を動かしてから、ゲート練習をしました。ゲート練習は1頭で行いましたが、昨日の練習で『ゲートは怖くない』というのを教えた事もあり、今日はすんなり入ってくれましたね。中での駐立でも悪さはしないですし、落ち着きもあったので、スタートはキャンター出しでやりました。今日もゲートが開いてから一瞬躊躇していましたが、昨日に比べて二の脚が速く、全体を通してはゲート試験を受けても良いレベルだったと思います。それでも、テンションが高くなりやすいところがありますし、無理に進めて行くよりも慎重に教えてあげたいので、ゲート試験は来週受ける方向で考えています。今のところ手が掛かるような面はないので、まずはゲート試験合格に向けて進めて行きます」

2015.08.12
(鹿戸厩舎)
坂路下馬場で運動後、坂路1本。その後、ゲート練習。
8/12(水) 坂路 68.8-51.8-34.7-17.6 馬なり
助手「今日は坂路を1本登ってからゲート練習を行っています。先週は運動でも少しチャカついていましたが、徐々に落ち着いて来てくれていますね。坂路ではしっかり体を使えていて、掻き込むようなフォームで走れていますよ。ゲート練習では、最初に何度かゲートを通してから、消音ゲートで前扉を閉めて入りの練習をしました。厩舎の洗い場に入る時もそうでしたが、1回目は入るのを嫌がるような面を見せて来ますね。馬自身が納得すればすんなり入ってくれますが、少し意固地になって反発する面があるので、ゲートの入りは入念に教えて行きたいと思います。ゲート内での駐立は我慢できていたので、手開けでキャンターで出すところまでやりました。正直、反応は遅かったのですが、そのあたりは慣れも必要なので、そこまで心配しなくても大丈夫だと思います。入厩当初は慣れないのもあったのか、馬房でもソワソワしていて、飼葉の食いも悪かったのですが、今は徐々に食べる量も増えていますよ。明日も今日と同様のメニューで調整して行く予定です」

2015.08.07
(鹿戸厩舎)
乗り運動後、北の角馬場でダクと軽いキャンターを15分。
鹿戸調教師「昨日入厩して来て、少しうるさいところを見せていたので、今日は北の角馬場で軽く乗って調整しました。今日は落ち着いていましたし、他の馬の後ろをしっかりついて歩けていたので、昨日よりは良かったと思います。今日の感じから元気もありますし、まずはゲート試験合格に向けて進めて行きます」
助手「初日にしては運動時から落ち着いていましたね。角馬場で乗っていてもうるさいところは見せませんでしたし、ハミの取り方も良かったので、全体的にしっかりしている感じです」

2015.08.06
(ミホ分場→鹿戸厩舎)
本日、美浦トレセンに入厩しました。

2015.08.05
(社台ファーム→ミホ分場)
8月3日(月)、ミホ分場に移動しました。

【追記】
明日、美浦トレセンに入厩予定となりました。

2015.07.31
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重453キロ。
直線ダート走路でF17~16秒、週2回周回コースで3Fから45~43秒のメニューを消化中です。ここにきて体の前後のハマりが良くなり、馬も走りやすいのか動きに伸びやかさが出てきて終いまでしっかり走れるようになっています。良い感じに上昇してきたところで、先生も移動を考えてくれたようで、近々ミホ分場に移動の予定となりました。

2015.07.15
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重465キロ。
常時直線走路でF17~16秒、週2回、周回外回りコースで3Fから46~44秒のメニューを継続しています。この中間もしっかり乗りながら体重も減らしていませんし、ようやく中身からしっかりしてきたかなという感じです。少しテンションの上がりやすい面があるので、メニューには日ごとメリハリをつけていますが、この中間は落ち着きも出ているので、精神的な成長も感じられるようになってきました。良い雰囲気で調整できているので、この状態を維持していきたいです。

2015.06.30
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重461キロ。
常時直線走路でF17~16秒、週2回周回外回りコースで3Fから46~44秒のメニューを消化しています。この中間から調教負荷を高めましたが、体がしぼむこともなく、肉体的な成長が感じられます。強めの本数を重ねてきたことで、背腰の緩さも解消傾向にありますし、ちょうど良い方に変わってきていますね。さらに乗り込みを強化して全体の底上げを図っていきます。

2015.06.15
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重451キロ。
常時直線ダート走路でハロン18~17秒を1本のメニューですが、日によって終いだけ15-15を乗ることもあります。以前の線の細さが解消されてきましたし、その分稽古でも加減の必要が少なくなってきています。今後もコンスタントに15-15を乗って、更なる良化を図っていきたいですね。

2015.05.29
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重455キロ。
この中間から直線入りを再開してハロン18~17秒で1本登坂のメニューです。コース調教だと気持ちに散漫なところも見られましたが、直線走路では走りに集中できていますし、ハミ受けも良好です。この感じなら徐々に調教負荷を強めていけそうですが、以前はやり出すと体が減る傾向にあったので、今のふっくらした馬体を維持できるよう努めていきたいです。

2015.05.15
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター2400m。馬体重455キロ。
騎乗運動を開始してからも疲れは見せていませんし、体もふっくら良い雰囲気を保っています。この中間は少し距離を延ばして左右の手前で1200mずつ走らせています。一時は直線ダートでも乗っていた馬ですから、このぐらいのメニューだと余裕十分。まだ遊びながら走っていますし、その分走りに集中しきれていない仕草を見せることもあります。進めていけば自然と解消するものと思いますが、しばらく楽をさせていた馬ですし、ペースアップは段階を踏んで徐々にですね。資質はある馬ですし、焦らず進めていきます。

2015.04.30
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター2000m。馬体重452キロ。
この中間は周回キャンター2000mを乗っています。直線ダートに移行する前の段階で体力面を強化しているところですね。馬体重は減りましたが、これはやり出した分でしょう。それでも細くは見せませんし、なかなか良い体付きをしています。ある程度充電期間を設けたことは良い方に作用したものと見ていますよ。休む前から動きの良さは評価されていましたし、この調子なら直線コースに戻る日もそう遠くはないでしょう。今の課題は少し集中力を欠く点ですが、しばらくマシンしかしていなかったので、その影響もあるのではないでしょうか。そうした点にも留意しながら、徐々にペースを上げていきます。

2015.04.15
(社台ファーム)
前回から大きな変動はなくこの中間もマシン運動でしっかり負荷をかけています。見た目にはだいぶボリューミーな体に変わってきていますが、馬体重はまだそこまで増えていません。騎乗運動をしていないせいもあるのかもしれませんが、動きも多少緩慢に映りますね。ただ、これは乗り出せば自然と解消するでしょうし、特に問題はないでしょう。熱発から思ったよりも騎乗再開が長引いてしまいましたが、どちらかと言えば奥手の血筋、もともと慌てるつもりもなかったので、しっかり立て直してから始動をと考えています。引き続き馬体を見ながら乗り出しのタイミングを図っていきます。

【追記】4/17
昨日から周回キャンターでの乗り込みを開始しました。まだ始めたばかりですが、動きに硬さもなく、上々の立ち上がりだったと思います。体は465キロと維持できています。

2015.04.01
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重460キロ。
身体をもうひと回り膨らませてから騎乗再開と思っていましたが、ほぼ前回から横ばいでしたね。そのためまだ騎乗は始めていませんが、それでも見た目にはふっくら見せていますし、毛ヅヤも徐々に良くなってきて体調はすっかり回復しました。普段から元気いっぱいです。引き続き騎乗再開のタイミングを図りながら調整していきます。

2015.03.13
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重462キロ。
この中間もマシン運動を継続していますが、この休養で食いが戻って馬も元気を取り戻しています。とても良い充電になったと思います。体もふっくら見せて体調面も問題ないので、近日中にキャンターから立ち上げる予定でいます。

2015.02.27
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重458キロ。
引き続きマシンを継続しています。馬体重は間もなく460キロ。楽をさせたことでだいぶ膨らんできましたね。今は焦る時期でもありませんし、12月の時点で走る感触を得たからこそ、ここまでじっくり進めてきました。今は体調も問題ないですし、乗り出しのタイミングを図りながら体調アップと馬体重の増加に努めていきます。

2015.02.13
(社台ファーム)
マシン運動120分。
引き続きマシン運動でリフレッシュを図っています。体調は問題ないので後は乗り出しのタイミングだけですが、休ませて気持ちもリラックスできているので、もう少し様子を見ています。牝馬にしてはトモ幅があって姿見も良い馬ですし、再開すればすぐ軌道に乗れると思います。

2015.01.31
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重440キロ。
熱発は治療してすぐ平熱に戻ったので心配ないと思います。楽をさせたことで馬体もふっくらしてきましたね。もうしばらくマシン運動でケアを続けたいと思います。

2015.01.15
舎飼休養。馬体重422キロ。
中間、熱発したため舎飼にて休ませています。ウイルス感染による発熱とのことで、数日で平熱に治まりましたが、ちょうど体の成長を図りたい時期でもありますので、しばし休ませて体力回復に努めます。ここにきて乗り役の感触も良く、評価の上がっている馬ですし、だからこそ焦らずじっくり進めます。

2014.12.26
(社台ファーム)
直線ダート走路で常時ハロン18~17秒のキャンターを消化しています。乗り込みに比例して筋肉の発達に良化が見られます。やはりこの血筋ですね、やるごとに良さが出てきました。四肢の動きが正確で動きに力強さも出てきています。体は420キロと小柄なのですが、小さくは見せませんし、ここにきての上昇ぶりが目立つ一頭。このまま好調を維持させていきたいですね。

2014.12.01
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重430キロ。
常時直線ダート走路でF18~17秒のメニューを消化しています。メニューを強化してからも体が増えているのは、調教に落ち着いて臨めていることも大きいかと思います。精神面の安定が体の安定にも繋がっています。かといって大人しいだけではなく、気の強さもあるのですが、人には従順で操作性が高く、それが動きの良さに結びついているような気がします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター