FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインアルザス、松籟ステークスに出走

ウインアルザスは31日(日)京都10R松籟ステークス、芝2400mに川田騎手騎乗で出走。
9頭立てのハンデ戦ですが、アルザスのみ56キロのトップハンデは見込まれたなあ。前走は度外視してグレイトフルSの好走が評価されたのでしょう。
前走は西園先生も逃げ切らなかった騎乗に怒り心頭だったようで、それだけに今回は決してハナを譲らず逃げを打ってくれるはず。あとはとにかく持久力勝負です。
頑張れアルザス!!

2016年1月28日(木)
 今週の出走を予定しているウインアルザスは、昨日27日(水)に坂路で最終追い切りがかけられました。開門直後に馬場入りし、単走でラストは一杯に追われて、4F52秒2、ラスト1F12秒2で締めくくっていました。
 騎乗した担当の桜井助手は「いつもは多少なりとも右にモタれるところがある馬ですが、昨日は最後まで真っ直ぐ走れていましたし、動きも抜群に良かったですよ。追い切り明けも脚元は全く問題ありませんし、レースに向けて特に不安は感じません」と笑顔で状態を説明しています。
 続けて「トップハンデにはビックリで、正直、少し納得がいかない気持ちもありますが、それだけ力が買われているということなのでしょうか。ここもスンナリ自分の形に持ち込めるかどうかがカギになりますね。少頭数なので、道中で他の馬が動いてこないかが心配ですが、あとは上手くいくことを願いたいところです。勝って口取りの写真撮影をしたいですね」と期待を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日28日(木)は引き運動のみの調整で、午後の出馬投票では、今週の京都日曜10R「松籟S」芝2400mに川田騎手とのコンビで出走が確定しています。

2016年1月21日(木)
 来週の京都日曜10R「松籟S」芝2400mを川田騎手で出走を予定しているウインアルザスは、昨日20日(水)は降雪の影響もあり、坂路を楽走で1本にとどめ、本日21日(木)には坂路で1週前追い切りがかけられました。
 担当の桜井調教助手が騎乗して、開門直後の馬場を単走でスタート。前半セーブされたこともありますが、ラストは1Fは馬なりのまま12秒6をマークし、全体は4F56秒7でした。
 同助手は「来週はしっかり追い切る予定なので、今朝は軽めにセーブしましたが、動きはめちゃくちゃ良かったですよ。脚元を含めて何も不安のない状態です」とキッパリ語り、「この馬、レースを使っても調教で攻めてもテンションが上がらず、ずっとマイペースを保てるのがいいところなんです。だから長丁場をこなせるんでしょうね。環境の変化にも全く動じませんし、仮に海外遠征をするとなっても全然へっちゃらなタイプだと思います」と特徴を説明していました。予定しています。


2016年1月14日(木)
 前走後も在厩で調整中のウインアルザスは、昨日13日(水)、本日14日(木)ともらCWコースを1周から坂路を楽走で1本というメニューを消化しています。
 担当の桜井調教助手は「前走後も変わりなく順調ですよ。叩き良化型タイプらしく、レースを使いつつ状態は順当に良くなっています。休み明けの時と比べると、今はまるで走りの素軽さが違いますし、だいぶ動ける状態になっていますよ。馬体ももうこれ以上絞る必要はありませんし、さすがにプールにまで連れていくのはヤメました。でも、太りやすいタイプなので、日々長めの距離を乗って緩まないようにはしています。来週からは追い切りも行っていきます」と順調を説明していました。
 なお、再来週の1月31日、京都日曜10R「松籟S」芝2400mには、前走に引き続き川田騎手とのコンビで向かいます。

2016年1月7日(木)
 5日(火)の京都「万葉S」では、出入りの激しい展開でスムーズな競馬ができず、8着に敗れたウインアルザス。担当の桜井調教助手は「体つきをはじめ、状態面には自信を持っていましたし、先手を取り切った時には勝ったと思いましたけどね。その後、2頭に続々と来られてしまったように、前走はとにかく展開がキツかったです。今思えば、ここ最近は楽に先手を取れたように、うまく行き過ぎた部分もありましたから」と前走を振り返っていました。
 前走後は、まだ引き運動の調整ですが、脚元を含め引き続き順調で、週末からは乗り込みを再開する予定です。
 なお、この後は在厩のまま調整し、次走は、1月31日、京都日曜10R「松籟S」芝2400mを予定しています。

2016年1月5日(火)
川田将雅騎手 前半のスピードの乗りはいまひとつでしたが、他に競りかけてくる馬もいなかったので先手を取れました。そこまでは良かったのですが、ネオブラックダイヤが引っ掛かってきたり、道中で自分のペースを乱されたのが堪えました。他の馬が来ても折り合いを欠くことはないのですが、自分のリズムで運んでこその馬なので、展開がキツかったですね。距離は大丈夫でしたが、上がりの早い流れも向きませんでした。申し訳ありません。

西園調教師 なんでああやって簡単に先手を譲ってしまうかなぁ。速い上がりを使えない馬なのに勝負所までジッと構え過ぎですし、全体的に綺麗に乗り過ぎです。アルザスは後続に脚を使わせてナンボの馬ですから、もっと自ら積極的に動いていかないと。状態は非常に良くなっていましたし、まともなら勝ち負けになると思っていただけに非常にもったいないです。次はこの馬の特徴をしっかり生かせるジョッキーに乗ってもらおうと思います。連闘後なのでレース後の状態次第ですが、続戦の方向で考えています。

片山駿の目 叩き2走目で大きな期待がかかる一戦でしたが、一旦取りきったハナを道中で奪われてしまったように、逃げ馬のアルザスにとって展開が厳し過ぎました。今日のように速い上がりの決着で他馬とのヨーイドンでは分が悪すぎますし、今日は悪い部分が全て出てしまった印象です。前走のようにマイペースで逃げられれば結果も全く違ったものになったはずですから、非常に悔しいレースでした。次走こそはスムーズな競馬で巻き返しを期待したいところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
0-0-0-1-1-1/3

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。