FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーバーの近況

フレーバーは3戦目で初勝利をあげましたが、本当に良く頑張ってくれました。
バルジュー騎手が小倉で続けて乗ってくれたのが大きいと思います。来年こそJRAの騎手試験に合格して、ずっと乗って欲しいです。
しかし予想はしていましたがアイルハヴアナザー産駒は種付け頭数の割りに14勝といまいちな出だしで、BRFオータムパーティーでは総帥が早くも失敗と言ってたっけ。相変わらず切り替えの早い方ですが、サンデー系と付けれる利点はあるので日高の他牧場で良い馬が出るかもしれませんね。
そんな中で勝ち上がってくれたフレーバーですが、連闘の影響か復帰にちょっと時間がかかってます。芙蓉Sを現地で見て思ったことですが、勝ち上がるにはメンバーと展開に恵まれないと厳しいと思う。洋芝や時計のかかる馬場でないと勝負できないと思うので、フレーバーに合ったレースを選択して欲しいです。

fraver_winner1.jpg

12月23日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間、左前肢の球節に腫れが見られましたが、騎乗は継続しても問題ないレベルです。主任は「痛みはありませんが、大事を取って追い切りは控えています。しばらく経過を観察して問題なければ追い切りを再開します。気持ちが入ってきていて、仕上がりは早いでしょう」と話していました。

2016年12月9日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。追い切り開始後も順調です。主任は「与えられたメニューを問題なくこなせていて、徐々にタイムを詰めてきています。今後も順調であれば、来月には送り出せるかもしれません」と話していました。



2016年11月25日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗開始後も順調で、すでにペースアップを始めています。主任は「ハロン15秒までペースを上げるメニューも体力の問題もなくこなせています。さらに強めの負荷をかけていって、送り出すタイミングを検討していきます」と話していました。(11月21日現在の近況)

2016年11月11日(金)
フレーバーは、馬体が順調に回復してきたことを受けて、7日(月)真歌トレーニングパークに移動しました。主任は「飼い葉を増やした効果がありましたね。様子を見ながら騎乗開始のタイミングを検討していきます」と話していました。(11月7日現在の近況)

2016年10月28日(金)
フレーバーは、ビッグレッドファーム浦和に滞在中。昼夜放牧しています。十分なスペースが与えられているので、自然と動き回ることで運動量が確保できる環境です。主任は「3週間程度休養を予定していましたが、思ったほど馬体が回復してこないので少し長めに現在の管理を続けるかもしれません」と話していました。(10月27日現在の近況)

2016年10月14日(金)
フレーバーは、7日(金)真歌トレーニングパークに移動して、体調を整えたうえで10日(月)ビッグレッドファーム浦和に移動。昼夜放牧を始めています。一定期間、リフレッシュさせたうえでトレーニングを始めます。(10月10日現在の近況)

2016年9月30日(金)
フレーバーは、28日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。使ってきたので、このタイミングで一息入れることになりました。北海道への輸送に備えて体調を整えたうえで鉾田を出発して、昼夜放牧によりリフレッシュさせます。

2016/9/25 中山 9R 2歳オープン (混) 芙蓉ステークス 芝 2000m 6着
柴田大知騎手「スタートはあまり早くない、ときいていたのですが、まずまず出てくれましたね。道中の追走はスムーズでした。切れる脚はない、ともきいていましたので早めから仕掛けていっているものの、どうしても周囲のペースが上がると苦しくなってしまいます。そこまで大きくは離されるわけではないのですが、瞬発力の差で置かれてしまう分、厳しいですね。一生懸命、よく走ってくれているのですが」

奥村豊調教師「連闘でも調子落ちはなく、うまく調整できました。今後は、ここでひといき入れる予定。鉾田を経由して北海道へ放牧に出したいと思います」

2016年9月23日(金)
フレーバーは、9月25日(日)中山9R・芙蓉ステークス・芝2000mに柴田大知騎手で出走します。前走の疲れのレベルが軽く、レース後の回復も順調で、連闘に対応可能との陣営のジャッジです。奥村調教師は「輸送もありますが、馬は元気にしていて、動かした感触からも連闘可能と判断しました。今回も頭数が落ち着いた点は魅力です。前走は出負けしたので、今回はスムーズにゲートを出て欲しいですね」と話していました。

2016/9/17 阪神 9R 2歳オープン (混) 野路菊ステークス 芝 1800m 6着
松山騎手「頭数が少なくスローペースになると思っていたので、本来はもっといい位置につけたかったのですが、出負けして後ろからに。それでも、前走から相手が強化されていましたが、ラストまで渋太く食いさがってくれました。まだ良くなりそうな感じは受けています」

奥村調教師「頭数が少ない可能性があるとのことですので、芙蓉Sに登録することも検討します。登録した場合、出走させるかどうかは、もちろん馬の状態を優先して考えます」

2016年9月16日(金)
フレーバーは、9月17日(土)阪神9R・野路菊ステークス・芝1800mに松山弘平騎手で出走します。3戦目となった前走で初勝利をあげ、昇級戦を迎えます。奥村調教師は「中間も順調に進められていますし、14日の追い切りではパートナーを追いかけて楽な手応えで併入していました。コンディションは維持できていると見ています。前走は少し恵まれた面もあったのは確かで、勝ち上がった馬がそろう中でどこまでやれるかですね」と話していました。

2016年9月9日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。通常メニューに戻してからも問題なく進められていて、8日(木)には坂路で57秒台の追い切りを済ませています。「ハロン14秒ペースで流す内容。問題なく動けていました」と奥村調教師。17日(土)阪神の野路菊S・芝1800mを視野に入れて進められています。

2016年9月2日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。戻ってからも順調です。奥村調教師は「使いながら良くなってきていますね。目立った疲れなどは見せていませんが、体力を消費したと思われ、次走についてはもう少し様子を見たうえで判断していきます」と話していました。

2016/8/27 小倉 2R 2歳未勝利 (混)
芝 2000m D.バルジュー 1着
バルジュー騎手「スタートしてから走りが定まらず追走がスムーズではなかった前走。しっかり促して追ったことで変わっていれば、と考えていました。その効果は大きかったようですね。今回は一転、すごく上手なレースをしてくれました。仕掛けてからの反応も上々。長く脚を使えるのはわかっていましたので、きっちり反応してれた時点で前の馬はかわせると見ていました。直線はややふらふらしてしまいましたが、まだ2歳ですのでこれから改善してくるでしょう。距離はこのくらいあっても十分対応できますね」

奥村豊調教師「騎手が前走で教えてくれた成果が出ましたね。このタイミングで決められてよかったです。今後については上がった状態をよくみて検討します。問題なければ使っていきますし、ダメージがあるようならひといき入れるつもりです」

2016年8月26日(金)
フレーバーは、8月27日(土)小倉2R・2歳未勝利・芝2000mにD.バルジュー騎手で出走します。ここまで順調に使われてきていて、3戦目を迎えます。奥村調教師は「中間も順調に進められていて、追い切りは輸送や暑さなども考慮したものです。コンディションは維持できていると見ています。前走でもテンに置かれ気味だったので、1ハロン延びて1コーナーまでの距離が長くなる点はプラスに働くのではないでしょうか」と話していました。

2016年8月19日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。中間からペースアップを始めていて、17日(水)には坂路で15-15程度のメニューを消化しています。奥村調教師は「暑い日が続いていますが、へこたれた感じはなく、体力の問題はなさそうです。来週には十分に態勢が整うので、27日(土)小倉の芝2000mを視野に入れて進めています」と話していました。

2016年8月12日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。戻ってからも順調です。奥村調教師は「まだ軽めのメニューで体調を整えている段階ですが、続けて使っていっても問題なさそうです。次走については、もう少し様子を見ながら検討していく方向で、次走も同じくらいの条件を考えています」と話していました。

2016/8/6 小倉 2R 2歳未勝利 (混) 芝 1800m D.バルジュー 6着
バルジュー騎手「まだ競馬を理解していません。何度か気を抜いてレースをやめようとします。特に3コーナーでは完全に流そうとしていたので、それではダメだ、と厳しく追っていきました。終いは伸びていますからやはり余力はあったのでしょう。今回、しっかりと最後まで走らせたことは良い経験になったと思います。これで変わってくれるといいのですが」

奥村豊騎手「一歩、前進ですね。競馬内容は良化したと思います。良くなってきているのでこのまま使っていきたいところですが、暑い時期ですので、まずは栗東に戻って様子をみたうえで今後の予定を検討していきます」

2016年8月5日(金)
フレーバーは、8月6日(土)小倉2R・2歳未勝利・芝1800mにD.バルジュー騎手で出走します。小倉は除外の可能性があったので、フルゲートに達していなかった新潟での出走も検討しましたが、新潟の馬房が確保できずに最終的に小倉へ投票しました。奥村調教師は「初戦から高いレベルの仕上がりにあったこともあり、思ったほど変わってこない印象ですが、引き続き状態は良いとジャッジしています。一度レースを経験しましたし距離も延びるので、前走ほどついて行けないことはないと思います」と話していました。

2016年7月29日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。中間も順調で、8月6日(土)小倉の芝1800mに目標が定められ、28日(木)には坂路で追い切られました。奥村調教師は「先週の時点ですでに出走できる状態にあり、コンディションが維持できるように進めています。しっかり動けていて、引き続き調子は良さそうです」と話していました。

2016年7月22日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。23日(土)中京の芝1600mに投票して除外されました。奥村調教師は「当初はダート1200mを視野に入れていましたが、前走でテンについていけなかったことを踏まえて再検討した結果、こちらに投票することに。いずれに投票しても除外という状況でした。追い切りでは問題なく動けていて、コンディションは良いと見ています。来週から始まる小倉の芝は1200mと1800mの選択となります。次走については検討中です」と話していました。

2016年7月15日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。レース後も、今のところは特に気になる点もなく順調です。奥村調教師は「次走もダートのレースに出走させたいと思っています。再来週から始まる小倉まで待つと、しばらく番組が組まれていませんし、小回りの1000mも忙しいように思います。来週の中京にダート1200mが組まれているので、このレースを目標に進めます」と話していました。

2016/7/10 中京 5R 2歳新馬 芝 1400m 松若風馬 8着
松若騎手「スタートしてからついていけませんでした。気持ちがないわけではなく、進もうとしているもののスピードに乗れませんでした。それでも最後までしっかりと伸びてくれましたし、ここを使って変わりそうな感じがしています。稽古の感触からすればもっとやれそうな馬ですよ」

奥村豊調教師「やや馬場に脚をとられているようでした。進まなかったのはその影響もあるでしょう。ラストまでしっかり脚を使えていましたし、距離はもう少しあっても大丈夫そうですね。その点も踏まえて今後の予定を検討していきます」

2016年7月8日(金)
フレーバーは、7月10日(日)中京5R・2歳新馬・芝1400mに松若風馬騎手で出走します。入厩時にスクミが見られましたが、その後は順調に進められ、態勢が整ったとの陣営のジャッジです。奥村調教師は「今週の追い切りもほぼ予定どおりで、ここまでしっかり負荷をかけてきました。仕上がりは良いと見ていて、十分にレースに対応できる状態です。母や兄弟は早い時期から活躍していて、この馬にも期待しています」と話していました。

2016年7月1日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。30日(木)力を要するウッドコースで長めからの追い切りを行っています。奥村調教師は「先週もまずまず動けましたが、今週はさらに良くなっています。500万クラスの古馬をおいかけて先着。ラストは12.3秒でまとめています。タイムは6ハロンからで、予定していた負荷がかけられたと見ています。これで来週のレースに十分に対応できるでしょう」とコメント。10日(日)の中京の芝1400mが本線で、9日(土)の芝1600mも視野に入れています。

2016年6月24日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。23日(木)にウッドコースで追いきりました。動きを確認した奥村豊調教師は「かなり悪い馬場コンディションでどうか、と思いましたがなかなかしっかり反応できていましたね。最初の追いきりとしてはまずまずでしょう。1200mだといそがしそうですし、7月10日(日)の中京の芝1400mあたりを第一目標にしたいと思います。同じ週の芝1600mも視野に入れるつもりです。来週はさらに負荷を強めていきます」と述べていました。

2016年6月17日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。スクミは入厩した週に見られただけで、継続して乗れている現在はずっと落ち着いた状態です。16日(木)にはゲート試験に合格しています。奥村調教師は「二の脚がそう速い方ではなく、ぎりぎりのラインで受かった感じです。出ようとする自覚はあるのですが、すっと加速がつかないのは、肉体的な特徴なのかもしれません」と述べていました。中京開催でのデビューを目標に、これから仕上げに入ります。

2016年6月10日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。先週末にスクミ(若馬を中心にしばしば発生する循環障害)があり、動きにスムーズさを欠くこともありましたが、今週に入ってからは発症せずに進められています。「こちらにきた当初は輸送で背中の肉が少しさみしい感じですが、少しずつ良くなってきています」と奥村調教師。本日10日(金)に受けたゲート試験は、発馬を指摘されて不合格でした。来週中に再チャレンジします。

2016年6月3日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークで順調に乗り込まれ、先週からは長距離輸送に備えた管理へ。体力をためた状態に整えられて出発し、2日(木)栗東の奥村豊厩舎に入厩しました。

2016年5月27日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。仕上がり具合が良く、6月上旬にも入厩する予定です。主任は「これまでしっかり負荷をかけてきました。状態が上向いている一方、最近は反抗的な態度を見せることがあります。ゲート内でそわそわした様子も見られ、駐立の練習は継続した方が良いでしょう」と述べていました。(5月23日現在の近況)

2016年5月13日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。確かな成長がうかがえ、先日の追い切りでは自身のタイムを更新。緩さが抜けつつあり、体力も向上している印象です。主任は「仕上げに入っていますが、背中の肉が少し落ちてきていますね。そのあたりも見ながら入厩のタイミングを検討していきますが、6月中に送り出せそうな感じです」と話していました。(5月9日現在の近況)

2016年4月22日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に調教負荷がかけられています。主任は「緩さが抜けつつあり、動けるようになってきています。先日の併せ馬による追い切りでは、動く馬が相手だったので遅れましたが、この馬もしっかり走れていました。今後も順調であれば、早い時期の入厩を目指して進めていきます」と話していました。(4月18日現在の近況)

2016年4月8日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。競走馬デビューに向けて、追い切りを重ねて鍛えられています。主任は「中間の追い切りでも自身のタイムを更新しました。しかも、まだまだ良化の余地がありそうですね。ゲート練習も順調です」と話していました。(4月4日現在の近況)

2016年3月25日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。調教負荷をかけてきた効果で徐々に力をつけてきています。主任は「追い切りを重ねることで時計が詰まってきました。並行して行っているゲート練習ではスタートダッシュを始めています」と話していました。(3月21日現在の近況)

2016年3月11日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗再開後も順調で、追い切りを課しています。主任は「まだタイムが物足りませんね。緩さが目立つ現状で、良くなってくるのはこれからと見ています」話していました。(3月7日現在の近況)

2016年2月26日(金)
コスモミールの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。2週間のリフレッシュ放牧を終え、19日(金)から坂路での騎乗を再開しています。主任は「一息入れた効果で新鮮な状態で調教に臨めています。元気いっぱいですね。今回のステップでは、さらにタイムを詰めていけるように負荷をかけていきます」と話していました。(2月22日現在の近況)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
0-0-0-1-1-1/3

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。