FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイネルバローネの近況

マイネルバローネのデビュー戦は現地応援でしたが、調教で動けなかった割りに5着とまずまずの出だし。
2戦目はダートを試しましたが、芝の中距離の方が良さそう。
その後も順調に使えるかと思いきや、ソエやフレグモーレで北海道で立て直すことになりました。
復帰は3月の暖かくなってからかな。夏デビューで2戦は少し不満だが勝てる馬だと思うのでじっくりと。

barone1608.jpg

2016年12月23日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動を行っています。主任は「左後肢の腫れはようやく落ち着いてきました。ただし、排膿して傷があり、出走まで時間がかかりそうですので、北海道に戻して立て直す方向で考えています」と話していました。

2016年12月16日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。中間も左後肢の腫れの回復を促す管理を行っています。主任は「中間からはひき運動を始めて、現在は短時間ウォーキングマシンで歩かせています。まだ腫れが残っているので、治療を行いながら回復具合に応じて歩かせる時間を長くしていきます」と話していました。



2016年12月9日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。熱発は3日程度で回復しましたが、左後肢の腫れが残っているので中間も騎乗を控えて回復を促しています。主任は「腫れは回復に向かっていますが、騎乗開始までにはもう少し時間が必要です」と話していました。

2016年12月2日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。中間、左後肢の繋に外傷を負い、その傷が原因でフレグモーネを発症しました。主任は「熱発もあり、舎飼管理にして回復促しています。体温は平熱に戻っていますが、まだ患部の腫れが残っていて跛行も見られるので、もうしばらく現在の管理で経過を観察していきます」と話していました。

2016年11月25日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間は坂路2、3本のメニューを順調に消化できています。主任は「騎乗再開後は両後肢のむくみは悪化していませんし、体力の問題もなく進められています。じっくりと進めながら、様子を見て調教を強めていきます」と話していました。

2016年11月18日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間、両後肢のむくみが悪化したので、少し楽をさせたところ、改善されたので騎乗を再開しています。主任は「これまでの経緯を踏まえて、様子を見ながら進めていきます」と話していました。

2016年11月11日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。両後肢のむくみが改善されてきたことを受けて、中間から坂路での騎乗を始めています。主任は「若干むくみは残っていますが、騎乗しても問題ないレベルです。軽めのメニューで様子を見ながら進めています」と話していました。

2016年11月4日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動を行っています。主任は「両後肢のむくみは残っていますが、落ち着いてきているのは確かです。このタイミングで乗り出して悪化させるといけないので、騎乗開始はもう少し待ちたいと思います」と話していました。

2016年10月28日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。両後肢のむくみが解消しないので、騎乗を控えて経過を観察しています。主任は「はっきりした原因はわかりませんが、体調が落ちているのかもしれません。様子を見ながら騎乗再開の時期を検討していきます」と話していました。

2016年10月21日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間、両後肢がむくみ気味なので、ペースを落として経過を観察しています。今後の状態により、ペースアップのタイミングを再検討していきます」と話していました。

2016年10月14日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間もソエは落ち着いた状態で、坂路3本の通常メニューを順調に消化できています。主任は「楽をさせた期間は短く、緩んでいないのでいつでもペースアップできる状態です。厩舎サイドと入厩の時期などを相談のうえ、追い切りを始めるタイミングを検討していきます」と話していました。

2016年10月7日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ソエが落ち着いていることを受けて、中間から坂路での騎乗を始めています。主任は「積極的にハミを取って、走りもしっかりしています。様子を見ながら調教を強めていきます」と話していました。

2016年9月30日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動のみにとどめてソエの様子を見ています。主任は「ソエは触診で多少気にする程度です。歩様にはそれほど見せていないので、近日中に試し乗りを行ってみます」と話していました。

2016年9月23日(金)
マイネルバローネは、24日(土)中山の芝1800mに投票して抽選で除外されました。手塚調教師は「両前肢にソエが出かかっていますが、出走可能と判断して投票しました。ただし、今後、追い切りを重ねていくと悪化する可能性があり、鉾田で様子を見てもらうことにしました」と話していました。23日(金)に移動済みです。

2016年9月16日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。移動後も順調で、14日(水)には坂路での追い切りが行われました。手塚調教師は「反応を確かめる程度の内容で、ラストまでしっかりと走れていました。来週のレースに向かうことは十分に可能でしょう。次走は芝に戻す方向で、24日(土)中山の芝1800mを視野に入れています」と話していました。

2016年9月9日(金)
マイネルバローネは、札幌競馬場から美浦に移動しました。無事に到着していて、すでに騎乗を始めています。手塚調教師は「ダートに替わってもう少しやれると思っていたのですが。決して状態が悪かったわけではないと見ています。輸送もあったので、軽めのメニューで体調を整えている段階で、次走についてはもう少し様子を見たうえで検討していきます」と話していました。

2016/9/3 新潟 1R 2歳未勝利 ダ 1800m 丹内祐次 7着

丹内騎手「行けるようなら前での競馬を、と厩舎から言われていました。ただ、スタートしてから促してもそこまでダッシュがつきませんでしたね。また、道中の走りは悪くなかったものの、ペースが上がると追走に苦労しました。最後はじりじりと伸びています。現状、パワーがない分、力の必要なダートでは一気に加速できないのかもしれません」

手塚調教師「レース内容や騎手の反応を見るかぎり、現時点では芝の方がいいのかもしれませんね。今後は、ダメージがないようなら中山の芝のレースを視野に入れていくつもりです」

2016年9月2日(金)
マイネルバローネは、9月3日(土)新潟1R・2歳未勝利・ダート1800mに丹内祐次騎手で出走します。新馬戦は芝のレースで5着。今回は条件を変えて、ダートへのチャレンジです。手塚調教師は「今週の追い切りはダートコースを使用し、余裕を持って動けていました。先週はウッドで動けませんでしたが、状態に関しては問題ないとジャッジしています。稽古でのダートの動きからも、どの程度やれるのか楽しみです」と話していました。

2016年8月26日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。両前脚の球節の状態は落ち着いていて、中間も順調に進められています。手塚調教師は「先週からペースアップを始めています。24日(水)の追い切りは道中のペースが速くなったこともあり、ラストはピリッとしませんでしたね。追い切りでは動かないタイプでもありますし、来週のレースには対応できると見ています」と話していました。9月3日(土)新潟のダート1800mに出走予定です。

2016年8月19日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。先週末から通常メニューに戻されていて、キャンターで長めの距離を乗って運動量が確保されています。手塚調教師は「両前脚の球節は落ち着いた状態で、このまま使っていく方向です。新潟の最終週にダート1800mが組まれているので、このあたりを目標に進めます」と話していました。

2016年8月12日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。レース後も順調です。手塚調教師は「追い切りでピリッとしませんでしたが、この着順であれば合格点が与えられますね。両前肢の球節に少し疲れが見られますが、一過性のものと見ています。次走についてはもう少し様子を見たうえで判断していくつもりです。新潟開催の後半からはダートの長い距離の未勝利戦もあるので、ダートも視野に入れてレースを選択していきます」と話していました。

2016/8/7 新潟 5R 2歳新馬 芝 1800m 柴田大知 5着

柴田大騎手「スタートをスッと出てスムーズに直線までレースを運べました。ただ直線を向いていざ追い出すと内にもたれてしまいました。この辺りが改善してくればと思います」

手塚調教師「直線で内にもたれはしましたが初戦のレース内容としてはなかなか評価できるのではないでしょうか。ただパドックで鳴いていたりまだ気性面で子供っぽいところがあるように思います」

2016年8月5日(金)
マイネルバローネは、8月7日(日)新潟5R・2歳新馬・芝1800mに柴田大知騎手で出走します。追い切りのタイムは物足りませんが、状態は整っているとの陣営のジャッジです。手塚調教師は「入厩してきた当初の感触からはもっと動けると思っていましたが、速いところに行くと少しもたついてしまいますね。この馬の個性による部分でもあり、追い切りを重ねていっても変わってこないとジャッジしました。中身はできていますし、使っていった方がいいでしょう。もたつくようなところがあるので、1ハロンでも長い方がいいと思ってこちらへ投票しました」と話していました。

2016年7月29日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。中間も順調に追い切りを消化できていますが、来週まで待った方がより良い状態で出走できるとの陣営のジャッジです。手塚調教師は「仕上がりは悪くないので、今週でも使える状態にはありますが、スピードが上がると若干物足りないところがあり、もう1、2本やってレースに臨んだほうがいいと判断しました。28日(木)には柴田大知騎手に跨ってもらって、しっかり追ってもらっています。8月6日(土)新潟の芝1600mを目指します」と話していました。

2016年7月22日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。21日(木)にもウッドコースで追い切られました。手塚調教師は「今週は先週よりもさらに高いレベルの負荷をかけようとしましたが、ステッキを入れても置かれてしまう内容で、現時点での仕上がり具合からは、もう少し動けて欲しかったと思っています。まだ緩さが残っている感じで、本当の意味で良くなってくるのはもっと先なのかもしれません。ただし、息遣い等から馬はある程度できているとジャッジしていて、状態に問題なければデビューを目指して進めていきます。乗り込みの量に関しては、十分なレベルに達していそうなので、現時点では当初目標にしていた31日(日)新潟の芝1600mを視野に入れていて、延ばした方が良いと判断した場合は翌週以降にまわります」と話していました。

2016年7月15日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。フラットコースでの走りを経験させるために中間はウッドコースでの追い切りを行いました。手塚調教師は「それほど速いタイム出したわけではありませんが、予定していた負荷はかけられたと見ています。まずは合格点の動きといえるでしょう。軽い動きができるので、芝のマイルくらいに対応できそうです」と話していました。

2016年7月8日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。6日(水)に坂路で15-15程度の追いきりを行いました。動きを確認した手塚調教師は「良い馬体をしています。一見、ダート馬かな、とは見えるものの走らせてみると手先が軽く、芝にも十分対応できそうですよ。31日(日)の新潟の芝1600mあたりでのデビューを視野に入れていきます」と述べていました。

2016年7月1日(金)
マイネルバローネは、美浦に滞在中。週が明けてから本格的なゲート練習を開始、1日(金)に試験を受けて、1度目で合格しました。手塚調教師は「牧場でも良く訓練されていますし、ここまで順調にきています。週末か来週から追い切りを始めて、デビューの時期を検討していきます。ゆくゆくはダートを、とも考えていますが、軽い走りをするのでまずは芝を使いたいと思います」と話していました。

2016年6月24日(金)
マイネルバローネは、明和で体調が整えられ、23日(木)美浦の手塚厩舎に入厩しました。まずは来週のゲート試験合格を目指して進められます。

2016年6月10日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。すでに仕上がった状態にあり、中間のゲート入り、駐立、発馬練習も問題なく、もういつでも厩舎に送り出せる態勢。今のところは6月下旬の入厩が有力です。(6月6日現在の近況)

2016年5月27日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を切り上げ、坂路入りを再開しました。これまでの積み重ねにより、かなりのレベルまで体力が付いています。6月中の入厩を視野に、最終仕上げへ入ることとなりました。以前と違い、最近は納得してゲート練習を消化できています。(5月23日現在の近況)

2016年5月13日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧メインの生活ですが、週に2、3日は跨ってゲート練習を進めています。主任は「駐立の際は緊張した様子でしたが、2、3度出し入れして慣らしてからは納得した様子を見せ、落ち着きも取り戻せていました。順調といえます」と述べていました。(5月9日現在の近況)

2016年4月22日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間から今後に備えて一息入れていて昼夜放牧しています。主任は「併せ馬による追い切りを重ねて、一定のレベルに到達してきました。騎乗再開後も順調であれば、早い時期の入厩を検討しても良いでしょう」と話していました。(4月18日現在の近況)

2016年4月8日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も問題なく追い切りが消化できています。主任は「以前ほど行きたがるところを見せなくなり、落ち着いて走れるようになっています。ゲート練習も順調にこなしています」と話していました。(4月4日現在の近況)

2016年3月25日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。ここにきて良化の目立つ一頭。鍛錬によって以前の頼りない感じが薄れてきています。主任は「しっかり動けるようになって印象が変わってきました。この調子で上向いてきて欲しいですね」と述べていました。(3月21日現在の近況)

2016年3月11日(金)
マイネルバローネは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間から追い切りを始めていて、順調に消化できています。主任は「併せ馬でも問題なく動けています。以前よりもピリッとしてきた印象です」と話していました。(3月7日現在の近況)

2016年2月26日(金)
キョウエイタキオンの14は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。3週間の休養を切り上げて、中間から坂路でのトレーニングを始めています。主任は「調教を重ねて、着実に体力をつけてきています。以前は少しもさっとしたところがありましたが、改善されてきています」と話していました。(2月22日現在の近況)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
0-0-0-1-1-1/3

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。