FC2ブログ

レッドラトナの近況

レッドラトナがいよいよデビューします。
関西馬のラトナがまさか中山でデビューとは思いませんでした。タートルボウル産駒でダート?と思い調べましたが、芝よりダートの方が勝ち上がっている馬が多いんですね。
按上は昨年リーディングの戸崎騎手。今日の成績は散々でしたが、ラトナで厄落とししてもらいましょう。牝馬限定のダート戦ということで恐らくラトナが1番人気に押し出されるのかな。追い切りの動きから相手はナオトラ、スリーミネルバ。

album_Britomartis14_201609.jpg

17.01.04
(西園厩舎)
厩舎周りを引き運動
12/28(水)坂路 55.6-39.8-25.7-12.8 一杯
12/31(土)坂路 57.1-42.2-26.8-12.7 馬なり
1/3(火)坂路
ラトナ      54.0-39.2-25.1-12.3 強め
ロードエフェクト 54.6-39.8-25.5-12.9 一杯
西園調教師「追い切った翌日なので今日は厩舎周りを引き運動の調整。昨日の追い切りは併せ馬で終いしっかりやりましたが、そのわりには今日の運動中の歩様にも硬さはなかったですし、脚元にも違和感はありません。追い切り内容も道中まで楽に運べていて、最後も併せた馬を突き放していましたからね、動きは良かったですよ。あとは初めてのレースになるので、馬が緊張し過ぎないようにエスコートしてあげたいですね。予定通り今週土曜の中山4R(D1800m)を戸崎騎手で使います」

16.12.22
(西園厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラトナ     57.2-41.1-26.3-13.2 馬なり
ハクサンシップ 57.8-41.6-26.7-13.5 馬なり

西園調教師
「デビュー前の馬と下ろしがけから併せ馬の形でやりました。こちらに来て初めて速いところを消化するので、脚慣らし程度のペースですが、終始ラトナの方が手応えは良かったですね。上がって来てから少しハァハァと言っていましたが、平常時に戻るのにそこまで時間は掛からなかったですし、これから本数を重ねていけば息も整ってくるはずです。この後も入念に乗り込んでいきますよ。デビュー戦は本来なら芝から使いたいのですが、この子は元々、左前ウラが浮腫みやすく、冬場の硬い芝では故障のリスクもあるのでダートから下すことにします。今のところ1月7日の中山4R(牝/D1800m)を考えています。鞍上は戸崎騎手にお願いしています」


2016.12.21
(西園厩舎)
坂路1本にて調整
 坂路 66.4-48.6-32.7-16.4 馬なり
西園調教師
「ゲート試験を1発でクリアできたのは何よりでした。試験後は週末まで楽をさせたので、特に疲れている感じはないですね。追い切りは明日から始める予定なので、今日は坂路1本だけですが、徐々に走る方に気持ちが向いてきたかなという印象です。飼葉も食べていて毛艶も悪くないですし、状態面は問題ないと思います。少し左前ウラが浮腫みやすくなっているので、入念にケアしながら進めていきますよ」

2016.12.16
(西園厩舎)
坂路1本登板後、ゲート試験 合格
 坂路 67.6-49.2-32.7-16.5 馬なり
西園調教師「一緒にゲート試験を受ける馬が病気のため、ラトナ1頭で受ける事になってしまいましたが、1、2本目とも入りはスムーズで、中でもじっと我慢出来ていましたよ。そこまで速くは出られませんでしたが、スタートは悪くなかったです。今まで練習して来た事を普段通りやってくれれば合格出来ると思っていましたし、今後のためにも1回で合格出来て良かったですね。今週一杯は楽をさせて、来週からデビューに向けて追い切っていく予定です」

2016.12.15
(西園厩舎)
坂路1本登坂後、ゲート練習。
 坂路 68.9-50.8-33.9-16.8 馬なり
西園調教師「昨日に引き続き坂路を1本乗ってから、ゲート練習をしました。練習を重ねてもイラつくような面は見せませんし、すんなり入ってくれました。ゲートに入ってからも大人しかったですね。スタートの1歩目こそそこまで速くはないのですが、こちらが促して出せばしっかり出てくれます。スタート自体も抜群に安定しているという訳ではありませんが、今日の練習を見た感じでは試験を受けても大丈夫そうなので、明日受験する事にします」

2016.12.14
(西園厩舎)
坂路1本登坂後、ゲート練習。
 坂路 66.3-48.6-31.5-15.5 馬なり
西園調教師「今日は坂路1本乗ってからゲート練習。動きは非力なところがありますが、走りに対しては前向きな馬ですね。ゲート練習でも、入りや駐立はしっかり出来ていますし、今日は消音ゲートでしたが、出ようという気持ちはありますね。スタートはまだ反応が鈍いところはあるので、その辺りはもう少し練習を重ねます。ここまで焦らずに進めていますが、段階を踏みながらでも、教えたことをしっかり覚えていけているのは良いことですね。全体を通してスムーズに練習できているので、明日もゲート練習をして、来週くらいに試験を受ける方向で進めたいと思っています」

2016.12.09
(西園厩舎)
坂路1本登板後、ゲート練習。
 坂路 69.3-50.3-33.7-16.8 馬なり
西園調教師「昨日入厩させました。今日は運動初日なので、坂路を1本登ってからゲート練習をしました。練習では入り、駐立ともにスムーズで、乗り手の指示に従順に従っていました。気持ちが安定していて雰囲気も良かったので、消音ゲートから手開けで出すところまでやってみました。スタートはそこまで速くはなかったものの、しっかり反応していましたね。初日だったので今日はこれくらいにしてきましたが、スタートがもっと良くなれば、来週にはゲート試験を受けるつもりです。まだ環境に慣れていないせいか、昨日の夕飼葉はほとんど残していたので、早くこちらの生活に馴染んでもらえるように対応したいと思います。脚元も方も落ち着いているので、このまま進めていく予定です」

2016.12.08
(ノーザンファームしがらき→西園厩舎)
本日、栗東トレセン・西園厩舎に入厩しました。近況更新は明日行います。

2016.12.07
(ノーザンファームしがらき→西園厩舎)
明日、栗東トレセン・西園厩舎に移動予定となりました。

2016.12.02
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。466キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。メニューは変わりませんが、乗り込みを続けても脚元は落ち着いていますし、動きは良くなっていて、今週の追い切りはここ最近では一番良かったと思いますよ。だいぶ仕上がって来ており、早ければ来週にも入厩する予定なので、この後も脚元をケアしながら進めさせてもらいます」

2016.11.25
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。466キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路のペースを14-13で乗っています。追い切り本数を重ねて来たこともあって、馬体重は落ちてきましたが、飼い食いは安定しています。坂路での走りにも慣れてきて、フットワークもだいぶしっかりして来ましたね。先生も見に来られて、状態も整い始めている事から、近々入厩予定になりましたので、引き続きしっかり乗り込んでいきます」

2016.11.18
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。482キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。まだ体に緩さは残っていますが、動きは悪くないですし、このペースにも慣れてきました。飼葉の食いも良く、馬体重も戻って来ましたね。脚元も変わりないので、このペースで乗り込みつつ、入厩に備えていきたいと思います」

2016.11.11
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。474キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路のペースを14-13に上げて乗っています。ペースを上げてからも特に大きく変わった事はありませんが、強いて言うならもう少し自分から前向きに走って欲しいですね。ペースを上げたこともあって馬体重は少し減っていますが、引き続きこのペースで乗り進め、入厩に向けて進めたいと思います」

2016.11.04
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。482キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路で15-15のペースで乗っています。動きは相変わらず良好で、馬自身にも余裕が出てきた印象です。左前裏は良い意味で変わりなく来ているので、これから徐々にペースを上げていこうと思います。13-13くらいまでやってみて、動きと脚元が大丈夫そうなら入厩するプランもあるので、引き続き入念に脚元をケアしながらやらせてもらいます」

2016.10.28
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。482キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路で15-15のペースで乗っています。乗り味などは問題ありませんが、乗ると左前裏に張りが出たり、熱感を持つことが多いですね。その辺りも念頭に入れながら入念にケアしているので、稽古自体は緩めず進めることができていますが、デリケートの部位ですし、今後も注意を払いつつ慎重に進めたいと思います」

2016.10.21
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。480キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路のペースを15-15に上げていますが、脚取りはしっかりしていますし、掛かる感じもなく乗り手とのコンタクトも従順に取れていますね。左前裏も乗り込んでも馬自身気にする素振りも見せないので、このままペースを落とさず乗っていくことにします」

2016.10.14
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。478キロ。
牧場スタッフ「今週から周回コースと坂路に入れて進めています。環境に戸惑うようなところもなく、乗っていても悪さをしないのが良いですね。ただ、少し左前の裏が浮腫みやすいのが気になりました。極端に歩様に見せることもないですし、心配ないとは思ったのですが、今の状況をサンプルとして残す意味で念のためにレントゲンを撮りました。結果は異常なし。この後、問題がないようなら調教のペースを上げていきます」

2016.10.07
(ノーザンファームしがらき)
角馬場で運動。478キロ。
牧場スタッフ「水曜日にこちらに到着しました。馬体チェックを入念にしましたが、どこか傷んでいるところはないですし、飼葉もしっかり食べてくれています。輸送続きでしたが、北海道にいた時と馬体重は変わりないですね。疲れも見られないので、昨日から角馬場で軽く乗っています。今のところ変な癖なども見せていませんし、気の良い馬ですね。状態を見ながらペースを上げていきますが、まずはこちらの環境に早く慣れて欲しいと思います」

2016.10.03
(ノーザンファーム早来→ノーザンファーム天栄→ノーザンファームしがらき)
本日、経由地であるノーザンファーム天栄へ向けて北海道を出発しました。当地で状態を確認後、ノーザンファームしがらきへ向けて移動となります。

2016.09.30
(ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき)
現在、週3日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週3日は屋内坂路コース800mをハロン14~15のペースで登坂しています。疲れの出た時期に無理をしなかったことが良い方向に出ているようで、体力もしっかりとつき、とても良い状態で調教を進めることができています。馬体は筋肉のメリハリがついて、より競走馬らしい体つきになってきました。坂路調教も着実にペースを上げていますが、フットワークは軽快で、手応え良く登坂しています。順調に乗り込みを重ねることが出来ていますので、入厩に向けて週明けにもノーザンファームしがらきへと移動する予定です。馬体重は477キロです。

2016.09.15
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン15秒ペース、週1日はハロン15~16秒のペースで登坂しています。引き続き体調は良好で順調です。少しずつペースを上げながら乗り込んでおり、馬体は腹回りを中心に引き締まり、ラインが綺麗になってきました。気持ちの前向きさも増してきており、軽快な動きを見せています。移動に向けて、このまましっかりと乗り込んでいきます。馬体重は485キロです。

2016.08.31
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15~16秒のペースで登坂しています。体調は良く、順調に調教が進んでいます。馬体重は増加していますが、馬体は全体的に引き締まってメリハリがついてきており、その分、調教では素軽さが増してきて動きそのものが良くなっています。今後は状態を見ながらさらにペースを上げていき、しっかりと乗り込みを継続していきます。馬体重は495キロです。

2016.08.15
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週3日は屋内坂路コース800mをハロン16秒ペースで登坂しています。状態や体調は良い意味で変わりありません。坂路の日数も増やしていますが、今後はさらに調教ペースを上げていけそうです。調教での走りには柔らかさも出てきていますが、馬体はまだ余裕がありますので、これから絞れてくればさらに良化が期待できます。引き続き馬体の状態を確認しながら乗り込んで、適切な負荷をかけていきます。馬体重は488キロです。

2016.07.29
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週4日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒ペースで登坂。とても順調にメニューを消化することができています。馬体はさらに厚みが増して力をつけています。坂路調教では日によってハロン16秒を切る日も設けていますが、最後までしっかりと走りきることが出来ていますし、動きには軽さが出てきました。それでもまだ馬体には余裕がありますし、体力もしっかりとついていることから、これからも調教をどんどん進めていくことが出来そうです。体調も良く元気一杯ですので、今後もしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は498キロです。

2016.07.15
(ノーザンファーム早来)
その後も順調に調教が進んでいます。現在、週4日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂しています。馬体は全体的に引き締まってきており、筋肉のメリハリがついてきました。基礎体力がしっかりとついてきているようで、坂路調教のペースを上げても疲れが出ることはなく、非力さは解消されてきました。調教では体を上手に使って走ることができるようになっており、着実に成長しています。これから調教のペースアップを図っていき、さらなるレベルアップを目指していきます。馬体重は498キロです。

2016.06.30
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週4日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂しており、順調に調教が進んでいます。調教を継続しながらも馬体重は増加しており、食べたものがしっかりと身になってきている印象です。調教ではやや力んで走るところがあり、少しずつ体の使い方も上手になってきました。これからトモに力がついて、大きな馬体を使えるようにバランスが整ってくれば、さらに良い走りが出来るようになるはずです。現在の調教メニューを継続していくことで、ますますのレベルアップを図っていけるよう、着実に力をつけさせていきたいと思います。馬体重は491キロです。

2016.06.15
(ノーザンファーム早来)
現在、週4日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂しています。坂路調教の日数を増やしましたが、疲れもなく順調に調教を進めることができています。乗り込みにあわせて馬体は徐々に引き締まってきており、トモも少しずつしっかりとしてきました。体もほぐれてきて走りには柔らかさが増しており、調教にもフットワークにも良いリズムが出てきました。これから更にグングンと良くなってきそうな雰囲気がありますので、引き続き本馬の状態を確認しながら、成長を促すことを意識して、しっかりと乗り込みを重ねていきます。馬体重は484キロです。

2016.05.31
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週5日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週1日は屋内坂路コースをハロン17秒のペースで登坂しています。変わらずしっかりと飼葉を食べており、良好なボディコンデイションを維持しながら調教を進めることが出来ています。馬体は着実に成長しており、前後のバランスの取れた体つきになってきました。それに伴って、調教での走りにも安定感が増しています。まだトモに甘いところがあるなど、足りないところもありますが、まさに成長まっただ中にある本馬だけに、馬体も動きもまだまだ良くなってくるでしょう。今後も本馬の成長を見ながら焦ることなく調教を進めていきますが、これからの変化が大きく見込めそうで非常に楽しみな一頭です。馬体重は483キロです。

2016.05.13
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでおり、5日からは坂路調教も開始しました。現在、週5日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週1日は屋内坂路コースをハロン17-18のペースで登坂しています。坂路調教では、久しぶりの分やや行きたがる素振りを見せていますが、周回コースではリラックスして走ることが出来ています。馬体は着実に成長しており、全体的に厚みが増してふっくらと見せていますが、少しゆとりがあるようにも映りますので、筋肉のボリュームアップを図りながらメリハリのついた馬体へと変えていけるよう、心身のケアを行いながらしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は472キロです。

2016.04.28
(ノーザンファーム早来)
現在、週6日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込んでいます。馬体の状態を確認しながら少しずつ調教量を増やしていますが、問題なく進めることが出来ており、近日中には坂路調教も開始する予定です。調教を控えていたこともあり元気が有り余っているようで、足捌きやフットワークには少し力みが感じられますが、本来は落ち着きのある馬ですので、乗り込んでいけばリラックスして走ることが出来るようになるでしょう。走ることへの前向きさを生かし、また伸ばしていきながらメニューを工夫して進めていきたいと思います。馬体重は469キロです。

2016.04.15
(ノーザンファーム早来)
現在、週6日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。ショックウェーブ等で馬体のケアを継続しながら調教の負荷を高めていますが、右トモの状態は問題なく、疲れも取れてきました。馬体には幅が出て全体的にボリューム感が増しており、一回り大きくなった印象です。毛艶はまだもう一歩といったところですが、飼葉の喰いは良く体調も良好です。引き続き馬体の状態を確認しながら調教を進めていき、問題なければさらに負荷を高めていきます。馬体重は458キロです。

2016.03.31
(ノーザンファーム早来)
その後も右トモの状態は良化傾向にあり、背腰の疲れも解消されてきていることから、3月22日から騎乗運動を再開しました。少しずつ運動量を増やしており、現在は屋内周回コース1200mでハッキングを行っています。馬体は体高が伸びてふっくらとしており、全体的に成長しています。運動を控えていたため毛艶は今ひとつといった状態ですが、体調は良く元気一杯です。引き続き馬体のケアを行いながら馬体の状態にあわせた調教メニューを進めていきます。馬体重は443キロです。

2016.03.15
(ノーザンファーム早来)
ウォーキングマシンでの運動を続けていましたが、右トモの状態は良化傾向にあり、3月7日よりトレッドミルでの運動も開始しました。心身ともにフレッシュな状態になり、馬体の成長も実感できることから、今回の休養が良い方向に出ていると思います。乗り出しの時期についてはまだ決まっていませんが、もうしばらくトレッドミルで負荷をかけた後、問題がなければ乗り運動を開始する予定です。馬体重は436キロです。

2016.02.29
(ノーザンファーム早来)
その後は坂路コースでの調教も再開しましたが、右トモに少し疲れが見られました。そのため、現在は運動をウォーキングマシンのみにとどめ、トモや背腰にはショックウェーブでのケアを行っています。休養によって疲れも解消されつつあり、馬体もふっくらとしてきました。騎乗調教を控えていますが、気性面でうるさいところを見せることはなく落ち着いていますので、いい形でリフレッシュを図ることができている様子です。状態は着実に良化しており、近日中にはトレッドミルでの運動を開始する予定です。馬体重は435キロです。

2016.02.15
(ノーザンファーム早来)
現在、週3~4日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。この中間、馬体重が少し減り、疲れも見られましたので、調教の負荷を軽くして休養を挟みながら進めています。馬体は体高が伸び、全体的にしっかりとしてきました。馬体が成長するにつれて調教での走りも良くなっています。良いリフレッシュとなったようで、馬体重も戻ってきましたし、疲れも解消されてきましたので、近日中には坂路調教を再開する予定です。引き続き本馬の状態にあわせた調教メニューで、良化を促していきます。馬体重は435キロです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター