FC2ブログ

ウインクレドの近況

前走があまりにも不甲斐ないために怒りの連闘を敢行したウインクレドですが、結果は10頭立てで8着でした。
もう何だろね、このガッカリ感は。
タニノアーバンシーが一頭抜けているのは分かるけど、得意の阪神でこの内容は残念ですよ。デビュー戦以来の芝1800mだったけど、やっぱり距離ですか。クレドも好走条件が限られる馬ですね。阪神の良馬場の芝1600m。これしかないです。

2017年2月26日(日)
藤岡佑介騎手 メンバーを見渡してかなりのスローになることが予想されたので、出たなりで少し前のポジションでもいいと思いましたが、先生からは「絶対に下げろ」と言われましたので、ガッチリ抑えて進みました。前半は多少頭を上げる場面もありましたが、すぐに収まり、脚は溜まっていたと思います。直線に向いての手応えからは間違いなく5着以上はある感じだったのですが、最後の100mで止まってしまいました。坂が影響したのか、もしくは距離が長いというところでしょうか。結果を出せずに申し訳ありませんでした。

押田の目 メンバーレベルと頭数を見て、急遽の連闘を決めましたが、落ち着きもありましたし、力は出せる状態だったと思います。前回が気分良く行き過ぎてバッタリだっただけに、西園調教師の「絶対に下げろ」という指示も分かります。道中スローの中、後ろで折り合ったにも関わらず、最後に止まったところを見ると、距離が長かったということだと思います。同じ阪神でも1600mの時は、坂も苦にせず最後まで伸びていましたから、敗因は距離ということになるのでしょう。今後については、連闘後ですから、まずは馬の状態を見てから決めることになります。

2017年2月23日(木)
 先週の京都では、好スタートから好位で競馬を進めたものの、直線ではバッタリと止まってしまったウインクレド。西園調教師は「スタートして無理はしていないし、決して下手に乗ったわけではないけど、この馬は前半ガッチリ抑えて溜めた方がいいのかもしれませんね。それと休み明けというのも影響したのかもしれません」と敗因を探っていました。
 レース後は、本日23日(木)から坂路で乗り始めましたが、目立ったダメージはなかったことから、今週の阪神日曜8R芝1800mへの連闘策が決定し、そこに藤岡佑騎手との新コンビで出走が確定しています。
 西園調教師は「頭数がかなり手頃ですし、メンバーレベルも高くないですからね。連闘は問題ありませんし、1800mも守備範囲内。前半溜めていくこの馬には、少頭数の方が捌きやすいですし、外回りという条件もクレドに合っていると思います。変わり身を期待したいですね」と期待を語っていました。

2017年2月18日(土)
松岡正海騎手 いつもはもう少し後ろの位置で競馬をしている馬ですが、出たなりでいいポジションが取れましたし、無理に控える必要はないと判断して好位からの競馬になりました。ペースが緩かったですし、位置取り的にも3コーナーでは勝つかもしれないと思うほどでしたが、勝負所で外から来られると全く抵抗できず、最後までいいところがありませんでした。返し馬はゆっくりとしたキャンターで下ろしたにもかかわらず、息遣いがもうひとつでしたし、聞いていたようなうるささもなく、レースでも全く引っ掛かるような面がありませんでした。敗因がもうひとつはっきりしませんが、急仕上げで馬にまだ気合いが入っていなかったのかもしれませんね。

片山駿の目 見た目には太目感もなく、休み明けでもそれなりに仕上がった印象を受けました。気のいい気性を考えて、放牧先でも厩舎でもややゆとりを持たせた調整を施してきましたが、落ち着きを通り越して、やる気も削がれてしまったように、今回は調整が裏目に出てしまった印象です。今回はノーカウントと捉えて良さそうですし、叩いた次は変わってほしいところです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター