FC2ブログ

ウインプルミエの近況

プルミエはもう諦めていたけど、中井君がしっかり教え込んでようやく勝ちあがりを期待できるのではという所まできました。来週乗れないのは残念だけど、馬の調子も上がってきたみたいだし次は掲示板かな。


2017年5月4日(木)
 来週の京都土曜3R芝2000m牝馬限定戦を荻野極騎手で出走を予定しているウインプルミエは、昨日3日(水)に坂路にて1週前追い切りがかけられました。荻野極騎手が跨り、単走でスタートし、2F目からジワッとピッチが上がり、ラスト2Fは12秒8、12秒5と最後まで踏ん張りを見せて、フィニッシュしていました。全体時計は4F53秒2でした。
 荻野極騎手は「初めて乗せていただきましたが、いい馬ですね。道中、他の厩舎の馬が横に来たのですが、そこまで気にすることもありませんでしたし、最後はまだ余裕もありました。来週は頑張ります」と追い切りの感触を伝えていました。
 また、飯田雄調教師は「騎乗者の体重が軽かったこともありますが、これまでこの時計で動けることはなかったですし、凄くいい動きだったと思います。今回、放牧から戻って来てからは比較的落ち着いていますし、カイバもしっかり食べています。少しずつ馬は良くなってきていますね」と話していました。
 追い切り明けの本日4日(木)は運動のみで楽をさせてもらっていました。

2017年4月27日(木)
 先週帰厩したウインプルミエは、昨日26日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、後半2Fは軽く促されながらゴールしていました。時計は4F56秒5、ラスト1F13秒6でした。
 騎乗した飯田調教助手は「放牧を挟んだ効果か、前々走の後のピリピリした感じがそこまでありません。馬体は増えてはいませんが、細いということもありませんから、心配はないでしょう。この精神状態なら調教で攻めていけると思いますので、今後は併せ馬をしたりと色々工夫していきたいと思っています」と話していました。
 そして本日27日(木)は軽めの運動を消化していました。なお、次走は5月13日、京都土曜3R芝2000m牝馬限定戦へ向かう予定で、そこは主戦の中井騎手が新潟で乗れないことから、2キロ減の荻野極騎手に変更となっています。


2017年4月20日(木)
 前走後は、近郊で短期放牧に出ていたウインプルミエが、本日20日(木)に栗東・飯田雄厩舎へ入厩しています。
 飯田雄調教師は「牧場でも緩めず乗っていて、馬体重も少しずつ回復していたようでした。次走へ向けて進めていきます」と話していました。
 なお、次走は5月13日、京都土曜3R芝2000m牝馬限定戦へ向かう予定です。

2017年4月13日(木)
 先週の福島では、3コーナーで下がってしまったものの、その後また息を吹き返し、6着まで盛り返したウインプルミエ。中井騎手は「ハナに立ったのならブリンカーはいいのですが、今回馬群に入ってしまったら少し逆効果だと感じました。周りが見えないので、そこで落ち着いてしまいましたからね。隣の馬が来てくれなかったら、危なかったと思います。横を馬が上がって行ったら、『自分も行かなきゃ』という感じで、再び加速してくれたんです」とレースを振り返っています。
 続けて、「今後、ブリンカーを外すかどうかはまた考えるにして、これからは馬具を着けずに併せ馬の調教をして慣らすことをやっていきたいと思っています。未勝利を勝つ力はあるんです。あとは気持ちひとつだと思いますし、調教からしっかり教え込み、勝ち上がれるように頑張ります」と力を込めて話してくれました。
 レース後は、大きな馬体減りや脚元などにダメージはありませんが、間隔調整のため、ひと息入れることが決まり、昨日12日(水)に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ています。

2017年4月9日(日)

中井裕二騎手 返し馬で入れた気合いが、ゲートを出る時にはなくなって、ぼーっとしてしまい、狙っていたハナは取れませんでした。馬の後ろに入れると、そこで妙に馬が落ち着いて集中力が途切れるところがありましたし、3コーナーで一旦前との距離を離されてしまったのもそれが原因です。決して一杯になったわけではなく、「もういいや」という感じで走りを投げ出そうとしていたのです。厳しい形でしたが、その直後に4番の馬が真横をスーっと通り過ぎたのが視界に入ると、「また頑張らなきゃ」という感じで、もう一度馬にやる気のスイッチが入ってくれました。ラストは上位馬と同じ脚色で伸びていましたし、内容はこの前以上に良かったと思います。まだ難しい面があるので、競馬に注文は付きますが、なんとなく未勝利を勝つイメージも見え始めてきましたよ。前走のようにハナに立ち、終始後ろに突かれる形なら集中力を保つことができますから、それがこの馬の一番の理想形ですね。また、今回は馬体重に気を遣って攻めきれないところがありましたが、それが気性的な甘えに繋がっている可能性も考えられるので、次はもう少し調教で攻めることも検討します。

片山駿の目 ブリンカーを着用し、ハナを叩いた前走で大きく前進しただけに、ハナに行けなかった時点で嫌な予感がしましたし、3コーナーで激しく手が動きながら後退した時は大負けも覚悟しました。それだけにあの状態から6着まで盛り返した内容は立派でした。まだアテにできないところはありますが、「一戦一戦良くなっているし、今日の厳しい経験も次に繋がってくると思う」と中井騎手は前向きですし、なんとか走らせようという強い意志も感じます。まだ未勝利という厳しい立場に変わりはありませんが、プルミエにとって非常に良いコンビに巡り合えた気がしますし、次は掲示板以上を目標に徐々に前進してもらいたいところです。

2017年4月6日(木)
 今週の出走を予定しているウインプルミエは、昨日5日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。中井騎手が騎乗し、単走でスタートすると、前半からガッチリと抑えて進み、最後まで馬なりのままゴールしています。時計は4F57秒6、ラスト1F13秒6でした。
 飯田雄調教師は「テンションも高めになっていますし、福島までの輸送もあるので、あまり攻め過ぎないで送り出すことにしました。福島はコース形態上、この馬には合うと思いますし、前回のような競馬ができれば、さらに前進があってもおかしくはないでしょう。あとは、とにかく馬体を減らさず、平常心でいられるかどうかですね」と期待も語っていました。
 また、田崎厩務員は「とにかく元気が良すぎて困っていますが、それでも馬体重は先週末で450キロまで増えました。テンションは高いですが、カイバをまったく残さないのはいい点ですね。おそらくレースでは最低でも前走と同じ数字で出られるでしょうし、440キロ台に乗っていてもおかしくはないと思います。追い足りなかった前回よりも上積みはありますし、直線の短い福島コースも合っていると思いますが、ただ、今週は週末の天気が悪いんですよね。パワーがあるタイプではなく、道悪はあまりいいとは言えませんので、そのあたりがどう影響するかでしょう」と馬場状態を気にしていました。
 そして本日6日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の福島日曜7R芝2000m若手騎手限定戦に中井騎手で投票し、無事に抽選を突破して、出走が確定しています。

2017年3月30日(木)
 来週の福島日曜7R芝2000m若手騎手限定戦を中井騎手で予定しているウインプルミエは、昨日29日(水)は坂路を楽走で1本上がっていました。
 田崎調教助手は「前走を使ってからかなり気合が乗ってきて、今日も落とされるかと思うくらい元気が良かったです。こういうテンションですから、なかなか馬体重は増えてきませんが、見た目には前走時よりもハリが出てきて、上積みはあると感じます。あとは福島までの輸送で馬体を減らさなければですね」と話していました。
 そして本日30日(木)は坂路にて1週前追い切りがかけられました。中井騎手が騎乗して単走でスタートし、テンの2Fはガッチリ抑えてゆったりと進み、後半も馬なりのままゴール板を通過していました。時計は4F56秒9、ラスト1F13秒1でした。
 飯田調教助手は「もう息はできていますし、変に速いところをやって、これ以上テンションを上げたくないですからね。普段からしっかりと負荷は掛けつつ、あまり馬を追い込まないようにうまく調整していきたいと思っています」と気性面をキーポイントに挙げていました。

2017年3月23日(木)
 福島開幕週での出走を予定しているウインプルミエは、20日(月)には坂路で4F58秒9、ラスト1F14秒5という時計を馬なりでマークしています。
 そして昨日22日(水)は坂路で追い切りがかけられました。中井騎手が騎乗し、単走で前半はゆっくりと進むと、ラストも楽な手応えのままゴールしていました。時計は4F56秒9、ラスト1F13秒0でした。
 飯田調教助手は「次は福島までの輸送があるので、中井騎手とも相談し、この中間はそこまでビッシリ攻めず、体に余裕を持たして調整していく予定です。見た目には前走前以上にプリッと見せていますし、馬体のハリも出てきました。福島コースも合っていると思いますし、前回の競馬ができれば開幕週もいいと思います」と話していました。
 そして本日23日(木)は引き運動を消化していました。なお、次走は4月9日、福島日曜7R芝2000m若手騎手限定戦を中井騎手で予定しています。

2017年3月16日(木)
 福島開幕週を目標に調整を進めているウインプルミエは、昨日15日(水)、本日16日(木)共に坂路を楽走で1本乗られています。
 田崎厩務員は「前走は少し追い足りない状況でしたから、次は上積みはあると思います。普段はチャカチャカしていますが、それでも少しずつ落ち着きが出てきていますし、悪い精神状態ではないと感じます。あとは馬体ですよね。カイバは『くれ、くれ』と催促するほどしっかり食べていますし、これが実になってくればですね。福島までの輸送は気になるところですが、次走までは間隔もあるので、440キロ台には乗せて出走させたいと思っています」と話していました。

2017年3月9日(木)
 先週の小倉では初ブリンカーで果敢にハナを奪い、最後もこれまでにない粘りを見せ、勝ち馬からコンマ5秒差と健闘を見せたウインプルミエ。レース後は、馬体にダメージはなかったことから、昨日8日(水)から早速坂路で乗り出し、本日9日(木)は軽めの乗り運動を消化していました。
 飯田雄調教師は「見せ場を作れて良かったです。乗った者みんなが『素質はある』と言っていた馬ですが、今までは競馬に参加すらしていない内容でしたからね。ブリンカーが効きましたし、やっと目覚めてきてくれたといったところでしょうか」と変わり身を喜び、次走については在厩のまま、4月9日、福島日曜7R芝2000m若手騎手限定戦に中井騎手で向かうことを決めています。
 続けて、「福島のコース形態は合っていると思いますし、前回でもまだ気を使っていたとのことですから、慣れが見込めれば逃げ粘りもあるかもしれません。馬体はもっと増えてもいいので、次走まで間隔をしっかり取れるのもいいと思います」と前向きに話していました。

2017年3月4日(土)

中井裕二騎手 現状では溜めてもシュッという脚は使えませんし、初ブリンカーですから、積極的な競馬をするつもりでいました。1コーナーまでにハナに立てるスピードはありますし、やはり力はある馬ですよ。でも、今日は初めてハナに立ったことで、変にオドオドするところがありましたし、無駄なところで無駄な力を使っていました。2番手の馬が迫ってきて視界に入ったら、ビクンとするところもありましたしね。道中そんなロスがありながら、最後まで止まっていませんし、粘りは見せてくれたと思います。今日はブリンカーでの初めての競馬でしたし、何も分からないまま走ってきたという感じですね。そういう意味では、次、レース慣れが見込めれば、前進はあるはずです。レース後も息が完全に上がっていたわけではありませんし、心肺機能は凄くいいのだと思います。ワンペースなのでダートもいいかもしれませんが、芝も決してダメではありませんし、道中もっとリラックスして走れれば、しまいも伸びるはずですよ。この馬が素質があるのは分かっていますし、今日をキッカケに良くなってきてくれればと思っています。

押田の目 この中間は追い切りだけでなく、普段から中井騎手が付きっきりで調教を付けてくれており、そして誰よりもこの馬の素質を買ってくれていました。初ブリンカーだけに、ハナに行く選択は良かったですし、手応え以上に最後まで踏ん張りは見せてくれたと思います。これまではレースに参加すらできなかったプルミエですが、今日の内容からは一筋の光が見えたと言えます。ジョッキーいわく、「まだまだ上積みはある」とのことですし、今後もプルミエに合う条件を使っていきたいところです。次走に関しては、ダメージがなければ、このまま在厩で使っていく予定です。

2017年3月2日(木)
 今週の出走を予定しているウインプルミエは、週末26日(日)に坂路で4F57秒9、ラスト1F12秒8という時計を馬なりでマークしています。
 レースに向けた最終追い切りは、昨日1日(水)にCWコースにて行われました。中井騎手が騎乗し、ブリンカーを着けてコースに登場すると、単走でスタート。道中もマズマズのペースで進むと、直線はムチが一発入り、一杯に追われてフィニッシュしています。時計は6F83秒0、ラスト1F13秒0でした。
 飯田雄調教師は「最後までバタッとは来ませんでしたし、ブリンカーの効果はあったと思います。乗った者みんなが背中がいいと言いますし、素質は秘めていると思うんですけどね。今回なんとか馬具の効果が出てくれればと思っています」と話していました。
 また、中井騎手は「道中は手応え良く進んでいたので、ブリンカーの効果はあったと思います。しかし、いい手応えで直線に向いた割に、追い出してからの反応が良くないんです。感触からいったらもっと伸びてもいい感じなんですけどね。そういう意味では本番でもスッと反応はできなそうなので、早め早めの競馬を心掛けたいと思っています。本当に背中がいい馬で、能力は絶対にありますから、なんとかキッカケを掴みたいという気持ちで一杯です」と前向きに話していました。
 そして本日2日(木)は引き運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の小倉土曜3R芝1800m牝馬限定戦に中井騎手で出走が確定しています。

2017年2月23日(木)
 先週トレセンへ入厩したウインプルミエは、週末19日(日)に坂路で4F57秒5、ラスト1F14秒4という時計を馬なりでマークしています。
 今週は、昨日22日(水)は坂路を楽走で1本乗られ、本日23日(木)には坂路にて追い切りがかけられました。中井騎手が騎乗し、単走でスタートすると、最後は強めに追われましたが、脚はやや鈍り気味でラスト1Fは13秒2というタイムでゴールしています。全体時計は4F57秒5でした。
 飯田雄調教師は「今日は雨の影響で馬場がかなり重くなっていたので、前半は無理をさせなかったようです。重い馬場は苦手なタイプですから時計は出ませんでしたが、状態は悪くないように感じます。馬体重も今は鞍付きで446キロで、そこまで細くは見せません」と話していました。
 また、中井騎手は「先週の入厩後から普通のところでも乗せてもらっていますが、凄く背中がいいんです。レースのVTRも見ましたが、こんなにいい馬がなぜここまで負けるのかという印象です。ただ、今日の追い切りは動けなかったですね。決して止めているという感じはないのですが、今日は馬場が重かったのも影響したかもしれません。厩舎とも相談して、来週は浅いブリンカーかチークなどの馬具を試してみる予定です。能力はありそうですから、なんとかそれを引き出してあげたいですね」とプルミエの印象を語っていました。
 なお、次走は来週の小倉土曜3R芝1800m牝馬限定戦に中井騎手とのコンビで出走を予定しています。

2017年2月16日(木)
 前走後は放牧に出ていたウインプルミエが、昨日15日(水)に検疫で栗東・飯田雄厩舎へ入厩しています。入厩翌日の本日16日(木)は坂路をキャンターにて1本消化していました。
 飯田調教助手は「初めて乗りましたが、言われているように背中の感触は悪くないんですけどね。やはり原因は気持ちだと思いますし、今後は追い切りで馬具を着けてみて、どういう反応をするか確かめてみることも検討していきます」と話していました。

2017年2月10日(金)
 愛知県・豊田市のイクタトレーニングファームにて調整中。ダートコースにてキャンター1600mを2本、または坂路をキャンターにて2本消化しています。
 担当者は「先週末からは坂路にも入れ始めていますが、悪天候により再び馬場コンディションが悪くなったので、コース中心で進めています。コースでは15~15も行っていますが、動きはマズマズといったところです。走り方を矯正している段階ですが、まだそれが完全に身に付くところまではいっていません。馬体重は450キロを切るくらいですが、もっと増えて欲しいところですね」と話していました。
 なお、本馬は来週にトレセンへ入厩の予定です。

2017年2月3日(金)
 愛知県・豊田市のイクタトレーニングファームにて調整中。ダートコースにてダクを2000m、キャンター3200mを消化しています。
 担当者は「今はコースで1600mを2本というメニューでじっくり乗っています。背中をうまく使えないので、その点の矯正に力を入れていますが、少しずつ良くなってきています。あとは馬体重ですが、先週より10キロ増えて、445キロですが、まだ細身に映りますし、あと20キロくらい増えてもいいと思います。それらを踏まえると、まだ伸びしろがある馬のように感じます。明日からは坂路にも入れていきます」と話していました。

2017年1月27日(金)
 愛知県・豊田市のイクタトレーニングファームにて調整中。ダートコースにてハッキングを3000m消化しています。
 担当者は「雪の影響で坂路が使えませんので、現在はコースでハッキングを乗っていますが、背中を使えない走りですね。このあたりを改善させれば、もう少し伸びのあるフットワークに変わってくると思います。馬体重は435キロですが、見た目にはかなり細く映ります。短期放牧でどこまで変わるかですが、なるべくいい状態でお戻ししたいと思っています」と話していました。

2017年1月19日(木)
 先週の中京では、距離延長で馬群の中で競馬はできたものの、道中から促しながらになり、勝負どころでも早々に下がっていってしまったウインプルミエ。吉村調教助手は「追い切りも悪くない動きだっただけに期待したのですが、競馬にならなかったですね。ただ、道中あの手応えでタイムオーバーの不安まで頭を過ぎったのですが、最後はまた盛り返しているんですよね。上がりも息は乱れていませんでしたし、やはり気持ちの問題で走り切っていないということなのでしょう。次はブリンカーかチークなど馬具を試してみたいですね」とレースを振り返っていました。
 なお、今後については、厩舎の馬房の都合もあり、短期放牧に出ることが決まり、本日19日(木)に愛知県のイクタトレーニングファームへ放牧に出ています。

2017年1月14日(土)

松山弘平騎手 この距離ですから、ある程度前で進められたのですが、集中力が続かないですね。周りの馬を気にしているというより、自分自身の問題だと感じます。道中もずっと促しながらでしたし、勝負所で早々に遅れ出したのですが、最後まで諦めずに追うと、ラストにまたちょこっと盛り返したんです。やはり体力的なもので止まっているのではなく、気持ちの問題ですね。あとは芝のスピードというよりダートの方がいいのかもしれませんし、距離はもう少し縮めてもいいのかもしれません。結果を出せずに申し訳ありませんでした。

飯田雄調教師 この距離でどういうレースをするかでしたが、前にはつけられましたね。ただ、ずっと追い通しでしたし、気持ちの面での難しさがあるようです。今後はチークかブリンカーなどの馬具の着用を検討していきます。

押田の目 転厩後は馬の間での追い切りを行ったり、色々工夫して進めてきました。距離も延ばし、新しい面を見せてくれないかと期待していましたが、内容は道中ずっと手が動くという厳しいものでした。光が見えたとは言いづらい状況ではありますが、それでも今日は転厩初戦ですし、休み明けというのもありましたから、使いつつ前進を見せてくれることを期待しています。今後はメンバーの弱くなるダート戦への出走も検討していますが、まずは馬具の装着を試みる予定でいます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
8-6-6-7-7-44/78

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター