FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーバーの近況

フレーバーは勝ち上がってから頭数の少ないレースを選んで出走しているけど、勝ち上がるにはスピードが足りてないように見えます。未勝利戦勝ちのメンバーは決して軽い相手ではなかったので何とかして欲しいけど、時計のかかる馬場や洋芝でないと出番無しかも。アイルハヴ産駒だしダートはどうなんでしょう?


2017年5月5日(金)
フレーバーは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間は坂路3本のメニューで体調が整えられています。主任は「中間も肉付きが戻ってこないので、ペースを上げずに様子を見ながら進めています。しばらくは目標を立てずにじっくりと立て直していきたいと思います」と話していました。

2017年4月28日(金)
フレーバーは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。到着後は軽く一息入れてから騎乗を始めています。主任は「背中とトモの肉付きが物足りません。うまくトモを使えずに前肢で走っているような感じです。軽めのメニューで背中とトモの肉付きが良くなるのを待ちたいと思います」と話していました。

2017年4月21日(金)
フレーバーは、19日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。奥村調教師は「復帰後のレース内容を踏まえて、鉾田で様子を見てもらうことにしました。乗り始めてからの状態により、現地と戻すタイミングを相談していきます」と話していました。


2017年4月16日(日)
2017/4/15 阪神 9R 3歳500万下 (混)はなみずき賞 芝 2000m 和田竜二 9着

和田騎手「スタートで隣の馬からかぶされて最後方に。なかなかスピードに乗れず、前半はコースロスのないように心がけました。道中はペースが落ち着いていたので促しながらも何とかついて行けていましたが、各馬が動き出すとおかれてしまって盛り返すことができませんでした。初めて乗ったので気持ちの問題なのか体力の問題なのか何ともいえません」

2017年4月14日(金)
フレーバーは、4月15日(土)阪神9R・はなみずき賞・芝2000mに和田竜二騎手で出走します。右前肢のフレグモーネ回復後は順調に進められ、態勢は整っているとの陣営のジャッジです。奥村調教師は「腫れはすぐに引いたので先週末に特別登録を行っておきました。フレグモーネにより楽をさせた期間は短く、最終的には今週の追い切りの動きを見て、今週の出走にゴーサインを出しました。きっかけをつかんでほしいところです」と話していました。

2017年4月7日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。中間、右前肢の球節にフレグモーネを発症し、治療が行われ、経過を観察中です。奥村調教師は「今のところ経過は良好ですので、在厩のまま次走を目指す方向です。腫れが引いてさえしまえばすぐに騎乗再開できますし、状況次第では来週のレースにも出走可能でしょう。時間がかかるようであれば、いったん出すことも検討します」と話していました。

2017年3月31日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。レースも順調で、軽めのメニューで体調が整えられています。奥村調教師は「輸送もありましたし飼い食いにも配慮して、レース後は回復を促しています。今のところ、このまま次走を目指していけそうなコンディションです。具体的なレースについては、もう少し様子を見ながら検討していきます」と話していました。

2017年3月26日(日)
2017/3/25 中山 9R 3歳500万下 (牝)ミモザ賞 芝 2000m 津村明秀 7着

津村騎手「これまでのレース映像を見ると、前半、もう少しもたもたするようなイメージでしたが、今日は思っていた以上に進んでいけましたね。無理せず好位につけられました。ただ、勝負どころで追い出してもなかなかギアが上がりません。この馬なりに反応しているものの他の馬たちに遅れてしまいました。バテずに伸びてくれてはいるのですが」

奥村豊調教師「好位にすんなりとつけられた点は収穫だったと思います。今後はあがった状態次第。まだ飼い食いが芳しくなく、そのあたりもよくチェックしたうえで続戦かひといきいれるか検討したいと思います」

2017年3月24日(金)
フレーバーは、3月25日(土)中山9R・ミモザ賞・芝2000mに津村明秀騎手で出走します。久々となった前走を叩かれ、休養明け2戦目を迎えます。奥村調教師は「今週は条件の近いレースが東西で3鞍組まれていましたので、どこに投票してもいいように準備していました。最終的には一番頭数が落ち着いたこのレースを選択したものです。前走は休養明けでしたし飼い食いに配慮しながらの調整でしたので、今回はどこまで変わってくるかですね」と話していました。

2017年3月17日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。通常メニューに戻してからも順調です。奥村調教師は「稽古では普段どおりに動けていますし、それほどレース間隔をあけなくても出走できるでしょう。現時点では、25日(土)阪神の君子蘭賞・牝・芝1800mあたりを有力候補に考えています」と話していました。

2017年3月10日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。レース後は軽めのメニューで回復が促されています。奥村調教師は「前走は飼い食いが落ちていた中での調整。まだ良くなる余地はあるでしょう。状態に問題なければ続けて使っていきたいと考えていて、具体的な番組については様子を見ながら検討していきます」と話していました。

2017年3月5日(日)
2017/3/4 阪神 6R 3歳500万下 (混) 芝 1800m 松若風馬 12着

松若騎手「出遅れた上に行き脚もつかなかったので、コースロスがないように内に切り返して行きました。流れが落ち着いているときはいいのですが、今日はペースが上がると対応できませんでした。久々に乗せてもらったので状態に関しては何ともいえませんが、今日は一定以上にスピードが上がらなかった感じです」

2017年3月3日(金)
フレーバーは、3月4日(土)阪神6R・3歳500万下・芝1800mに松若風馬騎手で出走します。入厩後に熱発とすくみを発症しましたが、短期間で回復。その後は順調に進められ、態勢は整ったとの陣営のジャッジです。奥村調教師は「飼い食いが落ちましたが、必要な負荷をかけることができたと見ています。追い切りの動きは自身のレベルに達していると判断して、今週の出走にゴーサインを出しました」と話していました。

2017年2月24日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。先週末からペースアップを始めています。奥村調教師は「飼い葉を残しがちでしたので消化器系になにか問題があるのかも、と考えて中間に内視鏡検査を行いました。結果は、胃に潰瘍はあるものの競走馬であれば多くの馬が発症しているであろうレベルで、これが飼い食いの不振につながっているとは思えない、との診断です。その後、飼い食いは持ち直してきていますのでペースアップしました。しっかり動けていましたね。追った後も飼い食いは落ちませんでした。ゆるんだ様子もなく、来週、再来週の出走も検討したいと思います」と話していました。

2017年2月17日(金)
フレーバーは、栗東に滞在中。入厩後に熱発とすくみを発症しました。奥村調教師は「飼い葉の食べ残しも見られます。しばらく様子を見てみて、時間がかかるようであれば、いったん出すことも検討していきたいと思います」と話していました。

2017年2月10日(金)
フレーバーは、中間も真歌で順調に進められ、8日(水)栗東の奥村豊厩舎に入厩しました。追い切ってみて、レースが検討されることになっています。

2017年1月27日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。仕上げに入ってからも順調です。主任は「先日の追い切りでも問題なく動けていました。もう何本か追えば態勢が整う見込みで、2月中旬くらいの入厩が有力です」と話していました。(1月23日現在の近況)

2017年1月13日(金)
フレーバーは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。左前肢の球節の腫れは落ち着いていて、中間は順調に追い切りが消化できています。主任は「状態は良く、送り出す前の最終の仕上げに入っています。今後も順調であれば、厩舎サイドと入厩のタイミングを相談していきます」と話していました。(1月9日現在の近況)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
0-0-0-1-1-1/3

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。