FC2ブログ

レッドシルヴィの近況

redsylvie_201704.jpg

シルヴィは降級後からの復帰を目標に山元トレセンで調整中。まだ乗り込みは開始していないので、福島2週目の織姫賞あたりを目標にしているのかな。


2017.05.04
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も調整メニューの内容は変わりません。だんだん毛も抜けてきていますし、体調的にももう少しというところでしょうか。そろそろ跨ってみようかという稽古の動きになってきていますので、もうしばらくトレッドミルでの動きを確認しながら乗り出しのタイミングを図っていくつもり。全体として上向きは明らかですので、いい形で乗り進めていけるように現行メニューで準備をしていきます」

2017.04.27
(山元トレセン)
担当スタッフ「マシン運動とトレッドミルでのキャンターというメニューを継続中。動きを見ても解れてきていて、以前のような印象はありません。あと4~5本くらいこの内容で進めてみての様子で、次のステップへというところ。元気も戻っていますし、乗り出し開始までもう一歩という状況ですが、そのタイミングはしっかりと見極めていきたいですね。馬体重は459キロ。シルエットは悪くないので、あとはモコッとした感じの毛が綺麗になってくればいいですね」

2017.04.20
(山元トレセン)
担当スタッフ「トレッドミルでのメニューを再びキャンターペースに上げてみました。前回のような雰囲気はなく動きにも硬さは感じられなかったので、この内容で調整を続けています。まだ長めの毛も残っていてモコッとしていますし、内面に関しては良化途上というところかと思います。ここで慌てては意味がありませんので、次は乗り出しのタイミングを意識しながら現状のメニューで大事に進めていきます。飼葉も食べていますし精神状態も問題ありませんので、気候の変化にあわせて動かしながら体のハリ・ツヤも上がってくるはずです」


2017.04.13
(山元トレセン)
担当スタッフ「メニュー構成は変わりませんが、この中間に一度トレッドミルでの調整をキャンターペースまで上げてみました。ただ、やはり解れないというか動きにも硬さが。本来の感じではなかったので、マシン運動+トレッドミル(ダク)という、いままでのメニューで進めています。あと2週くらいはこの内容で進めてみて、またキャンターペースに上げてみてどうかというところですね。馬体重は456キロ。飼葉も食べていますし数字的にはちょうどいいところですけど、毛は抜けてきましたが体の張りがもうひとつ。中身にはまだ疲れが残っているんだと思います。慌てる場面ではありませんので、引き続き馬にあわせて立て直しを図っていきますよ」

2017.04.06
(山元トレセン)
担当スタッフ「メニューは変わりませんが、トレッドミルでの調整をダクからキャンターに上げようかという段階です。今までよりも負荷のかかるメニューで10日から2週間ほど進めていっての感触で、さらに次のステップへの移行を考えていくというイメージ。毛はまだ長いですけど、日ごとに元気度が増している様子で体調面はしっかりと上向きを示してくれています。引き続き、馬にあわせたメニュー構成で進めていきたいと思います」

2017.03.30
(山元トレセン)
担当スタッフ「現在はマシン運動60分とトレッドミルでのダクという内容での調整。馬体重は454キロとさほど変わりませんが、ここにきてようやく馬自身に元気が戻ってきた様子で、調整時の雰囲気も徐々に良くなってきました。ここでしっかりとリフレッシュを図って立て直していきますので、しばらくは慌てずにマシン+トレッドミルという構成で進めていきます。クラス編成もありますので、降級後の競馬を目標にという形になるのではないでしょうか」

2017.03.23
(山元トレセン)
担当スタッフ「皮膚炎は治まってきているのですが、まだ体調面など全体に上向いてこない感じですね。今日、トレセンで先生に状況を説明した上で次走についても相談したのですが、今の状態から東京の1~2週目の競馬は難しいということで予定は白紙に。馬に合わせて次走については考えていくという方向に切り替えて進めていくことになりました。やはり最後の連闘が大きかったんだと思いますけど、内面にダメージが残っているのでしょう。しっかりと立て直してから次へ進めていきますので、キャンターで乗ってきましたがマシン運動60分に調整内容を変更して、フレッシュな状態へ戻していきたいと思っています」

2017.03.17
(山元トレセン)
担当スタッフ「15-15へ移行と考えていたのですが、管のあたりに皮膚炎が。なかなか皮膚炎による浮腫みが取れないので、予定していたペースアップは控えて、引き続き周回コースか坂路で普通キャンターという内容で進めています。テンションなど気性的な部分は気にならないし、いい体の回復を示してくれているように飼葉も食べてくれていますが、長い毛が残ってボソボソしていることや皮膚炎など、見えない部分には続けて使ってきたことによる疲れも蓄積しているのかもしれません。次走のイメージは東京の1~2週目とのことですが、予定まで1ヶ月のところまできていますからね。馬にあわせて進めていく考えですが、ここまでを見ている限りでは、少し時間をかけて進めた方がいいのかなという印象です」

2017.03.09
(山元トレセン)
担当スタッフ「体は453キロまで回復していますし、長めの毛が残っていて見た目はボソボソしていますけど、体調など馬の具合は上向いていると思います。乗り出しを開始してからも問題なくきていますので、今週一杯は坂路や周回コースで普通キャンター、来週から15-15へという予定でいます。来週以降も周回か坂路2本という感じになるかと思いますが、馬の状態などを見ていい形で使い分けながら進めていきたいと思っています。落ち着いて稽古に取り組んでくれていますので、この感じをキープしていきたいところですね」

2017.03.02
(山元トレセン)
担当スタッフ「先週こちらに到着してからマシン運動で様子を見てきましたが、歩様なども問題ないので昨日から乗り出しを開始しています。入場時には馬体重こそ439キロと出走時とさほど変わりませんでしたが、連闘で使っての疲れも感じましたし毛艶ももうひとつ。それでもこの1週間で上向いてきてくれていますしね。脚元など不安点もありませんので、テンションに気を付けながら徐々にピッチを上げていければと思っています。東京1、2週目の競馬が目標になってくるかと思いますので、心身のリフレッシュを図りながら態勢を整えていきますよ」

2017.02.24
(鹿戸厩舎→山元トレセン)
本日、山元トレセンへ放牧に出ました。

2017.02.23
(鹿戸厩舎)
曳き運動60分。
鹿戸調教師「今週末に山元トレセンへ放牧に出す予定なので、今日も曳き運動だけで調整しました。歩様に硬さはなかったですし、飼葉もしっかり食べています。そろそろ競馬を使った疲れが出て来る頃ですが、そのあたりも心配なさそうですね」

2017.02.22
(鹿戸厩舎)
曳き運動60分。
鹿戸調教師「競馬を使った後なので今日は軽い運動だけで調整しましたが、歩様に少し硬さはあるものの、運動を60分できましたし、そのあたりは心配ないですよ。レースではまだ外に行くような仕草は見せていましたが、最後までしっかり走れていましたし、収穫はあったと思います。この後、週末までしっかりチェックしてリフレッシュ放牧に出したいと思います。特に悪いところはないので、リフレッシュできればすぐに戻す予定です」

2017.02.19
2月19日レース後コメント(5着)
蛯名騎手「道中も上手く走ってくれて脚は溜まりましたし、直線で出せたんですけどね。この馬も脚は使っているのですが、決め手のある馬にやられてしまいました。もう少し流れてくれればまた違ったのでしょうが、勝った馬は強いですし、牡馬相手に頑張ってくれていますよ。東京でも大丈夫なのは分かったので、そこは良かったと思います」

鹿戸調教師「上手に競馬をすることができていましたし、最後まで頑張ってくれているんですけどね。スパッと切れるタイプではないだけに東京では条件がつく感じですが、牝馬同士なら十分に勝負になるはずです。連闘で使いましたから、一息入れるかどうか帰厩後の様子を見て考えます」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター