FC2ブログ

レッドラウダの近況

レッドラウダは京都11Rの鞍馬S・芝1200mに岩崎騎手で出走します。好走を期待したいところですが、今のラウダには1200mでも若干長いようなので、ここは前哨戦。本命は中1週の新潟、韋駄天ステークス・芝1000mでしょう。8月には大本命のアイビスSDもありますし、直線の鬼の走りに注目です。


2017.05.04
(音無厩舎)
厩舎周りを乗り運動。
助手「昨日追い切ったので、今日はいつものように厩舎周りを乗り運動で調整しています。運動中の歩様にも硬さは目立たなかったですし、飼葉も残さず食べていたので状態は問題ないでしょう。馬体重は508キロと安定しているので、あとはレースに行ってしっかり走ることができれば結果はついて来るはずです。明日、岩崎騎手に乗ってもらい、ゲート練習をする予定です」

2017.05.03
(音無厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラウダ   52.6-38.1-25.2-12.9 一杯
アードラー 52.8-38.4-25.7-13.1 一杯
助手「下ろしがけは掛かる感じはなかったのですが、道中は一気に走ってしまいそうだったので、馬のリズムを重視する形で進めました。道中行きたがるところはありましたが、馬も我慢してくれたので脚を溜める事はできたと思います。最後はビッシリやりましたが反応も良かったですし、上がってからも息が入るまでに時間は掛かりませんでした。調子は良いので頑張って欲しいと思います」
音無調教師「今日の動きも良い時の感じに近かったですし、納得できる追い切り内容でした。動きも良くなっているので、予定通り今週の京都を使います。松若騎手が騎乗停止で乗れなくなった為、今回は岩崎騎手にお願いしています」

2017.04.27
(音無厩舎)
厩舎周りを乗り運動。
助手「追い切った翌日なので、いつものように厩舎周りを軽く乗って調整しました。厩舎から出て行く時も大人しかったですし、運動していても煩い面はなくなってきています。飼葉もしっかり食べてくれていますし、レースは来週に延びましたが、切り替えて調整していきたいと思います。馬体重は512キロでした」

2017.04.26
(音無厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラウダ     51.8-37.8-25.0-13.0 強め
ダノンリバティ 51.7-37.7-24.8-12.7 仕掛け
助手「テンは勢い良く走っていきましたが、道中に入ってからはスムーズ。良い時のスピードの乗り方だったので状態は良さそうです。最後も無理をせずに走れていました。今週はレースを使えなさそうですし、来週まで時間もあるので、現時点ではこのくらいでちょうどいいと思います」
音無調教師「先週しっかりやった事で、今日の追い切り内容は良かったですね。状態は良いのですが、問題は予定のレース(天王山S)が除外対象のためまず使えないことです。投票はして除外の権利をもらい、来週日曜の京都11レース(鞍馬S/芝1200m)を松若で使いたいと思います。その後、中1週で新潟に参戦の予定です」


2017.04.20
(音無厩舎)
厩舎周りを乗り運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを乗り運動で調整しています。追い切った後も歩様や状態面に問題はないですし、今日の運動中も元気良く歩けていました。飼葉もいつものように完食していますし、脚元も変わりなく来ているので、このまま週末、来週と追い切って、良い状態でレースに向かいたいですね」

2017.04.19
(音無厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラウダ       51.9-38.9-26.5-14.0 一杯
アメリカンイナズマ 51.8-38.7-26.3-13.8 一杯

助手「坂路で併せ馬で追い切りました。いつも通り勢い良く走っていましたが、今は馬場がとても重いので、ラスト2Fで脚が上がってしまいました。それでもビッシリ51秒台で速い時計を出すのは今日が最初。今週末、来週と追い切れば動きや息も良化してくると思います。追い切りを重ねて煩くなって来ないか心配していましたが、そこまでチャカつきも見せず落ち着いています」
音無調教師「追い切りは逆時計になってしまいましたが、しっかり走ってくれましたし、動き自体は悪くなかったです。少しテンションの高さが気になりますが、全体の雰囲気は悪くありません。歩様もしっかりしていますし、ここまでは良い感じに調整できていますよ」

2017.04.13
(音無厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ラウダ      53.4-38.8-25.6-13.2 馬なり
アクションスター 53.6-38.9-25.8-13.4 強め

助手「朝一番の組で坂路にて併せ馬で追い切りました。帰厩してから1本目でしたが、テンの入りこそゆったりでしたが、ハミを抜くようなところも見せずに自分からギアを上げて、終いまでしっかり走れていたと思います。時計的にも予定通りですし、最後まで手応えは楽でした。飼葉も変わらずに完食してくれているので、良い状態で戻って来てくれたと思います。これで冬毛が抜けてくれば更に良くなってきそうですよ」
音無調教師「追い切りでは素軽さがあって良いフォームで走れているので問題ありませんでしたね。このまま追い切りを重ね、4月29日の京都11レース(天王山S/D1200m)に向けて調整していきます。今回の鞍上は松若で。ここを使った後に5月21日の新潟韋駄天S(芝1000m)を使う予定です」

2017.04.12
(音無厩舎)
坂路1本にて調整。
 坂路 67.8-49.8-32.4-15.9 馬なり
音無調教師「予定を早めて昨日帰厩させました。今日は運動後初日なので坂路で様子を見ていますが、牧場でもしっかり乗り込んでくれていたので、素軽い動きをしていましたね。馬体はさすがにまだ良化の余地がある感じですが、やり始めればすぐに体も出来てくると思います。乗り込んでいけば変わってくると思うので、しっかり馬を作っていきますよ」

2017.04.07
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。530キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路にて13-13のペースで乗っています。特に大きく変わったところはありませんが、徐々に体が絞れて来ましたし、雰囲気も良くなっています。来週木曜日に帰厩となりましたが、こちらで出来る事はやったので、あとは入厩まで無事に乗り込んでいきたいと思います」 

2017.03.31
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重532キロ。
牧場スタッフ「週2回速い時計を出しています。リラックスして調教に臨んでいますし、体もしっかり使えています。これから暖かくなれば代謝がよくなって毛ヅヤはピカピカになって、体もパンと張ってくるでしょう。このままキープしていけばというところまできています」

2017.03.24
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。540キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路で13-13で追い切っています。引き続き速いところをやる時は併せ馬ですが、相手がいる事が良い刺激になっているようで、以前のようにハミを取らなかったり、自分から止めたりといった素振りはありません。馬も元気一杯ですし、ここまで順調に稽古を消化できていますね。4月中旬には帰厩する予定になっていますので、この後も入念に乗り込んでいきますよ」

2017.03.17
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。537キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路のペースを13-13まで上げてみましたが、行きっぷりは変わらず良いですね。先週は単走でしたが、今週は併せ馬でやってみたところ、負けん気も出してきて抑えられないような手応えで登っていきますよ。息も出来上がって来ましたし、体も絞れてきているので、このまま乗り進めたいですね」

2017.03.10
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。545キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路では15-15のペースで乗っています。単走でメリハリをつける形を取っていますが、テンこそフワフワして集中していなかったものの、気合いを付ける意味でラストに肩ムチを入れたところ、しっかり反応してくれてハミも取ってくれました。息なども戻りが早く、体調も上向いているので、来週から更にペースを上げていく事も考えています」

2017.03.03
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。543キロ。
牧場スタッフ「今週からトレッドミルでの調整をやめて、馬場と坂路で乗っています。坂路では15-15のペースまで上げていますが、併せ馬でやっている事もあって、単走で乗っていた時よりもハミを取ってきますし、最後まで気を抜かずに走る事ができています。体の方はほぼ仕上がっているので、あとは早く仕上がり過ぎないように気を付けて進めていきます」

2017.02.24
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。541キロ。
牧場スタッフ「今週もメニューは変わらず坂路にて17-17と、トレッドミルキャンターを日替わりで併用しています。先週は馬が最後に走るのを止めようとしてハミを取らないようなところが見られましたが、今週は頭が低くなるように、ハミの位置も下げて乗っているので、先週よりも良い走りができていました。動き自体も良化していると思います。あとは速いペースにいってから、馬がとぼけて走らないように対応していきたいですね」

2017.02.17
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。544キロ。
牧場スタッフ「今週もメニューは変わらず坂路にて17-17と、トレッドミルキャンターを日替わり併用しています。周回コースの距離は延ばしていますが、脚取りもスムーズですし、馬は元気いっぱいですね。ただ、坂路ではテンから勢いよく走っている割に、終いは自分から止めようとするところが見られます。ペースが速くなれば変わって来てくれるとは思いますが、もう少し終いもこちらが勢いを付けながら乗ろうと思います」

2017.02.10
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000、坂路1本。542キロ。
牧場スタッフ「今週から乗り出しを開始しました。周回コースで軽く乗ってから、坂路を17-17のペースで乗っています。楽をさせていたこともあって、馬は元気いっぱい。坂路での脚運びも気にならなかったですし、活気のある動きをしていました。先生からは、暖かくなってから使いたいとうかがっています。焦る必要はないですから、乗り運動とトレッドミルキャンターを日替わりで併用しています。来週もメニューそのものは変わりませんが、周回コースの距離は延ばしていきたいと思っています」

2017.02.03
(グリーンウッドトレーニング)
トレッドミルで調整。540キロ。
牧場スタッフ「今週も引き続きトレッドミルに入れて調整しています。一番速いペースまで動かしていますし、脚元も落ち着いていて問題ないですね。元気も有り余っているので、来週からは乗り出して、日替わりでトレッドミルと併用で進めていきますよ」

2017.01.27
(グリーンウッドトレーニング)
トレッドミルで調整。542キロ。
牧場スタッフ「今週からトレッドミルに入れて軽いキャンターのペースで調整しています。冬場で運動前は硬さもありますが、トレッドミルで体をほぐしているうちに脚運びは良くなりますし、体調自体は悪くありません。右前中筋の張りも治まっていて、痛がる素振りはありません。それでも具体的なレースも決まっていないので、慌てずに進めさせてもらいます」

2017.01.20
(グリーンウッドトレーニング)
マシン運動。542キロ。
牧場スタッフ「火曜日にこちらに到着しました。すぐに馬体チェックを入念にしたところ、厩舎では脚元は気になるところはなかったようですが、こちらに着て気が緩んだせいもあるのか、右前の中筋が少し張っていたのでエコー検査を実施。幸い腱に損傷は見られませんでした。次走が決まっているわけでもないので、まではマシン運動を主体に、脚元の状態を見ながらトレッドミルから立ち上げていきたいと思います」

2017.01.18
(グリーンウッドトレーニング)
昨日グリーンウッドへ放牧。
音無調教師「昨日までは引き運動で調整していましたが、脚元や歩様などに気になる点はありませんでした。レースでは前回と同じようにハミを取って来なかったようですし、体もまだ太かったと思います。このまま厩舎に置いて進めるよりも、暖かい時期に使った方がいいと思うので、昨日グリーンウッドへ放牧に出しました。次走など特に予定などを決めずに、まずは馬体を休めてもらおうと思います」

2017.01.14
1月14日レース後コメント(12着)
石川騎手「担当の助手さんからは返し馬をしっかりやって硬さほぐして欲しいとのことでしたが、フワフワしてしまって真面目に走っていませんでした。レースに行っても気の悪さ全開という感じで、全く能力を出しきれませんでしたし、冬場は歩様が硬い分、スタートからの二の脚もつきませんね。いつも乗せていただいているのに結果を出せずすみません」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
8-6-6-7-7-44/78

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター