FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイントリニティーの近況

前走のパドックを見て元気無さそうと思いましたが、見せ場なく10着に沈んでしまったトリニティー。中1週の強行スケジュールかと思いましたが、札幌の長距離レースに懸けるようです。8月になると権利がないとなかなか出走できないし、きっちり仕上げてもらいたいですね。


2017年6月15日(木)
 先週の東京では、馬群の中で苦しい競馬を強いられ、見せ場もなく10着に敗れてしまったウイントリニティー。高橋祥調教師は「見えない疲れもあったのかもしれませんが、レース後は息が上がり切っていませんでしたし、前半にもっと積極的に出して、位置を主張してほしかったです。負けるにしてもやや消化不良の感じがありましたからね」と残念そうに前走を振り返っていました。
 前走後もいくらか疲れも見られますが、脚元の不安はなく順調で、本日15日(木)に北海道のコスモヴューファームへ向けてトレセンを出発しています。なお、次走は、7月29日、札幌土曜3Rダート2400mでの復帰を予定しています。
 同調教師は「長丁場は合うと思いますが、札幌だとダートコースのみでしか調教ができないので、そこが課題ではありますね。あと、前回の競馬を見ても、揉まれるとまったくダメなので、外目をスムーズに運べるかどうかもカギでしょう」と早くも次走を見据えていました。

2017年6月11日(日) 競馬場速報
松岡正海騎手 返し馬の段階でいつものグイグイと行く感じがなく、「あれ?」という感触を持っていました。レースではある程度前の位置を取る予定だったのですが、思ったように馬が進んで行かず、他馬にもどんどん来られてしまったので、仕方なく空いたスペースの内へ誘導しました。先生や厩務員さんが言うほど、揉まれてダメという感じはありませんでしたが、3コーナーのところではもう手応えがイマイチでしたし、直線も余力がありませんでした。外枠で揉まれずスムーズな競馬が出来ていたらもう少し違ったのかもしれませんが、それでも勝ち負けまでは厳しかったと思います。東京の2100mというタフなコースで2度続けて厳しい競馬をさせてしまいましたし、まだ疲れが残っているのだと思います。申し訳ありませんでした。それでも疲れさえ取れればすぐに勝てる馬だと思います。

高橋祥調教師 今までのパターン通り、今日のように揉まれる競馬になるとさっぱりダメですね。スタートが決まったので、揉まれないようにもう少し位置を主張してほしいところではありましたが、馬が進んでいかなかったようですからそれは仕方ありませんね。今日こそは決められると思い送り出したのですが、申し訳ありませんでした。

片山駿の目 ここ2走はいずれも外々を回る競馬で結果を残してきた馬ですから、今回の内枠は少し嫌な予感がしていました。1番人気という立場もあり、道中は詰まれて厳しい競馬を強いられてしまったことも敗因のひとつとして見ていますが、直線で馬群がバラけてからもまったく脚を使えなかったところを見ると、状態そのものも本調子ではなかったのでしょう。なお、この後は北海道のコスモヴューファームで休養を挟み、7月29日、札幌土曜3Rダート2400mを目指す予定となっています。残されたチャンスは少ないですが、今後の休養で本調子さえ取り戻すことができれば、ハードルは決して高くないはずです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
17-10-10-10-6-64/117

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。