スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインティアラの近況

ウインティアラの前走の勝ちっぷりが地方競馬とはいえ良かったので少し期待していたのですが、井上のヘタレ騎乗にガッカリ。1000万下で8着に入ったのだけは評価できるけど逃げ馬はやはりちゃんと逃げないと軽ハンデの意味がないよ。


2017年6月18日(日) 競馬場速報
畠山吉調教師(東京競馬場にてモニター観戦) 勝った馬はオープンでも十分過ぎるぐらいの結果を残している馬ですし、それを追い掛けた結果なので今日は仕方がないですね。力負けと言えばそうなってしまいますが、相手も悪すぎました。この後は一旦北海道のコスモヴューファームに戻させていただきます。

片山駿の目 パドックの様子はとてもキビキビとしていて、映像越しにも状態は良さそうに映りました。マイナス体重も許容範囲内で、井上騎手の立ち回りも完璧に近かったように思います。最後はさすがに甘くなってしまいましたが、降級馬のノガロに先着したように、昇級初戦の走りとしては悪くなかったと捉えています。今回はハンデ差も味方につけた結果ですからあまり大きなことも言えませんが、今後メンバーなどに恵まれればその先行力を生かしてアッと言わせることもあるかもしれません。

2017年6月15日(木)
 先週のうちに函館競馬場へ移動を済ませているウインティアラは、昨日14日(水)に函館Wコースで最終追い切りがかけられました。馬場が馬で混雑した時間帯の追い切りだったため、5Fから時計を出す予定が実質4F追いとなる軽いアクシデントはありましたが、4F56秒4、ラスト1F12秒5という時計をほぼ馬なりの手応えのまま、単走で軽快な動きを見せていました。
 畠山吉調教師は「一緒に函館へ積んだ牡馬は熱発をしていましたが、ティアラは輸送も苦にせず、問題なく到着したとの報告を受けています。大幅な馬体減りもなかったようですし、週明けから乗り込みを再開し、無事に最終追い切りも済ますことができました。良い状態で出走させることができそうですよ」と順調を語っていました。
 追い切り明けの本日15日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の函館日曜12R「北斗特別」芝1800mに出走が確定しています。なお、ジョッキーは、当初予定していた中井騎手が51キロの斤量での騎乗が難しいことから、井上騎手に変更となっています。
 同調教師は「井上は過去にティアラに騎乗経験があるジョッキーですし、その点は頼もしいですね。前走がああいう競馬で結果を出すことができましたし、今回も積極的に前に行ってもらう作戦を予定しています。昇級戦でメンバーは強くなりますが、どこまで通用するか楽しみも持っていますよ」と話していました。

2017年6月8日(木)
 来週の出走を予定しているウインティアラは、先週2日(金)にWコースで柴田大騎手を背に単走追い切りを消化し、5F68秒8、ラスト1F12秒6という時計を馬なりで計時し、昨日7日(水)には1週前追い切りがWコースでかけられました。
 単走で5Fから徐々にペースアップし、直線は強め程度に追われて、5F68秒5、ラスト1F12秒6という時計をマークしていました。
 畠山吉調教師は「最後は気を抜かさない程度に軽く気合を付けられていましたが、動きは良かったですね。先週、今週と予定通りの追い切りをこなすことができましたし、状態に不安はありません」と合格点を与えています。
 そして、本日8日(木)の早朝には美浦トレセンを出発し、今晩にも函館競馬場へ到着する予定となっています。
 同調教師は「前走の盛岡でも輸送で目減りしませんでしたし、到着後のカイバもしっかり食べてくれていたようですからね。環境の変化にも動じなくなり、精神的にもだいぶ大人になってきた印象です。もちろん、今回は函館ということで移動時間はさらに長くなるわけですが、輸送に関してはあまり心配していません。馬体重は今週6日(火)の時点で435キロでした」と話していました。
 なお、来週の函館日曜12R「北斗特別」芝1800mでは中井騎手との初コンビを予定しています。

2017年6月1日(木)
 再来週の6月18日、函館日曜12R「北斗特別」芝1800mに出走を予定しているウインティアラは、昨日31日(水)、本日1日(木)はともに角馬場から周回コースをキャンターというメニューをこなしています。
 畠山吉調教師は「明日2日(金)には軽く時計を出す予定です。前走後もこれといったダメージもなく順調に来ていますし、馬体重も前週と変わらず434キロという数字をキープできています。来週半ばにはこちらで1週前追い切りをこなし、来週末の便で函館競馬場へ移動する予定です」と話していました。

2017年5月25日(木)
 前走後も在厩のまま調整を続けているウインティアラは、乗り出し後も順調で、昨日24日(水)、本日25日(木)は角馬場から周回コースでキャンターというメニューを消化しています。
 畠山吉調教師は「前走後は、多少の歩様のコトコト感はありますが、434キロまで馬体は回復していますし、大きなダメージは見られません。目標まで時間もありますし、予定通り、函館の番組を目指していきましょう」と語り、正式に6月18日、函館日曜12R「北斗特別」芝1800mを目指すことが決まっています。
 最後に「1週前追い切りまではこちらでこなし、その後、函館へ移動し、現地で最終追い切りを行うイメージで考えています」と調整プランも説明していました。

2017年5月18日(木)
 今週15日(月)の盛岡「アンタレス賞」では、すんなり主導権を奪い、最後は後続を4馬身突き放し完勝したウインティアラ。レース後も順調で、昨日17日(水)、本日18日(木)は厩舎周りの引き運動をこなしていました。
 畠山吉調教師は「レース後はその日のうちに盛岡を出発して、美浦へ戻ってくるという日程でしたが、大きな疲れがあるといった印象はなく、歩様も問題ありませんし、カイバもしっかりと食べています。ただ、レースが終わってからまだ日が浅いこともありますし、もう数日様子を見た上で今後の予定を組んでいきましょう。1000万クラスまで来ると、そう簡単ではなさそうですが、小回りコースなど条件が噛み合えば出番もあるかもしれません」と話していました。
 なお、次走は、6月18日、函館日曜12R「北斗特別」芝1800mなどが候補に挙がっています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
8-6-3-4-4-40/65

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。