FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インビジブルレイズの近況

2017/08/30 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:軽めの調整
次走予定:阪神9月24日 甲東特別
担当助手「レース後は背腰に軽い筋肉痛の症状が窺えますが、今週いっぱい楽をさせればすぐ治まると思います。獣医師に心臓を見てもらいましたが、レースで頑張った感じがすると言っていたので、馬体に余裕があった分、見た目以上に苦しいところがあったのかもしれません。明日か明後日あたりから軽めに跨ってみて、変わりがなければこのまま続戦させる予定です。次走に関しては中2~3週は空けたいと思っていたので、その中で番組を調べたところ、9月24日に阪神・甲東特別があるのでそこを本線に考えています」

2017/08/28 <レース結果>
8/27(日)小倉7R 3歳上500万下〔芝1,800m・16頭〕優勝[2人気]
好スタートを決めると、道中は先行馬を見ながら3番手辺りを追走、持ったまま先頭に並びかけ、最後の直線で追い出しに掛かると後続馬を寄せ付けることなくゴールし、待望の2勝目を挙げています。 松山弘平騎手「スッとスタートを決めることが出来ましたし、ムキになって走るところもなくスムーズに追走することが出来ました。道中は終始楽な手応えでしたし、流れが速くなったところもスッと上がって行くことが出来ました。最後の直線も反応良く伸びてくれましたし、完勝の内容だったと思います。今回の内容なら距離は問題ないでしょうし、上のクラスでもいい競馬をしてくれると思います」 吉村圭司調教師「馬体増は成長分もあったと思いますが、少し余裕を持っての出走となりました。今回は初めての距離でしたし、それに加えコーナーが4つと未知なところがありましたが、久々のレースでもムキになることなく、折り合ってスムーズな競馬が出来ました。2着馬よりは前でレースを運びたいと思っていましたが、スタートが良く、理想の形で競馬が出来たので、最後まで安心して見ることが出来ましたね。今回の内容なら昇級しても良い競馬をしてくれるでしょうし、距離も対応してくれたことで番組の選択肢が増えましたから、今後がますます楽しみになりました。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で検討するつもりですが、ダメージの少ないレースだったと思いますし、変わりがなければこのまま続戦させたいと考えています」


2017/08/23
吉村圭司調教師「23日にCWコースで追い切りました。松山騎手に感触を確かめてもらったところ、『まだ少し余裕のある体つきをしていますが、動きは悪くなかったと思います。このひと追いでピリッとしてくると思います』と言っていました。先週はもう一つ動きが良くなかったことから、今週の動き次第ではもう1週待つことも考えていましたが、確かに馬体に余裕があるものの、今回の追い切りと小倉までの移動でいい体付きになってくれると思います。これまで1,600mまでしか経験したことがなく、コーナー4つも初めてなので、どれだけ対応してくれるかが鍵になると思いますが、上手く折り合ってスムーズな競馬が出来れば対応していいレースをしてくれると思っています」

2017/08/16
担当助手「16日にCWコースで追い切りました。先着し、時計もまずまず出ていますが、良い頃の動きから比較するとまだまだですね。馬体に余裕がある為に息づかいもひと息ですし、もうひと絞り必要だと思います。休養明けなので目一杯に仕上げるつもりはありませんが、週末と来週の追い切りで8分程度まで仕上げたいところです」

2017/08/10
吉村圭司調教師「10日に坂路で追い切りました。前半の馬場が良い時間帯だったので、時計は出易かったのは確かですが、ラストひとハロンはもう少しで12秒を切るところでした。追い出してからの反応は抜群でしたし、帰厩後2本目の時計としては上々の内容でした。これだけしっかり動けばあと2週間あれば十分態勢が整うでしょうから、8月27日の小倉・芝1,800mで復帰させたいと思います。ジョッキーは松山弘平騎手にお願いしています」

2017/08/03
吉村圭司調教師「3日の検疫で帰厩いたしました。放牧先ではだいぶピッチを上げてもらっていましたので、こちらで仕上げに入ればすぐ態勢が整うでしょう。これまでワンターンの競馬しか経験していませんが、コーナーが4つの競馬でどれだけやってくれるか確認したいところもあるので、8月27日の小倉・芝1,800mで復帰させたいと思います」

2017/08/03
3日(木)に栗東トレセンへ帰厩しています。

2017/07/28
厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、順調に動きは良くなってきていますし、暑さの影響も全く感じられません。吉村調教師からいつでも戻せるようにピッチを上げてほしいと指示が出ているので、週に2回しっかり負荷をかけて帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は514kgです」

2017/07/21
厩舎長「この中間も順調そのものですね。馬体も引き締まってきましたし、調子が上向く一方です。早ければ2~3週間後あたりに帰厩するかもしれないので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は511kgです」

2017/07/14
厩舎長「この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。小倉開催後半を予定しているので、今からペースを上げていけばいいタイミングで帰厩させることが出来ると思います。体調面は暑さの影響もなく、元気いっぱいなので、今の状態を維持させながら調教を継続していきたいと思います。馬体重は507kgです」

2017/07/07
厩舎長「暑さの影響もなく、ここまで順調そのものですよ。小倉開催後半まで時間はたっぷりあるので、帰厩の予定が決まるまで成長を促しながら乗り込んでいきたいと思います。普段から落ち着きがあって素直な馬なので、こちらで進めている限り、折り合い面は問題ありません。心身ともに成長してくれば、よりスムーズな競馬が出来るようになってくれると思います。馬体重は505kgです」

2017/06/30
厩舎長「小倉開催の後半で復帰させると聞いているので、徐々にペースを上げている段階です。いい状態を保っていますし、いつでもハロンペースを上げていける体力はついてきています。おそらく1,800mを使うことになると思うので、普段の調教から出来るだけリラックスさせながら距離に対応できるように調整していきたいと思います。馬体重は496kgです」

2017/06/23
厩舎長「この中間も周回コースと坂路で調教していますが、落ち着きがあって体調面も良好です。吉村調教師からこのまま状態が変わりなければ、小倉開催の後半あたりで復帰させると聞いています。まだ時間はたっぷりあるので、速いところを行うまでじっくり長めに乗り込みながら成長を促していこうと思います。馬体重は495kgです」

2017/06/16
厩舎長「こちらで状態を確認しましたが、特に疲れはなさそうなので、今週から周回コースで調教を開始しました。落ち着きを保っていますし、体の張りも良いですから、長めに乗り込みながら態勢を整えていきたいと思います。馬体重は486kgです」

2017/06/07
吉村圭司調教師「検疫がなかなか回ってこなかった為に放牧に出すのが遅くなってしまいましたが、7日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。次走はここと予定は決めずに、状態が上がったところで具体的な番組を検討していきたいと思います」

2017/06/07
7日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
17-10-10-10-6-64/117

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。