スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインムートの近況

ウインムートの次走はグリーンチャンネルカップに決定。東京盃でも良いかと思ったのですが、こちらには先週勝ったWオスカーが出走のようです。確実に賞金を稼ぎに行く姿勢は今後のことを考えれば良いと思うし、1200mよりは1400mの方が合っているという総合判断かな。お兄さんが現役のうちに兄弟対決も見たかった気がしますが、まだ地方重賞がありますし次の機会にしましょう。
祝日の月曜日だし現地応援は確定かな。

2017年9月14日(木)
 先週の阪神では、好スタート、速い二の脚から、楽に先手を奪い、直線は後続を寄せ付けなかったウインムート。レース後は、脚元などにダメージはなく、昨日13日(水)から角馬場で乗り始め、本日14日(木)は坂路を楽走で1本上がっていました。
 なお、次走は中3週で、10月9日、東京月曜11R「グリーンチャンネルカップ」ダート1400mに引き続き、松山騎手とのコンビで向かう予定です。
 加用調教師は「佐賀はあの暑さの中で疲れもありましたし、ラチを頼れなかったのも痛かったですからね。やはり中央場所でラチ沿いを逃げる形がベストですし、今後も中央のダート1400mという条件を第一に考えていきたいですね」と話していました。
 また、秦野厩務員は「強い競馬でありがとうございました」と丁寧に頭を下げ、「佐賀の後には少しクタッと来ましたし、数を使ってきているのでさすがに疲れも気になるところですが、今のところ大きなダメージはありません。まだこれからもっと良くなる馬で、今後も活躍が期待できる馬ですから、うまく休養も挟みながら使っていってあげたいですね」と慎重に話していました。

2017年9月9日(土) 競馬場速報

松山弘平騎手 1週前追い切りの時は少しトモに疲れがあるかなと感じましたが、今週の追い切りではそれが良化していて、状態が戻ってきているのが分かりました。今日は同型馬がいなくすんなりハナに立てましたし、終始余裕がありましたね。前半楽に行っている分、直線に向いても余力はたっぷりでしたし、完勝だったと思います。芝でも走りますが、ダートはさらにいいですね。またチャンスをいただき、本当にありがとうございました。

押田の目 前回の佐賀は特に暑く、長距離輸送も堪えた印象でしたし、初重賞、地方の重い馬場、マークされる展開など厳しい条件でしたが、差は僅かで、ムートの底力を感じさせてくれた内容でした。今日はメンバーにも恵まれ、さらには展開も枠もバッチリで、全てがうまく行った感じはありますが、それでもオープンでこれだけの横綱レースができるのは力がある証拠でしょう。ダートでは底を見せていませんし、まだ4歳で、この血統はここからさらに良くなる血統でもありますので、今後が楽しみで仕方ありません。次走に関しては、レース後の馬の状態を見てから決めることになっています。

2017年9月7日(木)
 今週の出走を予定しているウインムートは、昨日6日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。相手は古馬1000万下サザンボルケーノで、松山騎手騎乗のムートが先行してスタート。残り2F過ぎで相手が並び掛けてきましたが、最後の1Fでは逆に馬なりのまま突き離し、3馬身の先着でゴールしていました。時計は4F55秒1、ラスト1F12秒9でした。
 加用調教師は「雨も降った中で後半の一番馬場が重い時間帯ですから、この時計でも十分です。動きは良かったですし、調子落ちはなさそうですよ」と状態面には太鼓判を押し、「前回は逃げて目標にされてしまいましたが、本来は逃げなくても競馬ができると思っています。ただ、スタートは速いですし、今回は芝スタートに戻るので、自然にハナに立つということもあるでしょう。それを引っ張ってまで下げる必要はありませんし、枠順やゲートに応じた競馬をしてもらう予定です。現時点では地方の深い砂より、中央の軽い馬場の方が良さそうですし、中央場所のダート1400mはベストの条件だと思いますので、いい競馬を期待したいですね」と話していました。
 そして本日7日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の阪神土曜11R「エニフS」ダート1400mに松山騎手で出走が確定しています。


2017年8月31日(木)
 来週の阪神土曜11R「エニフS」ダート1400mを松山騎手で予定しているウインムートは、昨日30日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。松山騎手が騎乗し、古馬500万下サウスリバティーを先行する形でスタートすると、前半2Fは持ったままでゆったりと進みますが、相手もそこまで追い付いてきません。後半はピッチを上げ、最後は強めに追われましたが、相手を大きく離してゴールしていました。時計は4F56秒1、ラスト1F12秒7でした。
 松山騎手は「勝った中京の前が絶好調だと感じましたが、その時と比べると若干トモに疲れがあるかなと感じます。それでも、今日は軽めにしておきましたし、これで来週には良くなってきそうな気配があります。再びチャンスをいただけて光栄ですし、次は結果を出せるように頑張ります」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日31日(木)は運動のみで様子が見られていました。

2017年8月24日(木)
 次走へ向けて調整を再開しているウインムートは、昨日23日(水)、本日24日(木)とも角馬場から坂路を楽走で1本というメニューを消化していました。
 加用調教師は「佐賀までの輸送があり、暑い中での競馬でしたが、目立ったダメージはありませんでした。昨年も夏場に連勝したように、この馬はあまり暑さを苦にしないようですね。これなら阪神の開幕週も問題なく使えると思います」と順調を伝えていました。 
 なお、次走は9月9日、阪神土曜11R「エニフS」ダート1400mを松山騎手で予定しています。

2017年8月17日(木)
 昨日16日(水)の佐賀「サマーチャンピオン」では、ハナを切ったものの、4コーナーでは後続に来られ、最後は2頭に交わされてしまい、3着に敗れたウインムート。加用調教師は「2番手に突かれて厳しい展開でしたし、ラチを頼れなかったのも痛かったですね。それでも、最後まで踏ん張りを見せていましたし、決して悪い内容ではなかったですよ。慣れてくれば地方の馬場もこなしてくれるでしょうし、オープンでもやれる目途は立ちました」とレースを振り返っていました。
 レース後は、本日17日(木)の早朝にトレセンへ帰厩しており、脚元などにダメージはありません。なお、次走については、9月9日、阪神土曜11R「エニフS」ダート1400mを松山騎手とのコンビで予定しています。
 同調教師は「浦和の交流という選択肢もありましたが、再びダートスタートになりますし、地方は内を空けてラチを頼れないところはありますからね。阪神ダート1400mなら芝スタートですし、速いタイムにも対応できますから、こちらの方がいいのではないかと思います」と次走を決めていました。

2017年8月16日(水)

D.ホワイト騎手 今回初めてのダートスタートということで、出てから少し躓いてしまいました。それでも、すぐに立て直してすぐにスピードに乗れたあたりはさすがですね。ただ、前回も感じていたように、道中フワフワするところはあります。それと中央とは違う砂質で少し馬が戸惑っていた部分もあったと思います。さらには4コーナーでは内を空けながら回ったので、余計にフワフワしてしまい、そこでスピードに乗れず、後続にドッと来られてしまいました。手応え的にはあそこで一回突き放せそうだったんですけどね。その分、最後は2頭にやられてしまいました。それでも、前回も言いましたが、この馬はまだ若い。集中して走らせることを教えてあげれば、重賞は勝てる馬ですよ。チャンスをいただいたのに、勝てずに申し訳ありませんでした。

押田の目 暑い中での続戦ですが、気合い乗りも良く、好調をキープしてこのレースへ臨めたと思います。スタートで少し躓いた時は「マズい」と思いましたが、それでもうまくリカバリーできて、理想的な競馬はできたと思います。1番人気にはなっていましたが、初めての小回りの地方競馬で、初の重賞挑戦と初物ずくしでもありましたし、今日の結果は決して悲観するものではなかったと感じます。ジョッキーも「まだまだ若い」と話すように、これからの伸びシロも大きいはずですし、近いうちに重賞制覇というのも夢ではないような気がします。次走については、9月9日、阪神土曜11R「エニフS」ダート1400m、もしくは9月20日(水)に浦和競馬場で行われる交流重賞「テレ玉杯オーバルスプリント・JpnIII」ダート1400mが候補として挙がっています。

2017年8月14日(月)
 ウインムートが、8月16日(水)、佐賀8R「サマーチャンピオンJpn3」ダート1400mへの出走が確定しました。
 これにともない、佐賀競馬場にて口取りにご参加いただけるようになりましたので、お知らせいたします。なお、当日のレクチャー・勝利時引率者は、押田です。

2017年8月10日(木)
 ウインムートは、来週8月16日(水)に佐賀競馬場で行われる地方交流重賞「サマーチャンピオン・JpnIII」ダート1400mにホワイト騎手とのコンビで出走を予定しています。
 今週は、昨日9日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。相手は古馬OPサウススターマンで、ホワイト騎手騎乗のムートが追走してスタート。2F目からジワッとピッチが上がると、ラスト2Fはほぼ馬なりのまま脚を伸ばし、一杯に追われる相手に対し、手応え優勢で併入フィニッシュしています。時計は4F53秒8、ラスト1F12秒3でした。
 ホワイト騎手は「相手もなかなか実力がある馬ですよね。スッとギアが上がらず、なかなか楽に追い付けませんでしたが、スピードに乗ってからはいい動きでした。先頭に立つとソラを使うところがある馬ですし、逆に前を追い掛ける形でもいいのかもしれません。次は小回りで先手争いが激しくなるようなら、番手からでもいいのかなと思っています。それでもスタートが速いので、前走のようにハナへ行く可能性もありますけどね。能力は高い馬ですし、重賞でチャンスをいただけましたので、頑張ってきます」と話していました。
 そして本日10日(木)は運動のみで様子が見られていました。
 なお、出走が確定次第ホームページにてお知らせいたします。

2017年8月3日(木)
 ウインムートは、先週末に8月16日(水)に佐賀競馬場で行われる地方交流重賞「サマーチャンピオン・JpnIII」ダート1400mに投票を行い、無事に選出されたことから、そのレースにホワイト騎手とのコンビで向かうことが正式に決まっています。
 今週は、昨日2日(水)、本日3日(木)共に角馬場からコースでキャンターを乗り、最後に坂路を1本乗られていました。
 秦野厩務員は「カイバを平らげるのも早いですし、食欲が落ちません。夏場でも体調はいいようですが、それでも毎日この厳しい暑さですから、夏バテには十分に注意して進めていきます」と状況を説明していました。
 また、加用調教師は「ダート1400mで小回りというベストの条件ですから、選出されて良かったです。あとはハンデになりますが、普通準オープンを勝ったばかりでの重賞初挑戦ですから軽くなると思うのですが、前走が自分で競馬を作って、重賞よりも速い時計で勝っていますからね。ハンデキャッパーには強い印象を与えたと思いますし、こういうタイプは想定よりも重い斤量を課せられるんですよね。軽いに越したことはないのですが、自分の予想では軽くて55キロ、重くて56キロだと見ています。それでも昨年の勝ち馬グレイスフルリープは斤量を背負わされるでしょうし、ムートもその斤量でも十分に戦えると思っています」と強気な姿勢を見せていました。

2017年7月31日(月)
 ウインムートは、8月16日(水)に佐賀競馬場で行われる地方交流競走「サマーチャンピオン JpnIII」ダート1400mに登録を申し込み、選出されました。こちらのレースへ向かう方向で調整中です。

2017年7月27日(木)
 先週の中京では、内枠からハナを奪い、直線では後続を寄せ付けず、初ダートで強い内容を見せたウインムート。秦野厩務員は「やっぱり血統なんですね。ダートはこなせると思っていましたが、まさかあそこまで強い内容を見せてくれるとは思っていませんでした。今後が楽しみになりましたね」と笑顔でレースを振り返っていました。
 レース後は、脚元などに問題はなく、昨日26日(水)から馬場に出て乗り始めると、本日27日(木)は坂路を1本乗られており、同厩務員は「昨年も札幌とはいえ、暑さの中で結果を出してくれましたし、この馬は夏場もあまり苦にしません。使いながら状態が上向いてくるタイプですし、まだ良くなると思いますよ」と状態面を話していました。
 なお、次走は8月16日(水)に佐賀競馬場で行われる地方交流重賞「サマーチャンピオン・JpnIII」ダート1400mに引き続き、ホワイト騎手とのコンビで向かうことが決まり、今週末に投票を行う予定です。
 加用調教師は「地方重賞の選出のルールが変わり、近々の賞金が優先されやすくなりましたからね。中央の枠は5頭と少なく、絶対に選ばれるとは断言できませんが、入る可能性はあると思います。小回りで1400mとベストの条件ですから、選ばれれば十分重賞制覇のチャンスはありますよ」と次走を決めていました。

2017年7月22日(土)

D.ホワイト騎手 先生からは「モマれ弱いので、行けたら行ってくれ」と言われましたので、ハナまで行き切りました。しかし、性格が幼く、ハナに立つとソラを使うんです。さらにはフラフラしたりと集中力がありません。4コーナーから直線で耳を絞っていたので、「マズい」と思いましたが、それでもそこからビッシリと追ったところ、最後までしっかりと伸びてくれました。まだ精神面で課題がある中でこの内容ですから、能力はかなり高いのだと思います。ある程度年齢がいった馬なら、このあたりの矯正は難しいですが、この馬はまだ若いですよね。調教やレースなどでしっかりと教えていって、集中できるようになれば、オープンでも勝てると思います。今日は代打で指名していただき、こんないい馬に乗せていただき、本当にありがとうございました。

加用調教師 いいジョッキーが空いていたし、うまく乗ってくれましたね。ダートはこなせると思っていましたが、ここまで強い勝ち方ができるとは思っていませんでした。今後については、馬の状態を見ながらですが、1200mに距離を短縮するとモマれて砂を被ったりということもありますし、できればダートの1400mを選んで使いたいと思っています。番組を見ながら、いいレースを検討します。

押田の目 前走も厩舎でしっかり乗り込んではいましたが、やはり休養明けは走らないタイプで、そこを叩いて、型通り良くなっていたと思います。血統的にはダートはこなせるのは分かっていますが、それでも上級クラスでいきなり初ダートで結果を出すのは容易ではありません。しかも、今日は2着馬に2馬身半、さらにその後ろにも2馬身半と快勝と言える内容で、抜群のダート適性を示してくれました。ただ、今日はジョッキーの好騎乗があっての勝利ということも間違いありません。昨年夏の小倉のウインフェルベールの時もそうでしたが、あれだけ気難しい馬をテン乗りでいとも簡単に勝利に導き、今日も急遽の乗り替わりの中、ソラを使っているムートをガッシリと追って遊ばせない技術は見事としか言いようがありません。このダートでの勝利で、今後が大きく開けましたし、ダートでの重賞制覇も夢ではないと思います。

2017年7月20日(木)
 今週の出走を予定しているウインムートは、週末16日(日)に坂路で4F56秒1、ラスト1F13秒1という時計を馬なりでマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日19日(水)に坂路にて行われました。相手は服部騎手候補生が騎乗する3歳1000万下サザンボルケーノで、松山騎手騎乗のムートが先行してスタート。テンから相手が掛かり気味で一気に前に出ますが、ムートはガッチリと抑えてマイペースで進みます。ラストは松山騎手の手が軽く動くと一気に反応して相手を抜き去り、2馬身の先着でゴールしていました。時計は4F52秒1、ラスト1F12秒4でした。
 松山騎手は「いつもはチャカチャカ落ち着きがないのですが、今日はどっしり落ち着いていて、それでいて反応は凄く良かったですよ。状態は良さそうに感じます」と追い切りの感触を伝え、「芝でもやれる馬ですが、ドリームバレンチノの下ですし、ダートでも走れそうな気はします」とダート適性を話していました。
 また、加用調教師は「いい追い切りでした。一度使って順当に良くなっているし、状態面の上積みを感じます。あとはダート適性や砂を被った時にどうかですが、ドリームバレンチノの初ダートのJBCの時も後ろから行って砂を被ってもまったく問題なかったですし、しまいも脚を使えました。全兄弟で似ているところはありますし、ムートもこなしてくれると思っています」と話していました。
 そして本日20日(木)は軽めの運動をこなし、午後からの出馬投票で今週の中京土曜11R「桶狭間S」ダート1400mに松岡騎手で出走が確定しています。

2017年7月13日(木)
 来週の中京土曜11R「桶狭間S」ダート1400mに出走を予定しているウインムートは、松岡騎手との初コンビが決まっています。
 昨日12日(水)はゲートからダートコースでキャンターを行っていました。古馬500万下ビーチパラソルとゲートに入ると、ムートが速い飛び出しで前に出ます。その後、相手はムートに追い付いてそのまま追い切りになっていましたが、ムートは3コーナー過ぎでスピードを緩めていました。
 加用調教師は「前走のダメージもありませんし、むしろ使っての上積みを感じます。ダートの走りも悪くなかったですし、あとは本番のペースでどうかというところだと思います。それでも、全兄のドリームバレンチノもダートで走っていますし、血統的にもダメなはずはないですからね。適性があることに期待しています」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日13日(木)は運動のみで様子が見られていました。

2017年7月6日(木)
 先週の福島では、スタートからずっと追い通しで脚が溜まる場面がなく、最後も止まってしまったウインムート。秦野厩務員は「行きっぷりが悪かったですね。休養明けでも仕上がりは良かったと思いますが、輸送で馬体を減らしてしまいましたし、パドックでもうるさかったですからね。これまでもそうでしたが、やはり休み明け初戦となると気負いなどもあり、いきなりは走れないタイプのかもしれません。それでも叩き良化型ですから、使いつつよくなってくると思いますよ」と敗戦にも前を向いていました。
 レース後は、脚元などに問題はなく、昨日5日(水)から角馬場で乗り始め、本日6日(木)も軽めの乗り運動を消化していました。
 なお、次走は芝の高速決着では分が悪いと判断し、ダートへ矛先を替えることが決まり、中2週で7月22日、中京土曜11R「桶狭間S」ダート1400mへ向かう予定となっています。

2017年7月1日(土)

戸崎圭太騎手 スタートからずっと急かしっぱなしで、まるで手綱を抱える余裕がありませんでした。今日はとにかく忙しかったですね。福島の1200mのコース形態が合わないのだと思います。申し訳ありませんでした。

加用調教師 休み明けの分、行きっぷりが今ひとつでしたし、決着時計もこの馬には速すぎましたね。

片山駿の目 休み明けとはいえ、降級戦で期待の大きいレースでしたが、勝負所ではすでに手が盛んに動いてしまっていたように、追走に一杯でまるでいいところがありませんでした。2走前に同じ準OP特別を勝った時が重馬場で、それ以前も洋芝など時計が掛かる条件で良績を残してきたタイプですから、今日のような速い時計勝負では分が悪く、芝では馬場状態に結果を左右されそうです。この先も芝の短距離戦がいくつか組まれていますが、今日の結果を踏まえて、次走では一度ダート戦を試すプランも浮上しています。レース後の状態次第ですが、7月22日、中京土曜11R「桶狭間S」ダート1400mが次走の候補に挙がっています。

2017年6月29日(木)
 今週の出走を予定しているウインムートは、昨日28日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、テンの1Fは17秒0とかなりゆっくり入り、そこから馬なりのままピッチを上げると、ラスト1Fは持ったままで12秒1という好時計を出していました。全体時計は4F57秒2でした。
 加用調教師は「ここまでかなり本数を積んでいるし、福島までの輸送もあるので、今朝はしまい重点にしましたが、いい動きでした。この重い馬場でラストは12秒1なら十分でしょう。休み明けですが、仕上がりはいいですし、降級戦となるここで無様な競馬はできませんからね。いいジョッキーも乗れることになりましたし、いきなりから期待しています」と話していました。
 また、秦野厩務員は「いつもは休み明けはもっさりしていて、動きも今ひとつなのですが、今回は今までの休み明けで一番いい状態ではないでしょうか。ただ、あとは競馬に行っての気持ちや息の面が本番に行ってどうかというところでしょう」と慎重に話していました。
 そして本日29日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で福島土曜11R「テレビユー福島賞」芝1200mに戸崎騎手で出走が確定しています。

2017年6月22日(木)
 来週の福島土曜11R「テレビユー福島賞」芝1200mを戸崎騎手で予定しているウインムートは、昨日21日(水)に坂路にて1週前追い切りがかけられました。相手は古馬1000万下サザンボルケーノで、ムートが大きく追走してスタート。悪い馬場の中、馬なりで追い上げ、ラスト1Fで並び掛けると、最後は一杯に追われて相手を突き放し、4馬身の先着でゴールしていました。時計は4F55秒1、ラスト1F13秒0でした。
 加用調教師は「馬場がかなり重くなっている時間帯ですから、この時計でも十分ですし、週を追う毎に動きは良くなっていますね。これなら来週、恥ずかしくない競馬ができそうです」と仕上がりに納得の様子を見せていました。
 なお、追い切り明けの本日22日(木)は運動のみで様子が見られていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
8-6-3-4-4-40/65

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。