スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインオリアートは次走がラストラン!!

ウインオリアートの引退レースが10月9日(月)の東京10R「六社特別」ハンデ戦・芝2400mに決まりました。
ハンデ51キロなら松岡騎手、50キロなら木幡初騎手か菊沢騎手のようです。
今回の結果次第ではもしかしたら引退の可能性もあったと思うのですが、定量戦の55キロにも係わらず4着と好走してくれました。ファンロンのデビュー戦で松岡が内ラチを使って上手く逃げていたから、オリアートにも期待して複勝を厚く買っていたのですが、もう少しでしたね。オリアートは今回過去最高の460キロで出走。正直まだ走れる、成長してこれからとか思っちゃったりしますが、繁殖という立派な仕事が残っているし、すでに規定の1年延長させてもらっていますし仕方がありません。まだ気は早いですがレクチャーでどんな種牡馬を付けるか聞いたら、馬体重で苦労した馬だけに大きな仔が産まれるように考えているそうです。


2017年9月16日(土) 競馬場速報

松岡正海騎手 体も増えていましたし、返し馬も感じから凄くトモの状態が良かったんです。道中あまりにペースが遅く、それでいて内の3番手の馬が動かないので、これではゲッカコウに逃げ切られると思い、自分から動いていきました。手応え良く4コーナーを回れたのですが、前も楽をしていた分、捉えきれませんでしたね。それでも、今日は定量戦でここまで頑張れましたし、ハンデ戦だったら一発あるかもしれませんよ。

押田の目 馬体重を460キロまで増やし、以前とは見違えるように迫力が出てきました。これがステイゴールド産駒の成長力なのでしょう。今日はこれまでのハンデ戦ではなく、定量戦でしたから、厳しい戦いが予想されましたが、最後まで踏ん張りを見せてくれました。ここへ来てまた力を付けているようにさえ感じる内容で、今後に期待も高まりますが、これだけ実績を残したオリアートには母になるという第二の重要な馬生があります。次走は中2週で、東京月曜10R「六社特別」芝2400mを予定していますが、そこが引退レースの予定となっています。ハンデ戦で再び軽量で出らますし、最後にアッと言わせてくれる可能性も十分にあるでしょう。

2017年9月14日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、先週末10日(日)にもWコースで5F72秒5、ラスト1F13秒7という時計を馬なりでマークしています。
 そして昨日13日(水)にはWコースで最終追い切りがかけられました。先行する古馬500万下ウインシトリンを5Fで6馬身ほど大きく追走し、直線ではシトリンの内に馬体を並べると、最後はやや手綱が動きながらも、併入にまとめています。時計は5F67秒0、ラススト1F13秒2でした。
 鹿戸調教師は「本来は道中のリードがもう少し縮まる予定でしたが、馬場入りをゴネて進入が遅れてしまい、大きく追走する形になってしまいました。直線で少し手が動いてしまったのはそのためでしょう。それでも、時計的には十分に動けていましたし、今回も良い状態でレースに臨めそうです。定量戦という条件は甘くないですが、相性の良いコースなので、見せ場ぐらいは作ってほしいですね」と期待を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日14日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の中山土曜11R「レインボーS」芝2000mに松岡騎手で出走が確定しています。


2017年9月7日(木)
 来週の中山土曜11R「レインボーS」芝2000mを松岡騎手で出走を予定しているウインオリアートは、先週末3日(日)にWコースで併せ馬の追い切りを消化し、5F67秒7、ラスト1F12秒7という時計をマークしています。
 そして昨日6日(水)にはWコースで1週前追い切りがかけられました。5Fからのペースアップ時には、先行でスタートした古馬500万下レッドシルヴィとは5馬身以上の大きな差がありましたが、コーナーワークで内を回って差を詰めると、最後は併入でフィニッシュしています。時計は5F69秒0、ラスト1F12秒8でした。
 鹿戸調教師は「前半で追走した分だけ最後は少し手が動いていましたが、問題のない動きだったと思います。大きく変わったところはありませんが、かといって年齢的な衰えも見られません。今回も自分の力は出してくれると思いますよ。あとはハンデ戦ではなく定量戦なので、斤量を背負わされるところがポイントですね」と順調を語っていました。
 追い切り明けの本日7日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年8月31日(木)
 先週25日(金)に美浦トレセン・鹿戸厩舎へ帰厩したウインオリアートは、昨日30日(水)にはWコースでハロン15~15秒程度の速めのキャンターをこなし、本日31日(木)は軽めの運動をこなしています。
 鹿戸調教師は「再来週の出走予定ですから、本格的なペースアップは今週末からを予定しています。今回の帰厩後も普段通りといった気配で順調ですね。最近は状態も安定していますし、体重の維持に少し気を遣う以外は調整も楽になりました」と話していました。
 なお、次走は、9月16日、中山土曜11R「レインボーS」芝2000mを松岡騎手とのコンビで出走を予定しています。

2017年8月25日(金)
 本日25日(金)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・鹿戸厩舎へ帰厩しています。
 ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「急遽検疫のキャンセルが出たことで、本日入厩しました。こちらでは速い追い切りは行っていませんが、いつでも行える態勢にはありましたし、状態に関してはまったく問題ないと思います。今回はいつになく行きっぷりが良かったですが、状態も含めていつもと大きな変化もなく、今回も頑張ってくれると思います」と話していました。

2017年8月18日(金)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。
 担当者は「こちらへ到着後、先週一杯は楽をさせて、今週14日(月)から乗り込みを開始しています。乗り始めで硬さを感じるのはいつものことですし、馬体重も480キロ近くまで短期間でグンと回復しています。使ってきている割にはこれといったダメージは見られませんし、このまま次走に向けて調整していきます」と話していました。

2017年8月10日(木)
 前走後もトレセンに在厩したまま様子が見られていたウインオリアートですが、昨日9日(水)にビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ています。
 鹿戸調教師は「中間は軽く乗り運動も行いましたが、これといった問題もなく順調でした。次走は9月16日、中山土曜11R『レインボーS』芝2000mの予定ですから、今月下旬か来月の頭あたりに再びトレセンへ戻す予定です」と話していました。

2017年8月3日(木)
 先週の新潟「佐渡S」では、50キロの恵量を生かす先行策で、勝ち馬からコンマ5秒差の7着に健闘したウインオリアート。鹿戸調教師は「よく頑張ってくれましたし、あの内容なら今すぐに引退はできませんね。当日も決して馬体はふっくらとは見えませんでしたが、数字は増えていましたし、状態も良いのでしょう」と笑顔で前走を振り返っていました。
 前走後は、本日3日(木)まで引き運動のみで楽をさせてもらっており、今週一杯厩舎で様子を見た後、来週にもビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ます。
 なお、次走は、9月16日、中山土曜11R「レインボーS」芝2000mを予定しており、来年度の繁殖入りに向けて、現役引退まで残り1、2戦となる見込みです。

2017年7月29日(土)
菊沢一樹騎手 これまでのレースVTRを見て、伸びずバテず脚を使う馬、というイメージを持っていました。鹿戸先生からは「前々で軽ハンデを生かす騎乗を」との指示を受けていましたし、道中は逃げ馬を突きつつ、勝負所でも早め早めを意識して踏んでいきました。感じ良く直線に向くことができましたし、一瞬、勝つかとも思ったほどです。最後はキレる馬たちに外から差し込まれてしまいましたが、この馬もすごくいい馬ですよ。今日のように前付けして粘り込む競馬の形が合っています。また機会があったらよろしくお願いします。

片山駿の目 プラス14キロという馬体重には、鹿戸調教師も少し驚いていましたが、「しっかり調教を課して増えたのだから体調も良いのでしょう」とのことでした。今回もハンデ50キロとはいえ、前走が不可解な敗戦でしたから半信半疑の気持ちでしたが、一転、今日は見せ場たっぷりの良い走りを見せてくれました。これ以上の期待は難しいかもしれませんが、準オープンクラスで毎回堅実に入着してくれるのですから頭が下がります。なお、今後については、一旦放牧でひと息入れて、秋開催に1、2戦使った後、繁殖入りのため引退の予定となっています。

2017年7月27日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日26日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。中2週のローテーションを考慮し、この日は単走追い切りとなりましたが、5F68秒2、ラスト1F13秒2というタイムをいつものように馬なりで楽にマークしていました。
 鹿戸調教師は「今朝の動きも良かったですし、体を減らすことなく、体調も悪くありません。だからもうちょっと結果が付いてきても良いように思うんですけどね。走らない原因がよく分かりません」と苦笑いをして見せますが、「もしかしたらワンターンのコースならもう少し頑張ってくれるかもしれません。ハンデも引き続き50キロですし、1頭でも多く負かしたいですね」と上位入着を目指していました。
 追い切り明けの本日27日(木)は軽めの運動にセーブされ、午後の出馬投票では、今週の新潟土曜11R「佐渡S」芝2000mに菊沢騎手で出走が確定しています。

2017年7月20日(木)
 来週の新潟土曜11R「佐渡S」芝2000mに出走を予定しているウインオリアートは、ハンデ戦で引き続き軽量が見込まれるため、菊沢騎手との新コンビで臨むことが決まっています。
 レース1週前の今週は、昨日19日(水)は坂路を1本、本日20日(木)はWコースでそれぞれキャンターを乗り込まれていました。
 鹿戸調教師は「前走後カイバ食いは落ちましたが、馬体重はそれほど減ることなく、まずまず順調に来ていますよ。週末、来週とそれぞれ時計を出して来週のレースに向かう予定です。レースの結果次第でしょうが、来春の繁殖入りに向けて残りのレースも数少なくなってきましたから、なんとかもう少し頑張ってほしいですね」と話していました。

2017年7月13日(木)
 先週の福島「阿武隈S」では、2番手から積極策を試みましたが、直線では失速し7着に敗れたウインオリアート。鹿戸調教師は「ちょっと前半に行き過ぎた感はありましたが、軽量を生かすにはある程度前に行かないといけませんし、決して悪い競馬の形ではなかったですからね。それだけにレースではもっと頑張りを見せてほしかったですね」と少しがっかりした表情で前走を振り返っていました。
 前走後は本日13日(木)から軽めのメニューで乗り込みを再開しており、今後は中2週で7月29日、新潟土曜11R「佐渡S」芝2000mに向かう予定です。
 同調教師は「外回りの広いコースに替わってどうかですが、ハンデ戦で、次も同斤量の50キロで臨めるはずですからね。前走後はいくらかカイバ食いが落ちましたが、それも含めていつものレース後の様子と変わりありません」と話していました。

2017年7月8日(土)
石川裕紀人騎手 この斤量だったので、ハナも狙って前半から積極的に出していきましたが、徹底的に主張する馬がいたので2番手に控えました。折り合いなど問題はありませんでしたが、いくら50キロとはいえ、道中は後続のプレッシャーがキツく、勝負所でも早めに来られてしまったので早い段階で苦しくなってしまいました。申し訳ありませんでした。

片山駿の目 断然の一番人気馬に直後をマークされる形で、3コーナー付近ではほぼ併走に近い状態まで迫ってきましたから、早く動かざるをえない厳しい形になってしまいました。結果論、着狙いの競馬に徹していればもう少し着順は上がったはずですが、今日は50キロというかなりの軽量でしたし、その場合普段以上に積極策を取るのはセオリーでもありますから、ジョッキーを責めることはできません。いずれにしても、このクラスではハンデの恩恵プラス何かもうひと助け欲しい印象でもあります。なお、この後は未定ですが、札幌、新潟のどちらかで続戦の案も挙がっています。

2017年7月6日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日5日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。3頭併せの最内を追走したのがオリアートで、直線入り口では鞍上に軽く促されますが、その後はほぼ馬なりで、北村宏騎手騎乗の古馬1000万下ダイワドレッサー、3歳未勝利フジワンキララとともに3頭併入にまとめられています。時計は5F68秒0、ラスト1F13秒1でした。
 鹿戸調教師は「良い動きでしたね。これなら問題ないでしょう」と追い切りの動きに合格点を与え、「据え置きの51キロだと思っていたハンデがまさかの50キロだったので、石川が乗れるかが心配でしたが、『50キロまでなら頑張ります』との返事をもらってひと安心です。距離は短くなりますが、競馬が上手な馬なのでそこまで不安視はしていません。ここも上手に立ち回ってどれだけ頑張れるかですが、今回も大崩れはないはずですよ」と密かに上位進出をもくろんでいました。
 追い切り明けの本日6日(木)は軽めの運動にセーブされ、午後の出馬投票では、今週の福島土曜11R「阿武隈S」芝1800mに石川騎手で出走が確定しています。

2017年6月29日(木)
 先週22日(木)に帰厩したウインオリアートは、25日(日)にWコースを馬なりで4F54秒8、ラスト1F13秒6という時計をマークしています。
 そして昨日28日(水)にはWコースで1週前追い切りがかけられました。古馬1000万下ダイワドレッサーとの併せ馬でオリアートが5Fで3馬身ほどリードをもらってスタート。4コーナーでは内から並ばれますが、最後まで馬なりのまま併入でゴールとなっています。時計は5F68秒2、ラスト1F13秒0でした。
 鹿戸調教師は「いい動きでしたね。放牧帰りでも状態は良さそうですし、来週のレースが楽しみです。馬体重は今のところ前走と同じぐらいの数字をキープできていますが、今週末か来週にも念のため一度胃腸薬を与えて体を減らさないようにしたいと思います」と状態を説明していました。
 なお、追い切り明けの本日29日(木)は軽めの運動をこなしていました。次走は、来週の福島土曜11R「阿武隈S」芝1800mに石川騎手で向かう予定に変更はありません。

2017年6月22日(木)
 前走後、ビッグレッドファーム鉾田で調整を続けてきたウインオリアートが、本日22日(木)に美浦トレセン・鹿戸厩舎へ帰厩しています。次走は、7月8日、福島土曜11R「阿武隈S」芝1800mを石川騎手とのコンビで予定しています。
 鹿戸調教師は「今の時期の準オープンは芝の長丁場の番組があまり組まれておらず、1800mの距離がどうかという不安は少しありますが、ハンデ戦で引き続き軽量で出走できそうなのはプラス材料ですね。きっと今回も大崩れなく頑張ってくれると思います」と話していました。

2017年6月16日(金)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。
 担当者は「先週末10日(土)には坂路で15~15秒をこなし、昨日15日(木)にはさらに負荷を強めて、14~14程度の追い切りを消化しています。何の問題もなく順調に進めることができていますし、ここからレースに向けてさらに調子を上げていけそうなムードですよ。馬体重は476キロです」と話していました。
 なお、本馬は来週の入厩を予定しています。

2017年6月9日(金)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。
 担当者は「年齢的な影響もあり、多少の硬さがあるのは仕方のないところでしょう。上積みに関しても疑問ですが、この馬なりに良い状態は維持できていると思います。明日10日(土)から追い切りをスタートし、徐々にペースアップしていきます。馬体重は474キロです」と話していました。

2017年6月2日(金)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。
 担当者は「普段の調教から行きっぷりが良い馬なので、オーバーワークにならないように注意しながら調教を進めています。週明けあたりから徐々にペースを上げていくイメージで考えています。馬体のフォルムは角ばって見せますが、馬体重は470キロまで増えています」と話していました。

2017年5月26日(金)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。
 担当者は「先週到着時の馬体重は450キロ程度でしたが、今週の計測では465キロまで回復しています。今回もいつものレース後と同じような状態という印象で、硬さがあり、多少の疲れはありますが、それほど気になるものではありません。騎乗者も『問題ない』と話しています。乗り出し後も順調なので、予定通り次走に向かうことができると思います」と話していました。

2017年5月18日(木)
 先週の東京「緑風S」では、渋った馬場も苦にせず、7着と健闘の走りを見せたウインオリアート。鹿戸調教師は「得意とは言えない東京コースでしたが、前走でもよく頑張ってくれています。上位争いをするまでの派手さはありませんが、いつも賞金を加えて帰ってくるように堅実ですし、これはこれで立派なことですよ」と愛馬の頑張りを称えていました。
 前走後についても馬体に異常はなく、「いつものレース後と変わりありません」と順調を説明する同調教師です。
 なお、次走は、7月8日、福島土曜11R「阿武隈S」芝1800mを目指す予定となっており、レース間隔の調整のため、昨日17日(水)にはビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ています。

2017年5月13日(土)
石川裕紀人騎手 いつも、多少なりとも道中は力む場面があるのですが、今日はまるでそういったところがなく、ピタリと折り合ってレースを進めることができましたし、レース運びも理想的でした。馬場に脚を取られることもなかったのですが、良馬場だったらきっと4、5着はあったと思います。勝ち負けまでの決め手は持ち合わせていませんが、乗り手の指示にも従順ですし、いつも一生懸命に頑張ってくれるので本当に頭が下がる思いです。賞金圏から外れることはイメージしづらいですし、めちゃめちゃ展開に恵まれれば、上位争いまであっていいと思いますよ。

片山駿の目 近走はずっと好調を維持しており、2走連続のプラス体重での出走となりました。内をロスなく立ち回って手応え十分で直線を迎えた時には思わずときめきましたし、今日も牡馬相手に7着。このクラスでもだいぶ安定感が増してきた印象です。東京コースではなかなか誤魔化しもききませんが、小回りコースでうまく立ち回ることができれば、さらにもう一段階ステップアップも可能だと思います。なお、今後は短期放牧を挟み、7月8日、福島土曜11R「阿武隈S」芝1800mを目指す予定となっています。

2017年5月11日(木)
 今週の出走を予定しているウインオリアートは、昨日10日(水)に芝コースで最終追い切りがかけられました。3頭の縦列調教で5Fから徐々にペースを上げますが、最後まで隊列を崩すことなく馬なりの手応えのまま、勢いよくゴールを迎えています。時計は5F66秒0、ラスト1F11秒8でした。
 鹿戸調教師は「追い切りの動きは良かったですね。今回も体が寂しくなることもなく、状態は高いレベルでキープできていますし、何の不安もなく送り出せます」と万全を語っています。
 また、「ハンデも変わらず51キロでしたし、近走の馬の頑張りを考えても、今回も好勝負を期待しています。乗り慣れたジョッキーもいいですし、まず大崩れはないはずですよ」と自信を見せていました。
 なお、追い切り明けの本日11日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜10R「緑風S」芝2400mに石川騎手で出走が確定しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
8-6-3-4-4-40/65

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。