FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラレイアほろ苦デビュー

カラレイアが先週デビューしました。追い切りの動きから確勝必至と思っていましたが、まさかの14頭立てで11着。ガッカリしました。
パドックでのカラレイアは一度叩いてからの方が良いかなと思ったけど、まさかそこまで負けるとは思いませんでした。パトロールビデオを見ると馬群に入れなかったり慣れが必要な気がします。騎手のコメントで芝よりダート向きという話もあるみたいですが、能力は間違いなくあると思うので良いかもしれませんね。次走の巻き返しに期待しています。

2017/11/06 <レース結果>
11/3(金)京都5R メイクデビュー京都〔芝1,400m・14頭〕11着[2人気]

モッサリとスタートを切ると、道中は11番手を追走、終始促しながら勝負どころに差し掛かり、直線で追い出しに掛かりましたが、ジリジリとしか脚を伸ばせず11着に敗れています。

藤岡康太騎手「ゲート練習ではもう一つスタートが速くなかったので、気を付けていましたが、駐立は大人しくしていましたし、出もそこまで大きく遅れることはありませんでした。ただ、初めての競馬とあって、横に馬が来るとそこから気にして行き脚が付かなくなり、最後の直線では調教のようなグッと沈んだ走りが見られませんでした。レースを経験していけばゲートの出も五分に出てくれるようになるでしょうし、馬群も気にせずに走ってくれるはずです。今回だけで決めつけは出来ませんが、返し馬の段階から本来の走りではないなと感じたので、もしかすると芝よりダートの方が合っているのかもしれません」

平田修調教師「競馬場に到着後も落ち着きを保ち、いい状態でレースに向かうことが出来ました。1週前にゲート練習を行っていましたが、その時より遅くなかったので、レースに慣れていけば普通に出てくれるようになるでしょう。普段の調教と違って、多頭数のために周りを気にして本来のフォームで走り切れていませんでしたし、藤岡康太騎手の話にもあったように、返し馬の段階から芝の感触がもう一つ調教の走りと結びついていなかったことを考えると、ダートの方が良いのかもしれません。今回はいい結果を残すことが出来ませんでしたが、調教の走りが競馬に活かせるようになれば走ってくるはずです。この後はトレセンに戻って状態を確認してから今後の予定を検討したいと思います」

2017/11/01
平田修調教師「レースが金曜日なので、10月31日に坂路で追い切りました。時計が出易い軽い馬場ではありましたが、ラスト1ハロンの伸び脚はこれまでにないぐらい良い動きを見せてくれました。藤懸騎手の話では、『最後まで持ったままでしたが、反応良くグングン加速して最後の1ハロンはかなりのものでした。逍遥馬道を出る前には息づかいが収まってケロッとしていたぐらいで、今の2歳でこれだけ心肺機能がしっかりしている馬はあまりいないと思います。精神的にもリラックスしてくれているので、言うことありません』と言っていました。仕上げに関しては言うことありません。ただ、先週ゲート練習を行ったところ、やはりあまり出が速くなかったので、競馬に行ってどれだけ遅れをとるか心配なところです。練習通りなら2馬身ぐらい遅れるかもしれませんと藤岡康太騎手が言っていたぐらいなので、何とか実戦では、他の馬と同じように出てくれることを期待しています」

2017/10/26
平田修調教師「25日に坂路で追い切りました。相手は古馬1000万クラスのサトノスーペリアでしたが、その相手を寄せ付けずに先着しました。先週の全休日明けはスクミの症状が見られましたが、その後は全く体調の変化がなく、調子はグングン上向いています。1週前でこれだけしっかり動いてくれたので、自信を持ってレースに臨めそうです。今週はしっかり負荷をかけることが出来ましたので、来週は反応を確認する程度で十分だと思います」


2017/10/18
平田修調教師「先週まで特に問題ありませんでしたが、17日の全休日明けにスクミが見られました。母のベッラレイアもスクミをよく見せていたこともあったので、カラレイアもいつかは出ると思って気を付けていました。18日に藤岡康太騎手に坂路で追い切ってもらったところ、『スクミは特に気になりませんでしたし、いざ坂路に入って登坂していくと、先週同様に良い動きを見せてくれました。上がりの歩様も問題ありませんでしたし、良くなっていると思います』と言っていました。洗い場を出した時も歩様はスムーズでしたし、馬房内では飼い葉もしっかり食べて穏やかに過ごしています。状態を見て週末あたりにゲート練習を行い、来週は1週前なのでしっかり負荷をかけたいと考えています。あと2週間しっかり調整を行って、いい状態でレースに臨みたいと思います」

2017/10/12
平田修調教師「12日に坂路で追い切りました。藤岡康太騎手に感触を確かめてもらったところ、『普通キャンターでは少し硬さがあるものの、ペースを上げると柔らか味があってとても素軽い走りをしますね。仕上げに入って間がない割には、これだけいい走りを見せてくれるのですから、まだまだ上積みがありそうです』と言っていました。11日にゲート練習に行った際は、最後まで落ち着いて行えていましたので、このままの雰囲気でレースに向かいたいですね。このまま順調に仕上がるようであれば、11月3日の京都・芝1,400m(牝)を藤岡康太騎手で向かいたいと思います」

2017/10/05
平田修調教師「4日に坂路で追い切りました。助手の話ではまだ少しフラフラしていたようですが、馬場が悪い時間帯でもありましたし、それを考えれば悪くなかったと思います。予定しているレースまでまだ時間がありますし、これから本数を重ねていくにつれて動きもピリッとしてくるでしょう。カラレイアは姉たちと違い、飼い葉をしっかり食べてくれるので、調整を加減しなくていいところが良いですね。課題のゲートはレースまで何度か練習に行くつもりです。ゲート試験を手伝ってもらった藤岡康太騎手に引き続きゲート練習を行ってもらう予定です」

2017/09/28
平田修調教師「28日に無事にこちらへ帰厩しています。よく状態をチェックさせていただき、問題ないようであれば翌日から乗り運動をスタートしていきたいと思います。ゲート試験に合格するまで少し手間取ってしまいましたし、こちらの環境に慣れさせるのと同時に、ゲートもよく確認しながら調教を進めていきたいと思います」

2017/09/22
厩舎長「普通キャンターだとそこまで動きそうな感じがしないのですが、速いところを行うとなかなかいい動きをしてくれるのがこの馬の良いところですね。調教を強めてみても馬体が減ることなく、維持することが出来ています。平田調教師から馬房の都合が付き次第、帰厩させたいと連絡をいただいているので、いつ声が掛かっても対応できるように調整しておきます。馬体重は472kgです」

2017/09/15
厩舎長「調教を開始後も順調に来ていましたので、この中間から坂路でハロン17秒の調教を開始しています。特に気の悪いところもなく、落ち着きを保ちながら調教が行えているので、来週あたりからハロンペースを上げて行きたいと考えています。少し捌きの硬さはありますが、良い背中をして柔らか味がある馬ですね。飼い葉食いも良いので、ふっくらとした馬体を維持しています。馬体重は477kgです」

2017/09/08
厩舎長「移動後も馬体重が減ることもなく、これまでの母の産駒の中では馬体がしっかりしていますね。エンパイアメーカー産駒にしては繊細なところは見せていませんし、調教でも鞍上の指示に従っているので、このまま入厩に向けて坂路調教も取り入れていきたいと思います。馬体重は475kgです」

2017/09/01
厩舎長「1日の今朝、こちらに無事到着しています。馬房内では特に落ち着いた様子ですし、体調面も問題なさそうです。今週いっぱいは軽めに調整して、来週から調教を開始していきたいと思います」

2017/08/16
担当者「この中間も順調に坂路調教を続け、週1回はハロン15~16秒、週1回はハロン14秒までペースを上げています。競馬場に入厩する直前にもハロン14秒までペースを上げていましたが、その時同様、重心の低いフォームで素晴らしい動きを見せています。飼い葉食いは良く、体調面も良好です。この調子で調整を続け、状態を更に上げていきたいと思います」馬体重463㎏

2017/08/01
担当者「帰場後はウォーキングマシンの調整にして疲労回復を図ってきましたが、心身ともにリフレッシュできたようなので、今週から周回コースで軽い乗り運動を始め、更に坂路コースにも入れてハロン18秒ペースの調教を開始しました。今後も状態をよく確認しながら、デビューを目指して進めていきたいと思います」馬体重460㎏

2017/07/18
担当者「8日に函館競馬場からこちらへ戻ってきましたが、特に大きな疲れはないものの、ゲート練習でだいぶ時間が掛かったようですし、精神的な疲れがあると思うので、しっかりリフレッシュさせてから調教を開始していく予定です。今週いっぱいは軽めに調整し、状態を確認してから調教メニューを組んでいきたいと思います」馬体重458kg

2017/07/06
平田修調教師「落ち着きがないところを見せながらも、順調にゲート練習が行えていましたので、6日にゲート試験を受けたところ無事合格いたしました。レースまでに何度かゲート練習を行っておく必要があると思いますが、まず課題はひとつクリアしてくれたので、一旦放牧に出してこれまでの疲れを取ってあげようと思います。8日にノーザンファーム空港へ放牧に出して秋競馬を目標に調整してもらいます」

2017/06/29
平田修調教師「先週からゲートで縛っていますが、疲れて座り込んでしまうものの、暴れることがなくなったので、縛るのを止めて普通の練習に戻そうと思います。同じことの繰り返しにならないようにじっくり時間を掛ける方がいいと思うので、焦らず進めていきたいと思います」

2017/06/22
平田修調教師「カラレイアの良いところでとにかく飼い葉をしっかり食べてくれるので、調整を緩めずに進められます。ゲート練習も入りを少し嫌がっていた程度でしたが、納得すれば入るようになっていたものの、21日にゲート内で立ち上がる素振りを見せました。早めに観念させておく必要があると思い、22日から縛っています。気が悪いと言うよりは、エンパイアメーカー産駒がよく見せる繊細なところがカラレイアにもあるので、引き続き気を付けながら進めていきたいと思います」

2017/06/15
平田修調教師「函館競馬場に入厩後は順調に調教を行っています。飼い葉食いは良いですし、環境の変化にも対応してくれています。今週からゲート練習を開始していますが、少し臆病なところがあるようで、納得するまでなかなかゲートに入らないようです。エンパイアメーカー産駒なので、あまり追い込みすぎると余計に悪くなってしまうといけませんから、その点には注意しながら進めていきたいと思います」

2017/06/09
平田修調教師「9日の検疫が回ってきましたので、函館競馬場に入厩いたしました。環境の変化に戸惑わなければ明日から調教を開始し、ゲート試験を目標に進めていきたいと思います」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
17-10-10-10-6-64/117

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。