ウインソリティア、デビュー戦結果

ウインソリティアは東京5R、2歳新馬戦(芝2000m)にC.デムーロ騎手でデビューしましたが11頭立て10着でした。
パドックでのソリティアは410キロ台の細い馬体の馬なのかと思いきや426キロと以外にもしっかりした馬体で姉のWプルミエよりは早めに勝ち上がってくれそうな印象。まあ毛艶は冬毛が出ていて見栄えは悪かったですが、しっかりした歩様で集中力もありそうでなかなか賢い馬に見えました。
それだけに何で抑えずにあのまま行かせちゃうかな~という不満が残る残念な騎乗でした。敗因が距離なのか今回の結果では何も分かりませんからね。おそらく騎手は交代になるでしょう。馬の状態次第ですが、次走は中1週で出走を予定。


wsoritire_0001.jpg wsoritire_0002.jpg wsoritire_0003.jpg


C.デムーロ騎手 返し馬から口向きの悪さがあり、道中もそんな感じで、ペースも遅かったので、変に引っ張るよりはと思い、抑えず行きました。しかし、今日はまだ緩さがあり、勝ち負けになるデキではなかったように思います。状態が良ければ踏ん張れたはずです。

鹿戸調教師 体のない牝馬で、初めての競馬というのもあったので、あそこは我慢させて欲しかったですね。あの形で東京の直線を押し切ったら、それこそ重賞を勝てますよ。それでも、行きっぷりも良かったですし、走る感触は掴みました。馬体が減りだしていたので、この後は放牧も考えていましたが、今回思いのほか体が減らなかったので、続戦というのも考えたいと思います。

押田の目 体が減り出してきたことで前倒しの出走となった分、中身のデキはもうひとつだったのかもしれません。それでも、想定では420キロを割って出てくると思われた数字が、426キロまで増えていたのは嬉しい誤算だったと思います。ペースが遅かったので、動く選択は悪くはありませんが、初めての競馬で直線の長い東京でこの形ではラストに脚が上がってしまうのも仕方がないでしょう。それでも、着順の割に鹿戸調教師の表情は明るかったですし、先々は兄のガニオン同様に成長を見せて走ってくると思います。

2017年11月9日(木)
 今週デビューを迎えるウインソリティアは、先週末5日(日)にも坂路で4F56秒5、ラスト1F13秒7という追い切り時計をマークしています。
 そして昨日8日(水)にはWコースで木幡初騎手を背に最終追い切りがかけられました。三浦騎手騎乗の古馬1000万下スマートエレメンツを先頭に、ソリティア、古馬1000万下ダイワドレッサーという、2、3馬身間隔の隊列で5Fからペースアップ。4コーナーでは3頭が横一列に並びますが、最後は格上の古馬相手ということで脚色で見劣り、3番手でのゴールとなっています。時計は5F67秒9、ラスト1F13秒2でした。
 鹿戸調教師は「動けることを期待してこの併せ馬の組み合わせにしたのですが、少し荷が重かったようですね。それでも最後までよく食い下がっていましたし、馬場の外目を回ってこの時計ならデビュー前の2歳馬としては優秀な部類でしょう」と併走遅れにも合格点を与えています。
 続けて、「馬体重は毎週少しずつ減ってきて今週の測定では417キロ。カリカリとした気性なので余計に食べたものが身になりにくいのでしょう。適性も未知数でまだ探っている段階ですが、気性的にこの先距離を縮めるのは簡単でも延ばすのは難しいですから、まずは長めのこの距離でどのような走りができるか、見てみたいと思います。稽古の動きは水準以上なので期待は持っていますよ」と意気込みを語っていました。
 追い切り明けの本日9日(木)は引き運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜5R芝2000mにクリスチャン・デムーロ騎手で出走が確定しています。

2017年11月2日(木)
先週から追い切りを開始しているウインソリティアは、昨日1日(水)にもWコースで追い切りがかけられました。ソリティアには木幡初騎手が騎乗し、先行する2歳新馬ヒーロークライシスを2馬身ほど追い掛けて5Fからペースアップ。コーナーで内を回って差を詰めて直線に向くと、最後までほぼ馬なりの手応えのまま、併入でゴールを迎えています。時計は5F70秒3、ラスト1F13秒2でした。
 木幡初騎手は「いいスピードがありますし、気性も前向きで、最後もまだ余裕がありました。軽い馬場が合いそうなタイプで、まずまずと言える動きだったと思います。気性的に進めていくとカッとなりそうな部分も秘めていて、まだ体の線が細く、もっと横にボリュームが出てほしいところではありますが、あと1、2本追い切れば仕上がってきそうな印象です」と感触を語っていました。
 また、鹿戸調教師は「先週の時点はもうひとつでしたが、今週はまずまず動けるようになっていましたね。当初は再来週あたりのデビューを睨んでいましたが、馬体重がここに来て少しずつ減ってきていて、今週の追い切り前の数字で420キロ。これ以上本数を重ねてさらに減らしてしまうよりは、来週のレースに使ったほうが良いと判断しました。小柄な馬体でもスタミナは秘めていそうですし、まずは2000mから下ろしてどのような走りができるか見てみたいと思います」と来週のデビューを決めていました。
 なお、デビュー戦は、来週の東京土曜5R芝2000mをクリスチャン・デムーロ騎手とのコンビで予定しています。
 追い切り明けの本日2日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年10月26日(木)
 先週ゲート試験を一発合格したウインソリティアは、デビューに向けて昨日25日(水)にWコースで初追い切りがかけられました。2歳新馬ヴィルジェンに5Fで2馬身半ほどリードをもらってスタートしたソリティアでしたが、直線入口で内から並ばれると、ラストは2馬身ほど遅れてのゴールとなっています。時計は5F69秒6、ラスト1F13秒8でした。
 鹿戸調教師は「体が仕上がってきたので、早ければ来週のデビューも視野に速い追い切りを行いましたが、1本目ということもあったのか、さすがにまだ動ききれませんでしたね。まだ目一杯という感じではなかったものの、来週デビューして成績を求めるとなると厳しい印象を受けましたから、来週のデビューは白紙にしたいと思います。それでも、2本目、3本目と良くなりそうな余地を残す動きでもありましたから、追い切りを重ねた感じを見て改めて出走のプランを立てていきたいと思います。まだ短距離、長距離も含めて適性を探っている段階でもありますからね」と説明していました。
 追い切り明けの本日26日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年10月20日(金)
ウインソリティアは、本日20日(金)に初めてのゲート試験を受験し、合格となっています。

2017年10月19日(木)
 ウインソリティア(父ステイゴールド、母チャンネルワン)が、先週末14日(土)に美浦トレセン・鹿戸雄一厩舎へ入厩しています。
 輸送も無事にこなし、入厩翌日の15日(日)からは乗り込みをスタートしており、昨日18日(水)、本日19日(木)はともにゲート練習中心のメニューをこなしていました。
 鹿戸調教師は「ゲートは今朝でまだ2日目ですが、しっかり反応して出ていましたし、明日20日(金)にゲート試験を受験する予定です。練習通りなら問題なく合格してくれると見ています。馬体重は430キロを割っていて、体はもう仕上がりつつありますから、明日、問題なく試験を突破するようならデビュー戦の目途が立つもの早いかもしれませんね」と話していました。

2017年10月13日(金)
 昨日12日(木)に北海道・新冠のコスモヴューファームを退厩、福島県のテンコートレーニングセンターを経由して、明日14日(土)に美浦・鹿戸厩舎へ入厩の予定です。
 コスモヴューファームの担当者は「直前は輸送に備えて、ウォーキングマシンのみでしたが、そこまで馬体は増えませんでした。あとは輸送で馬体が大きく減らなければいいですね。テンションが上がりやすいタイプで、調教でも力みがありますから、トレセンに入ってこのあたがどうなるかですね」と話していました。

2017年10月6日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本というメニューを消化しています。
 担当者は「やはり坂路では前半から力みがあるので、後半に脚を使えません。もっとゆったりと乗れてタメが利くようになれば、動きは良くなってくるんですけどね。調教を進めて、馬体重が422キロと減ってきたのも気になるところです。来週入厩ですから、この後はウォーキングマシンのみの調整にして、体を少しでも増やしておきたいと思います」と話していました。
 なお、本馬は来週にトレセンへ入厩の予定です。

2017年9月22日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本というメニューを消化しています。
 担当者は「相変わらず坂路ではガーッと行ってしまうところはありますが、動き自体は良くなっています。さらには普段から発汗が多いように、無駄なところで無駄な力も使っているのだと思います。ただ、それでも馬体重は445キロと減らないのはいい傾向でしょう。来月には入厩の予定ですから、このまま体を減らさず送り出したいところです」と話していました。

2017年9月8日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本というメニューを消化しています。
 担当者は「右飛節の外傷が完治したため、坂路で乗り出しました。休み明けということもあり、元気もあって、今は坂路では気持ちが入り過ぎるところがあります。それでも、以前はコースではゆったり走れるようになっていましたし、そこまで心配はないと思います。少し楽をさせたことで、体力が落ちましたので、今後はそれを取り戻していきたいと思います。馬体重は444キロです」と話していました。

2017年8月25日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。ウォーキングマシンの運動を消化しています。
 担当者は「右飛節の外傷はほぼ固まったため、歩行運動を再開しています。もう大きな心配はありませんし、あとは徐々に運動時間を延ばしていければと思います。中間、楽をさせたことで馬体重は452キロまで増えています」と話していました。

2017年8月11日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。パドック放牧を消化しています。
 担当者は「右飛節の外傷の経過は順調で、もう腫れも治まりましたが、まだ現在は運動制限をしています。あとは傷が固まれば、乗り運動を再開できるでしょう。パドック放牧だけのメニューですが、特にうるさくなることもなく、扱いやすいですよ。馬体重は438キロです」と話していました。

2017年7月28日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。ウォーキングマシンを消化しています。
 担当者は「坂路とコースで乗りながら、日によっては日中放牧も交えていたのですが、25日(火)の放牧の際に右飛節を蹴られたか何かで、擦り剥けて外傷を負ってしまいました。たいしたことはありませんが、当初は馬自身も傷を気にしていたので、念のため運動制限をしています。まずはこのメニューで様子を見て、患部の完治を待ちます。馬体重は428キロです」と話していました。

2017年7月14日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「併走でも力まなくなりましたし、だいぶ抑えが利くようになっています。ただ、まだ非力でパワーがない分、ラストは甘くなってしまいますね。血統通り、背中はいい馬だけに、今後はもうひと回り馬体が成長して欲しいところです。馬体重は427キロです」と話していました。

2017年6月23日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「左後肢の球節の前面部の外傷はもう心配は要りませんし、坂路でしっかり乗っています。以前はガーッと行ってしまって抑えが利かなかったのですが、今はだいぶセーブして走れるようになってきています。精神面も成長しているのでしょうね。馬体重は421キロで前回より10キロほど増えましたが、まだまだ増えて欲しいですから、今後は成長を促すために放牧に出すことも検討しています」と話していました。

2017年6月9日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「左後肢の球節の前面部の外傷で2週間ほど休ませましたが、もう傷口は塞がり、完治しましたので、今週から再び乗っています。馬体重は411キロとそこまで増えませんでしたが、体調自体は問題ありません。ただ、馬体のバランスからするともっと増えなくてはいけませんので、今後の成長が不可欠ですね。少し休んだことで、落ち着きも出て、今は坂路でガーッと行かなくなり、抑えが効くようになっています」と話していました。

2017年5月26日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。パドック放牧を消化しています。
 担当者は「左後肢の球節の前面部に外傷を負ってしまいましたので、乗り運動を止め、パドック管理で様子を見ています。今は治療をしていますが、症状としては軽いものですし、そこまで心配することはありません。この休養の間に、体をしっかり増やしておきたいところですね。馬体重は411キロです」と話していました。

2017年5月12日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「坂路に行くとムキになる面がありますが、周回コースではゆったり走れていますし、ゲートも中でうるさくなったりすることはありません。発馬も問題ありませんし、課題は今のところないですね。調教を進めながら、馬体重も412キロまで増えましたし、成長も見せています。ただ、この馬のシルエットからはこの数字では物足りませんし、もっともっと増やしたいところですね」と話していました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2018年成績
8-6-3-4-4-40/65

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター