FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインガニオン、オープンの壁に阻まれる

左回りマイル3連勝で乗り込んだ新潟11R信越Sでしたが、ウインガニオンは14着とオープンの壁に阻まれました。

まあメンバーも強かったしハンデが少し見込まれていた感があったので仕方ないでしょう。
西園先生の弱気コメントは楽逃げさせてのブラフだと思ったけど、やっぱり厳しかったです。

しかし今週はウィズダム、トリニティー、ガニオンと掲示板に入れなかったのは残念。
放牧に出している馬がほとんどだし、10月走るのは来週のウインクレド、再来週のレッドラウダとウインベラシアスだけですね。
頑張ってほしいです。

ウインガニオンの近況

ウインガニオンの前走はショックでした。上にシルクメビウスがいるだけに待望のダートだったんだが、結果は以下の通り。
ただ前回は1、2着馬が強すぎただけで、ダートの走り自体は悪くなかったように思えます。芝でも走るんだけど好不調の波が激しいだけに、ダートをしばらく使って力を付けた方が良いんじゃないかな。使い詰めでもあったし良い休養になるでしょう。


2016年1月27日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。普通放牧を行っています。
 担当者は「到着後、蹄鉄を外したため、多少蹄を痛がる素振りも見せますが、特に問題はありません。馬体減りもなく、到着後もカイバをしっかり食べていていますし、まずはこのまま2、3週間ほど放牧を続ける予定です」と話していました。

2016年1月21日(木)
 初ダート戦となった先週の中京「伊勢特別」では、好スタートから好位でスムーズにレースを進めたものの、直線の伸びはなく13着に敗れたウインガニオン。担当の調教助手は「先生からは『ある程度前で競馬を進めてほしい』との指示。その指示通り、スムーズに競馬はできましたし、もっとやれると思っていたんですけどね。うーん、レース後もそれほど堪えた様子もなく、メンタル的なところも影響しているのでしょうか。砂を被る形にもならず、ダート適性についてもちょっと分かりませんが、結果を出せずにすみませんでした」と前走を振り返っていました。
 レース後は引き運動のみで様子が見られており、今後は当初の予定通り、リフレッシュ休養に入ることが決まり、本日20日(木)に北海道のコスモヴューファームに向けて出発しています。

2016年1月16日(土) 競馬場速報

西園調教師 前2頭がそのまま残る流れでしたし、決してペースが厳しかったわけではないですからね。芝、ダートうんぬんよりも、ここまで止まってしまうのは情けないところです。追い切りも動いていましたし、状態はいいと感じていただけに、頭を悩ませるところです。今後に関しては、悪い流れになってきていますし、ひと息入れてリセットした方がいいでしょうね。

押田の目 全兄にダート重賞馬シルクメビウスがいますし、ダート替わりでの変わり身を期待しましたが、直線で脚を伸ばすことはできませんでした。決してダートの走りが悪かったわけではありませんし、流れ的にもあそこから止まってしまうのは、西園調教師の言う通り、情けないところです。前走の芝でもスローペースに泣かされたとはいえ、あまりに脚が使えませんでしたし、少しヤメ癖というのも出てきているのかもしれません。2連勝の内容からも、このクラスで力が足りない馬ではありませんし、放牧でリセットした後は、また軌道に乗せていきたいところです。今後については、コスモヴューファームで休養を取る予定です。

続きを読む

ガニオン連勝!!

ウインガニオンが頑張りました。
前走も強い勝ち方だったけど、今回は大外を回しての差しきり勝ち!
楽しみになってきたぞ~!!

ウインガニオン半年振りの出走で勝利!!

ウインガニオンは5戦目にて嬉しい嬉しい未勝利勝ちです。

28日は西園厩舎で阪神3Rからウインの馬で4頭出し。私の愛馬も4Rガニオン、5Rクレド、7Rアルザスと有力馬揃いで期待していましたが、まさか一発目から勝ってくれるとは驚きですよ。ツアー2日目の昼は通常なら外で食べるのですが、生憎の雨でケイバクラブ内でしたが最高に盛り上がりましたね。愛馬の勝利をツアー中にみんなで祝うのが夢だったんですよ。この後、再度祝うことができたんですけどね(笑)
好スタートから番手に付けて楽に抜け出し。勝ち方も良かったし、力が抜けていましたね。単勝はもっと付いてもよかったけど、複勝530円は美味しかった。もちろん続戦の方向で、一つ勝ったことで芝、ダートの選択肢が増えたのが良かったです。


阪神4R 3歳未勝利 (混) 芝1600m 松山 56.0 18頭立て 1着

競馬ブック レース後コメント
松山騎手 いいスタートから楽に2番手に。直線も力強い脚を使ってくれました。休み明けでしたが、いい内容でしたね。

2015年6月25日(木)
  週半年ぶりに実戦復帰予定のウインガニオンは、昨日24日(水)に坂路で最終追い切りがかけられました。単走で序盤からスピードに乗ると、後半になってもその勢いは衰えず、ラストまでしっかりと負荷をかけられて、4F51秒1、ラスト1F13秒0という自身の自己ベストをマークしています。
 追い切りにも騎乗した担当助手は「元々、今朝はある程度速い時計を出す予定で追い切りに臨みましたが、以前の担当者からは『坂路だとあまり動かないタイプ』と聞いていたのに、実際に動かしたら凄いパワーで、道中は手綱を抑えるのに必死でした。それでも最後まで脚はしっかりしていましたし、ホント、このパワーは未勝利馬のものではないですよ」と驚きの表情で追い切りを振り返ります。
 また、「追い切りをやればやるだけ動きが良くなってきましたし、馬体重も462キロまで持ち直してきました。普段は大人しい馬ですが、調教に行くとスイッチが入る馬ですから、競馬場に行って変にテンションが上がらないかどうかだけが心配ですが、平常心で臨めれば今の未勝利なら力は上だと思います。何とかマイナス10キロ以内で送り出したいところですね」と意気込みを語っていました。
 なお、追い切り明けの本日25日(木)は、厩舎周りの引き運動をこなし、午後の出馬投票では今週の阪神日曜4R芝1600mに松山騎手とのコンビで出走が確定しています。

2015年6月18日(木)
 来週の阪神日曜4R芝1600mに松山騎手とのコンビで出走を予定しているウインガニオンは、先週末14日(日)に坂路で軽めの追い切りを消化し、4F57秒5、ラスト1F13秒5という時計を馬なりでマークしています。
 そして今週は昨日17日(水)は坂路を楽走で1本、本日18日(木)には坂路で1週前追い切りがかけられました。単走で前半はゆったりとしたペースで入りますが、ラスト1Fは強め程度に追われて12秒3という速い上がり時計をマーク。全体時計は4F55秒0でした。
 騎乗した担当調教助手は「追い出すと頭を上げるところがあるので、いつ追い出そうかとタイミングをうかがっていましたが、最後1F追ってからの反応はすごく良かったですよ」と追い切りの感触を説明します。
 また、「馬体重は順調に増え続けて460キロまで到達しました。見た目もだいぶいい体つきになってきましたよ。運動量を十分に与えているにもかかわらず、こうして増えているのはカイバを沢山食べてくれていることが大きいですね。いい状態で来週を迎えられそうですし、あとは骨折明けの半年振りというのがどの程度影響するかですね。最低でも掲示板は拾ってもらわないとという気持ちです」と続けていました。

2015年6月11日(木)
 減った馬体を戻しながら調整を続けているウインガニオンは、昨日10日(水)に坂路コースで追い切りがかけられました。単走で控えめの内容で、4F54秒7、ラスト1F13秒3という時計を楽に馬なりでマークしています。
 西園調教師は「もちろん馬体回復は一番優先すべきことですが、いつまでも慎重になってばかりでは前に進めませんからね。今は少しずつピッチを上げている段階です。それでも馬体は少しずつ回復へと向かっていますし、動き自体も馬なりとはいえ全然悪くなかったですよ。これなら阪神最終週のレースには問題なく向かえると思います」と予定を話していました。
 なお、追い切り明けの本日11日(木)は引き運動の軽め調整をこなしており、次走については、再来週の6月28日、阪神日曜4R芝1600mを松山騎手で向かう予定です。

ウインガニオンの近況

ウインガニオンは栗東トレセンで調整中。先週はせっかく入厩したのに輸送で大きく馬体を減らしたというガッカリな近況でしたが、頑張って飼い葉を食べて何とか持ち直してきているようだ。ただ牧場でもほとんど追っていないし、阪神開催はちょっと間に合わないんでないかい。能力はある馬なので焦らず状態を整えてから出走に臨んで欲しいですね。

2015年6月4日(木)
 輸送による馬体減の影響から、先週一杯は軽めのメニューで様子を見ていたウインガニオンですが、今週からは坂路入りも開始し、ペースアップ。昨日3日(水)は角馬場から坂路を楽走で1本のメニューをこなし、本日4日(木)はCWコースで、5F71秒8、ラスト1F12秒5という、しまいだけ時計になるところをこなしています。
 担当調教助手は「馬体を戻すためにカイバはかなり多めの一日11升程度の量を与えています。もちろんこの量ですから完食とはいきませんが、頑張って6升ぐらいは食べてくれていますよ。馬体も見た目にだいぶ戻ってきた印象がありますし、今朝の追い切りの動きの感触からも仕上がりとしてはそこまで悪くなさそうです。普段の調教では、左回りでは外に膨れて少しぎこちない走りをしますが、右回りではスムーズなので、何とか右回りの阪神開催のうちには出走させてあげたいですね」と話していました。

2015年5月28日(木)
 当初は今週の入厩予定だったウインガニオンですが、急遽、先週末23日(土)の検疫が回ってきたことを受けて、栗東トレセン・西園厩舎へ帰厩しています。ところが輸送の影響もあり、帰厩時の馬体重測定では前走時からマイナス26キロの442キロという数字で、馬体を大きく減らしています。
 それを考慮した上で、帰厩後は角馬場でのハッキング程度の軽めの運動で連日様子が見られています。
 西園調教師は「放牧先でも思ったように馬体が増えなかったようですが、それに加えて長距離輸送を2度挟んだことで余計に体が寂しくなってしまいました。腹周りはアバラが浮いて見えますし、トモの肉付きも寂しく、三角に尖った形になっていますからね・・・。今の余裕のない体つきでは調教を進めるにも進められませんし、とりあえず今週一杯は角馬場の運動だけで様子を見たいと思います。それで回復してこないようだと、また色々と考えなくてはなりませんね」と困った様子で話していました。

2015年5月20日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。18日(月)から乗り始め、現在は坂路をキャンターにて3本というメニューを消化しています。
 担当者は「輸送熱もありませんでしたし、到着後はすぐに乗り始めています。ただ、かなりうるさいというか、精神面での若さがありますね。以前いた時とあまり変わっていない印象です。坂路でも行きたがる素振りがありますし、こういうテンションだと馬体面にも注意した方がよさそうです。馬体を少しスッキリと見せているので、移動までになるべくふっくらさせたいと思っています」と話していました。なお、本馬は来週にトレセンに入厩の予定です。

2015年5月13日(水)
 今週15日(金)に北海道・新冠のコスモヴューファームを出発、16日(土)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田へ到着予定です。
 コスモヴューファームの担当者は「追い切りらしい追い切りは2本程度しかこなしていませんが、仕上がりは悪くありません。何より今は体調が良さそうですし、十分な体力を温存した良い状態で送り出すことができそうです。脚元も問題なく、馬体重は458キロです」と話していました。

続きを読む

プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
0-0-0-1-1-1/3

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。