FC2ブログ

ウインクレドの近況

ウインクレドの次走は松岡騎手ですか。中山での松岡騎手は頼りになりますが、京都はあまり合っていない気がするんですよね。早仕掛けが身上の騎手ですし、変な癖が付かないと良いのですが。

2017年2月9日(木)
 左前裏に腫れが確認され、放牧に出ていたウインクレドが、先週末3日(金)に栗東・西園厩舎へ入厩しています。輸送熱もなく無事に到着し、5日(日)には坂路で4F58秒6、ラスト1F14秒7という初時計をマークしています。
 今週は昨日8日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。いつものように馬のいない最後の時間帯に坂路下の角馬場に入った後、スタート地点へ移動します。テンの1Fは15秒7とゆったりペースでしたが、そこからは気合が入り、最後は一杯に追われてゴールしていました。時計は4F55秒7、ラスト1F13秒5でした。
 騎乗した山本調教助手は「休み明けの分、息の入りがもうひとつでした。それでも、気のいいタイプですし、週末も少しやって、来週追えば整ってくると思います」と話していました。
 また、赤松厩務員は「入厩してからはいい精神状態を保っていますが、この馬はビシッとやり出してくるとテンションが上がりますからね。この後どう変化してくるかだと思います。馬体に関しては、太め感もありませんし、体調面も悪くありません」と状態を説明していました。
 そして本日9日(木)は軽めの運動を消化していました。なお、次走は来週の京都土曜8R芝1600mに松岡騎手と初コンビで予定しています。

2017年2月1日(水)
 明日2日(木)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を出発、翌3日(金)に栗東トレセン・西園厩舎へ入厩する予定です。
 ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「昨日31日(火)には坂路で最終追い切りを終えています。先週まではなかなか目一杯追うことが困難でしたが、昨日の追い切りでは2F29秒とそれなりの時計を出すことができましたし、まずまずの態勢を整えた状態で送り出すことはできそうです。仕上がりは早いタイプですし、あとはトレセンで追い切りをこなせば、良い仕上がりになるはずです。馬体重は502キロです」と話していました。

2017年1月25日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。
 担当者は「先週20日(金)と昨日24日(火)にはそれぞれ坂路でハロン15~15秒程度の追い切りを行っています。相変わらずコントロールが難しく、短い距離の坂路では目一杯に追えないところがありますが、その分本数をこなして運動量を確保しています。調整に問題はありませんし、あと2本程度追えば、入厩の態勢が整いそうです。馬体重は506キロです」と話していました。
 なお、本馬は来週の入厩を予定しています。

2017年1月18日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。
 担当者は「先週13日(金)には坂路でハロン15~15秒をこなし、今週中にももう1本軽めの追い切りを行う予定です。まだビシビシと攻めていないので、メンタル面はこの馬なりに安定していますが、これから本数を重ねていった時の精神状態の変化が今後のカギになりそうです。引き続き、アクシデントに注意しながら進めていきます。馬体重は505キロです」と話していました。

2017年1月11日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。
 担当者は「ベテランの乗り手が付きっ切りで調教していることもあり、年末年始も順調に乗り込むことができました。調教を進めても脚元は何の変化もなく順調ですし、そろそろ追い切りも取り入れながらペースを上げていこうと思っています。気で走るタイプですから仕上がりも早いですし、遠くないうちにトレセンに送り出せると思います。馬体重は505キロです」と話していました。

ウインクレドの近況

ウインクレドが左前に腫れと熱感が出て確認中との近況が出た時はまたかと心配になりましたが、腫れは引いて馬も元気とのことで安心しました。昨年の前半は不振でしたが、ようやく安定して走るようになってきましたからね。去年のガニオンのような神懸った走りを期待します。


winkuled_201612.jpg

2016年12月21日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。
 担当者は「常にと言っていいほどうるさく、昨日まではロンギ場の運動で様子を見ていましたが、今朝からは坂路に入れています。ただ、今朝もゴール地点でコントロールが難しくなる場面がありましたし、今後も十分な注意が必要ですね。脚元は今のところ全く問題なく進められています。馬体重は504キロです」と話していました。

2016年12月14日(水)
 茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。ウォーキングマシンの運動をこなしています。
 担当者は「聞いていた左前脚の裏の状態に関しては、到着時から腫れはほぼなく、多少の熱感がある程度で、症状は落ち着いていました。その後の経過も順調ですので、今週中には乗り込みを再開する予定です。もともと、かなりうるさい馬なので、初日はその点にも注意して臨みたいところです。馬体重は491キロです」と話していました。

続きを読む

ウインクレドの近況

ウインクレドは続戦ですか。芝に戻すのは当然だが、迷走中なのに使い続けるのは考えなしですね~。小倉は差し馬天国だし、勝った条件でなら何とかなるかもという発想はどうなんだろ?

2016年2月11日(木)
 初めてのダート戦となった先週の京都では、砂を被って嫌気を出したこともあり、12着大敗となってしまったウインクレド。担当の塩満調教助手は「ジョッキーは『返し馬のダートの走りが良かったし、決してダートは悪くないと思う』とのこと。ただ、レース後は口の中を砂まみれにして帰ってきましたし、砂をモロに被ったことで一時的に走ることが嫌になってしまった部分もあったのでしょう。そういう意味では現状、芝の方が安定して力を出せるのかもしれませんね」と前走を振り返っています。
 レース後も目立ったダメージもなく順調で、本日11日(木)からは坂路を楽走で1本のメニューで乗り込みを再開しています。
 同助手は「前走はほとんどまともに走っていないので、ダメージは少なそうですよ。むしろトレセンでの追い切り後よりも疲れは少ないのではないでしょうか。続戦も何ら問題ありません」と順調を語っていました。
 なお、次走は、中3週で3月6日、小倉日曜10R「萌黄賞」芝1200mを本線に、同週の3月5日、阪神土曜6R芝1400mも視野に入れて調整していく予定です。

ウインクレドのレース結果

ウインクレドの初ダート挑戦は12着と大いに失敗。
ダートの走りは決して悪くないと言っていますが、暫くダートは封印ですね。
しかしこの馬が分からなくってきました。今回は前走よりもパドックでの馬体も良く、追いきりも良かったので前進可能と思っていましたが、大きく退行してしまった。
調教時計が速いのが救いですが、クラブの評価は一貫して1200mで走るスピードを持っていないとのこと。奇しくも今回の結果でそれが証明されてしまったのが残念です。こうなると脚質転換して脚をじっくり溜める競馬にシフトした方が良いのかな。距離も1600m~1800m辺りで再度試してもらいたいです。

2016年2月6日(土) 競馬場速報
和田竜二騎手 ダートの走りは決して悪くありません。ただ、今日は周りが速く、スピード負けしてしまいましたし、砂を被ると嫌がっていたように、まともな競馬をさせてもらえませんでした。慣れてくればダートもこなせる馬だと思いますよ。ゲートもしっかり出てくれますし、どこがという欠点もなく、乗り味もいい馬なんですけどね。ただ、1600mだとしまいはタレてしまいますし、1200mだと現状スピード負けしてしまっている印象です。でも、気性面を考慮すると、短めの距離で気分良くのびのびと走らせたほうが良いと思いますし、控える競馬も今後の経験次第では習得可能だとも感じます。メンバーに恵まれて勝った馬ですから、今は辛抱の時期なのかもしれませんが、馬は以前よりも良くなっていますよ。

片山駿の目 1200mへの距離短縮とダート替わりの今回は、序盤の位置取りに特に注目していましたが、やはりそう簡単に前には付けさせてもらえませんでした。この距離だと見た目にスピード負けの感がありますが、それでも和田騎手いわく「マイルよりは1200mの方が合っている。速い流れに慣れてくれれば通用してもいい」とのこと。今後の番組選択が悩ましいところですが、次走については、芝へ戻し、ジョッキーの進言も受けて1200mか1400mの番組を選択していくこととなりそうです。在厩で進めていくかひと息入れるかの判断については、週明けの状態を見て判断することとなっています。

ウインクレド、今週出走

ウインクレドは6日(土)京都4R、3歳500万下・ダート1200mに4枠8番、和田騎手で出走します。

初ダートになるけど追い切り時計の効果かな?今回は珍しくクレドに新聞印が集中!!
馬三郎では本紙が自信の本命だし、ブックも◎が付いている。
距離は1200mに短縮だし、先手を取りスピードで押し切れれば楽勝もありうると思います。ヒナワジュウとの逃げ勝負だけど、また折り合いに不安がとか言って和田が日和んないか心配。


馬三郎コメント
血統的にダート替わりは魅力。スピードがあるので、この条件は合うと思う。(西園師)

2016年2月4日(木)
 今週の出走を予定しているウインクレドは、先週末31日(日)に坂路で軽めの追い切りを行い、4F55秒1、ラスト1F14秒0という時計をマークしています。
 そして昨日3日(水)には坂路で最終追い切りがかけられました。単走で最初の1F目こそゆっくりでしたが、その後は速いラップを続けてマークし、4F51秒4、ラスト1F12秒5という破格の時計をマークしています。
 担当の塩満調教助手は「今週は久々の1200m戦になりますし、ある程度気合を入れるためにも初めて目一杯に追いました。動きは良かったですし、追い切り後は良い意味で気合乗りも良くなってきました。見た目に毛は長いのですが、状態自体はいいと思います」と好状態を語り、「1200mでどこまで前に行けるかは分かりませんが、いい位置で流れに乗ることができれば、チャンスはあるのではないでしょうか。本質的には短い距離に適性がある馬だと思っていますからね。調教の走りから砂を被っても問題はなさそうですし、馬体も華奢なイメージがあった夏場に比べると、今はだいぶしっかりしてきた印象を受けます。なんとかきっかけを掴んで欲しいですね」と意気込みを語っていました。
 なお、追い切り明けの本日4日(木)は厩舎周りの引き運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の京都土曜4Rダート1200mを和田騎手とのコンビで出走が確定しています。
プロフィール

SNURGE

Author:SNURGE
ウイン、ラフィアン、東サラ、
シルクで一口馬主をやって
います。

2019年成績
13-13-10-13-10-76/135

2018年成績
28-14-12-13-11-90/168

2017年成績
22-15-15-18-11-101/182

2016年成績
14-9-8-6-12-71/120

2015年成績
14-9-10-6-8-70/117

2014年成績
4-3-13-7-3-61/91

2013年成績
7-6-5-5-2-53/78

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター